バイデンは、巨大テクノロジー企業の介入を拒絶しろ。

バイデンは、巨大テクノロジー企業の介入を拒絶しろ。


バイデンは、巨大テクノロジー企業の介入を拒絶しろ。
バイデンは、「フェイスブック・アマゾン・グーグル・アップル・マイクロソフトなどの、シリコンバレー」と「バイデン政権」の間の、「回転ドア」のように行き来する天下り人事(これは米国で今まで何十年も続いている慣行だ)、を廃絶すべきだ。


[1]
[Reuters]DECEMBER 1, 2020
バイデンは、32の市民団体から、「巨大テクノロジー企業の介入を拒絶しろ」と強く要求された。
https://www.reuters.com/article/us-usa-tech-biden-idUSKBN28A2VX
「次期大統領ジョーバイデンは、バイデン政権への、巨大テクノロジー企業の介入を、拒絶しろ」と、反トラスト・消費者団体・労働運動グループ・それらに関連するグループなどの32の市民団体から月曜日に届いた手紙で、要求された。
今月初め、
「バイデンの政権移行チームの名簿には、テクノロジー企業を批判してずけずけモノを言う批評家の数よりも、テクノロジー企業の重役の名前のほうが、多い。」
「このことは、『究極的には誰がバイデン政権の意思決定に影響を与えるか』を判断する手掛かりとなる」
とロイターが報道した。
上述の市民団体からの手紙には、
「バイデン政権は、」
フェイスブック・アマゾン・グーグル・アップル・マイクロソフトなどの企業のために働いている、重役・ロビイストコンサルタント(顧問)を、」
「バイデン政権から締め出せ」
との要求が書かれていた。
上述の市民団体は、「これら企業の商慣行は、消費者および米経済をむしばむ」、と主張している。
署名したのは、Public Citizen, American Economic Liberties Project, Open Markets Institute, Progressive Democrats of America, the Revolving Door Project and Athenaなど。
「我々は、『これら独占的巨大テクノロジー企業からの脅威に、バイデン政権は立ち向かわなくてはならない』、と信じる」
「しかし、バイデン政権がバイデン政権を作るにあたり、バイデン政権がこれらの企業の関係者に依存しないときのみ、我々はこれらの企業を非難し追及することができるのだ」
と上述の手紙には書いてあった。
マイクロソフト・グーグル・フェイスブックは、この件についてコメントすることを拒否した。
アマゾンおよびアップルは、この件についてのコメント依頼に対し、まだ返事を返してこない。
現在、上述の企業の内、マイクロソフト以外のすべての企業は、それら企業の商慣行に関し、州政府および連邦政府の調査に直面している。
「『"シリコンバレー"と"バイデン政権"の間の、"回転ドア"のように行き来する天下り人事(これは米国で今まで何十年も続いている慣行だ)、を廃絶すれば、バイデンの理念の手助けとなる』と我々は信じる」
とも上述の手紙には書かれていた。
10月にロイターは「アマゾンおよび巨大テクノロジー企業が、カネとツテを用いて、バイデン政権と近づきになろうとしている」、と報じた。


[Public Citizen]NOVEMBER 30, 2020
33の市民団体が、「バイデンの内閣に、巨大テクノロジー企業から天下りを受け入れるのを、廃絶しろ」、とバイデンに要求。
https://www.citizen.org/article/32-groups-urge-biden-to-reject-big-tech-appointments-to-his-cabinet/
次期大統領ジョセフバイデンジュニアへ:

大統領選挙の歴史的勝利をお祝いします。
以下に署名した種々の組織は、「『巨大テクノロジー企業の強大な権力』を懸念する、非常にたくさんの米市民」を代表する幅広い連合です。
我々は、「バイデン政権とともに、『巨大テクノロジー企業により引き起こされる害悪』、と戦う」ことを楽しみにしております。

バイデン政権の政権移行準備にあたり、
我々は、
「バイデン政権が、『巨大テクノロジー企業重役・巨大テクノロジー企業ロビイスト・巨大テクノロジー企業の弁護士・巨大テクノロジー企業のコンサルタントらの、バイデン政権への天下りを拒絶する』、と誓約する」
ことにより、これら企業の影響力をバイデン政権から排除することを、バイデン政権に要求する。
アマゾン・アップル・フェイスブック・グーグル・マイクロソフトは、かつては、「イノベーション(革新)」と「機会」を約束した。
そして、これらの企業は今でも多くの特筆すべき製品を生み出し続けているものの、今ではこれらの企業は、「プライバシー・民主主義・イノベーション・米国の経済が健全であること」に対する深刻な脅威の代表例となっている。
これらの企業は、どの企業も、ユーザーのデータを利益のために収集するという「搾取する商慣行、略奪する商慣行」を開発した。
ここ数年、我々は、
フェイスブックおよびグーグルが、監視されることもなく、そして、説明責任を果たすこともなしに、」
「民主的選挙に、巨大な影響力を、無責任にも及ぼしてきた」
ことを目撃し続けている。
シリコンバレーには、『あらゆる産業を引っ掻き回すほどの能力がある、エンタープレナー(entrepreneur,起業家)とスモールビジネス(小企業)』が、あふれている」、という虚構の作り話が信じられているが、
実際には、アマゾン・アップル・フェイスブック・グーグル・マイクロソフトは、「イノベーションを育てる」、というよりは、むしろ「イノベーションを殺してきた」。
さらには、近年の歴史で最悪の健康問題が起きている現在、
アマゾンは、米市民がパンデミックと苦闘している現状につけこみ、
アマゾンは、生活必需品の価格から利益をもぎ取り、利益を3倍にも膨らましている。

我々は、「これら独占的巨大テクノロジー企業からの脅威に、バイデン政権は立ち向かわなくてはならない」、と信じる。
これら独占的巨大テクノロジー企業は、「消費者のプライバシーを悪用し、我々の民主主義を脅かし、イノベーションを抑圧し、パンデミックから利益を得ている」のだ。
いまこそが、「これら企業に説明責任を果たさせ、これら企業の権力を抑制するとき」、なのだ。
しかし、バイデン政権がバイデン政権を作るにあたり、バイデン政権がこれらの企業の関係者に依存しないときのみ、我々はこれらの企業を非難し追及することができるのだ。

巨大テクノロジー企業は、すでに、ワシントンに対し(連邦政府に対し)、巨大な権力および影響力を持っている。
これら企業はここ数年、ロビー活動をとてつもなく急増させ、選挙に資金をとてつもなく急増させている。
フェイスブックおよびアマゾンは、他のどの企業よりも、米国で、ロビー活動に資金を投入しているのだ。

しかし形勢は変わりつつある。

近年、米市民も米政府も、「これら巨大テクノロジー企業とはいったい何なのか」、について考えるようになった:
これら巨大テクノロジー企業は、世界最大の企業で、世界最大の株価総額の企業であり、米市民の健康・米市民の福祉・米市民の民主主義を犠牲にして、利益追求を第1の目標としている。
実際、ピューリサーチセンターによりなされた最近の世論調査では、「米市民の約半分が、『巨大テクノロジー企業は規制されるべきだ』と考えている」ことが明らかになった。
加えて、歴史的な出来事だが、
下院「反トラスト小委員会」において、
「巨大テクノロジー企業の『独占的地位の悪用』」についての調査が完了し、
「『巨大テクノロジー企業の権力を抑制する』ような立法および規制を勧告する」ことが、超党派で支持された。
さらには、最近、
「州検事総長がグーグルに対し反トラスト法違反で裁判を起こしているが、それに米司法省が参加し」、
また、
「諸州の超党派グループが、グーグルに対しさらなる裁判を計画している」。
さらには、「連邦取引委員会Federal Trade Commission」および諸州が、フェイスブック・アマゾン・アップルを調査している。、
これらの企業は、超党派の調査の対象となっており、また、超党派で懐疑の目を向けられており、であるから、バイデン政権の人材供給源となるべきではない。

我々は、バイデン政権のチームとミーティングすることを楽しみにしている。
バイデン政権はこれから、コロナ・経済回復・人種差別撤廃・気候変動などの前例のない困難に立ち向かわなくてはならない。
これらの困難を解決するには、---巨大テクノロジー企業のための利益を主張する団体によるチームではなく---、労働者のための利益を主張する団体によるチームが必要である。
巨大テクノロジー企業は、労働者を搾取しているのだ。

今回の歴史的な大統領選挙、---そして、その選挙は米市民がバイデン政権に委託したものにあたるわけだが---、およびその今回の画期的な委託では、バイデン政権は、米国再建という課題に直面しているだけでなく、米政府の信頼を取り戻すという課題にも直面しているのだ。
「"シリコンバレー"と"バイデン政権"の間の、"回転ドア"のように行き来する天下り人事(これは米国で今まで何十年も続いている慣行だ)、を廃絶すれば、バイデンの理念の手助けとなる」と我々は信じる。
今後の何か月何年の間に、巨大テクノロジー企業に責任を課すために、バイデン政権と協力して働くのを、我々は楽しみにしている。

Sincerely,
バイデン政権に要求を突き付ける34の市民団体。
Public Citizen, Demand Progress Education Fund, Action Center on Race & the Economy, American Economic Liberties Project, American Family Voices, Americans for Financial Reform, Artist Rights Alliance, Athena, Awood Center, Campaign for a Commercial-Free Childhood,
Center for Digital Democracy, Consumer Action, Electronic Privacy Information Center (EPIC), Fight for the Future, Fix Democracy First, Food & Water Watch, Future of Music Coalition, Global Exchange, Institute for Local Self-Reliance, Jobs With Justice,
Main Street Alliance, Make the Road New York, Media Alliance, Open Markets Institute, Organic Consumers Association, Other98, Parent Coalition for Student Privacy, People’s Parity Project, Progressive Democrats of America, Revolving Door Project,
Sciencecorps, Take on Wall Street, The Democratic Coalition


[2]
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーが、こんにちの自由貿易を開始し推進した。
ロナルドレーガンが、「こんにちの自由貿易」「1979年から1991年までの冷戦」「競争社会」「軍拡」「経済格差」「福祉切り捨て」を始めた。

レーガンは、違法なコントラ戦争を、ニカラグアで起こした。
レーガンは、エルサルバドルで、死の暗殺部隊(デス・スクワッド, Death Squads)を支援し、多くの市民を殺した。
グアテマラでは、米国が支援した虐殺が起きた。

ネルソンマンデラは、1994年から1999年まで南アフリカ共和国大統領だったにもかかわらず、2008年まで米国のテロリスト監視リストに名前が載っていた。
もともとは、米大統領ロナルドレーガンが、1980年代に、アフリカ民族会議(African National Congress:ANC)をテロリスト監視リストに載せた。
ネルソンマンデラは、1991年から1997年まで、ANCの議長を務めた。

ネルソンマンデラは、アパルトヘイト相手に戦った。
その時の南アフリカ共和国政府は、ネルソンマンデラを投獄した。
米国大統領ロナルドレーガンおよび英国首相マーガレットサッチャーは、その時、南アフリカ共和国政府を支持した。
ネルソンマンデラは、ノーベル平和賞を受賞した。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーレイシストだ。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーの支持者もレイシストだ。

Black Lives Matter!ブラックライブズマター!Black Voters Matter!ブラックボーターズマター!
米国国防省・米国のメディア・ホワイトハウス・米国の政治家・米国の大学・米国のトップ1%・米国のセレブ・ハリウッド・ウォールストリートよりも、我々は左だ。

他方で、ドイツのファシズムは極右だ。ナチは極右だ。

今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガンの支持者だ。今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガン派だ。
ロナルドレーガンは極右だ。
日本および米国防省および米マスコミおよびウォールストリートおよびハリウッドが、ロナルドレーガンを育てたのだ。

我々アメリカ合衆国の99%は、次の選挙で、米上院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!
我々アメリカ合衆国の99%は、次の選挙で、米下院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!


[3]
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。

イギリスが「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を作った。
他方で、ソ連が崩壊した主要な原因は軍事費が巨額なことだ。
(私にはロシアを批判する気も支持する気もありません)

米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
(しかし、巨大な中央集権政府がその答えなのかどうかは、私にはわかりません)
(実際、現在の米国政府は、年に7000億ドルも軍事費を使う超巨大政府です)

だから。
米国は、米国で軽自動車を作り、それら軽自動車を全世界へ輸出する。

米国は、今すぐ、モンロー主義になれ!
米国は、今すぐ、全世界の外国から全ての米軍を引き上げろ!
米国の軍事費を、1年当たり100億ドルにまで、今すぐ、下げろ。

米国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!
米国は、今すぐ、米国の金融を引き締める政策をしろ!米国は、今すぐ、米国の内需を縮小しろ!
米国は、今すぐ、米国の貿易収支および米国の経常収支を、黒字にしろ!
米国は、今すぐ、債券国になれ!
結果として、ドル高になる!

金持ちに税金をかけろ!ウォールストリートに税金をかけろ!金持ちに増税しろ!ウォールストリートに増税しろ!
米国は、米国にプログレッシブを復活させろ。

アフリカ系米国人には、給料の良い安定した仕事が必要だ。
アフリカ系米国人の99%は、「アフリカ系米国人の労働組合」が必要だ。アフリカ系米国人には、アフリカ系米国人のための労働組合が必要だ。
人権活動が低下した結果、労働組合活動も低下した。労働組合が弱体化した結果、人種差別も強まった。
人権および労働組合がないと、いくら国や会社が儲かったとしても、労働者の生活は向上しない。
その人権および労働組合の重要性を、今、全世界が証明している。
フォードがカネをくれたんじゃない。
フォードがT型フォードを量産しだしたとき、米労働運動および米労働組合も誕生し成長したから、米国労働者は生活が向上した。
労働組合の力により、米労働者は会社と交渉ができた。
だから米労働者は米国製品を喜んで買った
労働組合が強いから、米国製品が強かった。

ドイツの2020年10月の貿易黒字

ドイツの2020年10月の貿易黒字


ドイツの2020年10月の貿易黒字
ドイツの2020年10月の貿易黒字は、182億ユーロ(220.7億ドル)だった。


ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国は、悪の枢軸だ!
ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国は、今すぐ、「ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国」の金融政策を緩和しろ!
ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国は、今すぐ、「ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国」の内需を拡大しろ!
ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国は、今すぐ、「ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国」の貿易収支、および、「ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国」の経常収支を、赤字にしろ!
ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国は、今すぐ、債務国になれ!

「ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国」は、建設国債を大量に発行しろ!

結果として、ドル高になる!


[1]
[Reuters]DECEMBER 9, 2020
ドイツの2020年10月の貿易収支
https://www.reuters.com/article/us-germany-economy-tradefigures/german-exports-inch-up-giving-economy-hope-of-avoiding-fourth-quarter-slump-idUKKBN28J0PE
ドイツの2020年10月の貿易黒字は、182億ユーロ(220.7億ドル)だった。


[2]
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーが、こんにちの自由貿易を開始し推進した。
ロナルドレーガンが、「こんにちの自由貿易」「1979年から1991年までの冷戦」「競争社会」「軍拡」「経済格差」「福祉切り捨て」を始めた。

レーガンは、違法なコントラ戦争を、ニカラグアで起こした。
レーガンは、エルサルバドルで、死の暗殺部隊(デス・スクワッド, Death Squads)を支援し、多くの市民を殺した。
グアテマラでは、米国が支援した虐殺が起きた。

ネルソンマンデラは、1994年から1999年まで南アフリカ共和国大統領だったにもかかわらず、2008年まで米国のテロリスト監視リストに名前が載っていた。
もともとは、米大統領ロナルドレーガンが、1980年代に、アフリカ民族会議(African National Congress:ANC)をテロリスト監視リストに載せた。
ネルソンマンデラは、1991年から1997年まで、ANCの議長を務めた。

ネルソンマンデラは、アパルトヘイト相手に戦った。
その時の南アフリカ共和国政府は、ネルソンマンデラを投獄した。
米国大統領ロナルドレーガンおよび英国首相マーガレットサッチャーは、その時、南アフリカ共和国政府を支持した。
ネルソンマンデラは、ノーベル平和賞を受賞した。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーレイシストだ。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーの支持者もレイシストだ。

Black Lives Matter!ブラックライブズマター!Black Voters Matter!ブラックボーターズマター!
米国国防省・米国のメディア・ホワイトハウス・米国の政治家・米国の大学・米国のトップ1%・米国のセレブ・ハリウッド・ウォールストリートよりも、我々は左だ。

他方で、ドイツのファシズムは極右だ。ナチは極右だ。

今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガンの支持者だ。今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガン派だ。
ロナルドレーガンは極右だ。
日本および米国防省および米マスコミおよびウォールストリートおよびハリウッドが、ロナルドレーガンを育てたのだ。

我々アメリカ合衆国の99%は、次の選挙で、米上院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!
我々アメリカ合衆国の99%は、次の選挙で、米下院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!


[3]
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。

イギリスが「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を作った。
他方で、ソ連が崩壊した主要な原因は軍事費が巨額なことだ。
(私にはロシアを批判する気も支持する気もありません)

米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
(しかし、巨大な中央集権政府がその答えなのかどうかは、私にはわかりません)
(実際、現在の米国政府は、年に7000億ドルも軍事費を使う超巨大政府です)

だから。
米国は、米国で軽自動車を作り、それら軽自動車を全世界へ輸出する。

米国は、今すぐ、モンロー主義になれ!
米国は、今すぐ、全世界の外国から全ての米軍を引き上げろ!
米国の軍事費を、1年当たり100億ドルにまで、今すぐ、下げろ。

米国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!
米国は、今すぐ、米国の金融を引き締める政策をしろ!米国は、今すぐ、米国の内需を縮小しろ!
米国は、今すぐ、米国の貿易収支および米国の経常収支を、黒字にしろ!
米国は、今すぐ、債券国になれ!
結果として、ドル高になる!

金持ちに税金をかけろ!ウォールストリートに税金をかけろ!金持ちに増税しろ!ウォールストリートに増税しろ!
米国は、米国にプログレッシブを復活させろ。

アフリカ系米国人には、給料の良い安定した仕事が必要だ。
アフリカ系米国人の99%は、「アフリカ系米国人の労働組合」が必要だ。アフリカ系米国人には、アフリカ系米国人のための労働組合が必要だ。
人権活動が低下した結果、労働組合活動も低下した。労働組合が弱体化した結果、人種差別も強まった。
人権および労働組合がないと、いくら国や会社が儲かったとしても、労働者の生活は向上しない。
その人権および労働組合の重要性を、今、全世界が証明している。
フォードがカネをくれたんじゃない。
フォードがT型フォードを量産しだしたとき、米労働運動および米労働組合も誕生し成長したから、米国労働者は生活が向上した。
労働組合の力により、米労働者は会社と交渉ができた。
だから米労働者は米国製品を喜んで買った
労働組合が強いから、米国製品が強かった。

中国の2020年11月の貿易収支および台湾の2020年11月の貿易収支。

中国の2020年11月の貿易収支および台湾の2020年11月の貿易収支。


中国の2020年11月の貿易収支および台湾の2020年11月の貿易収支。
中国の2020年11月のモノとサービスの貿易収支は、754億ドルの黒字だった。
台湾の2020年11月のモノとサービスの貿易収支は、53億ドルの黒字だった。

ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国は、悪の枢軸だ!
ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国は、今すぐ、「ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国」の金融政策を緩和しろ!
ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国は、今すぐ、「ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国」の内需を拡大しろ!
ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国は、今すぐ、「ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国」の貿易収支、および、「ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国」の経常収支を、赤字にしろ!
ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国は、今すぐ、債務国になれ!

「ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国」は、建設国債を大量に発行しろ!

結果として、ドル高になる!


[1]
[Focus Economics]December 7, 2020
中国の2020年11月の貿易収支
https://www.focus-economics.com/countries/china/news/trade-balance/export-growth-soars-in-november
中国の2020年11月の経常収支は、754億ドルの黒字だった。


[Focus Economics]December 8, 2020
台湾の2020年11月の貿易収支
https://www.focus-economics.com/countries/taiwan/news/trade-balance/merchandise-exports-increase-at-a-quicker-pace-in-november#:~:text=As%20a%20result%2C%20the%20merchandise,%3A%20USD%204.3%20billion%20surplus).
台湾の2020年11月の貿易収支は、53億ドルの黒字だった。


[2]
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーが、こんにちの自由貿易を開始し推進した。
ロナルドレーガンが、「こんにちの自由貿易」「1979年から1991年までの冷戦」「競争社会」「軍拡」「経済格差」「福祉切り捨て」を始めた。

レーガンは、違法なコントラ戦争を、ニカラグアで起こした。
レーガンは、エルサルバドルで、死の暗殺部隊(デス・スクワッド, Death Squads)を支援し、多くの市民を殺した。
グアテマラでは、米国が支援した虐殺が起きた。

ネルソンマンデラは、1994年から1999年まで南アフリカ共和国大統領だったにもかかわらず、2008年まで米国のテロリスト監視リストに名前が載っていた。
もともとは、米大統領ロナルドレーガンが、1980年代に、アフリカ民族会議(African National Congress:ANC)をテロリスト監視リストに載せた。
ネルソンマンデラは、1991年から1997年まで、ANCの議長を務めた。

ネルソンマンデラは、アパルトヘイト相手に戦った。
その時の南アフリカ共和国政府は、ネルソンマンデラを投獄した。
米国大統領ロナルドレーガンおよび英国首相マーガレットサッチャーは、その時、南アフリカ共和国政府を支持した。
ネルソンマンデラは、ノーベル平和賞を受賞した。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーレイシストだ。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーの支持者もレイシストだ。

Black Lives Matter!ブラックライブズマター!Black Voters Matter!ブラックボーターズマター!
米国国防省・米国のメディア・ホワイトハウス・米国の政治家・米国の大学・米国のトップ1%・米国のセレブ・ハリウッド・ウォールストリートよりも、我々は左だ。

他方で、ドイツのファシズムは極右だ。ナチは極右だ。

今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガンの支持者だ。今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガン派だ。
ロナルドレーガンは極右だ。
日本および米国防省および米マスコミおよびウォールストリートおよびハリウッドが、ロナルドレーガンを育てたのだ。

我々アメリカ合衆国の99%は、次の選挙で、米上院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!
我々アメリカ合衆国の99%は、次の選挙で、米下院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!


[3]
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。

イギリスが「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を作った。
他方で、ソ連が崩壊した主要な原因は軍事費が巨額なことだ。
(私にはロシアを批判する気も支持する気もありません)

米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
(しかし、巨大な中央集権政府がその答えなのかどうかは、私にはわかりません)
(実際、現在の米国政府は、年に7000億ドルも軍事費を使う超巨大政府です)

だから。
米国は、米国で軽自動車を作り、それら軽自動車を全世界へ輸出する。

米国は、今すぐ、モンロー主義になれ!
米国は、今すぐ、全世界の外国から全ての米軍を引き上げろ!
米国の軍事費を、1年当たり100億ドルにまで、今すぐ、下げろ。

米国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!
米国は、今すぐ、米国の金融を引き締める政策をしろ!米国は、今すぐ、米国の内需を縮小しろ!
米国は、今すぐ、米国の貿易収支および米国の経常収支を、黒字にしろ!
米国は、今すぐ、債券国になれ!
結果として、ドル高になる!

金持ちに税金をかけろ!ウォールストリートに税金をかけろ!金持ちに増税しろ!ウォールストリートに増税しろ!
米国は、米国にプログレッシブを復活させろ。

アフリカ系米国人には、給料の良い安定した仕事が必要だ。
アフリカ系米国人の99%は、「アフリカ系米国人の労働組合」が必要だ。アフリカ系米国人には、アフリカ系米国人のための労働組合が必要だ。
人権活動が低下した結果、労働組合活動も低下した。労働組合が弱体化した結果、人種差別も強まった。
人権および労働組合がないと、いくら国や会社が儲かったとしても、労働者の生活は向上しない。
その人権および労働組合の重要性を、今、全世界が証明している。
フォードがカネをくれたんじゃない。
フォードがT型フォードを量産しだしたとき、米労働運動および米労働組合も誕生し成長したから、米国労働者は生活が向上した。
労働組合の力により、米労働者は会社と交渉ができた。
だから米労働者は米国製品を喜んで買った
労働組合が強いから、米国製品が強かった。

米国の2020年10月の貿易収支

米国の2020年10月の貿易収支


米国の2020年10月の貿易収支
米国の2020年10月の貿易収支は、631億ドルの赤字だった。


ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国は、悪の枢軸だ!
ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国は、今すぐ、「ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国」の金融政策を緩和しろ!
ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国は、今すぐ、「ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国」の内需を拡大しろ!
ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国は、今すぐ、「ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国」の貿易収支、および、「ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国」の経常収支を、赤字にしろ!
ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国は、今すぐ、債務国になれ!

「ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国」は、建設国債を大量に発行しろ!

結果として、ドル高になる!


[1]
[CNBC]DEC 4 2020
米国の2020年10月の貿易収支
https://www.cnbc.com/2020/12/04/us-trade-deficit-widens-by-1point7percent-to-63point1-billion-in-october.html
米国の2020年10月の貿易収支は、631億ドルの赤字だった。


[2]
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーが、こんにちの自由貿易を開始し推進した。
ロナルドレーガンが、「こんにちの自由貿易」「1979年から1991年までの冷戦」「競争社会」「軍拡」「経済格差」「福祉切り捨て」を始めた。

レーガンは、違法なコントラ戦争を、ニカラグアで起こした。
レーガンは、エルサルバドルで、死の暗殺部隊(デス・スクワッド, Death Squads)を支援し、多くの市民を殺した。
グアテマラでは、米国が支援した虐殺が起きた。

ネルソンマンデラは、1994年から1999年まで南アフリカ共和国大統領だったにもかかわらず、2008年まで米国のテロリスト監視リストに名前が載っていた。
もともとは、米大統領ロナルドレーガンが、1980年代に、アフリカ民族会議(African National Congress:ANC)をテロリスト監視リストに載せた。
ネルソンマンデラは、1991年から1997年まで、ANCの議長を務めた。

ネルソンマンデラは、アパルトヘイト相手に戦った。
その時の南アフリカ共和国政府は、ネルソンマンデラを投獄した。
米国大統領ロナルドレーガンおよび英国首相マーガレットサッチャーは、その時、南アフリカ共和国政府を支持した。
ネルソンマンデラは、ノーベル平和賞を受賞した。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーレイシストだ。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーの支持者もレイシストだ。

Black Lives Matter!ブラックライブズマター!Black Voters Matter!ブラックボーターズマター!
米国国防省・米国のメディア・ホワイトハウス・米国の政治家・米国の大学・米国のトップ1%・米国のセレブ・ハリウッド・ウォールストリートよりも、我々は左だ。

他方で、ドイツのファシズムは極右だ。ナチは極右だ。

今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガンの支持者だ。今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガン派だ。
ロナルドレーガンは極右だ。
日本および米国防省および米マスコミおよびウォールストリートおよびハリウッドが、ロナルドレーガンを育てたのだ。

我々アメリカ合衆国の99%は、次の選挙で、米上院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!
我々アメリカ合衆国の99%は、次の選挙で、米下院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!


[3]
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。

イギリスが「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を作った。
他方で、ソ連が崩壊した主要な原因は軍事費が巨額なことだ。
(私にはロシアを批判する気も支持する気もありません)

米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
(しかし、巨大な中央集権政府がその答えなのかどうかは、私にはわかりません)
(実際、現在の米国政府は、年に7000億ドルも軍事費を使う超巨大政府です)

だから。
米国は、米国で軽自動車を作り、それら軽自動車を全世界へ輸出する。

米国は、今すぐ、モンロー主義になれ!
米国は、今すぐ、全世界の外国から全ての米軍を引き上げろ!
米国の軍事費を、1年当たり100億ドルにまで、今すぐ、下げろ。

米国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!
米国は、今すぐ、米国の金融を引き締める政策をしろ!米国は、今すぐ、米国の内需を縮小しろ!
米国は、今すぐ、米国の貿易収支および米国の経常収支を、黒字にしろ!
米国は、今すぐ、債券国になれ!
結果として、ドル高になる!

金持ちに税金をかけろ!ウォールストリートに税金をかけろ!金持ちに増税しろ!ウォールストリートに増税しろ!
米国は、米国にプログレッシブを復活させろ。

アフリカ系米国人には、給料の良い安定した仕事が必要だ。
アフリカ系米国人の99%は、「アフリカ系米国人の労働組合」が必要だ。アフリカ系米国人には、アフリカ系米国人のための労働組合が必要だ。
人権活動が低下した結果、労働組合活動も低下した。労働組合が弱体化した結果、人種差別も強まった。
人権および労働組合がないと、いくら国や会社が儲かったとしても、労働者の生活は向上しない。
その人権および労働組合の重要性を、今、全世界が証明している。
フォードがカネをくれたんじゃない。
フォードがT型フォードを量産しだしたとき、米労働運動および米労働組合も誕生し成長したから、米国労働者は生活が向上した。
労働組合の力により、米労働者は会社と交渉ができた。
だから米労働者は米国製品を喜んで買った
労働組合が強いから、米国製品が強かった。

ハリエットタブマンを20ドル紙幣の肖像に。

ハリエットタブマンを20ドル紙幣の肖像に。

ハリエットタブマンを20ドル紙幣の肖像に。

ブラック・ライブズ・マター!Black Lives Matter! ブラック・ボーターズ・マター!Black Voters Matter!

[1]
[npr]January 25, 2021
バイデン政権は「ハリエットタブマンを20ドル紙幣の肖像にする計画」を加速する。
https://www.npr.org/sections/president-biden-takes-office/2021/01/25/960417969/biden-administration-will-speed-up-efforts-to-put-harriet-tubman-on-20-bill
「バイデン政権は, 『奴隷制度廃止活動家のハリエットタブマンを, 20ドル紙幣の肖像にする計画』を再開する」とホワイトハウスは月曜日に発表した。
大統領報道官のJen Psakiは、
「米国の紙幣は米国の歴史および多様性を反映する。そして新たに20ドル紙幣を飾るハリエットタブマンは, まさに米国の歴史と多様性を反映している。だから, 我々はこの取り組みを早く実現する方法を模索している」
と述べた。

2016年4月に 米財務長官のJacob Lewは「ハリエットタブマンの肖像が新たにデザインされる20ドル紙幣を飾る。この新たな紙幣は2020年に登場する」と述べた。
大統領アンドリュージャクソン、ジャクソンは奴隷所有者だったのだが、の肖像は 20ドル札の裏面へ移動する。
しかし このオバマ時代にたてられた構想は トランプ政権下では全く進まなかった。
2019年5月 米財務長官Steven Mnuchinは「新しいデザインの20ドル紙幣は、2028年までは登場しないだろう」---トランプ政権終了後のさらにかなり後だ---と言った。
ドナルドトランプはアンドリュージャクソンのファンであり、
トランプは 選挙前には この20ドル札の変更を「差別用語を使わないという政治的な妥当性を求める運動の一つ(ポリティカルコレクトネス)に過ぎない」と侮辱し、さらにトランプは「2ドル紙幣の肖像にする」とまで言っていた。
2019年6月に米財務省は「この件について詳細を調査をするだろう」と発表し その結果新しい20ドル紙幣の製造は延期された。


[BBC]26 January
ハリエットタブマン:バイデン政権は、反奴隷制度活動家の肖像を20ドル紙幣にデザインすることを推進。
https://www.bbc.com/news/world-us-canada-55808324
ハリエットタブマンの紙幣は元々は2020年に発行される予定だった。ハリエットタブマンは1822年に奴隷の方として生まれた。
財務省は、「ハリエットタブマンは、大統領アンドリュージャクソンの肖像に置き換わる」と発表した。アンドリュージャクソンは奴隷所有者だった。

ハリエットタブマンとは誰か?
ハリエットタブマンは、1822年に奴隷として生まれ、メリーランド州度チェスター郡の綿花畑で働いて育った。
彼女は両親とも奴隷の方で、父Benjamin Ross、母Harriet Ritのもとに、9人兄弟の4番目の子として生まれた。
10代の頃、監督者に、鉄の重りで頭を激しく殴られ、重いけがを負った。
1849年に奴隷農場を逃げ出し、北方の隣の州のペンシルバニア州へ逃れた。
その後ハリエットタブマンは、仲間を助けるために何度もメリーランド州に戻り、いわゆる「地下鉄道"underground railroad"」に仲間を案内した。
「地下鉄道"underground railroad"」とは、逃亡した奴隷の方々を「南部」から「奴隷制度禁止州である北部諸州」へとこっそりと運ぶために使われた、隠れ家のネットワークのことである。
この「地下鉄道」ネットワークを用い、ハリエットタブマンは、家族や友人を含め、13回のミッションをこなし、70人以上の奴隷の方々を救出した、と推定される。
後年、彼女は、南北戦争北軍のスパイとなり、女性参政権運動の著名な支持者となり、奴隷制度廃止のためにたたかう有名な活動家となった。
南北戦争後、ハリエットタブマンは、東部の諸都市を巡り、奴隷制度と戦ったときの経験を活かし、女性参政権を支持する演説をした。
ハリエットタブマンは1913年に家族に囲まれて亡くなった。


[2]
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーが、こんにちの自由貿易を開始し推進した。
ロナルドレーガンが、「こんにちの自由貿易」「1979年から1991年までの冷戦」「競争社会」「軍拡」「経済格差」「福祉切り捨て」を始めた。

レーガンは、違法なコントラ戦争を、ニカラグアで起こした。
レーガンは、エルサルバドルで、死の暗殺部隊(デス・スクワッド, Death Squads)を支援し、多くの市民を殺した。
グアテマラでは、米国が支援した虐殺が起きた。

ネルソンマンデラは、1994年から1999年まで南アフリカ共和国大統領だったにもかかわらず、2008年まで米国のテロリスト監視リストに名前が載っていた。
もともとは、米大統領ロナルドレーガンが、1980年代に、アフリカ民族会議(African National Congress:ANC)をテロリスト監視リストに載せた。
ネルソンマンデラは、1991年から1997年まで、ANCの議長を務めた。

ネルソンマンデラは、アパルトヘイト相手に戦った。
その時の南アフリカ共和国政府は、ネルソンマンデラを投獄した。
米国大統領ロナルドレーガンおよび英国首相マーガレットサッチャーは、その時、南アフリカ共和国政府を支持した。
ネルソンマンデラは、ノーベル平和賞を受賞した。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーレイシストだ。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーの支持者もレイシストだ。

Black Lives Matter!ブラックライブズマター!Black Voters Matter!ブラックボーターズマター!
米国国防省・米国のメディア・ホワイトハウス・米国の政治家・米国の大学・米国のトップ1%・米国のセレブ・ハリウッド・ウォールストリートよりも、我々は左だ。

他方で、ドイツのファシズムは極右だ。ナチは極右だ。

今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガンの支持者だ。今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガン派だ。
ロナルドレーガンは極右だ。
日本および米国防省および米マスコミおよびウォールストリートおよびハリウッドが、ロナルドレーガンを育てたのだ。

我々アメリカ合衆国の99%は、次の選挙で、米上院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!
我々アメリカ合衆国の99%は、次の選挙で、米下院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!


[3]
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。

イギリスが「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を作った。
他方で、ソ連が崩壊した主要な原因は軍事費が巨額なことだ。
(私にはロシアを批判する気も支持する気もありません)

米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
(しかし、巨大な中央集権政府がその答えなのかどうかは、私にはわかりません)
(実際、現在の米国政府は、年に7000億ドルも軍事費を使う超巨大政府です)

だから。
米国は、米国で軽自動車を作り、それら軽自動車を全世界へ輸出する。

米国は、今すぐ、モンロー主義になれ!
米国は、今すぐ、全世界の外国から全ての米軍を引き上げろ!
米国の軍事費を、1年当たり100億ドルにまで、今すぐ、下げろ。

米国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!
米国は、今すぐ、米国の金融を引き締める政策をしろ!米国は、今すぐ、米国の内需を縮小しろ!
米国は、今すぐ、米国の貿易収支および米国の経常収支を、黒字にしろ!
米国は、今すぐ、債券国になれ!
結果として、ドル高になる!

金持ちに税金をかけろ!ウォールストリートに税金をかけろ!金持ちに増税しろ!ウォールストリートに増税しろ!
米国は、米国にプログレッシブを復活させろ。

アフリカ系米国人には、給料の良い安定した仕事が必要だ。
アフリカ系米国人の99%は、「アフリカ系米国人の労働組合」が必要だ。アフリカ系米国人には、アフリカ系米国人のための労働組合が必要だ。
人権活動が低下した結果、労働組合活動も低下した。労働組合が弱体化した結果、人種差別も強まった。
人権および労働組合がないと、いくら国や会社が儲かったとしても、労働者の生活は向上しない。
その人権および労働組合の重要性を、今、全世界が証明している。
フォードがカネをくれたんじゃない。
フォードがT型フォードを量産しだしたとき、米労働運動および米労働組合も誕生し成長したから、米国労働者は生活が向上した。
労働組合の力により、米労働者は会社と交渉ができた。
だから米労働者は米国製品を喜んで買った
労働組合が強いから、米国製品が強かった。

日本の2020年10月の貿易収支および日本の2020年10月の経常収支。

日本の2020年10月の貿易収支および日本の2020年10月の経常収支。

日本の2020年10月の貿易収支および日本の2020年10月の経常収支。
日本の2020年10月の貿易収支は、9711億円の黒字だった。
日本の2020年10月の経常収支は、2.14兆円(200億ドル)だった。

ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国は、悪の枢軸だ!
ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国は、今すぐ、「ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国」の金融政策を緩和しろ!
ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国は、今すぐ、「ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国」の内需を拡大しろ!
ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国は、今すぐ、「ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国」の貿易収支、および、「ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国」の経常収支を、赤字にしろ!
ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国は、今すぐ、債務国になれ!

「ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国」は、建設国債を大量に発行しろ!

結果として、ドル高になる!


[1]
[Mainichi]November 10, 2020
日本の2020年10月の貿易収支
https://mainichi.jp/english/articles/20201110/p2g/00m/0bu/047000c
日本の2020年10月の経常収支は、2.14兆円(200億ドル)だった。
日本の2020年10月の貿易収支は、9711億円の黒字だった。


[2]
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーが、こんにちの自由貿易を開始し推進した。
ロナルドレーガンが、「こんにちの自由貿易」「1979年から1991年までの冷戦」「競争社会」「軍拡」「経済格差」「福祉切り捨て」を始めた。

レーガンは、違法なコントラ戦争を、ニカラグアで起こした。
レーガンは、エルサルバドルで、死の暗殺部隊(デス・スクワッド, Death Squads)を支援し、多くの市民を殺した。
グアテマラでは、米国が支援した虐殺が起きた。

ネルソンマンデラは、1994年から1999年まで南アフリカ共和国大統領だったにもかかわらず、2008年まで米国のテロリスト監視リストに名前が載っていた。
もともとは、米大統領ロナルドレーガンが、1980年代に、アフリカ民族会議(African National Congress:ANC)をテロリスト監視リストに載せた。
ネルソンマンデラは、1991年から1997年まで、ANCの議長を務めた。

ネルソンマンデラは、アパルトヘイト相手に戦った。
その時の南アフリカ共和国政府は、ネルソンマンデラを投獄した。
米国大統領ロナルドレーガンおよび英国首相マーガレットサッチャーは、その時、南アフリカ共和国政府を支持した。
ネルソンマンデラは、ノーベル平和賞を受賞した。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーレイシストだ。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーの支持者もレイシストだ。

Black Lives Matter!ブラックライブズマター!Black Voters Matter!ブラックボーターズマター!
米国国防省・米国のメディア・ホワイトハウス・米国の政治家・米国の大学・米国のトップ1%・米国のセレブ・ハリウッド・ウォールストリートよりも、我々は左だ。

他方で、ドイツのファシズムは極右だ。ナチは極右だ。

今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガンの支持者だ。今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガン派だ。
ロナルドレーガンは極右だ。
日本および米国防省および米マスコミおよびウォールストリートおよびハリウッドが、ロナルドレーガンを育てたのだ。

我々アメリカ合衆国の99%は、次の選挙で、米上院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!
我々アメリカ合衆国の99%は、次の選挙で、米下院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!


[3]
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。

イギリスが「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を作った。
他方で、ソ連が崩壊した主要な原因は軍事費が巨額なことだ。
(私にはロシアを批判する気も支持する気もありません)

米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
(しかし、巨大な中央集権政府がその答えなのかどうかは、私にはわかりません)
(実際、現在の米国政府は、年に7000億ドルも軍事費を使う超巨大政府です)

だから。
米国は、米国で軽自動車を作り、それら軽自動車を全世界へ輸出する。

米国は、今すぐ、モンロー主義になれ!
米国は、今すぐ、全世界の外国から全ての米軍を引き上げろ!
米国の軍事費を、1年当たり100億ドルにまで、今すぐ、下げろ。

米国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!
米国は、今すぐ、米国の金融を引き締める政策をしろ!米国は、今すぐ、米国の内需を縮小しろ!
米国は、今すぐ、米国の貿易収支および米国の経常収支を、黒字にしろ!
米国は、今すぐ、債券国になれ!
結果として、ドル高になる!

金持ちに税金をかけろ!ウォールストリートに税金をかけろ!金持ちに増税しろ!ウォールストリートに増税しろ!
米国は、米国にプログレッシブを復活させろ。

アフリカ系米国人には、給料の良い安定した仕事が必要だ。
アフリカ系米国人の99%は、「アフリカ系米国人の労働組合」が必要だ。アフリカ系米国人には、アフリカ系米国人のための労働組合が必要だ。
人権活動が低下した結果、労働組合活動も低下した。労働組合が弱体化した結果、人種差別も強まった。
人権および労働組合がないと、いくら国や会社が儲かったとしても、労働者の生活は向上しない。
その人権および労働組合の重要性を、今、全世界が証明している。
フォードがカネをくれたんじゃない。
フォードがT型フォードを量産しだしたとき、米労働運動および米労働組合も誕生し成長したから、米国労働者は生活が向上した。
労働組合の力により、米労働者は会社と交渉ができた。
だから米労働者は米国製品を喜んで買った
労働組合が強いから、米国製品が強かった。

日本の2020年9月の貿易収支および日本の2020年9月の経常収支。

日本の2020年9月の貿易収支および日本の2020年9月の経常収支。


日本の2020年9月の貿易収支および日本の2020年9月の経常収支。
日本の2020年9月の貿易収支は、9184億円の黒字だった。
日本の2020年9月の経常収支は、1.66兆円だった。

ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国は、悪の枢軸だ!
ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国は、今すぐ、「ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国」の金融政策を緩和しろ!
ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国は、今すぐ、「ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国」の内需を拡大しろ!
ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国は、今すぐ、「ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国」の貿易収支、および、「ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国」の経常収支を、赤字にしろ!
ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国は、今すぐ、債務国になれ!

「ドイツ・日本・中国・香港・台湾・韓国」は、建設国債を大量に発行しろ!

結果として、ドル高になる!


[1]
[Japantimes]November 10, 2020
日本の2020年9月の貿易収支
https://www.japantimes.co.jp/news/2020/11/10/business/economy-business/april-september-current-account-surplus-japan/
日本の2020年9月の貿易収支は、9184億円の黒字だった。
日本の2020年9月の経常収支は、1.66兆円だった。


[2]
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーが、こんにちの自由貿易を開始し推進した。
ロナルドレーガンが、「こんにちの自由貿易」「1979年から1991年までの冷戦」「競争社会」「軍拡」「経済格差」「福祉切り捨て」を始めた。

レーガンは、違法なコントラ戦争を、ニカラグアで起こした。
レーガンは、エルサルバドルで、死の暗殺部隊(デス・スクワッド, Death Squads)を支援し、多くの市民を殺した。
グアテマラでは、米国が支援した虐殺が起きた。

ネルソンマンデラは、1994年から1999年まで南アフリカ共和国大統領だったにもかかわらず、2008年まで米国のテロリスト監視リストに名前が載っていた。
もともとは、米大統領ロナルドレーガンが、1980年代に、アフリカ民族会議(African National Congress:ANC)をテロリスト監視リストに載せた。
ネルソンマンデラは、1991年から1997年まで、ANCの議長を務めた。

ネルソンマンデラは、アパルトヘイト相手に戦った。
その時の南アフリカ共和国政府は、ネルソンマンデラを投獄した。
米国大統領ロナルドレーガンおよび英国首相マーガレットサッチャーは、その時、南アフリカ共和国政府を支持した。
ネルソンマンデラは、ノーベル平和賞を受賞した。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーレイシストだ。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーの支持者もレイシストだ。

Black Lives Matter!ブラックライブズマター!Black Voters Matter!ブラックボーターズマター!
米国国防省・米国のメディア・ホワイトハウス・米国の政治家・米国の大学・米国のトップ1%・米国のセレブ・ハリウッド・ウォールストリートよりも、我々は左だ。

他方で、ドイツのファシズムは極右だ。ナチは極右だ。

今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガンの支持者だ。今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガン派だ。
ロナルドレーガンは極右だ。
日本および米国防省および米マスコミおよびウォールストリートおよびハリウッドが、ロナルドレーガンを育てたのだ。

我々アメリカ合衆国の99%は、次の選挙で、米上院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!
我々アメリカ合衆国の99%は、次の選挙で、米下院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!


[3]
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。

イギリスが「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を作った。
他方で、ソ連が崩壊した主要な原因は軍事費が巨額なことだ。
(私にはロシアを批判する気も支持する気もありません)

米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
(しかし、巨大な中央集権政府がその答えなのかどうかは、私にはわかりません)
(実際、現在の米国政府は、年に7000億ドルも軍事費を使う超巨大政府です)

だから。
米国は、米国で軽自動車を作り、それら軽自動車を全世界へ輸出する。

米国は、今すぐ、モンロー主義になれ!
米国は、今すぐ、全世界の外国から全ての米軍を引き上げろ!
米国の軍事費を、1年当たり100億ドルにまで、今すぐ、下げろ。

米国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!
米国は、今すぐ、米国の金融を引き締める政策をしろ!米国は、今すぐ、米国の内需を縮小しろ!
米国は、今すぐ、米国の貿易収支および米国の経常収支を、黒字にしろ!
米国は、今すぐ、債券国になれ!
結果として、ドル高になる!

金持ちに税金をかけろ!ウォールストリートに税金をかけろ!金持ちに増税しろ!ウォールストリートに増税しろ!
米国は、米国にプログレッシブを復活させろ。

アフリカ系米国人には、給料の良い安定した仕事が必要だ。
アフリカ系米国人の99%は、「アフリカ系米国人の労働組合」が必要だ。アフリカ系米国人には、アフリカ系米国人のための労働組合が必要だ。
人権活動が低下した結果、労働組合活動も低下した。労働組合が弱体化した結果、人種差別も強まった。
人権および労働組合がないと、いくら国や会社が儲かったとしても、労働者の生活は向上しない。
その人権および労働組合の重要性を、今、全世界が証明している。
フォードがカネをくれたんじゃない。
フォードがT型フォードを量産しだしたとき、米労働運動および米労働組合も誕生し成長したから、米国労働者は生活が向上した。
労働組合の力により、米労働者は会社と交渉ができた。
だから米労働者は米国製品を喜んで買った
労働組合が強いから、米国製品が強かった。