IbrahimCongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

ウラジミール・レーニンは、偉大だ。

ウラジミール・レーニンは、偉大だ。
ウラジミール・レーニンは、「自決権self-determination」という概念を初めて表明した。
国連は、「自決権self-determination」を追認した。

私は西側を糾弾しています。
ウラジミール・レーニンのお陰で、東欧は独立を達成できた。
「アフリカ、南アジア、東南アジア」が独立したとき、ウラジミール・レーニンの精神は「アフリカ、南アジア、東南アジア」へと受け継がれた。
なぜドイツを信用する人々がいるのか、私には理解できない。
西側は、帝国主義者植民地主義者でファシストだ。

明らかに、「自決権self-determination」という概念は、植民地独立につながる。
そして、西側は、帝国主義者植民地主義者でファシストだ。
(西側は多くのコロニーを持っていた。そして、西側は、植民地を占領することで大金を得た。)
ゆえに、西側は決して、「自決権self-determination」などと自発的に主張しない。

したがって、ウラジミール・レーニンは、偉大だ。
ウラジミール・レーニンは、「自決権self-determination」という概念を初めて表明した。
国連は、「自決権self-determination」を追認した。

以下の点が重要だ。
以下の点は、「結局のところ、米国も帝国主義者のメンバーの一人に過ぎない」、ということを意味している。
>>[Wikipedia]
>>「自決権self-determination」
>>ボルシェビキがロシアで「10月革命October Revolution」により権力を握ったとき、ボルシェビキは「ロシアが第1次大戦から連合国の一員として即座に撤退する」よう主張した。When the Bolsheviks came to power in Russia in the October Revolution, they called for Russia's immediate withdrawal as a member of the Allies of World War I.
>>ボルシェビキは、さらに、植民地も含む全ての国の「自決権self-determination」という権利を支持した。They also supported the right of all nations, including colonies, to self-determination."
>>このことは、ウィルソンのより制限された要求に対する挑戦となった。This presented a challenge to Wilson's more limited demands.


[Wikipedia]
Self-determination
https://en.wikipedia.org/wiki/Self-determination
The right of a people to self-determination is a cardinal principle in modern international law (commonly regarded as a jus cogens rule), binding, as such, on the United Nations as authoritative interpretation of the Charter's norms.
It states that peoples, based on respect for the principle of equal rights and fair equality of opportunity, have the right to freely choose their sovereignty and international political status with no interference.

The concept was first expressed in the 1860s, and spread rapidly thereafter.
During and after World War I, the principle was encouraged by both Soviet Premier Vladimir Lenin and United States President Woodrow Wilson.
Having announced his Fourteen Points on 8 January 1918, on 11 February 1918 Wilson stated: "National aspirations must be respected; people may now be dominated and governed only by their own consent. 'Self determination' is not a mere phrase; it is an imperative principle of action."

During World War II, the principle was included in the Atlantic Charter, declared on 14 August 1941, by Franklin D. Roosevelt, President of the United States, and Winston Churchill, Prime Minister of the United Kingdom, who pledged The Eight Principal points of the Charter.
It was recognized as an international legal right after it was explicitly listed as a right in the UN Charter.

1.2    World Wars I and II
1.2.1    Europe, Asia and Africa
Woodrow Wilson revived America's commitment to self-determination, at least for European states, during World War I.
ボルシェビキがロシアで「10月革命October Revolution」により権力を握ったとき、ボルシェビキは「ロシアが第1次大戦から連合国の一員として即座に撤退する」よう主張した。
ボルシェビキは、さらに、植民地も含む全ての国の「自決権self-determination」という権利を支持した。
The 1918 Constitution of the Soviet Union acknowledged the right of secession for its constituent republics.

このことは、ウィルソンのより制限された要求に対する挑戦となった。
In January 1918 Wilson issued his Fourteen Points of January 1918 which, among other things, called for adjustment of colonial claims, insofar as the interests of colonial powers had equal weight with the claims of subject peoples.
The Treaty of Brest-Litovsk in March 1918 led to Soviet Russia's exit from the war and the nominal independence of Armenia, Finland, Estonia, Latvia, Ukraine, Lithuania, Georgia and Poland, though in fact those territories were under German control.
The end of the war led to the dissolution of the defeated Austro-Hungarian Empire and Czechoslovakia and the union of the State of Slovenes, Croats and Serbs and the Kingdom of Serbia as new states out of the wreckage of the Habsburg empire.

1.3    The Cold War world
1.3.1    The UN Charter and resolutions
In 1941 Allies of World War II declared the Atlantic Charter and accepted the principle of self-determination.
In January 1942 twenty-six states signed the Declaration by United Nations, which accepted those principles.
The ratification of the United Nations Charter in 1945 at the end of World War II placed the right of self-determination into the framework of international law and diplomacy.

* Chapter 1, Article 1, part 2 states that purpose of the UN Charter is: "To develop friendly relations among nations based on respect for the principle of equal rights and self-determination of peoples, and to take other appropriate measures to strengthen universal peace."
* Article 1 in both the International Covenant on Civil and Political Rights (ICCPR) and the International Covenant on Economic, Social and Cultural Rights (ICESCR) reads: "All peoples have the right of self-determination.
By virtue of that right they freely determine their political status and freely pursue their economic, social and cultural development. "
* The United Nations Universal Declaration of Human Rights article 15 states that everyone has the right to a nationality and that no one should be arbitrarily deprived of a nationality or denied the right to change nationality.
* Already in the 16th century the Spanish professor of law at the University of Salamanca wrote: "Toda nación tiene derecho a gobernarse a sí misma y puede aceptar el régimen político que quiera, aún cuando no sea el mejor.
All nations have the right to govern themselves and can accept the political regime it wants, even if it is not the best."

On 14 December 1960, the United Nations General Assembly adopted United Nations General Assembly Resolution 1514 (XV) subtitled "Declaration on the Granting of Independence to Colonial Countries and Peoples", which supported the granting of independence to colonial countries and people by providing an inevitable legal linkage between self-determination and its goal of decolonisation.
It postulated a new international law-based right of freedom to exercise economic self-determination.
Article 5 states: Immediate steps shall be taken in Trust and Non-Self-Governing Territories, or all other territories which have not yet attained independence, to transfer all powers to the people of those territories, without any conditions or reservations, in accordance with their freely expressed will and desire, without any distinction as to race, creed or colour, in order to enable them to enjoy complete independence and freedom.


[Wikipedia]
Treaty of Brest-Litovsk
https://en.wikipedia.org/wiki/Treaty_of_Brest-Litovsk
The Treaty of Brest-Litovsk (also known as the Treaty of Brest in Russia) was a separate peace treaty signed on March 3, 1918, between the new Bolshevik government of Russia and the Central Powers (German Empire, Austria-Hungary, Bulgaria, and the Ottoman Empire), that ended Russia's participation in World War I.
The treaty was signed at German-controlled Brest-Litovsk, after two months of negotiations. The treaty was agreed upon by the Russians to stop further invasion.
As a result of the treaty, Soviet Russia defaulted on all of Imperial Russia's commitments to the Allies and eleven nations became independent in eastern Europe and western Asia.
Under the treaty, Russia lost nearly all of Ukraine, and the three Baltic republics were ceded to Germany.

In the treaty, Russia ceded to Germany hegemony over Lithuania, Latvia and Estonia; these countries were meant to become German vassal states under German princelings.
Russia also ceded its province of Kars in the South Caucasus to the Ottoman Empire, and recognized the independence of Ukraine.
According to historian Spencer Tucker, "The German General Staff had formulated extraordinarily harsh terms that shocked even the German negotiator."
Congress Poland was not mentioned in the treaty, as Germans refused to recognize the existence of any Polish representatives, which in turn led to Polish protests.
When Germans later complained that the 1919 Treaty of Versailles in the West was too harsh on them, the Allied Powers responded that it was more benign than the terms imposed by the Brest-Litovsk treaty.

The treaty was annulled by the Armistice of 11 November 1918, when Germany surrendered to the western Allies.
However, in the meantime it did provide some relief to the Bolsheviks, already fighting the Russian Civil War (1917–1922) following the Russian Revolutions of 1917, by the renunciation of Russia's claims on Poland, Belarus, Ukraine, Finland, Estonia, Latvia and Lithuania.

 

 

 

 

 

 

 

一言でいうと、西側は、途上国を再び植民地にしようとしている。

一言でいうと、西側は、途上国を再び植民地にしようとしている。


一言でいうと、西側は、途上国を再び植民地にしようとしている。


[1-1]
1960年代にアフリカ諸国は独立を達成した。
1960年は「アフリカの年Year of Africa」と呼ばれている。
それと同時期に、例えば、リビア、イランなどは、油田を国有化した。
植民地は独立を始めた。


[1-2]
したがって、以前の宗主国は、植民地を搾取できなくなった。
以前の宗主国は(以前は、植民地を搾取することで金持ちだったが)、貧乏になりだした。


[1-3]
宗主国の金持ちは、生活が貧しくなるのが嫌だった。
だから、金持ちは、金本位制度を放棄し、インフレーションを起こし、貧富の差を拡大しだした。

他方で、庶民も生活が貧しくなるのは嫌だったので、庶民は共産主義社会主義を望んだ。

これが、1980年までの西側の状況。


[1-4]
1980年に、ロナルド・レーガン及びヤスヒロ・ナカソネが登場した。
一言でいうと、ロナルド・レーガン、ヤスヒロ・ナカソネ、マーガレット・サッチャーは、植民地主義者で帝国主義者だ。

1980年以降、世界は退化し始めた。
1980年以降、先進国は、再び、途上国を植民地に、し始めた。

したがって、こんにちの先進国は、植民地主義者で、帝国主義者で、ファシストだ。


[1-5]
こんにち、先進国には、途上国を植民地化する手段が沢山ある。
「"ニューヨーク商業取引所New York Mercantile Exchange"における、原油市場」の悪用、なども一つの例である。
西側は、天然資源価格をコントロールしている。


[1-6]
イラク戦争リビア戦争、シリア戦争など」は、西側が、天然資源の豊かな国々を直接支配しようとする、明白な例である。


[1-7]
犯罪収益は、没収されるべき(Confiscated, seizure)である。
そして、帝国主義及びファシズムは、人類に対する罪である。

だから、西側は直ちに解体されるべきである。


[2-1]
「西側の自由市場経済(市場原理経済)においてのみ、原油価格、銅価格などが上昇すること」は、途上国を救い、先進国を打ち倒し、G7(つまり、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、イギリス、米国)を打ち倒す。

なぜなら、西側及びG7は、途上国を搾取し続けているから。
なぜなら、西側及びG7は、途上国の天然資源を搾取し続けているから。

もちろん、原油価格、銅価格などの上昇は、韓国、中国、香港、台湾も打ち倒す。

なぜなら、韓国、中国、香港、台湾は、途上国を搾取し続けているから。
なぜなら、韓国、中国、香港、台湾は、途上国の天然資源を搾取し続けているから。

実際、原油価格、銅価格などの上昇は、どの国が途上国を搾取し続けているか、をはっきりさせる。
実際、原油価格、銅価格などの上昇は、どの国が途上国の天然資源を搾取し続けているか、をはっきりさせる。


[2-2]
「西側の自由市場経済(市場原理経済)においてのみ、原油価格、銅価格などが上昇すること」は、途上国を救い、先進国を打ち倒し、G7(つまり、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、イギリス、米国)を打ち倒す。

これは、西側の自動車企業を打ち倒す。
これこそが、西側が望んだことなのだ。
これこそが、西側の言う「自由貿易及び市場経済」、なのだ。

もちろん、原油価格、銅価格などの上昇は、韓国、中国、香港、台湾も打ち倒す。
もちろん、これは、韓国の自動車企業を打ち倒す。
もちろんこれは、中国の自動車企業を打ち倒す。
これこそが、中国及び韓国が望んだことなのだ。
これこそが、彼らの言う「自由貿易及び市場経済」、なのだ。

実際、原油価格、銅価格などの上昇は、どの国が途上国を搾取し続けているか、をはっきりさせる。
実際、原油価格、銅価格などの上昇は、どの国が途上国の天然資源を搾取し続けているか、をはっきりさせる。


[2-3]
アフリカ、中東、アラブ諸国、南アジア、東南アジア、中南米は、西側の自由市場経済から離脱する。
西側の自由市場経済から離脱すれば、
アフリカ、中東、アラブ諸国、南アジア、東南アジア、中南米は、「"西側の自由市場経済free-market economy(市場経済Market-Based Economy)"においてのみ、資源価格が上昇すること」からダメージを受けない。

共産主義諸国は、バーター(物々交換)制度で貿易をしている。
「資本の蓄積」および/あるいは「金を貸して利息を取ること」は、断じて共産主義ではない。
共産主義は、断じて、資本を蓄積しないし、金を貸して利息を取ることもしない。

これが世界を救うと思う。


[2-4]
こんにちの西側の繁栄は、途上国を搾取することで達成されている。
韓国、中国、香港、台湾の繁栄は、途上国を搾取することで達成されている。

1970年代の石油ショック(1973年オイルショック、及び、1979年オイルショック)がそれを証明している。
(私には、中東における戦争をあおるつもりはありません。産油国OPECを活用すべきです)

例えば、
イスラムは、不労所得を禁じています。
社会主義及び共産主義も、不労所得を禁じています。


[2-5]
自動車は、地産地消にすべきだ。自動車産業を「地産地消」にすべきだ。
各国は、自国で自動車を製造すべきだ。

そうすれば、貿易収支は均衡し、債務国は存在しなくなる。

ブラックライブズマター。Black Lives Matter.

国連本部が米国ニューヨークにあるのは間違いだ。
国連本部は、アフリカか中東か南アジアか東南アジアかラテンアメリカに移動すべきだ。
こんにちの米国には国連本部の場所となる資格がない。

米国、西側、G7及び日本は、何度も何度も、国連に対し恥ずべき行動をしてきた。
米国、西側、G7及び日本は、何度も何度も、国連の信用を失墜させてきた。
米国、西側、G7及び日本は、直ちに、国連から除名されるべきだ。


[2-6]
アフリカ、中東、イスラム諸国、アラブ諸国、南アジア、東南アジア、中南米は、西側自由市場経済から離脱する。

共産主義国は、バーター貿易(物々交換貿易)をしている。
資本の蓄積(資本を蓄積すること)、及び、金を貸して利息を取る行為は、断じて、共産主義ではない。
共産主義は、決して、資本を蓄積しないし、金を貸して利息を取ったりもしない。

これが世界を救うと思う。

インドは社会主義国です。
社会主義及び共産主義不労所得を禁じています。
イスラム不労所得を禁じています。

私は自称イスラム教徒です。そして、「ブラックライブズマターBlack Lives Matter」。

ところで、「資本の蓄積」そして/あるいは「金を貸して利息を取る」のは、共産主義ではありません。
共産主義者は、決して、資本蓄積をしませんし、金を貸して利息を取ったりしません。
(共産主義国では、バーター貿易(物々交換)で貿易をすると思います。)


[2-7]
ドイツは、第2次大戦後、100の都市国家に分割されるべきだった。
ドイツを、西ドイツ、東ドイツ(、オーストリア)に分割したのは不十分だった。

日本も、第2次大戦後、100の都市国家に分割されるべきだった。
もしも日本が第2次大戦後、100の都市国家に分割されていたら朝鮮戦争国共内戦ベトナム戦争も起きなかっただろう。
連合国は、日本及びドイツにもっと厳しく当たるべきだった。

ことわざにもある通り、過ちをただすのに遅いということはない。

米国は直ちに50の都市国家に分割されるべきだ。
EUは直ちに解体されるべきだ。

日本、ドイツ、米国、英国。EU、中国、香港、台湾、韓国を直ちに解体しよう。

ベトナム戦争中の戦争犯罪を米国が公的に謝罪したなどと、私は一切聞いたことがない。

ベトナム戦争中の戦争犯罪を米国が公的に謝罪したなどと、私は一切聞いたことがない。


ベトナム戦争中の戦争犯罪を米国が公的に謝罪したなどと、私は一切聞いたことがない。
私は、NATO及び米国を糾弾しています。
NATOは直ちに解体されるべきだ。
Black Lives Matter.ブラック・ライブズ・マター。


[Wikipedia]
My Lai massacreソンミ村虐殺事件
https://en.wikipedia.org/wiki/My_Lai_massacre
「マイ・ライ・マサカー、マイライ虐殺事件、My Lai Massacre、ソンミ村虐殺事件」は、1968年3月16日に南ベトナムソンティン県で非武装南ベトナム市民を米軍が大量虐殺した事件である。
347名から504名の人々が第23歩兵師団第11旅団の、第20歩兵連隊第1大隊C中隊と第3歩兵連隊第4大隊B中隊の、米陸軍兵により殺された。
被害者には男性、女性、子供たち、乳幼児が含まれる。
女性のうちの何人かは集団レイプされバラバラ死体にされた。12歳の子供たちも同じことをされた。
26名の兵隊が犯罪行為で起訴されたが、しかしC中隊のリーダーの中尉のウィリアム・カリー・ジュニアのみが有罪判決を受けた。
ウィリアム・カリー・ジュニアは22名の村人を殺した罪で有罪判決を受け終身刑を元々は宣告されていたが、大統領のニクソン減刑し、実際には3年販自宅軟禁されただけだった。
この戦争犯罪は、その後「ベトナム戦争で最もショッキングなエピソード」と呼ばれるが、クアンガイ省ソンミ村の2つの集落で起きた。
1969年11月に世界に知れ渡ったとき、この事件に対し世界が激怒した。
この事件により、虐殺及び虐殺の隠蔽が暴露されたとき、米国がベトナム戦争に関与することに対し米国内である程度反対が起きた。
虐殺を止めようとし隠れている市民を助けようとした3名の兵隊は、当初、避けられた上に、米下院軍事委員会の議長Mendel Riversを含む幾人かの米議員からは「裏切り者」と非難さえされた。
18年前に起きた、韓国で起きたノグンリ虐殺事件とともに、米軍による20世紀中の市民に対する虐殺としては、公表されたものの中では、マイライは最大のものの一つである。

2 その後
2.1 報告、隠蔽、調査。
フリージャーナリストのシーモア・ハーシュが調査を行い、中尉のウィリアム・カリーに大がかりなインタビューを行ったのち、1969年11月12日にマイライでの出来事をAP通信にいち早く報道した;11月20日にはタイム、ライフ、ニューズウィークで特集記事が組まれ、CBSテレビがPaul Meadlo(虐殺のときにカリーの隊にいた兵隊)にインタビューをした。
オハイオ州クリーブランドの新聞Plain Dealerは、マイライで虐殺された村人たちの死体がはっきりと映った写真を発表した。


[Wikipedia]
ノグンリ虐殺
https://en.wikipedia.org/wiki/No_Gun_Ri_massacre
ノグンリ虐殺は、朝鮮戦争初期の1950年7月26日から29日にかけて起きた虐殺。はっきりしない人数の韓国の避難民が、ソウルの100マイル(160キロ)北のノグンリ村近くの鉄道橋で、「米軍の航空攻撃、及び、第7騎兵連隊の小火器および重火器」で殺された。
2005年、韓国政府の調査で「163名の死者あるいは行方不明者、及び、55名のけが人」の名前が確認された。そのほかの被害者の名前は報道されなかった。
ノグンリ平和財団が2011年に、「250名から300名が殺され、その大半は女性と子供だった」と推定している。

この事件は、「『第7騎兵連隊の元兵隊が、この事件の生存者の発言を認めた』AP通信の報道」が1999年に出版されるまでは、韓国外ではほとんど知られていなかった。
AP通信はさらに、機密解除された米陸軍の命令書に「北朝鮮軍が避難民に紛れ込んでいるかもしれないという報告を受けたので、接近する市民を銃撃せよ」とあるのを発見した。
2001年に米陸軍は調査をし、事前に生存者の主張を否定したのち、殺害を認めたが、この3日間の出来事を「戦争につきものの不幸な悲劇であり、意図的な殺害ではない」と説明した。
米陸軍は「生存者の、謝罪と補償を求める要求」を拒絶し、米大統領のビルクリントンは翌日に「間違いは起こるものだ」と遺憾の意を表明した。

AP通信はその後、「米司令官たちが、この期間中、部隊に、『前線では、民間人を撃ち、民間人に向けて発砲しろ』と命令している」さらなる保管文書を発見した;これらの機密解除された文書は、国防省の調査官に発見はされていたが、公表されていなかった。
非公開の文書の中には、「米軍は近づく難民グループに対し発砲するという方針を、全域にわたり採用していた」と書かれた在韓米大使からの手紙もあった。

ノグンリの虐殺が暴露されたことで、1950年から1951年にかけての同様の事件と疑われている事件の生存者たちの報告書が、ソウル政府に提出された。
2008年に、調査委員会は、「米軍による大規模殺害と疑われる200以上の事件が正式に記録された。その大半は航空攻撃であった」と報告した。


[1]
「西側の自由市場経済(市場原理経済)においてのみ、原油価格、銅価格などが上昇すること」は、途上国を救い、先進国を打ち倒し、G7(つまり、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、イギリス、米国)を打ち倒す。

なぜなら、西側及びG7は、途上国を搾取し続けているから。
なぜなら、西側及びG7は、途上国の天然資源を搾取し続けているから。

もちろん、原油価格、銅価格などの上昇は、韓国、中国、香港、台湾も打ち倒す。

なぜなら、韓国、中国、香港、台湾は、途上国を搾取し続けているから。
なぜなら、韓国、中国、香港、台湾は、途上国の天然資源を搾取し続けているから。


[2]
「西側の自由市場経済(市場原理経済)においてのみ、原油価格、銅価格などが上昇すること」は、途上国を救い、先進国を打ち倒し、G7(つまり、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、イギリス、米国)を打ち倒す。

これは、西側の自動車企業を打ち倒す。
これこそが、西側が望んだことなのだ。
これこそが、西側の言う「自由貿易及び市場経済」、なのだ。

もちろん、原油価格、銅価格などの上昇は、韓国、中国、香港、台湾も打ち倒す。
もちろん、これは、韓国の自動車企業を打ち倒す。
もちろんこれは、中国の自動車企業を打ち倒す。
これこそが、中国及び韓国が望んだことなのだ。
これこそが、彼らの言う「自由貿易及び市場経済」、なのだ。

実際、原油価格、銅価格などの上昇は、どの国が途上国を搾取し続けているか、をはっきりさせる。
実際、原油価格、銅価格などの上昇は、どの国が途上国の天然資源を搾取し続けているか、をはっきりさせる。


[3]
アフリカ、中東、アラブ諸国、南アジア、東南アジア、中南米は、西側の自由市場経済から離脱する。
西側の自由市場経済から離脱すれば、
アフリカ、中東、アラブ諸国、南アジア、東南アジア、中南米は、「"西側の自由市場経済free-market economy(市場経済Market-Based Economy)"においてのみ、資源価格が上昇すること」からダメージを受けない。

共産主義諸国は、バーター(物々交換)制度で貿易をしている。
「資本の蓄積」および/あるいは「金を貸して利息を取ること」は、断じて共産主義ではない。
共産主義は、断じて、資本を蓄積しないし、金を貸して利息を取ることもしない。

これが世界を救うと思う。


[4]
こんにちの西側の繁栄は、途上国を搾取することで達成されている。
韓国、中国、香港、台湾の繁栄は、途上国を搾取することで達成されている。


[5]
自動車は、地産地消にすべきだ。自動車産業を「地産地消」にすべきだ。
各国は、自国で自動車を製造すべきだ。

そうすれば、貿易収支は均衡し、債務国は存在しなくなる。

ブラックライブズマター。Black Lives Matter.

国連本部が米国ニューヨークにあるのは間違いだ。
国連本部は、アフリカか中東か南アジアか東南アジアかラテンアメリカに移動すべきだ。
こんにちの米国には国連本部の場所となる資格がない。

米国、西側、G7及び日本は、何度も何度も、国連に対し恥ずべき行動をしてきた。
米国、西側、G7及び日本は、何度も何度も、国連の信用を失墜させてきた。
米国、西側、G7及び日本は、直ちに、国連から除名されるべきだ。


[6]
アフリカ、中東、イスラム諸国、アラブ諸国、南アジア、東南アジア、中南米は、西側自由市場経済から離脱する。

共産主義国は、バーター貿易(物々交換貿易)をしている。
資本の蓄積(資本を蓄積すること)、及び、金を貸して利息を取る行為は、断じて、共産主義ではない。
共産主義は、決して、資本を蓄積しないし、金を貸して利息を取ったりもしない。

これが世界を救うと思う。

インドは社会主義国です。
社会主義及び共産主義不労所得を禁じています。
イスラム不労所得を禁じています。

私は自称イスラム教徒です。そして、「ブラックライブズマターBlack Lives Matter」。

ところで、「資本の蓄積」そして/あるいは「金を貸して利息を取る」のは、共産主義ではありません。
共産主義者は、決して、資本蓄積をしませんし、金を貸して利息を取ったりしません。
(共産主義国では、バーター貿易(物々交換)で貿易をすると思います。)


[7]
ドイツは、第2次大戦後、100の都市国家に分割されるべきだった。
ドイツを、西ドイツ、東ドイツ(、オーストリア)に分割したのは不十分だった。

日本も、第2次大戦後、100の都市国家に分割されるべきだった。
もしも日本が第2次大戦後、100の都市国家に分割されていたら朝鮮戦争国共内戦ベトナム戦争も起きなかっただろう。
連合国は、日本及びドイツにもっと厳しく当たるべきだった。

ことわざにもある通り、過ちをただすのに遅いということはない。

米国は直ちに50の都市国家に分割されるべきだ。
EUは直ちに解体されるべきだ。

日本、ドイツ、米国、英国。EU、中国、香港、台湾、韓国を直ちに解体しよう。

「西側の自由市場経済(市場原理経済)においてのみ、原油価格、銅価格などが上昇すること」及び「共産主義および社会主義」は途上国を救う。

「西側の自由市場経済(市場原理経済)においてのみ、原油価格、銅価格などが上昇すること」及び「共産主義および社会主義」は途上国を救う。


「"西側の自由市場経済free-market economy(市場経済Market-Based Economy)"においてのみ、原油価格、銅価格などが上昇すること」及び「共産主義および社会主義」は途上国を救う。
「"西側の自由市場経済free-market economy(市場経済Market-Based Economy)"においてのみ、資源価格が上昇すること」及び「共産主義および社会主義」は途上国を救う。

アフリカ、中東、アラブ諸国、南アジア、東南アジア、中南米は、西側の自由市場経済から離脱する。
西側の自由市場経済から離脱すれば、
アフリカ、中東、アラブ諸国、南アジア、東南アジア、中南米は、「"西側の自由市場経済free-market economy(市場経済Market-Based Economy)"においてのみ、資源価格が上昇すること」からダメージを受けない。


[1]
原油価格、銅価格などの上昇は、途上国を救う。
原油価格、銅価格などの上昇は、先進国を打ち倒す。
原油価格、銅価格などの上昇は、G7 (つまり、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、イギリス、米国)を打ち倒す。

なぜなら、西側及びG7は、途上国を搾取し続けているから。
なぜなら、西側及びG7は、途上国の天然資源を搾取し続けているから。

もちろん、原油価格、銅価格などの上昇は、韓国、中国、香港、台湾も打ち倒す。

なぜなら、韓国、中国、香港、台湾は、途上国を搾取し続けているから。
なぜなら、韓国、中国、香港、台湾は、途上国の天然資源を搾取し続けているから。

実際、原油価格、銅価格などの上昇は、どの国が途上国を搾取し続けているか、をはっきりさせる。
実際、原油価格、銅価格などの上昇は、どの国が途上国の天然資源を搾取し続けているか、をはっきりさせる。


[2]
「西側の自由市場経済(市場原理経済)においてのみ、原油価格、銅価格などが上昇すること」は、途上国を救い、先進国を打ち倒し、G7(つまり、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、イギリス、米国)を打ち倒す。

これは、西側の自動車企業を打ち倒す。
これこそが、西側が望んだことなのだ。
これこそが、西側の言う「自由貿易及び市場経済」、なのだ。

もちろん、原油価格、銅価格などの上昇は、韓国、中国、香港、台湾も打ち倒す。
もちろん、これは、韓国の自動車企業を打ち倒す。
もちろんこれは、中国の自動車企業を打ち倒す。
これこそが、中国及び韓国が望んだことなのだ。
これこそが、彼らの言う「自由貿易及び市場経済」、なのだ。

実際、原油価格、銅価格などの上昇は、どの国が途上国を搾取し続けているか、をはっきりさせる。
実際、原油価格、銅価格などの上昇は、どの国が途上国の天然資源を搾取し続けているか、をはっきりさせる。


[3]
アフリカ、中東、アラブ諸国、南アジア、東南アジア、中南米は、西側の自由市場経済から離脱する。
西側の自由市場経済から離脱すれば、
アフリカ、中東、アラブ諸国、南アジア、東南アジア、中南米は、「"西側の自由市場経済free-market economy(市場経済Market-Based Economy)"においてのみ、資源価格が上昇すること」からダメージを受けない。

共産主義諸国は、バーター(物々交換)制度で貿易をしている。
「資本の蓄積」および/あるいは「金を貸して利息を取ること」は、断じて共産主義ではない。
共産主義は、断じて、資本を蓄積しないし、金を貸して利息を取ることもしない。

これが世界を救うと思う。


[4]
こんにちの西側の繁栄は、途上国を搾取することで達成されている。
韓国、中国、香港、台湾の繁栄は、途上国を搾取することで達成されている。

1970年代の石油ショック(1973年オイルショック、及び、1979年オイルショック)がそれを証明している。
(私には、中東における戦争をあおるつもりはありません。産油国OPECを活用すべきです)

例えば、
イスラムは、不労所得を禁じています。
社会主義及び共産主義も、不労所得を禁じています。

[Wikipedia]
イスラムの銀行業及び金融Islamic banking and finance」
https://en.wikipedia.org/wiki/Islamic_banking_and_finance
イスラム銀行行、イスラム金融、あるいは、シャリアに準じた金融とは、「シャリア(イスラムの法)に準じた銀行業および金融活動」及び「イスラム経済を通じたシャリアの実際の適用」を指す。
シャリアは「リバ、riba、高利貸し」を禁じている。リバとは、あらゆる金銭的ローンに対する利息の支払いとして定義される(ムスリムの中には「利息がリバと同等か」について議論しているかたもいる)。
イスラムの原理に反していると考えられている(例えば豚肉やアルコール)モノやサービスを提供するビジネス」への投資も、ハラーム(罪深い行いで禁じられている)とされている。

[Wikipedia]
OPEC
https://en.wikipedia.org/wiki/OPEC
石油輸出国機構Organization of the Petroleum Exporting Countries (OPEC)」は、13か国からなる政府間組織である。
1960年9月14日にバグダッドで最初のメンバー5か国(イラン、イラククウェートサウジアラビアベネズエラ)により設立された。
2018年現在において、OPECの13加盟国は、全世界の原油生産の44%を占めると推定され、世界の確認石油埋蔵量の81.5%を持つと推定されている。このことで、OPECは世界の原油価格の大きな影響力を持つ。OPEC他bb上以前は、多国籍石油企業のグループである、いわゆる、「セブンシスターズSeven Sisters」により原油価格が決定されていたのだ。
1.3    1960年-1975年 設立と拡大。
1961年-1975年の間に、現加盟国5か国に加え、さらに、カタール(1961年)、インドネシア(1962年から2008年まで。2014年から2016年まで再加盟)、リビア(1962年)、アラブ首長国連邦(元々はアラブ首長国連邦構成国のうちのアブダビ首長国のみ1967年加盟)、アルジェリア(1969年)、ナイジェリア(1971年)、エクアドル(1973年から1992年まで。2007年–2020年)、ガボン(1975年から1994年まで。2016年再加盟)、が加盟した。
1970年代初頭までに、OPEC加盟国は世界の石油産出量の過半を占めるに至った。

当時のOPECのMohammed Barkindo事務局長代理は2006年に、「OPECのさらなる拡大に反対していない」と述べ、アフリカの隣国であるアンゴラスーダンに加盟を求めた。アンゴラは2007年に、その後、赤道ギニアが2017年に加盟した。
1980年代以来、エジプト、メキシコ、ノルウェー、ロシア、その他石油輸出国が、政策を調整するための非公式の機構として、OPECの多くの会合にオブザーバーとして参加している。


以下の「正味対外投資状態"net international investment positions (billion dollar)" 」は、「一人あたり"per capita"」ではありません。
以下の「正味対外投資状態"net international investment positions (billion dollar)" 」は、各国の「正味資本収支(で、正味、債務状態)」。
[Wikipedia]
世界の債務国の正味対外債務
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_debtor_nations_by_net_international_investment_position_per_capita
順位 / 国名 / 正味対外債務
1 米国 -8兆428億ドル
2 スペイン -9780億ドル
3 オーストラリア -7620億ドル
4 英国 -6900億ドル
5 ブラジル -6570億ドル
6 インドネシア -4130億ドル
7 インド -3610億ドル
8 ギリシャ -2660億ドル
9 ポルトガル -2350億ドル
10 キプロス -290億ドル
11 フィリピン -290億ドル

以下の「正味対外投資状態"net international investment positions (billion dollar)" 」は、「一人あたり"per capita"」ではありません。
以下の「正味対外投資状態"net international investment positions (billion dollar)" 」は、各国の「正味資本収支(で、正味、他国にカネを貸している)」。
[Wikipedia]
世界の債権国の2015年の時点における正味対外債権
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_creditor_nations_by_net_international_investment_position_per_capita
順位 / 国名 / 正味対外債権
1 日本 2兆8125億ドル
2 ドイツ 1兆6157億ドル
3 中国 1兆5964億ドル
4 香港 1兆3092億ドル
5 台湾 1兆539億ドル


[5]
自動車は、地産地消にすべきだ。自動車産業を「地産地消」にすべきだ。
各国は、自国で自動車を製造すべきだ。

そうすれば、貿易収支は均衡し、債務国は存在しなくなる。

ブラックライブズマター。Black Lives Matter.

国連本部が米国ニューヨークにあるのは間違いだ。
国連本部は、アフリカか中東か南アジアか東南アジアかラテンアメリカに移動すべきだ。
こんにちの米国には国連本部の場所となる資格がない。

米国、西側、G7及び日本は、何度も何度も、国連に対し恥ずべき行動をしてきた。
米国、西側、G7及び日本は、何度も何度も、国連の信用を失墜させてきた。
米国、西側、G7及び日本は、直ちに、国連から除名されるべきだ。


[6]
アフリカ、中東、イスラム諸国、アラブ諸国、南アジア、東南アジア、中南米は、西側自由市場経済から離脱する。

共産主義国は、バーター貿易(物々交換貿易)をしている。
資本の蓄積(資本を蓄積すること)、及び、金を貸して利息を取る行為は、断じて、共産主義ではない。
共産主義は、決して、資本を蓄積しないし、金を貸して利息を取ったりもしない。

これが世界を救うと思う。

インドは社会主義国です。
社会主義及び共産主義不労所得を禁じています。
イスラム不労所得を禁じています。

私は自称イスラム教徒です。そして、「ブラックライブズマターBlack Lives Matter」。

ところで、「資本の蓄積」そして/あるいは「金を貸して利息を取る」のは、共産主義ではありません。
共産主義者は、決して、資本蓄積をしませんし、金を貸して利息を取ったりしません。
(共産主義国では、バーター貿易(物々交換)で貿易をすると思います。)


[7]
ドイツは、第2次大戦後、100の都市国家に分割されるべきだった。
ドイツを、西ドイツ、東ドイツ(、オーストリア)に分割したのは不十分だった。

日本も、第2次大戦後、100の都市国家に分割されるべきだった。
もしも日本が第2次大戦後、100の都市国家に分割されていたら朝鮮戦争国共内戦ベトナム戦争も起きなかっただろう。
連合国は、日本及びドイツにもっと厳しく当たるべきだった。

ことわざにもある通り、過ちをただすのに遅いということはない。

米国は直ちに50の都市国家に分割されるべきだ。
EUは直ちに解体されるべきだ。

日本、ドイツ、米国、英国、EU、中国、香港、台湾、韓国を直ちに解体しよう。

 

米国はレイシストだ。

米国はレイシストだ。


米国はレイシストだ。
ブリックス(BRICs)、ピッグス(PIGS)及び、ジプシー(GIPSI)。
最悪の債務国である米国が、他国の国債の信頼性を評価するのは非常におかしい。
Black Lives Matter.ブラック・ライブズ・マター。

EUは今すぐ解体されるべきだ。


[1]
ブリックス(BRICs)は、米国の金融機関が搾取して金儲けするために、米国の教授だか金融機関により作られた、投資対象を示す言葉。
(私には、ブラジルやインドや南アフリカ共和国に失礼なことを言うつもりはありません。私は西側を糾弾しています。)
その単語をあなた方がありがたがるのは奇妙だ。

米国の教授だか金融機関は、ピッグス(PIGS)という単語も作った。
豚(PIG)と呼ばれて楽しい人はいない。

ジプシー(GIPSI)はこんにちでは不適切な単語だ。
米白人はレイシストだと思う。

私は米白人エスタブリッシュメントが嫌いだ。

米国人があなた方に勲章を与え、そしてあなた方はその勲章をありがたく受け取る。
それは非常におかしい。
フランス革命では当初、平等の名のもとにすべての勲章が廃止された。


[2]
米国金融機関(ムーディーズスタンダード・アンド・プアーズ、フィッチ)が、各国の国債の信頼性を格付けしている。

ところで、米国は人類史上最悪の債務国(他国から金を借りている)だ。
さらにひどいことには、米国は人類史上最も多くの軍事費を消費している。

そして、米国は他国を格付けするのか?
それは極めておかしなことだ。
そして、あなた方はその評価をありがたがるのか?
それは、さらに極めておかしなことだ。
米国は、自国の面倒も見れないような国なのだ。

[Wikipedia]
「ピッグス(PIGS) (経済学)」
https://en.wikipedia.org/wiki/PIGS_(economics)
PIGS(豚)は、経済学及び金融で使われる頭字語(アクロニムacronym)。
PIGSは、元々は、しばしば侮蔑的に、欧州南部諸国のポルトガル、イタリア、ギリシャ、スペインの経済について言及するアクロニムである。
欧州債務危機の際には、PIGSの派生型である、PIIGS、あるいは、GIPSIという語も、ポルトガルアイルランド、イタリア、ギリシャ、スペインというEU加盟国に対して用いられることが増大した。これらポルトガルアイルランド、イタリア、ギリシャ、スペインというEU加盟国は、「欧州債務危機の最中に、政府債務を借り換えることが不可能だったり、過剰債務状態の自国の銀行を救済することができない国々」であった。

[Wikipedia]
ロマ民族Romani people」
https://en.wikipedia.org/wiki/Romani_people
ロマ民族Romani(Romanyともつづられる)」は、口語ではロマと言われるが、インド・アーリア人の民族グループで、伝統的に遊牧民(ノマディックnomadic)で、あちこち移動する。
ロマ民族の人々の大半は欧州に住み、離散したロマ民族の人々は米大陸にも暮らしている。

英語では、ロマ民族の人々は、外国人により付けられた「ジプシーGypsies (あるいは Gipsies)」という名前で知られている。このジプシーという名は「歴史的に人種差別的単語として用いられたことがある」のと同様に「不法行為の意味を暗示する単語」でもあることから、多くのロマ民族の人々からこのジプシーという名は軽蔑的なものと考えられている。
「世界ロマ民族会議World Romani Congress」の1971年第1回大会では、参加者全員が全会一致で、外国人により付けられた(exonym)ロマ民族の人々に対する全ての呼び名を拒否する、ことが採決された。「ジプシーGypsy」という名も、上述の「負の意味を暗示し、ステレオタイプな意味を暗示する」ことから拒否された。

[Wikipedia]
「欧州債務危機European debt crisis」
https://en.wikipedia.org/wiki/European_debt_crisis
「欧州債務危機European debt crisis」とは、「ユーロ危機eurozone crisis」あるいは「欧州ソブリン債務危機European sovereign debt crisis」ともいわれ、多年度にわたる債務危機で、2009年末からEUで起きた。
ユーロ圏のいくつかの国々(ギリシャポルトガルアイルランド、スペイン、キプロス)は、例えば「ほかのユーロ圏の国々の支援」や「EU中央銀行(ECB)の支援」や「IMFの支援」といった第3者の支援なしには、政府債務の償還や借り換えが不可能になったり、政府監督下にある過剰債務の銀行救済が不可能になった。
ユーロ圏危機は、「国際収支赤字の危機」により生じた。この「国際収支赤字の危機」は、「巨額の国際収支赤字を抱え外国からの借り入れに依存している国々」への、「外国からの資本流入」が突然ストップしたことで起きた。

[Wikipedia]
「ブリックス(BRICs)」
https://en.wikipedia.org/wiki/BRICS
BRICSは、5か国(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ共和国)の新興経済国を表す頭字語(アクロニムacronym)。
1    歴史
BRICSという単語は、2001年に当時のゴールドマンサックス社長のJim O'Neillにより、Jim O'Neillの著書「Building Better Global Economic BRICs」にて作られたと信じられている。
しかし実際には、この著書のもととなったレポートにおいて研究助手だったRoopa Purushothamanが作った単語。

[Wikipedia]
国別軍事支出
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_countries_by_past_military_expenditure

[ALJAZEERA]29 Jul 2019
「米国はバナナ共和国だThe United States is a banana republic
https://www.aljazeera.com/opinions/2019/7/29/the-united-states-is-a-banana-republic/

[Wikipedia]
正味対外投資から見た債務国一覧
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_debtor_nations_by_net_international_investment_position_per_capita


[3]
自動車は、地産地消にすべきだ。自動車産業を「地産地消」にすべきだ。
各国は、自国で自動車を製造すべきだ。


そうすれば、貿易収支は均衡し、債務国は存在しなくなる。


ブラックライブズマター。Black Lives Matter.


国連本部が米国ニューヨークにあるのは間違いだ。
国連本部は、アフリカか中東か南アジアか東南アジアかラテンアメリカに移動すべきだ。
こんにちの米国には国連本部の場所となる資格がない。


米国、西側、G7及び日本は、何度も何度も、国連に対し恥ずべき行動をしてきた。
米国、西側、G7及び日本は、何度も何度も、国連の信用を失墜させてきた。
米国、西側、G7及び日本は、直ちに、国連から除名されるべきだ。


[4]
アフリカ、中東、イスラム諸国、アラブ諸国、南アジア、東南アジア、中南米は、西側自由市場経済から離脱する。


共産主義国は、バーター貿易(物々交換貿易)をしている。
資本の蓄積(資本を蓄積すること)、及び、金を貸して利息を取る行為は、断じて、共産主義ではない。
共産主義は、決して、資本を蓄積しないし、金を貸して利息を取ったりもしない。


これが世界を救うと思う。


インドは社会主義国です。
社会主義及び共産主義不労所得を禁じています。
イスラム不労所得を禁じています。


私は自称イスラム教徒です。そして、「ブラックライブズマターBlack Lives Matter」。


ところで、「資本の蓄積」そして/あるいは「金を貸して利息を取る」のは、共産主義ではありません。
共産主義者は、決して、資本蓄積をしませんし、金を貸して利息を取ったりしません。
(共産主義国では、バーター貿易(物々交換)で貿易をすると思います。)

 

 

社会主義、共産主義、イスラムは、不労所得を禁じている。

社会主義共産主義イスラムは、不労所得を禁じている。


社会主義共産主義イスラムは、不労所得を禁じている。
私には、南アジアに失礼なことを言うつもりはありません。

問題は経済的問題です。
そして、経済的問題は、西側及び先進国により引き起こされます。
経済問題が起きるのは、西側及び先進国が、途上国を搾取するからです。
(私には、パキスタンバングラデシュ、インド、途上国に失礼なことを言うつもりはありません。)

バングラデシュパキスタンから独立しました。
(私には、パキスタンバングラデシュ、インドの間の紛争をあおるつもりはありません。)
バングラデシュは、イスラム教の国で、社会主義の国です。バングラデシュは、バングラデシュ人民共和国です。
インドは社会主義国です。

つまり、経済問題のほうが宗教問題よりも深刻な問題なのです。
(私には、いかなる南アジア諸国に対しても失礼なことを言うつもりはありません)
そして、それら問題は西側により引き起こされています。
そのことは、「Caste system in Indiaインドのカースト制度」を見てわかります。

宗教問題をあおるべきではありません。

インドは社会主義の国です。
社会主義共産主義も、不労所得を禁じています。
イスラムも、不労所得を禁じています。


[1]
[Wikipedia]
イスラムの銀行業及び金融Islamic banking and finance」
https://en.wikipedia.org/wiki/Islamic_banking_and_finance
イスラム銀行行、イスラム金融、あるいは、シャリアに準じた金融とは、「シャリア(イスラムの法)に準じた銀行業および金融活動」及び「イスラム経済を通じたシャリアの実際の適用」を指す。
シャリアは「リバ、riba、高利貸し」を禁じている。リバとは、あらゆる金銭的ローンに対する利息の支払いとして定義される(ムスリムの中には「利息がリバと同等か」について議論しているかたもいる)。
イスラムの原理に反していると考えられている(例えば豚肉やアルコール)モノやサービスを提供するビジネス」への投資も、ハラーム(罪深い行いで禁じられている)とされている。

[Wikipedia]
バングラデシュ
https://en.wikipedia.org/wiki/Bangladesh
宗教 (2011年): 90.4% イスラム教徒 (公式発表)
パキスタンからの独立。宣言:1971年3月26日
2.5    パキスタンとの連合
世界銀行の高官によると、パキスタンは東パキスタンに対し大規模な経済的差別をしていた:西パキスタンにより多くの政府投資をした、東パキスタンから西パキスタンに資金を転送した、「東パキスタンの対外債権」を使い西パキスタンの海外からの輸入を賄った、「前年度の東パキスタンの予算執行が予算配分額を下回った」ので東パキスタンに配分された資金の使用を中央政府が拒否;東パキスタンは東パキスタンのジュートやお茶の輸出によりパキスタンの輸出収入の70%を稼ぎ出しているにもかかわらず、である。
2.7    「バングラデシュ人民共和国People's Republic of Bangladesh」
2.7.1    第一次議会時代
憲法制定会議は、1972年11月4日にバングラデシュ憲法を採択した。この憲法により、信教の自由を守る多党制の議会制民主主義が設立された。
新たな憲法社会主義を言及しており、「シェイク・ムジブル・ラフマンSheikh Mujibur Rahman」首相は主要産業を1972年に国営化した。

[Wikipedia]
インド憲法
https://en.wikipedia.org/wiki/Constitution_of_India
インド憲法は、「インドが、独立国であり、社会主義国であり、世俗的な国であり、民主主義国である」と宣言しており、さらに、インド憲法は、「インド市民に、正義、平等、自由を保障」しており、そして、インド憲法は友愛の促進に努める。

[Wikipedia]
ビームラーオ・アンベードカル, B. R. Ambedkar
https://en.wikipedia.org/wiki/B._R._Ambedkar
「ビームラーオ・アンベードカル, B. R. Ambedkar」は、 「Babasaheb Ambedkar」としても知られるが、インドの、法律家で、経済学者で、政治家で、社会改革者で、Dalit Buddhist movement(「『カースト制度において差別されている最下層のダリット』に置かれている人々は、ヒンズー教を捨て、仏教に改宗しよう」という運動。さらには仏教においても革新派)を起こし、「賤民(untouchables, 不可触民 Dalit)に対する社会的差別」に反対運動を起こした。
彼は、イギリス領インド(British India)のインド総督(Viceroy)の行政参事会(Executive Council)で労働大臣をし、憲法作成委員会のメンバーで、独立したインドの初代の司法省大臣で、インド憲法の主要な作成者と考えられている。

[Wikipedia]
インドのカースト制度
https://en.wikipedia.org/wiki/Caste_system_in_India
インドのカースト制度は、古代インドに起源を持つが、中世・近代・現代の種々の支配エリートにより、とりわけムガール帝国およびイギリス植民地支配により、改変された。
こんにちのカースト制度は、「インドにおける、ムガール帝国の崩壊およびイギリス植民地政府の誕生の間、の進展の結果」、と考えられている。
ムガール帝国崩壊の時代は、国王や僧侶や修行者と提携している、力のある者たちが勃興し、法的および武力的なカースト制度を支持した。また、この時代には、カーストとは明らかに無縁だった社会グループを、分化したカースト制度の中に組み込んでいくことも起きた。
イギリス帝国植民地時代が、この進展をさらに加速し、強固なカースト組織を政府の中枢機構とした。
1860年から1920年の間に、英国は、「カースト制度を、英国による統治制度に組み込んで構築し」、「行政府の仕事や上級職を、キリスト教徒や特定のカーストの人々だけに制限した」。
1948年に、法律によりカーストに基づく差別は禁じられ、さらに、インドの憲法にも明記された;しかし、カースト制度は今でもインドの一部で残っている。

[Wikipedia]
イスラム協力機構Organisation of Islamic Cooperation」
https://en.wikipedia.org/wiki/Organisation_of_Islamic_Cooperation
11    外部リンク
加盟国
バングラデシュ
パキスタン


[2]
自動車は、地産地消にすべきだ。自動車産業を「地産地消」にすべきだ。
各国は、自国で自動車を製造すべきだ。

そうすれば、貿易収支は均衡し、債務国は存在しなくなる。

ブラックライブズマター。Black Lives Matter.

国連本部が米国ニューヨークにあるのは間違いだ。
国連本部は、アフリカか中東か南アジアか東南アジアかラテンアメリカに移動すべきだ。
こんにちの米国には国連本部の場所となる資格がない。

米国、西側、G7及び日本は、何度も何度も、国連に対し恥ずべき行動をしてきた。
米国、西側、G7及び日本は、何度も何度も、国連の信用を失墜させてきた。
米国、西側、G7及び日本は、直ちに、国連から除名されるべきだ。


[3]
アフリカ、中東、アラブ諸国、南アジア、東南アジア、中南米は、西側自由市場経済から離脱する。

共産主義国は、バーター貿易(物々交換貿易)をしている。
資本の蓄積(資本を蓄積すること)、及び、金を貸して利息を取る行為は、断じて、共産主義ではない。
共産主義は、決して、資本を蓄積しないし、金を貸して利息を取ったりもしない。

これが世界を救うと思う。

インドは社会主義国です。
社会主義及び共産主義不労所得を禁じています。
イスラム不労所得を禁じています。

私は自称イスラム教徒です。そして、「ブラックライブズマターBlack Lives Matter」。

ところで、「資本の蓄積」そして/あるいは「金を貸して利息を取る」のは、共産主義ではありません。
共産主義者は、決して、資本蓄積をしませんし、金を貸して利息を取ったりしません。
(共産主義国では、バーター貿易(物々交換)で貿易をすると思います。)

「ジュビリー2000Jubilee 2000」は素晴らしい。

「ジュビリー2000Jubilee 2000」は素晴らしい。


「ジュビリー2000Jubilee 2000」は素晴らしい。
しかし、現在の西側諸国は、「ジュビリー2000Jubilee 2000」の精神を忘れてしまっている。
(それとも、西側諸国はそもそも偽善者なのか?)

『重債務貧困国heavily indebted poor countries (HIPC)』の国々が負っている400億ドルから550億ドルの対外債務を帳消しにする。これにより重債務貧困国の国々は、健康及び教育改善、貧困軽減に資源を向けなおすことができる。

ところで米国の2019年の軍事費は7317億ドル。
米国は軍事費を今年もまた増やそうとしている。
EU諸国も軍事費を増やそうとしている。
G7(カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、英国、米国)は軍事費増大に合意している。

アフリカ、ラテンアメリカアフガニスタンは、550億ドルの累積債務返済に苦しんでいる。
米国は、毎年7000億ドルの軍事費を使っている。

こんにちの西側諸国は腐敗し堕落している。
こんにちの西側は、恥を知るべきだ。
「持続可能な開発目標Sustainable Development Goals (SDGs)」とは、なんだ?
こんにちの西側は嘘をついている。

私は自称イスラム教徒です。そして、「ブラックライブズマターBlack Lives Matter」。
それから、私はハリウッドを支持していません。
ハリウッドは偽善的な金持ちの集団だと、私は思います、
しかし、少なくとも、今回のケースに関しては、「ジュビリー2000」での行動は正しいです。

ところで、「資本の蓄積」そして/あるいは「金を貸して利息を取る」のは、共産主義ではありません。
共産主義者は、決して、資本蓄積をしませんし、金を貸して利息を取ったりしません。

(共産主義国では、バーター貿易(物々交換)で貿易をすると思います。)


[1]
[Wikipedia]
「ジュビリー2000Jubilee 2000
https://en.wikipedia.org/wiki/Jubilee_2000
ジュビリー2000とは40か国以上での国際的な連合運動で、2000年までに第三世界の対外債務を免除しゼロにしようと呼びかける運動。
この運動はカトリック教会で2000年を祝う「大ジュビリーGreat Jubilee」の年と同時に行われた。
このキャンペーンは大成功と賞賛されている。
当初の計画通りジュビリー2000連合はミレニアムの年の終わりに解散されたが、これら組織の遺産は世界中に残っている。

2    初期の活動
この活動は当初は教会のルートを通じて行われたが、そののち特に若者のグループが大きくかかわるようになった。
この運動で最も知られているのは、音楽及びエンターテイメント産業が行った「債務を帳消しに、Drop The Debt」と呼ばれる世界的なキャンペーンだろう。
このキャンペーンを支持した人たちには、バンドU2のボノ、クインシージョーンズ、Willie Colón、モハメド・アリボブ・ゲルドフユッスー・ンドゥールトム・ヨーク、ニコラス・トマス・ライトなどがいる。
ジュビリー2000は、イギリスバーミンガムで行われた1998年のG8の会合で、デモを行った。

3    負債に対する政策への影響
この抗議活動は首相トニー・ブレア及び財務大臣ゴードン・ブラウンの注意を惹き、ジュビリー2000の責任者と面会し貧困国の過剰債務問題について議論がなされた。
その後、首相は債務免除への、個人的な支持及び貢献を公表した。
第三世界の債務を大きく免除する」という英国の行動は「ミレニアム開発目標Millennium Development Goals」にも大きく影響を受けていたが、ゴードン・ブラウンが「セントポール大聖堂で開かれたジュビリー2000大会」で「債務免除を支持する」と決断したことは、英国の政策に影響を与えた「ジュビリー2000運動」の重要さを表している。

4    2000年以降
2001年初めから、ジュビリー2000は、数々の世界中の組織になった;「ジュビリー・サウス、Jubilee Sout」は、アフリカ、アジア、ラテンアメリカの以前のジュビリーキャンペーンを網羅したもの;「ジュビリー債務キャンペーン、ジュビリースコットランド及びジュビリー研究所Jubilee Debt Campaign, Jubilee Scotland and Jubilee Research」は、(New Economics Foundation主催)英国;「ジュビリーUSAネットワーク、Jubilee USA Network」;ジュビリー2000/ CAD-Mali (アフリカの債務及び発展を考える連合、Coalition of African Alternatives Debt and Development)マリ;その他多くの国々の組織となった。


[Wikipedia]
ミレニアム開発目標Millennium Development Goals
https://en.wikipedia.org/wiki/Millennium_Development_Goals
ミレニアム開発目標は、国連が主導しています。

ミレニアム開発目標Millennium Development Goals(MDGs)」は、2015年までの達成を目標とした8つの目標からなり、「国連ミレニアム宣言」の採択ののち、2000年の国連ミレニアムサミットで設立された。
これらは、「経済協力開発機構, Organisation for Economic Co-operation and Development, OECD」の「開発援助委員会, Development Assistance Committee, DAC」の「国際開発目標International Development Goals」に基づいていた。「国際開発目標International Development Goals」は、開発大臣らが合意した「21世紀の戦略形成Shaping the 21st Century Strategy」で合意された。
2016年に、「持続可能な開発目標Sustainable Development Goals (SDGs)」が、MDGsのあとを継いだ。

191の国連全加盟国及び少なくとも22の国際機関が、以下のミレニアム開発目標を2015年までに達成するのを手助けすると宣言している:

1. 極度の貧困及び飢餓の撲滅。
2. 世界中の人々が全員、初等教育を受けれるようにする。
3. 性別による差別をなくし、女性に権利を持たせる。
4. 小児死亡率を下げる。
5. 妊産婦の健康を改善する。
6. HIV/エイズマラリア、その他の病気とたたかう。
7. 環境の持続的可能性を確かなものとする。
8. 開発のための国際協力を推進する。

各「大目標」には「具体的な個別の小目標」及び「各小目標達成の日付」が設定されていた。
上記の8つの大目標の達成は、21の小目標で計測される。
G8の財務大臣らは2005年6月に、「進展を加速するために、『重債務貧困国heavily indebted poor countries (HIPC)』の国々が負っている400億ドルから550億ドルの対外債務を帳消しにするために、世界銀行国際通貨基金IMF、アフリカ開発銀行(AfDB)、に十分な資金を提供する。これにより重債務貧困国の国々は、健康及び教育改善、貧困軽減に資源を向けなおすことができる」と合意した。


[Wikipedia]
「国連ミレニアム宣言、United Nations Millennium Declaration」
https://en.wikipedia.org/wiki/United_Nations_Millennium_Declaration
世界の指導者がミレニアムサミットでニューヨークの国連本部に3日間集まったのち、2000年9月8日、国連総会は、「平和;開発;環境;人権;弱者、飢饉、貧困;アフリカ、国連」に関する60ほどの大目標を採択した。これはミレニアム宣言と呼ばれる(決議55/2)。
この決議に対し、実現具合を指導するためのさらなる決議が、2000年12月14日の国連総会で決議された。
決議の実施の進捗状況は指導者たちによる「2005年世界サミット」で報告された。
この宣言は8つの章と32の段落からなる。

1    章
ミレニアム宣言は、8つの章とキーとなる目的からなり、サミットの間に189か国のリーダーにより採択された:「ウィーン宣言及び行動計画」ののち、ミレニアム宣言は、「持続可能な開発に関する条約」の順守を強調する、と同様に、国連憲章の原理に基づく国際人権法及び国際人道法の順守をも強調している。

1. 価値観及び原則
* 自由
* 平等
* 連帯
* 許容
* 自然の尊重 - 「持続可能な開発の原則に従って、全ての生物及び全ての天然資源の管理に示されている」
* 責任の共有
2. 平和、安全、軍縮
3. 開発及び貧困撲滅
4. 我々の共通の環境の保護
5. 人権、民主主義、良い統治
6. 弱者の保護
7. アフリカの特別なニーズにこたえる
8. 国連の強化


[Wikipedia]
国別軍事支出
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_countries_by_past_military_expenditure


[Wikipedia]
重債務貧困国
https://en.wikipedia.org/wiki/Heavily_indebted_poor_countries


[2]
自動車は、地産地消にすべきだ。自動車産業を「地産地消」にすべきだ。
各国は、自国で自動車を製造すべきだ。

そうすれば、貿易収支は均衡し、債務国は存在しなくなる。

ブラックライブズマター。Black Lives Matter.

国連本部が米国ニューヨークにあるのは間違いだ。
国連本部は、アフリカか中東か南アジアか東南アジアかラテンアメリカに移動すべきだ。
こんにちの米国には国連本部の場所となる資格がない。


[3]
アフリカ、中東、アラブ諸国、南アジア、東南アジア、中南米は、西側自由市場経済から離脱する。

共産主義国は、バーター貿易(物々交換貿易)をしている。
資本の蓄積(資本を蓄積すること)、及び、金を貸して利息を取る行為は、断じて、共産主義ではない。
共産主義は、決して、資本を蓄積しないし、金を貸して利息を取ったりもしない。

これが世界を救うと思う。

インドは社会主義国です。
社会主義及び共産主義不労所得を禁じています。
イスラム不労所得を禁じています。

[Wikipedia]
イスラム銀行及び金融Islamic banking and finance
https://en.wikipedia.org/wiki/Islamic_banking_and_finance

[Wikipedia]
インド憲法
https://en.wikipedia.org/wiki/Constitution_of_India