IbrahimLumumbaOmar’s blog

Omar Fanon. Patrice Lumumba. Chama Cha Mapinduzi.

2024パリ五輪、2028ロサンゼルス五輪をボイコットしよう

2024パリ五輪、2028ロサンゼルス五輪をボイコットしよう


2024パリ五輪、2028ロサンゼルス五輪をボイコットしよう
非西側諸国は、2024パリ五輪、2028ロサンゼルス五輪をボイコットすべきだ。

* イスラエルは、2024パリ五輪、2028ロサンゼルス五輪にも参加する。
ロシアやベラルーシは参加を拒否されている。
イスラム教徒は差別されている。

* 1984ロサンゼルス五輪以降、五輪は商業五輪に堕落した。ロナルドレーガンが始めた商業五輪となった。

私は、西側諸国を糾弾しています。


[1]
[Wikipedia].
新興国競技大会GANEFO」
https://en.wikipedia.org/wiki/GANEFO
新興国競技大会Games of New Emerging Forces」は、GANEFOとしても知られるが、インドネシアにより、オリンピックに対抗して設立された競技大会。
いわゆる”新興国”(主に、新たに独立した社会主義諸国[要出典citation needed])の選手のために設立されたGANEFOは、ジャカルタで1963年に開催された競技大会および同年に設立された36か国の加盟国からなるスポーツ連盟の両方を指す。
第2回GANEFOは、1967年カイロが計画されたが中止となり、GANEFOはその後、"アジアのGANEFO"として開催された1966年のプノンペン大会の1回のみが開催された。
GANEFOにおけるスポーツと政治
第1回GANEFO
インドネシアが主催したジャカルタでの1962年第4回アジア競技大会が、台湾とイスラエルが参加を拒否されたという、政治色の濃い大会となったこと」を国際オリンピック委員会(IOC)が批判し、それを受けて、インドネシアはGANEFOを設立した。
これはIOCの「スポーツから政治を分離する」という原則と反していた。
IOCの最終的な対応は、インドネシアを無期限にIOCから資格停止するというものであった。


[Wikipedia]
非同盟運動Non-Aligned Movement」
https://en.wikipedia.org/wiki/Non-Aligned_Movement
非同盟運動Non-Aligned Movement(NAM)」は、120の国々からなる会議で、いかなる主要な勢力圏に対しても公式には同盟しないし反対もしない、という会議である。
非同盟運動は、国連に次いで世界で2番目に大きい集団である。
ユーゴスラビア大統領ヨシップ・ブロズ・チトー、インド首相ジャワハルラール・ネルー、エジプト大統領ガマール・アブドゥル=ナーセル、ガーナ大統領クワメ・エンクルマ、インドネシア大統領スカルノの主導により、1955年のバンドン会議で合意された原則に基づいて、1961年にユーゴスラビアベオグラードで公式に非同盟運動は設立された。
これは非同盟運動諸国の首脳あるいは政府の初めての会議となった。
非同盟運動の目的は、1979年にフィデル・カストロによりなされたハバナ宣言に「”帝国主義植民地主義新植民地主義、人種差別、あらゆる形の外国からの侵略、占領、支配、介入、覇権主義に対する戦い、また、大国やブロック政治に対する戦い”において、”非同盟運動諸国の、独立、主権、領土の統一と安全”を確かにする」のように要約されている。
非同盟運動に参加している諸国は、国連加盟国の役3分の2であり、世界人口の55%を占める。
Membership is particularly concentrated in countries considered to be developing countries, although the Non-Aligned Movement also has a number of developed nations.
The Non-Aligned Movement gained the most traction in the 1950s and early 1960s, when the international policy of non-alignment achieved major successes in decolonization, disarmament, opposition to racism and opposition to apartheid in South Africa, and persisted throughout the entire Cold War, despite several conflicts between members, and despite some members developing closer ties with either the Soviet Union, China, or the United States.
In the years since the Cold War's end in 1991, the movement has focused on developing multilateral ties and connections as well as unity among the developing nations of the world, especially those in the Global South.

首脳会談
非同盟運動の元首あるいは政府の会議は、しばしば非同盟運動サミットとも呼ばれるが、非同盟運動の主要な会合であり、数年に1回開催される:

** 加盟国、オブザーバー諸国、ゲスト国
* 現在の加盟国
The following countries are members of the NAM, arranged by continent, showing their year of admission:

アフリカ
Currently every African country (except South Sudan) is a member of the Non-Aligned Movement.

 Algeria (1961), Angola (1976), Benin (1964), Botswana (1970), Burkina Faso (1973), Burundi (1964), Cameroon (1964), Cape Verde (1976),
 Central African Republic (1964), Chad (1964), Comoros (1976), Democratic Republic of the Congo (1961),
 Djibouti (1983), Egypt (1961), Equatorial Guinea (1970), Eritrea (1995), Eswatini (1970), Ethiopia (1961), Gabon (1970), Gambia (1973),
 Ghana (1961), Guinea (1961), Guinea-Bissau (1976), Ivory Coast (1973), Kenya (1964), Lesotho (1970), Liberia (1964), Libya (1964),
 Madagascar (1973), Malawi (1964), Mali (1961), Mauritania (1964), Mauritius (1973),
 Morocco (1961), Mozambique (1976), Namibia (1979), Niger (1973),
 Nigeria (1964), Republic of the Congo (1964), Rwanda (1970), São Tomé and Príncipe (1976),
 Senegal (1964), Seychelles (1976), Sierra Leone (1964), Somalia (1961), South Africa (1994), Sudan (1961), Tanzania (1964), Togo (1964),
 Tunisia (1961), Uganda (1964), Zambia (1964), Zimbabwe (1979)

アメリカ大陸
 Antigua and Barbuda (2006), Bahamas (1983), Barbados (1983), Belize (1981), Bolivia (1979), Chile (1973), Colombia (1983), Cuba (1961),
 Dominica (2006), Dominican Republic (2000), Ecuador (1983), Grenada (1979), Guatemala (1993), Guyana (1970), Haiti (2006), Honduras (1995),
 Jamaica (1970), Nicaragua (1979), Panama (1976), Peru (1973),
 Saint Kitts and Nevis (2006), Saint Lucia (1983), Saint Vincent and the Grenadines (2003), Suriname (1983),
 Trinidad and Tobago (1970), Venezuela (1989)

アジア
 Afghanistan (1961), Bahrain (1973), Bangladesh (1973), Bhutan (1973),
 Brunei Darussalam (1993), Cambodia (1961), India (1961), Indonesia (1961), Iran (1979), Iraq (1961), Jordan (1964), Kuwait (1964),
 Laos (1964), Lebanon (1961), Malaysia (1970), Maldives (1976), Mongolia (1993), Myanmar (1961),   Nepal (1961), North Korea (1975),
 Oman (1973), Pakistan (1979), Palestine (1976), Philippines (1993), Qatar (1973), Saudi Arabia (1961), Singapore (1970), Sri Lanka (1961),
 Syria (1964), Thailand (1993), East Timor (2003), Turkmenistan (1995),
 United Arab Emirates (1970), Uzbekistan (1993), Vietnam (1976), Yemen (1990) 

欧州
 Azerbaijan (2011)
 Belarus (1998)

オセアニア
 Fiji (2011),
 Papua New Guinea (1993)
 Vanuatu (1983)

* 以前の加盟国
 North Yemen (1961–1990)
 Cyprus (1961–2004)
 Yugoslavia (1961–1992)
 South Yemen (1970–1990)
 Malta (1973–2004)
 Argentina (1973–1991)

* オブザーバー諸国
The following countries and organizations have observer status:
Countries
 Argentina, Armenia, Bosnia and Herzegovina, Brazil, China (1992), Costa Rica, Croatia, El Salvador,
 Kazakhstan, Kyrgyzstan, Mexico, Montenegro, Paraguay, Russia (2021), Serbia, South Sudan[citation needed],
 Tajikistan, Ukraine, Uruguay,  Vatican City (1970)


[Wikipedia]
「新興勢力会議CONEFO」
https://en.wikipedia.org/wiki/CONEFO
「新興勢力会議CONEFO」は、インドネシアの大統領スカルノにより結成された”新興諸国”の新しいブロックで、”国連や「古くからある勢力」に代わる、新しい、勢力の中心となるものであった --- スカルノは、この「古くからある勢力」に、米国およびソ連を含めた。
「新興勢力会議CONEFO」は、1955年バンドン会議の遺産に基づいて設立することを意図しており、また、「第三世界の利益を主張し、冷戦に対し中立を主張する」ことを意図している。
「新興勢力会議CONEFO」のホスト国となるにあたり、インドネシアは、中国の財政支援により、ジャカルタに新しい複合建築物を作った。
「新興勢力会議CONEFO」はその後開催されなかったために、この複合建築物は --- 現在、MPR/DPR/DPDビルと呼ばれているが  ---  インドネシア議会の国会議事堂となっている。

* 「新興勢力会議CONEFO」加盟国
インドネシア
中国
北朝鮮
北ベトナム
* オブザーバー国
ソ連
キューバ
ユーゴスラビア
アラブ連合共和国
パレスチナ解放機構