IbrahimLumumbaOmar’s blog

Omar Fanon. Patrice Lumumba.

米国による、シリア石油及びシリア小麦の略奪が、シリア人民の大半を貧困に追い込んでいる。

米国による、シリア石油及びシリア小麦の略奪が、シリア人民の大半を貧困に追い込んでいる。


米国による、シリア石油及びシリア小麦の略奪が、シリア人民の大半を貧困に追い込んでいる。
米国は、レイシスト帝国主義者ファシストだ。
西側は、レイシスト帝国主義者ファシストだ。
米国は、人権を侵害し続けている。
米国は、イスラム教徒を差別している。
西側は、イスラム教徒を差別している。
シリア内戦は、2011年に始まった。
シリア人民の約90%はイスラム教徒。

米軍及び米国の傭兵たちは、毎日、平均6万6000バレルの原油をシリアで盗んでいる。シリアの原油生産量は、2022年上半期には毎日平均8万バレルの原油を生産していると推定されている。
国連の2022年3月の報道によると、シリアでは、国民の90%が貧困以下のレベルで生活しており、シリア国民の80%は食糧不足にあえいでいる。

Muhammad al-Omariによると、「米軍は、農産物収穫物を盗んだり、農産物収穫物を燃やしたり、農家が農地にアクセスできないようにしたりする、という飢餓戦術をもちいている。この結果人権侵害が起きている」
「米国は、飢餓戦術を用いており、シリアの資源を強奪している。この結果、シリアの人々が飢饉に苦しんでいる。」

多くのシリアの方々が冬に備える時期に、燃料も不足している。
十分な暖房もない中で生活しなくてはならず、さらには燃料不足のために冬に長時間停電した状態で生活しなくてはならない。

米国はシリアの資源を盗むのに貪欲であるが、他国に軍事援助するときには極めて”寛大”で、何十億ドルも、ときには何百億ドルも、頻繁に援助する。


[1]
[Global Times]Jan 17, 2023
シリアの人々の生存権が、米国により冷酷に破壊されている:中国外務省
https://www.globaltimes.cn/page/202301/1283955.shtml
中国外務省報道官Wang Wenbinは、火曜日、シリア国営通信社の「米国がシリアの原油の大半を盗んでいる。この盗掘の結果、シリアではエネルギー危機および人道的危機が深刻なレベルで悪化している」という報道に対し、「シリアの人々の生存権が、米国により冷酷に破壊されている」と言った。
「米国シリア占領軍は、シリアの富及び資源を略奪している。米国シリア占領軍は、土曜日、略奪した原油を積んだ、53台のタンクローリーからなる車列を、al-Mahmoudiya で違法に国境を越えさせ、イラク北部の米軍基地へと向け、出発させた」とシリアアラブ国営放送は報じた。
Wangは火曜日、「2022年上半期、シリアの毎日の原油生産のうちの80%以上が米軍により違法に密輸されている」というシリア政府の公式データを引用して、「米国によるシリアからの違法な略奪は露骨で疑う余地のないものになっている」と報じだ。
マスコミの報道によると、米軍及び米国の傭兵たちは、毎日、平均6万6000バレルの原油をシリアで盗んでいる。シリアの原油生産量は、2022年上半期には毎日平均8万バレルの原油を生産していると推定されている。
シリア石油省は去年8月「米国のシリアにおける、シリア原油の違法な密輸などの、慣行は、直接的および間接的に、シリアの石油部門及びガス部門におよそ1071億ドルの損失を与えている」という声明を出した。
今月初頭、米軍は、60台のタンクローリーで大量のシリアの石油およびシリアの小麦を略奪し、海上を違法に越境し、イラクの米軍基地へと密輸した。
「石油と食料がないという悲惨な状況下で、米国が略奪していることで、シリアの人々はさらに寒い冬を迎えることになる」とWangは言った。
「米国はシリアの資源を盗むのに貪欲であるが、他国に軍事援助するときには極めて”寛大”で、何十億ドルも、ときには何百億ドルも、頻繁に援助する。」
「米国は、略奪するにせよ与えるにせよ、その結果は同じことである ---他国を、混乱と災厄に叩き落す。そしてそれにより米国の利益と覇権を維持する。これこそが、米国の、いわゆる、『ルールに基づいた秩序rule-based order』、と呼ばれているものの正体である」そう Wang は言った。

[Xinhua新華社通信]2022-09-27
世界の動向World Insights: 米国による略奪及び制裁が、シリアの人々の多くを貧困に追いやっている---専門家の意見
https://english.news.cn/20220927/cb81b8a94efb4f0c9d64b7decb4431d6/c.html
「米国がシリアの石油を略奪し、さらに、窒息しそうなほどの一方的制裁を米政府が課していることで、シリア人の大半は貧困ライン以下に叩き落とされている」と専門家は指摘。
「米国がシリアに駐留している本当の目的は、決してテロと戦うためではなく、資源を盗み、米国が考える未来像をアラブ諸国に強制するためだ」、ということにシリア人民は気が付いた。
「米国がシリアで果たしている役割は、控えめに言っても、破滅をもたらすことだけだ」と政治専門家Osama Danura は言う。
* シリアの石油を組織的に強奪
シリア国営放送SANAは、日曜日、「先週1週間だけで、米軍は、シリア島北部のHasakah県のシリア油田から合計79台のタンクローリーで石油を盗み、隣のイラクの米軍基地へと運んだ」と報道した。
「米国は、文字通り、シリアの石油を盗んでいる」とDanuraは"新華社通信Xinhua"に語った。
「シリアにおける米国の人権侵害で、最も醜悪なところは、シリアの国有資源から、石油派生製品を盗んでいる、という点だ」と政治の専門家Muhammad al-Omariは言う。
「米軍は2014年にシリアに侵攻して以降、テロと戦うという口実の元、米軍は、シリアで石油資源が豊かな、シリア北部及びシリア島北部をいち早く占領した。」と専門家は指摘する。
「米軍及び米国の傭兵たちは、毎日、平均6万6000バレルの原油をシリアで盗んでいる。シリアの原油生産量は、2022年上半期には毎日平均8万バレルの原油を生産していると推定されている。」と先月の声明でシリア石油省が発表した。
シリア石油省は「米国のシリアにおける、シリア原油の違法な密輸などの、慣行は、直接的および間接的に、これまでのところシリアの石油部門及びガス部門におよそ1071億ドルの損失を与えている」という声明を出した。
* 一方的制裁が危機を深刻化させている
石油資源の喪失のほかにも、窒息しそうなほどの経済制裁が科されていることで、基本的な生活必需品が不足している渦中で、シリア人民が耐えなくてはならない更なる負担が生じている。
Danuraの分析では、米国の制裁こそが、シリア人民を貧困に叩き落としている主要な原因である。
* シリア人民は、食料と燃料が不足している
国連の3月の報道によると、シリアでは、国民の90%が貧困以下のレベルで生活しており、シリア国民の80%は食糧不足にあえいでいる。
シリアの家庭では、前よりも食べる量が減り、食事を減らし、生活必需品を買うために借金をしている。
Muhammad al-Omariによると、「米軍は、農産物収穫物を盗んだり、農産物収穫物を燃やしたり、農家が農地にアクセスできないようにしたりする、という飢餓戦術をもちいている。この結果人権侵害が起きている」
「米国は、飢餓戦術を用いており、シリアの資源を強奪している。この結果、シリアの人々が飢饉に苦しんでいる。」
多くのシリアの方々が冬に備える時期に、燃料も不足している。
十分な暖房もない中で生活しなくてはならず、さらには燃料不足のために冬に長時間停電した状態で生活しなくてはならない。
実業家たちも工場を稼働する十分な燃料が無く、生産急減の原因となっている。

[Wikipedia]
シリア
https://en.wikipedia.org/wiki/Syria
宗教    
87% イスラム
10% キリスト教
3% ドルーズ

[Wikipedia]
シリア内戦
https://en.wikipedia.org/wiki/Syrian_civil_war
シリア内戦は、現在も進行中の、シリアにおける、複数勢力による内戦である。
2011年3月15日に暴動が始まった。


[2-1]
ウラジミール・レーニン毛沢東ホー・チ・ミン、フランツ・オマール・ファノン、エメ・セゼールチェ・ゲバラは偉大だ。、
私は、オマール・ファノン及びパトリス・ルムンバを尊敬しています。

「西側が完全に破壊され、西側が全面的に破壊されること」、こそが、唯一の平和的解決法だ。
解決策は、石油ショックしかない。
我々にはもう一度、「1973年石油ショック」が必要だ。
1973年石油ショックにおいては、OAPECは「米国およびその他の国が今回の紛争においてイスラエルを支持するなら、米国およびその他の国に対する石油輸出を制限あるいは停止する」と宣言した。


[2-2]
我々には永続的な平和が必要だ。
少なくとも以下の条件が、最低条件だ。

* 西側諸国の重工業全ての解体・廃止 (これはまさに、1945年に、連合国が枢軸国に望んだこと)
* 西側諸国の金融資本全ての解体・廃止
* G7諸国(米国、カナダ、日本、ドイツ、フランス、イタリア、イギリス)の重工業全ての解体・廃止
* G7諸国(米国、カナダ、日本、ドイツ、フランス、イタリア、イギリス)の金融資本全ての解体・廃止
* NATOの解体・廃止
* EUの解体・廃止
* 全ての西側諸国の全ての軍事力の解体・廃止

西側においては、西側のカルテル及び西側の財閥が、楽して金儲けをするために戦争を引き起こしている。(これは軍産複合体と呼ばれる)
そしてこれはまさに、ウラジミール・レーニンが指摘したことだ。


[2-3]
西側諸国は、アフリカ、中東、東南アジア、南アジア、中南米、東欧を植民地にしている。
西側諸国は、帝国主義者ファシスト植民地主義者だ。

全世界は、反西側で決起すべきだ。
原油価格を上昇させよう。
天然ガス価格を上昇させよう。

「西側が完全に破壊され、西側が全面的に破壊されること」、こそが、唯一の平和的解決法だ。
解決策は、石油ショックしかない。
我々にはもう一度、「1973年石油ショック」が必要だ。
1973年石油ショックにおいては、OAPECは「米国およびその他の国が今回の紛争においてイスラエルを支持するなら、米国およびその他の国に対する石油輸出を制限あるいは停止する」と宣言した。

もちろん、我々は、この機会を利用し、独立を得るために戦う。
もちろん、こんにち、「G7、NATO、西側諸国、EU、米国」は、悪だ。
「アフリカ、中東、イスラム、南アジア、東南アジア、中南米「は、「G7、NATO、西側諸国、EU、米国」の邪悪な行いにより、被害を被ってきた。


[2-4]
アメリカに死をDeath to America.」
「G7諸国全てに死をDeath to all G7 Countries.」
「西側に死をDeath to the West.」
「日本に死をDeath to Japan.」


[2-5]
私には米国を支持する気は毛頭ありません。
米国の歴史の中で、米国のした唯一正しいことは、ファシストを倒したことです。
米国は多くの犯罪を犯しました。
米国の唯一の正しい行動は、ファシストを倒したことです。
そして、日本はファシストと同盟を結びました。

[Wikipedia]
アメリカに死をDeath to America」
https://en.wikipedia.org/wiki/Death_to_America
アメリカに死をDeath to America」は、「反米政治スローガン」及び「反米政治スローガンを唱えるときの言葉」。
イラン、アフガニスタンレバノン、イエメン、イラクパキスタンで用いられている。
イランでは、1979年イラン革命開始時から用いられている。
イランイスラム共和国の第1代最高指導者であるローホーラ・ホメイニ師がこの言葉を広めた。


[3-1]
「西側の自由市場経済(市場原理経済)においてのみ、原油価格、銅価格などが上昇すること」は、途上国を救い、先進国を打ち倒し、G7(つまり、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、イギリス、米国)を打ち倒す。

なぜなら、西側及びG7は、途上国を搾取し続けているから。
なぜなら、西側及びG7は、途上国の天然資源を搾取し続けているから。

もちろん、原油価格、銅価格などの上昇は、韓国、中国、香港、台湾も打ち倒す。

なぜなら、韓国、中国、香港、台湾は、途上国を搾取し続けているから。
なぜなら、韓国、中国、香港、台湾は、途上国の天然資源を搾取し続けているから。

実際、原油価格、銅価格などの上昇は、どの国が途上国を搾取し続けているか、をはっきりさせる。
実際、原油価格、銅価格などの上昇は、どの国が途上国の天然資源を搾取し続けているか、をはっきりさせる。


[3-2]
「西側の自由市場経済(市場原理経済)においてのみ、原油価格、銅価格などが上昇すること」は、途上国を救い、先進国を打ち倒し、G7(つまり、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、イギリス、米国)を打ち倒す。

これは、西側の自動車企業を打ち倒す。
これこそが、西側が望んだことなのだ。
これこそが、西側の言う「自由貿易及び市場経済」、なのだ。

もちろん、原油価格、銅価格などの上昇は、韓国、中国、香港、台湾も打ち倒す。
もちろん、これは、韓国の自動車企業を打ち倒す。
もちろんこれは、中国の自動車企業を打ち倒す。
これこそが、中国及び韓国が望んだことなのだ。
これこそが、彼らの言う「自由貿易及び市場経済」、なのだ。

実際、原油価格、銅価格などの上昇は、どの国が途上国を搾取し続けているか、をはっきりさせる。
実際、原油価格、銅価格などの上昇は、どの国が途上国の天然資源を搾取し続けているか、をはっきりさせる。


[3-3]
アフリカ、中東、アラブ諸国、南アジア、東南アジア、中南米は、西側の自由市場経済から離脱する。
西側の自由市場経済から離脱すれば、
アフリカ、中東、アラブ諸国、南アジア、東南アジア、中南米は、「"西側の自由市場経済free-market economy(市場経済Market-Based Economy)"においてのみ、資源価格が上昇すること」からダメージを受けない。

共産主義諸国は、バーター(物々交換)制度で貿易をしている。
「資本の蓄積」および/あるいは「金を貸して利息を取ること」は、断じて共産主義ではない。
共産主義は、断じて、資本を蓄積しないし、金を貸して利息を取ることもしない。

これが世界を救うと思う。


[3-4]
こんにちの西側の繁栄は、途上国を搾取することで達成されている。
韓国、中国、香港、台湾の繁栄は、途上国を搾取することで達成されている。

1970年代の石油ショック(1973年オイルショック、及び、1979年オイルショック)がそれを証明している。
(私には、中東における戦争をあおるつもりはありません。産油国OPECを活用すべきです)

例えば、
イスラムは、不労所得を禁じています。
社会主義及び共産主義も、不労所得を禁じています。


[3-5]
自動車、冷蔵庫、洗濯機、発電所の発電機などは、地産地消にすべきだ。
自動車産業、冷蔵庫産業、洗濯機産業、発電所の発電機産業など」を「地産地消」にすべきだ。
各国は、自国で自動車、冷蔵庫、洗濯機、発電所の発電機などを製造すべきだ。

そうすれば、貿易収支は均衡し、債務国は存在しなくなる。

私は、オマール・ファノン及びパトリス・ルムンバを尊敬しています。

国連本部が米国ニューヨークにあるのは間違いだ。
国連本部は、アフリカか中東か南アジアか東南アジアかラテンアメリカに移動すべきだ。
こんにちの米国には国連本部の場所となる資格がない。

米国、西側、G7及び日本は、何度も何度も、国連に対し恥ずべき行動をしてきた。
米国、西側、G7及び日本は、何度も何度も、国連の信用を失墜させてきた。
米国、西側、G7及び日本は、直ちに、国連から除名されるべきだ。


[3-6]
アフリカ、中東、イスラム諸国、アラブ諸国、南アジア、東南アジア、中南米は、西側自由市場経済から離脱する。

共産主義国は、バーター貿易(物々交換貿易)をしている。
資本の蓄積(資本を蓄積すること)、及び、金を貸して利息を取る行為は、断じて、共産主義ではない。
共産主義は、決して、資本を蓄積しないし、金を貸して利息を取ったりもしない。

これが世界を救うと思う。

インドは社会主義国です。
社会主義及び共産主義不労所得を禁じています。
イスラム不労所得を禁じています。

私は自称イスラム教徒です。そして、私は、オマール・ファノン及びパトリス・ルムンバを尊敬しています。

ところで、「資本の蓄積」そして/あるいは「金を貸して利息を取る」のは、共産主義ではありません。
共産主義者は、決して、資本蓄積をしませんし、金を貸して利息を取ったりしません。
(共産主義国では、バーター貿易(物々交換)で貿易をすると思います。)


[3-7]
ドイツは、第2次大戦後、100の都市国家に分割されるべきだった。
ドイツを、西ドイツ、東ドイツ(、オーストリア)に分割したのは不十分だった。

日本も、第2次大戦後、100の都市国家に分割されるべきだった。
もしも日本が第2次大戦後、100の都市国家に分割されていたら朝鮮戦争国共内戦ベトナム戦争も起きなかっただろう。
連合国は、日本及びドイツにもっと厳しく当たるべきだった。

ことわざにもある通り、過ちをただすのに遅いということはない。

米国は直ちに50の都市国家に分割されるべきだ。
EUは直ちに解体されるべきだ。

日本、ドイツ、米国、英国、EU、香港、台湾、韓国を直ちに解体しよう。

 

 

アフリカ諸国は、中国に追っている債務の3倍以上の債務を欧米の民間企業に負っている

アフリカ諸国は、中国に負っている債務の3倍以上の債務を、欧米の銀行、欧米の資産運用会社、欧米の石油トレーダーに負っており、これら欧米へ支払う利息は中国へ支払っている利息の2倍も高い。


アフリカ諸国は、中国に負っている債務の3倍以上の債務を、欧米の銀行、欧米の資産運用会社、欧米の石油トレーダーに負っており、これら欧米へ支払う利息は中国へ支払っている利息の2倍も高い。

2020年及び2021年に、中国は、G20の「債務返還一時停止イニシャティブdebt service suspension initiative」に参加した。しかし、この債務返還一時停止イニシャティブには外国民間企業の貸し手は含まれていなかったために、この債務返還一時停止イニシャティブでも、これに応募した国々の対外債務のうち23%しか停止できなかった。
中国政府がさらに債務免除を行うように、西側政府は、西側の民間金貸し企業が債務再編に参加するよう強制すべきだ。

Debt Justiceにより公表された資料によると、「アフリカ諸国は、中国に負っている債務の3倍以上の債務を、欧米の銀行、欧米の資産運用会社、欧米の石油トレーダーに負っており、これら欧米へ支払う利息は中国へ支払っている利息の2倍も高い」。
西側諸国のリーダーたちは、G7において、アフリカ諸国の債務問題解決が失敗しているのを中国のせいにしているが、しかしデータによると、西側諸国が原因である。

世界銀行(世界銀行World Bank = 国際復興開発銀行IBRD+ 国際開発協会IDA)のデータに基づいた計算によると、「アフリカ諸国の12%が中国に債務を負っているが、欧米の民間企業に債務を負っているアフリカ諸国は35%に上る。」
さらには、民間ローンの金利は、中国からのローンの金利に比べ、ほぼ2倍の高さであり、さらには、債務国の大半では、債務の総額のうち、中国から借りている額は半分に満たない。

活動家たちは、西側諸国、特に英米に対し、「民間企業の金貸し達が、G20の債務救済スキーム(共通フレームワーク Common Frameworkと呼ばれる)に参加するように、強制せよ」と呼びかけている。
アフリカ諸国のうち3か国が、この共通フレームワークに応募しているが、どこの国もまだ、債務免除を受けていない。

「西側諸国のリーダーたちは、アフリカの債務危機を中国のせいにするが、しかしこれは真実から目をそらさせる欺瞞に過ぎない。実際には、西側諸国の銀行、資産管理会社、石油トレーダーのほうが、はるかに、アフリカ債務問題に責任がある。しかし、G7は彼らの責任逃れを手伝っている。中国はパンデミックの最中、G20の債務救済スキームに参加したが、西側民間企業のリーダーたちは参加しなかった。民間企業の貸し手たちである民間企業のリーダーたちが参加しない限り、効果的な債務問題解決はあり得ない。英国及び米国は、"民間企業のリーダーたちを債務救済に参加させることを強制する法律"を作るべきだ」

「外国民間企業の貸し手たちこそが、アフリカ諸国に対し、最大の貸し手となっている。確かに中国から借金をすることで、アフリカの債務は増大しているが、これまでの所は、西側からの借金のほうが多い。全ての関係者は、債務免除に参加すべきだ。西側諸国政府は、外国民間企業に対するアフリカの債務を免除することで、この問題をリードすべきだ」

[1]
[Debt Justice]11 Jul 2022
アフリカ諸国は、中国に負っている債務の3倍以上の債務を欧米の民間企業に負っている
https://debtjustice.org.uk/press-release/african-governments-owe-three-times-more-debt-to-private-lenders-than-china
今日、Debt Justiceにより公表された資料によると、「アフリカ諸国は、中国に負っている債務の3倍以上の債務を、欧米の銀行、欧米の資産運用会社、欧米の石油トレーダーに負っており、これら欧米へ支払う利息は中国へ支払っている利息の2倍も高い」。
西側諸国のリーダーたちは、G7において、アフリカ諸国の債務問題解決が失敗しているのを中国のせいにしているが、しかしデータによると、西側諸国が原因である。
世界銀行(世界銀行World Bank = 国際復興開発銀行IBRD+ 国際開発協会IDA)のデータに基づいた計算によると、「アフリカ諸国の12%が中国に債務を負っているが、欧米の民間企業に債務を負っているアフリカ諸国は35%に上る。」
さらには、民間ローンの金利は、中国からのローンの金利に比べ、ほぼ2倍の高さであり、さらには、債務国の大半では、債務の総額のうち、中国から借りている額は半分に満たない。
これらの数値は、インドネシアで7月15日から16日にかけて開かれるG20財務大臣会議に先駆けて公表された。
活動家たちは、西側諸国、特に英米に対し、「民間企業の金貸し達が、G20の債務救済スキーム(共通フレームワーク Common Frameworkと呼ばれる)に参加するように、強制せよ」と呼びかけている。
アフリカ諸国のうち3か国が、この共通フレームワークに応募しているが、どこの国もまだ、債務免除を受けていない。

Debt Justiceの政策トップを務めるTim Jonesは言う:
「西側諸国のリーダーたちは、アフリカの債務危機を中国のせいにするが、しかしこれは真実から目をそらさせる欺瞞に過ぎない。実際には、西側諸国の銀行、資産管理会社、石油トレーダーのほうが、はるかに、アフリカ債務問題に責任がある。しかし、G7は彼らの責任逃れを手伝っている。中国はパンデミックの最中、G20の債務救済スキームに参加したが、西側民間企業のリーダーたちは参加しなかった。民間企業の貸し手たちである民間企業のリーダーたちが参加しない限り、効果的な債務問題解決はあり得ない。英国及び米国は、"民間企業のリーダーたちを債務救済に参加させることを強制する法律"を作るべきだ」

「African Forum and Network on Debt and Development (Afrodad)債務と発展に関するアフリカフォーラムとネットワーク」の計画トップを務めるYungong Theo Jongは言う:
「外国民間企業の貸し手たちこそが、アフリカ諸国に対し、最大の貸し手となっている。確かに中国から借金をすることで、アフリカの債務は増大しているが、これまでの所は、西側からの借金のほうが多い。全ての関係者は、債務免除に参加すべきだ。西側諸国政府は、外国民間企業に対するアフリカの債務を免除することで、この問題をリードすべきだ」

この計算によると、民間部門のローンの平均的金利は5%だが、中国の公共及び民間の貸し手のローンの金利は2.7%だった。

債務が最大の22か国のアフリカ諸国のうち12か国が、対外債務総額に対し、外国民間企業の貸し手への債務が30%を超えていた(カーボベルデ、チャド、エジプト、ガボン、ガーナ、マラウイ、モロッコルワンダセネガル南スーダンチュニジアザンビア)。
対照的に、対外債務総額に対し、中国の貸し手への債務が30%を超えている国は、これら22か国のうち6か国に過ぎなかった(アンゴラカメルーンコンゴ共和国ジブチエチオピアザンビア)。

IMFの Managing Directorの Kristalina Georgieva は、米国および英国に対し、「カネを貸している民間企業が、債務免除合意を妨害することを、やめさせる法律を作れ」、と呼びかけた。
世界銀行総裁のDavid Malpassも同様の呼びかけをした。
事実上、全ての国際的債務契約は、ニューヨークか英国の法律により統治されている。そして、G20の債務救済スキームに応募する資格がある諸国の国債のうち、その90%は英国の法律により統治されている。

2020年及び2021年に、中国は、G20の「債務返還一時停止イニシャティブdebt service suspension initiative」に参加した。しかし、この債務返還一時停止イニシャティブには外国民間企業の貸し手は含まれていなかったために、この債務返還一時停止イニシャティブでも、これに応募した国々の対外債務のうち23%しか停止できなかった。
中国政府がさらに債務免除を行うように、西側政府は、西側の民間金貸し企業が債務再編に参加するよう強制すべきだ。

[2]
[ARAB NEWS]June 28, 2022
日本は、ヒロシマで、2023年G7サミットを、5月19日から21日まで開催する。
https://www.arabnews.com/node/2112576/world
日本は、ヒロシマで、2023年G7サミットを、5月19日から21日まで開催する。

 

 

 

 

いわゆる「Golden Billoion 最も恵まれた10億人」の言うことを聞く人々は、どんどん減っている。

Уничтожить "Золотой миллиард". (Destroy "Golden Billion.")

 

いわゆる「Golden Billoion 最も恵まれた10億人」の言うことを聞く人々は、どんどん減っている。
ロシア外務省

[Tacc]13 сентября 2022, 
Лавров заявил, что желающих следовать воле "золотого миллиарда" в мире все меньше
https://tass.ru/politika/15734385
МОСКВА, 13 сентября. /ТАСС/. Все меньше стран желают следовать воле развитых государств так называемого золотого миллиарда, но многие не могут открыто заявить об этом из-за оказываемого давления. Об этом заявил во вторник министр иностранных дел России Сергей Лавров на заседании Делового совета при МИД РФ.

"Желающих слепо следовать воле так называемого золотого миллиарда все меньше и меньше, хотя многие из них не могут этого заявить в силу оказываемого на них давления - политического, экономического, абсолютно беспардонного, включая прямой шантаж", - сказал министр.

По словам Лаврова, приоритетом России в таких условиях остается построение устойчивых, конструктивных и взаимовыгодных связей со всеми заинтересованными иностранными партнерами.

"Российская дипломатическая служба будет продолжать делать максимум возможного в целях поддержки продвижения интересов нашего бизнеса, упрочения его позиций в глобальной экономике", - резюмировал глава российской дипломатии. 

オーストラリア人看護婦たちが1942年2月マシンガンで射殺された。

オーストラリア人看護婦たちが1942年2月マシンガンで射殺された。


オーストラリア人看護婦たちが1942年2月マシンガンで射殺された。
私は西側諸国を糾弾しています。

キャンベラの中国大使館での記者会見で、「我々が歴史を忘れるのなら、歴史は繰り返すだろう」と在オーストラリア中国大使Xiao Qianは言った。
「第2次大戦中、日本はオーストラリアを侵略し、ダーウィンを空襲し、オーストラリア人を殺した。そしてオーストラリア人捕虜に対し、人道的見地からは受け入れられない扱いをした」

1942年2月に、「インドネシアのバンカ島で海に向かって行進させられ、その後マシンガンで射殺された、22名のオーストラリアの看護婦」。
殺される前に強姦されていたなどというのは、口にするのも、ひどすぎる真実でした。

第2次大戦中に日本兵が香港、フィリピン、シンガポールで強姦したという記録が残っているが、そうした記録とも一貫性がある


[1]
[BBC]Published 18 April 2019
バンカ島:第2次大戦中の大虐殺であり「公表にするにはあまりにも恐ろしい真実」
https://www.bbc.com/news/world-australia-47796046
Vivian Bullwinkel はバンカ島大虐殺を生き延びた、女性で、唯一の生存者
By Gary Nunn
Sydney
1942年、オーストラリア人の看護婦たちは日本兵により虐殺された。のちにバンカ島大虐殺として知られる虐殺である。
今、歴史家が「この看護婦たちは虐殺される前に強姦されていた」---そしてオーストラリア当局がそのことを隠し続けてきた疑いがある---という証拠を集めている。
「この真実を解明し---そしてついに公表するに至る---には、沢山の女性の協力が必要だった」
軍事史歴史家のLynette Silverは、1942年2月に、「インドネシアのバンカ島で海に向かって行進させられ、その後マシンガンで射殺された、22名のオーストラリアの看護婦」に何が起きたのかを議論している。
彼女たちは、一人を除いて全員殺された。
Lynette Silverは、彼女の新著に詳細されている証言について「それだけでも恐ろしいほどの衝撃でした。しかし殺される前に強姦されていたなどというのは、口にするのも、ひどすぎる真実でした」と述べた。
「オーストラリア陸軍の高官たちは、嘆き悲しんでいる遺族たちに、さらに、被害者たちが強姦されていたという不名誉の衝撃まで加わることが無いようにしたかった。強姦は恥ずべきことだと思われていたのだ。強姦は、死よりもひどいとみなされていた。1955年までニューサウスウェールズでは、強姦の犯人は絞首刑だった」

バンカ島は、インドネシア諸島のスマトラ島沖にある。

* 生存者
日本兵たちは、バンカ島で処刑する前に、男性と女性を別々のグループに分け、互いが見えないように遠ざけた。
看護婦Vivian Bullwinkelはこの虐殺で撃たれたものの、死んだふりをして生き延びた。
彼女はジャングルに隠れ、戦争捕虜として捕まり、最終的にオーストラリアへ帰還した。
男性のグループも虐殺され、Ernest Lloyd と Eric Germannの2名が生き残ったとされている。
「彼女は命令に従っていただけだ」とLynette Silverは言う。
「強姦を公表するのはタブーだったということもあるし、オーストラリア政府もいくらかの罪を感じていたのだろう。---日本軍が1942年に香港を侵略したとき、日本兵が英国人看護婦たちを強姦し虐殺したことを、オーストラリア政府高官たちは知っていた。しかしオーストラリアの看護婦たちに、シンガポールから脱出せよと、なかなか命令しなかった---」
オーストラリア政府によると、この虐殺事件の加害者たちは不明であり、「罪に対する罰を一切受けずに逃げている」。

* 何が起きたか調査
これら強姦事件の証拠を発掘した女性たちは、ほかにもいる。テレビキャスターのTess Lawrence と 伝記作家のBarbara Angellだ。
Vivian Bullwinkelの看護婦の制服の「色違いの糸」と「弾丸が通った穴」について、Barbara Angellは法医学的分析をした。
制服のボタンが引きちぎられ、その後(Vivian Bullwinkelの死後に、制服が展示された際に)、異なる色の糸でボタンが再び縫い付けられていたことを発見した。そして、弾丸が入射した穴と抜け出た穴が一致するためには、彼女の制服はウエストの部分で開かれ、前が下げられていなくてはならないことを発見した。
Tess Lawrenceは、「Vivian Bullwinkelがなくなる前の2017年に、『看護婦の大半が射殺される前に強姦されていた』、及び、『このことを公表したいもののできなかった。この秘密がVivian Bullwinkelを苦しめ続けていた』と告白された」、と発表した。
歴史家Lynette Silverは、さらに、スマトラ沖のバンカ島近くでマラリアの治療を受けていた日本兵の証言にも言及している。
この日本兵は、オーストラリアの尋問官に、「悲鳴を聞いた」そして「"兵隊たちは海岸で楽しんでいるところで、次は隣の小隊の番だ"と聞かされた」と話した。
さらに、Lynette Silverは、重要な証言のうち、看護婦たちに何が起きたか詳細したページの一部は、破り捨てられていたことを発見した。これは検閲により破棄されたと、Lynette Silverは考えている。

ニューサウスウエールズ大学の軍事史の教授Peter Stanleyは、「Lynette Silverの主張は決して驚くものではない」と話す:「私はこの証言が明らかになるのを待っていた---Vivian Bullwinkelを知る元女性兵などが主張したり、私に語ってくれていたりして、長年、主張されていたことだからだ。第2次大戦中に日本兵が香港、フィリピン、シンガポールで強姦したという記録が残っているが、そうした記録とも一貫性がある」

* 軍のかわいい人気者たち
虐殺事件の前、オーストラリア人看護婦たちは1941年末までシンガポールで、心配のない幸せな人生を送っていた。
「彼女たちは、ワインをおごられたり食事をおごられていた---彼女たちは、軍隊のかわいい人気者だった」とLynette Silverは言う。
「彼女たちは、軍隊が平和な時に遭遇するような日常的な不満に対処しいただけだった---訓練中の事故とか、交通事故とか、マラリアだ」
1941年12月8日に日本軍が攻撃してきたとき---パールハーバーが攻撃される数時間前だ---彼女たちの人生は変わった:「彼女たちは戦闘の負傷者に圧倒された。シンガポールの民家でさえも病院にされた」
Lynette Silverは、「Vivian Bullwinkelが1945年から1946年に伝えたかった"改ざんされていない真実"を公表することが大事だ」と言う。
「もしも私がこの秘密を公表しなければ、沈黙という文化や政府による弾圧の一味となってしまい、加害者をかばっていることになる」とLynette Silverは言う。「彼女たちの真実は語られるべきだ---それこそが彼女たちにとっての正義だ」。


[CNN]January 10, 2023
「歴史は繰り返す」日本を警戒するよう、中国大使がオーストラリアに警告
https://edition.cnn.com/2023/01/10/australia/china-ambassador-australia-japan-attack-comment-intl-hnk/index.html
駐オーストラリア中国大使は、「第2次大戦中に日本軍がオーストラリアを攻撃したことを思い出すべきだ。日本はまた同じことをしかねない。だからオーストラリア政府は、日本との関係を警戒すべきだ」と主張した。
火曜日キャンベラの中国大使館での記者会見で、「我々が歴史を忘れるのなら、歴史は繰り返すだろう」と在オーストラリア中国大使Xiao Qianは言った。
「第2次大戦中、日本はオーストラリアを侵略し、ダーウィンを空襲し、オーストラリア人を殺した。そしてオーストラリア人捕虜に対し、人道的見地からは受け入れられない扱いをした」


[2-1]
ウラジミール・レーニン毛沢東ホー・チ・ミン、フランツ・オマール・ファノン、エメ・セゼールチェ・ゲバラは偉大だ。、
私は、オマール・ファノン及びパトリス・ルムンバを尊敬しています。

「西側が完全に破壊され、西側が全面的に破壊されること」、こそが、唯一の平和的解決法だ。
解決策は、石油ショックしかない。
我々にはもう一度、「1973年石油ショック」が必要だ。
1973年石油ショックにおいては、OAPECは「米国およびその他の国が今回の紛争においてイスラエルを支持するなら、米国およびその他の国に対する石油輸出を制限あるいは停止する」と宣言した。


[2-2]
我々には永続的な平和が必要だ。
少なくとも以下の条件が、最低条件だ。

* 西側諸国の重工業全ての解体・廃止 (これはまさに、1945年に、連合国が枢軸国に望んだこと)
* 西側諸国の金融資本全ての解体・廃止
* G7諸国(米国、カナダ、日本、ドイツ、フランス、イタリア、イギリス)の重工業全ての解体・廃止
* G7諸国(米国、カナダ、日本、ドイツ、フランス、イタリア、イギリス)の金融資本全ての解体・廃止
* NATOの解体・廃止
* EUの解体・廃止
* 全ての西側諸国の全ての軍事力の解体・廃止

西側においては、西側のカルテル及び西側の財閥が、楽して金儲けをするために戦争を引き起こしている。(これは軍産複合体と呼ばれる)
そしてこれはまさに、ウラジミール・レーニンが指摘したことだ。


[2-3]
西側諸国は、アフリカ、中東、東南アジア、南アジア、中南米、東欧を植民地にしている。
西側諸国は、帝国主義者ファシスト植民地主義者だ。

全世界は、反西側で決起すべきだ。
原油価格を上昇させよう。
天然ガス価格を上昇させよう。

「西側が完全に破壊され、西側が全面的に破壊されること」、こそが、唯一の平和的解決法だ。
解決策は、石油ショックしかない。
我々にはもう一度、「1973年石油ショック」が必要だ。
1973年石油ショックにおいては、OAPECは「米国およびその他の国が今回の紛争においてイスラエルを支持するなら、米国およびその他の国に対する石油輸出を制限あるいは停止する」と宣言した。

もちろん、我々は、この機会を利用し、独立を得るために戦う。
もちろん、こんにち、「G7、NATO、西側諸国、EU、米国」は、悪だ。
「アフリカ、中東、イスラム、南アジア、東南アジア、中南米「は、「G7、NATO、西側諸国、EU、米国」の邪悪な行いにより、被害を被ってきた。


[2-4]
アメリカに死をDeath to America.」
「G7諸国全てに死をDeath to all G7 Countries.」
「西側に死をDeath to the West.」
「日本に死をDeath to Japan.」


[2-5]
私には米国を支持する気は毛頭ありません。
米国の歴史の中で、米国のした唯一正しいことは、ファシストを倒したことです。
米国は多くの犯罪を犯しました。
米国の唯一の正しい行動は、ファシストを倒したことです。
そして、日本はファシストと同盟を結びました。

[Wikipedia]
アメリカに死をDeath to America」
https://en.wikipedia.org/wiki/Death_to_America
アメリカに死をDeath to America」は、「反米政治スローガン」及び「反米政治スローガンを唱えるときの言葉」。
イラン、アフガニスタンレバノン、イエメン、イラクパキスタンで用いられている。
イランでは、1979年イラン革命開始時から用いられている。
イランイスラム共和国の第1代最高指導者であるローホーラ・ホメイニ師がこの言葉を広めた。


[3-1]
「西側の自由市場経済(市場原理経済)においてのみ、原油価格、銅価格などが上昇すること」は、途上国を救い、先進国を打ち倒し、G7(つまり、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、イギリス、米国)を打ち倒す。

なぜなら、西側及びG7は、途上国を搾取し続けているから。
なぜなら、西側及びG7は、途上国の天然資源を搾取し続けているから。

もちろん、原油価格、銅価格などの上昇は、韓国、中国、香港、台湾も打ち倒す。

なぜなら、韓国、中国、香港、台湾は、途上国を搾取し続けているから。
なぜなら、韓国、中国、香港、台湾は、途上国の天然資源を搾取し続けているから。

実際、原油価格、銅価格などの上昇は、どの国が途上国を搾取し続けているか、をはっきりさせる。
実際、原油価格、銅価格などの上昇は、どの国が途上国の天然資源を搾取し続けているか、をはっきりさせる。


[3-2]
「西側の自由市場経済(市場原理経済)においてのみ、原油価格、銅価格などが上昇すること」は、途上国を救い、先進国を打ち倒し、G7(つまり、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、イギリス、米国)を打ち倒す。

これは、西側の自動車企業を打ち倒す。
これこそが、西側が望んだことなのだ。
これこそが、西側の言う「自由貿易及び市場経済」、なのだ。

もちろん、原油価格、銅価格などの上昇は、韓国、中国、香港、台湾も打ち倒す。
もちろん、これは、韓国の自動車企業を打ち倒す。
もちろんこれは、中国の自動車企業を打ち倒す。
これこそが、中国及び韓国が望んだことなのだ。
これこそが、彼らの言う「自由貿易及び市場経済」、なのだ。

実際、原油価格、銅価格などの上昇は、どの国が途上国を搾取し続けているか、をはっきりさせる。
実際、原油価格、銅価格などの上昇は、どの国が途上国の天然資源を搾取し続けているか、をはっきりさせる。


[3-3]
アフリカ、中東、アラブ諸国、南アジア、東南アジア、中南米は、西側の自由市場経済から離脱する。
西側の自由市場経済から離脱すれば、
アフリカ、中東、アラブ諸国、南アジア、東南アジア、中南米は、「"西側の自由市場経済free-market economy(市場経済Market-Based Economy)"においてのみ、資源価格が上昇すること」からダメージを受けない。

共産主義諸国は、バーター(物々交換)制度で貿易をしている。
「資本の蓄積」および/あるいは「金を貸して利息を取ること」は、断じて共産主義ではない。
共産主義は、断じて、資本を蓄積しないし、金を貸して利息を取ることもしない。

これが世界を救うと思う。


[3-4]
こんにちの西側の繁栄は、途上国を搾取することで達成されている。
韓国、中国、香港、台湾の繁栄は、途上国を搾取することで達成されている。

1970年代の石油ショック(1973年オイルショック、及び、1979年オイルショック)がそれを証明している。
(私には、中東における戦争をあおるつもりはありません。産油国OPECを活用すべきです)

例えば、
イスラムは、不労所得を禁じています。
社会主義及び共産主義も、不労所得を禁じています。


[3-5]
自動車、冷蔵庫、洗濯機、発電所の発電機などは、地産地消にすべきだ。
自動車産業、冷蔵庫産業、洗濯機産業、発電所の発電機産業など」を「地産地消」にすべきだ。
各国は、自国で自動車、冷蔵庫、洗濯機、発電所の発電機などを製造すべきだ。

そうすれば、貿易収支は均衡し、債務国は存在しなくなる。

私は、オマール・ファノン及びパトリス・ルムンバを尊敬しています。

国連本部が米国ニューヨークにあるのは間違いだ。
国連本部は、アフリカか中東か南アジアか東南アジアかラテンアメリカに移動すべきだ。
こんにちの米国には国連本部の場所となる資格がない。

米国、西側、G7及び日本は、何度も何度も、国連に対し恥ずべき行動をしてきた。
米国、西側、G7及び日本は、何度も何度も、国連の信用を失墜させてきた。
米国、西側、G7及び日本は、直ちに、国連から除名されるべきだ。


[3-6]
アフリカ、中東、イスラム諸国、アラブ諸国、南アジア、東南アジア、中南米は、西側自由市場経済から離脱する。

共産主義国は、バーター貿易(物々交換貿易)をしている。
資本の蓄積(資本を蓄積すること)、及び、金を貸して利息を取る行為は、断じて、共産主義ではない。
共産主義は、決して、資本を蓄積しないし、金を貸して利息を取ったりもしない。

これが世界を救うと思う。

インドは社会主義国です。
社会主義及び共産主義不労所得を禁じています。
イスラム不労所得を禁じています。

私は自称イスラム教徒です。そして、私は、オマール・ファノン及びパトリス・ルムンバを尊敬しています。

ところで、「資本の蓄積」そして/あるいは「金を貸して利息を取る」のは、共産主義ではありません。
共産主義者は、決して、資本蓄積をしませんし、金を貸して利息を取ったりしません。
(共産主義国では、バーター貿易(物々交換)で貿易をすると思います。)


[3-7]
ドイツは、第2次大戦後、100の都市国家に分割されるべきだった。
ドイツを、西ドイツ、東ドイツ(、オーストリア)に分割したのは不十分だった。

日本も、第2次大戦後、100の都市国家に分割されるべきだった。
もしも日本が第2次大戦後、100の都市国家に分割されていたら朝鮮戦争国共内戦ベトナム戦争も起きなかっただろう。
連合国は、日本及びドイツにもっと厳しく当たるべきだった。

ことわざにもある通り、過ちをただすのに遅いということはない。

米国は直ちに50の都市国家に分割されるべきだ。
EUは直ちに解体されるべきだ。

日本、ドイツ、米国、英国、EU、香港、台湾、韓国を直ちに解体しよう。

 

 

 

中国共産党設立100周年おめでとう!私は毛沢東を尊敬しています。長津湖の戦い。

中国共産党設立100周年おめでとう!私は毛沢東を尊敬しています。長津湖の戦い。


中国共産党設立100周年おめでとう!私は毛沢東を尊敬しています。長津湖の戦い。
毛沢東は素晴らしい。
西側は、「共産主義の力、人民の力、及び、革命の力」により、滅ぼされるのだ。

「国連総会決議第2758号United Nations General Assembly Resolution 2758」は、中国共産党を国連への唯一の合法で正当な代表と認め、蒋介石の代表(中華民国)を国連から追い出した。

国連における中国代表の交代は、3分の2の承認により決定された(国連憲章第18条)。

かつて国連は、米国および英国にハイジャックされた。
しかし、世界の人民の力により、国連は変わった。
中華人民共和国が、世界の人民の力を示したのだ。

[1]
[Wikipedia]
「長津湖の戦いBattle of Chosin Reservoir」
https://en.wikipedia.org/wiki/Battle_of_Chosin_Reservoir
「長津湖の戦いBattle of Chosin Reservoir」は、Chosin Reservoir Campaign あるいは the Battle of Lake Changjinとしても知られ、朝鮮戦争における重要な戦闘である。
この戦いは、中華人民共和国朝鮮戦争に参戦した1か月後に起きた。中国は、「中国人民志願軍、人民義勇軍People's Volunteer Army (PVA)」第9軍を、北朝鮮北部に侵入させた。

1950年11月27日、中国軍は、少将のEdward Almondが率いる米国第10軍団を長津湖の近郊で急襲した。
凍り付く天候の中、17日間の戦闘が続いた。
11月27日から12月13日の間に、少将のOliver P. Smith指揮下の3万人の米軍(のちにChosin Fewとあだ名された)が、毛沢東により国連軍を撃破しろと命令されたSong Shilun指揮下の12万人の中華人民共和国軍に包囲され攻撃された。
国連軍は、中国軍に多数の死傷者を出しつつ、包囲を脱出し、Hungnamの港へと撤退した。

[Wikipedia]
「長津湖の戦いThe Battle at Lake Changjin」
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Battle_at_Lake_Changjin
「長津湖の戦いThe Battle at Lake Changjin」は2021年の中国戦争映画で、チェン・カイコーツイ・ハークダンテ・ラムらが監督、Lan XiaolongおよびHuang Jianxinらが脚本、ウー・ジンおよびイー・ヤンチェンシーらが主演した。
中国共産党広報部のプロパガンダ映画であり、中国共産党100周年記念の一部である。
この映画は、朝鮮戦争の最中に、「長津湖の戦いThe Battle at Lake Changjin」で、中国共産党中国人民解放軍義勇軍が、米軍を撤退に追い込んだ、ストーリを描いたものでフィクション的要素もある。

[BoxOfficeMojo]
https://www.boxofficemojo.com/year/world/2021/
2021年「世界興行収入 Worldwide Box Office」
「順位Rank」    「配給会社Release Group」            「世界興行収入Worldwide」
2位        「長津湖の戦いThe Battle at Lake Changjin」    9億254万8476ドル

[Wikipedia]
「国連総会決議第2758号United Nations General Assembly Resolution 2758」
https://en.wikipedia.org/wiki/United_Nations_General_Assembly_Resolution_2758
「国連総会決議第2758号United Nations General Assembly Resolution 2758」(「Resolution on Admitting Peking北京政権承認に関する決議」としても知られる)は、「United Nations General Assembly Resolution 1668 国連決議第1668号」に対応して承認された決議で、「国連における中国代表の交代は、国連憲章第18条にある3分の2の承認により決定されるべきだ」、としたものである。
この決議は1971年10月25日に承認され、中国共産党を国連への唯一の合法で正当な代表と認め、蒋介石の代表(中華民国)を国連から追い出すものである。

[Wikipedia]
「国連総会決議第1668号United Nations General Assembly Resolution 1668」
https://en.wikipedia.org/wiki/United_Nations_General_Assembly_Resolution_1668
「国連総会決議第1668号United Nations General Assembly Resolution 1668」は、国連総会決議で、中国の国連代表問題を、国連憲章下における「重要な問題」と見なしている;したがって、中華民国から中華人民共和国への承認変更の提案、および、中国全土の代表としての国連への指定には、国連の全加盟国の3分の2の承認が必要である。


[2-1]
ウラジミール・レーニン毛沢東ホー・チ・ミン、フランツ・オマール・ファノン、エメ・セゼールチェ・ゲバラは偉大だ。、
私は、オマール・ファノン及びパトリス・ルムンバを尊敬しています。

「西側が完全に破壊され、西側が全面的に破壊されること」、こそが、唯一の平和的解決法だ。
解決策は、石油ショックしかない。
我々にはもう一度、「1973年石油ショック」が必要だ。
1973年石油ショックにおいては、OAPECは「米国およびその他の国が今回の紛争においてイスラエルを支持するなら、米国およびその他の国に対する石油輸出を制限あるいは停止する」と宣言した。


[2-2]
我々には永続的な平和が必要だ。
少なくとも以下の条件が、最低条件だ。

* 西側諸国の重工業全ての解体・廃止 (これはまさに、1945年に、連合国が枢軸国に望んだこと)
* 西側諸国の金融資本全ての解体・廃止
* G7諸国(米国、カナダ、日本、ドイツ、フランス、イタリア、イギリス)の重工業全ての解体・廃止
* G7諸国(米国、カナダ、日本、ドイツ、フランス、イタリア、イギリス)の金融資本全ての解体・廃止
* NATOの解体・廃止
* EUの解体・廃止
* 全ての西側諸国の全ての軍事力の解体・廃止

西側においては、西側のカルテル及び西側の財閥が、楽して金儲けをするために戦争を引き起こしている。(これは軍産複合体と呼ばれる)
そしてこれはまさに、ウラジミール・レーニンが指摘したことだ。


[2-3]
西側諸国は、アフリカ、中東、東南アジア、南アジア、中南米、東欧を植民地にしている。
西側諸国は、帝国主義者ファシスト植民地主義者だ。

全世界は、反西側で決起すべきだ。
原油価格を上昇させよう。
天然ガス価格を上昇させよう。

「西側が完全に破壊され、西側が全面的に破壊されること」、こそが、唯一の平和的解決法だ。
解決策は、石油ショックしかない。
我々にはもう一度、「1973年石油ショック」が必要だ。
1973年石油ショックにおいては、OAPECは「米国およびその他の国が今回の紛争においてイスラエルを支持するなら、米国およびその他の国に対する石油輸出を制限あるいは停止する」と宣言した。

もちろん、我々は、この機会を利用し、独立を得るために戦う。
もちろん、こんにち、「G7、NATO、西側諸国、EU、米国」は、悪だ。
「アフリカ、中東、イスラム、南アジア、東南アジア、中南米「は、「G7、NATO、西側諸国、EU、米国」の邪悪な行いにより、被害を被ってきた。


[2-4]
アメリカに死をDeath to America.」
「G7諸国全てに死をDeath to all G7 Countries.」
「西側に死をDeath to the West.」
「日本に死をDeath to Japan.」


[2-5]
私には米国を支持する気は毛頭ありません。
米国の歴史の中で、米国のした唯一正しいことは、ファシストを倒したことです。
米国は多くの犯罪を犯しました。
米国の唯一の正しい行動は、ファシストを倒したことです。
そして、日本はファシストと同盟を結びました。

[Wikipedia]
アメリカに死をDeath to America」
https://en.wikipedia.org/wiki/Death_to_America
アメリカに死をDeath to America」は、「反米政治スローガン」及び「反米政治スローガンを唱えるときの言葉」。
イラン、アフガニスタンレバノン、イエメン、イラクパキスタンで用いられている。
イランでは、1979年イラン革命開始時から用いられている。
イランイスラム共和国の第1代最高指導者であるローホーラ・ホメイニ師がこの言葉を広めた。


[3-1]
「西側の自由市場経済(市場原理経済)においてのみ、原油価格、銅価格などが上昇すること」は、途上国を救い、先進国を打ち倒し、G7(つまり、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、イギリス、米国)を打ち倒す。

なぜなら、西側及びG7は、途上国を搾取し続けているから。
なぜなら、西側及びG7は、途上国の天然資源を搾取し続けているから。

もちろん、原油価格、銅価格などの上昇は、韓国、中国、香港、台湾も打ち倒す。

なぜなら、韓国、中国、香港、台湾は、途上国を搾取し続けているから。
なぜなら、韓国、中国、香港、台湾は、途上国の天然資源を搾取し続けているから。

実際、原油価格、銅価格などの上昇は、どの国が途上国を搾取し続けているか、をはっきりさせる。
実際、原油価格、銅価格などの上昇は、どの国が途上国の天然資源を搾取し続けているか、をはっきりさせる。


[3-2]
「西側の自由市場経済(市場原理経済)においてのみ、原油価格、銅価格などが上昇すること」は、途上国を救い、先進国を打ち倒し、G7(つまり、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、イギリス、米国)を打ち倒す。

これは、西側の自動車企業を打ち倒す。
これこそが、西側が望んだことなのだ。
これこそが、西側の言う「自由貿易及び市場経済」、なのだ。

もちろん、原油価格、銅価格などの上昇は、韓国、中国、香港、台湾も打ち倒す。
もちろん、これは、韓国の自動車企業を打ち倒す。
もちろんこれは、中国の自動車企業を打ち倒す。
これこそが、中国及び韓国が望んだことなのだ。
これこそが、彼らの言う「自由貿易及び市場経済」、なのだ。

実際、原油価格、銅価格などの上昇は、どの国が途上国を搾取し続けているか、をはっきりさせる。
実際、原油価格、銅価格などの上昇は、どの国が途上国の天然資源を搾取し続けているか、をはっきりさせる。


[3-3]
アフリカ、中東、アラブ諸国、南アジア、東南アジア、中南米は、西側の自由市場経済から離脱する。
西側の自由市場経済から離脱すれば、
アフリカ、中東、アラブ諸国、南アジア、東南アジア、中南米は、「"西側の自由市場経済free-market economy(市場経済Market-Based Economy)"においてのみ、資源価格が上昇すること」からダメージを受けない。

共産主義諸国は、バーター(物々交換)制度で貿易をしている。
「資本の蓄積」および/あるいは「金を貸して利息を取ること」は、断じて共産主義ではない。
共産主義は、断じて、資本を蓄積しないし、金を貸して利息を取ることもしない。

これが世界を救うと思う。


[3-4]
こんにちの西側の繁栄は、途上国を搾取することで達成されている。
韓国、中国、香港、台湾の繁栄は、途上国を搾取することで達成されている。

1970年代の石油ショック(1973年オイルショック、及び、1979年オイルショック)がそれを証明している。
(私には、中東における戦争をあおるつもりはありません。産油国OPECを活用すべきです)

例えば、
イスラムは、不労所得を禁じています。
社会主義及び共産主義も、不労所得を禁じています。


[3-5]
自動車、冷蔵庫、洗濯機、発電所の発電機などは、地産地消にすべきだ。
自動車産業、冷蔵庫産業、洗濯機産業、発電所の発電機産業など」を「地産地消」にすべきだ。
各国は、自国で自動車、冷蔵庫、洗濯機、発電所の発電機などを製造すべきだ。

そうすれば、貿易収支は均衡し、債務国は存在しなくなる。

私は、オマール・ファノン及びパトリス・ルムンバを尊敬しています。

国連本部が米国ニューヨークにあるのは間違いだ。
国連本部は、アフリカか中東か南アジアか東南アジアかラテンアメリカに移動すべきだ。
こんにちの米国には国連本部の場所となる資格がない。

米国、西側、G7及び日本は、何度も何度も、国連に対し恥ずべき行動をしてきた。
米国、西側、G7及び日本は、何度も何度も、国連の信用を失墜させてきた。
米国、西側、G7及び日本は、直ちに、国連から除名されるべきだ。


[3-6]
アフリカ、中東、イスラム諸国、アラブ諸国、南アジア、東南アジア、中南米は、西側自由市場経済から離脱する。

共産主義国は、バーター貿易(物々交換貿易)をしている。
資本の蓄積(資本を蓄積すること)、及び、金を貸して利息を取る行為は、断じて、共産主義ではない。
共産主義は、決して、資本を蓄積しないし、金を貸して利息を取ったりもしない。

これが世界を救うと思う。

インドは社会主義国です。
社会主義及び共産主義不労所得を禁じています。
イスラム不労所得を禁じています。

私は自称イスラム教徒です。そして、私は、オマール・ファノン及びパトリス・ルムンバを尊敬しています。

ところで、「資本の蓄積」そして/あるいは「金を貸して利息を取る」のは、共産主義ではありません。
共産主義者は、決して、資本蓄積をしませんし、金を貸して利息を取ったりしません。
(共産主義国では、バーター貿易(物々交換)で貿易をすると思います。)


[3-7]
ドイツは、第2次大戦後、100の都市国家に分割されるべきだった。
ドイツを、西ドイツ、東ドイツ(、オーストリア)に分割したのは不十分だった。

日本も、第2次大戦後、100の都市国家に分割されるべきだった。
もしも日本が第2次大戦後、100の都市国家に分割されていたら朝鮮戦争国共内戦ベトナム戦争も起きなかっただろう。
連合国は、日本及びドイツにもっと厳しく当たるべきだった。

ことわざにもある通り、過ちをただすのに遅いということはない。

米国は直ちに50の都市国家に分割されるべきだ。
EUは直ちに解体されるべきだ。

日本、ドイツ、米国、英国、EU、香港、台湾、韓国を直ちに解体しよう。

欧州のストライキ

Let's fight for Human Rights.
Western Governments are Evil.
The West is Evil.
Communism is great.

 

[Wall Street Journal]Dec. 23, 2022

フランス及び英国は、ホリデーシーズンにストライキ
France and U.K. Face Wave of Strikes During Peak Holiday Travel Season
British border-control agents walked off the job Friday, kicking off more than a week of strikes. French train cancellations follow industrial action there.
https://www.wsj.com/articles/france-and-u-k-face-wave-of-strikes-during-peak-holiday-travel-season-11671802786
The U.K. and France braced for disruptions to holiday travel, as British border-control personnel went on strike and French rail workers walked off the job.  
Meanwhile, in France, train conductors began a strike on Friday demanding higher wages, in a move that threatens to leave tens of thousands of Christmas travelers stranded.
As British border-control agents walked off the job Friday, the country’s nursing union also set new dates for industrial action in January, as 2023 looks increasingly likely to see a continuation of the economic and political turmoil that has roiled the nation this year. 

 

[abc News]December 23, 2022

Strikes over pay disrupt Christmas travel in UK, France
Air travelers are facing possible delays at U.K. airports as government employees who check passports go on strike
https://abcnews.go.com/Business/wireStory/strikes-pay-disrupt-christmas-travel-uk-france-95747590
Air travelers faced possible delays at U.K. airports Friday as government employees who check passports went on strike in the latest of a spate of walkouts over pay amid a cost-of-living crisis.
France braced for similar Christmas travel disruption, with a weekend rail strike starting to bite on Friday.

 

[Radio France Internationale (RFI)]27/12/2022
フランスは医者がストライキFrench doctors' collective calls for strike despite Covid, bronchiolitis and flu 'tripledemic'
https://www.rfi.fr/en/france/20221227-french-doctors-collective-calls-for-strike-despite-covid-bronchiolitis-and-flu-tripledemic

 

[Radio France Internationale (RFI)]01/12/2022
医者及び研究者がフランス全土で国家レベルで歴史的なストライキFed up French doctors and lab workers stage historic nationwide strike
https://www.rfi.fr/en/france/20221201-fed-up-french-doctors-and-lab-workers-stage-historic-nationwide-strike

 

 

[EuroNews]23/12/2022

12月及び1月に、欧州で起きるストライキ
Updated: All the travel strikes still set to go ahead across Europe in December and January
https://www.euronews.com/travel/2022/12/23/a-full-list-of-the-strikes-set-to-cause-travel-disruption-across-europe-in-december
Travel is set to be heavily impacted by industrial action during the busy festive period this year.
Rail and aviation unions are threatening strikes throughout December and January across Europe. It's likely to cause disruption as people attempt to get home for the holidays.
So where are strikes taking place in Europe this Christmas?
* International rail services: Eurostar strikes over Christmas
Eurostar strikes on 16 and 18 December have been called off to give union members time to vote on a new pay offer.
* フランスで起きるストライキはWhat strikes are happening in France this Christmas?
Train conductors and ticket collectors in France are threatening to strike because, according to Limon, they are “not considered in the same way train drivers are, even though we work three weekends a month and sleep away from home 10 nights a month.”
* イタリアで起きるストライキはWhat strikes are happening in Italy this Christmas?
From 12-16 December, workers across Italy are participating in strikes. 
* ポルトガルで起きるストライキはWhat strikes are happening in Portugal this Christmas?
After strikes by TAP Portugal cabin crew took place on 8-9 December, leading to 360 cancelled flights, more are planned over Christmas. 
* スペインで起きるストライキは?What strikes are happening in Spain this Christmas?
USO and SITCPLA union members from Ryanair cabin crew based in Spain have been on strike for five months.
* 英国で起きるストライキは?What strikes are happening in the UK this Christmas?

 

************************************************************

On the other hand, 
the U.S. Government crushed the desire of the people by using the Military Power of the Government.
The U.S. Government exhibits its Military Power.
And, the U.S. Government crushes the desire of the people.
The U.S. Government is an enemy against "People of the World."

[CNBC]DEC 2 2022
Biden signs bill averting rail worker strike despite lack of paid sick days
https://www.cnbc.com/2022/12/02/biden-signs-bill-averting-rail-worker-strike-despite-lack-of-paid-sick-days.html
* President Joe Biden signed a bill into law making a rail strike illegal, preventing workers from walking off the job weeks before the holiday season.
* Congress intervened as the threat of a strike loomed but did not pass the paid sick leave provisions workers sought.
* The workers and companies had until Dec. 9 to reach an agreement before they vowed to strike, which the industry estimated would cost the U.S. economy $2 billion per day.

400億ドルの軍事援助。1億6000万ドルの人道援助。

400億ドルの軍事援助。1億6000万ドルの人道援助。


* 400億ドルの軍事援助。
* 1億6000万ドルの人道援助。

* 西側は、ウクライナに、400億ドルの軍事援助をした。
これまでに、NATO諸国は、ウクライナに、400億ドルの軍事援助をした。
米国は、ウクライナに、221億ドルの軍事兵器を送った。

* 西側は、パキスタンに、1億6000万ドルの人道援助をした。

* 西側はイスラムを差別している。
西側は東南アジアを差別している。
西側は、ファシストで、帝国主義者で、植民地主義者だ。

* パキスタンの洪水は、地球温暖化の結果起きている。
しかし、西側諸国は、「石油をもっと使わせろ」とわめいている。
西側こそが邪悪だ。

[1]
[New York Times]Published Nov. 26, 2022; Updated Nov. 29, 2022
米国およびNATOは、彼ら自身の弾薬庫およびウクライナを急いで補充しようとする
https://www.nytimes.com/2022/11/26/world/europe/nato-weapons-shortage-ukraine.html
合計で、NATO諸国は、ウクライナに、400億ドルの軍事援助をした。これは大雑把にフランスの1年の軍事予算に等しい。

[Voice of America (VOA) ]December 09, 2022
ウクライナへ2億7500万ドルの軍事援助
https://www.voanews.com/a/us-sends-fresh-275-million-military-aid-to-ukraine-/6870013.html
金曜日ホワイトハウスから公表されたメモによると、米大統領のバイデンは、ウクライナへの新たな軍事援助2億7500万ドルを承認した。ドローンを撃墜し、防空を強化するための新たな能力の提供を目的としている。
合計で、バイデン政権開始後、米国はウクライナへの軍事援助を200億ドル表明している。
2014年以来、米国は、およそ221億ドルのウクライナへの軍事援助を表明しており、ロシアが行動した2022年2月24日以降では、193億ドルの軍事援助を表明している。

[US Department of Defense]AUG. 24, 2022
米国は、ウクライナへ29億8000万ドルの援助を公表
https://www.defense.gov/News/News-Stories/Article/Article/3138602/us-announces-298-billion-in-aid-to-ukraine/
2021年1月以来、米国は、ウクライナへの135億ドルの軍事援助を表明している。

[AP]August 31, 2022
国連はパキスタンの洪水の緊急援助として、1億6000万ドルを求める。
https://apnews.com/article/floods-pakistan-asia-pacific-islamabad-ahsan-iqbal-4c583a47b071db01b75643ea0983b9c4

[Wikipedia]
パキスタン
https://en.wikipedia.org/wiki/Pakistan
人口: 2022年推定 2億4292万3845人 (世界第5位)
宗教 (2017年)    96.5% イスラム教徒 (公式発表)

[Wikipedia]
ウクライナ
https://en.wikipedia.org/wiki/Ukraine
人口: 2022年1月推定 4116万7336人 (クリミアを除く) (世界第36位)

[BBC]30 August, 2022
パキスタンの洪水:パキスタンの領土の3分の1が水没 - 大臣
https://www.bbc.com/news/world-europe-62712301
パキスタン気候変動省大臣は「歴史的洪水により、パキスタンの領土の3分の1が完全に水没」と説明。
パキスタン政府によると、モンスーンの季節が6月に始まって以来、少なくとも1136名が死亡した。


[2-1]
ウラジミール・レーニン毛沢東ホー・チ・ミン、フランツ・オマール・ファノン、エメ・セゼールチェ・ゲバラは偉大だ。、
私は、オマール・ファノン及びパトリス・ルムンバを尊敬しています。

「西側が完全に破壊され、西側が全面的に破壊されること」、こそが、唯一の平和的解決法だ。
解決策は、石油ショックしかない。
我々にはもう一度、「1973年石油ショック」が必要だ。
1973年石油ショックにおいては、OAPECは「米国およびその他の国が今回の紛争においてイスラエルを支持するなら、米国およびその他の国に対する石油輸出を制限あるいは停止する」と宣言した。


[2-2]
我々には永続的な平和が必要だ。
少なくとも以下の条件が、最低条件だ。

* 西側諸国の重工業全ての解体・廃止 (これはまさに、1945年に、連合国が枢軸国に望んだこと)
* 西側諸国の金融資本全ての解体・廃止
* G7諸国(米国、カナダ、日本、ドイツ、フランス、イタリア、イギリス)の重工業全ての解体・廃止
* G7諸国(米国、カナダ、日本、ドイツ、フランス、イタリア、イギリス)の金融資本全ての解体・廃止
* NATOの解体・廃止
* EUの解体・廃止
* 全ての西側諸国の全ての軍事力の解体・廃止

西側においては、西側のカルテル及び西側の財閥が、楽して金儲けをするために戦争を引き起こしている。(これは軍産複合体と呼ばれる)
そしてこれはまさに、ウラジミール・レーニンが指摘したことだ。


[2-3]
西側諸国は、アフリカ、中東、東南アジア、南アジア、中南米、東欧を植民地にしている。
西側諸国は、帝国主義者ファシスト植民地主義者だ。

全世界は、反西側で決起すべきだ。
原油価格を上昇させよう。
天然ガス価格を上昇させよう。

「西側が完全に破壊され、西側が全面的に破壊されること」、こそが、唯一の平和的解決法だ。
解決策は、石油ショックしかない。
我々にはもう一度、「1973年石油ショック」が必要だ。
1973年石油ショックにおいては、OAPECは「米国およびその他の国が今回の紛争においてイスラエルを支持するなら、米国およびその他の国に対する石油輸出を制限あるいは停止する」と宣言した。

もちろん、我々は、この機会を利用し、独立を得るために戦う。
もちろん、こんにち、「G7、NATO、西側諸国、EU、米国」は、悪だ。
「アフリカ、中東、イスラム、南アジア、東南アジア、中南米「は、「G7、NATO、西側諸国、EU、米国」の邪悪な行いにより、被害を被ってきた。


[2-4]
アメリカに死をDeath to America.」
「G7諸国全てに死をDeath to all G7 Countries.」
「西側に死をDeath to the West.」
「日本に死をDeath to Japan.」


[2-5]
私には米国を支持する気は毛頭ありません。
米国の歴史の中で、米国のした唯一正しいことは、ファシストを倒したことです。
米国は多くの犯罪を犯しました。
米国の唯一の正しい行動は、ファシストを倒したことです。
そして、日本はファシストと同盟を結びました。

[Wikipedia]
アメリカに死をDeath to America」
https://en.wikipedia.org/wiki/Death_to_America
アメリカに死をDeath to America」は、「反米政治スローガン」及び「反米政治スローガンを唱えるときの言葉」。
イラン、アフガニスタンレバノン、イエメン、イラクパキスタンで用いられている。
イランでは、1979年イラン革命開始時から用いられている。
イランイスラム共和国の第1代最高指導者であるローホーラ・ホメイニ師がこの言葉を広めた。


[3-1]
「西側の自由市場経済(市場原理経済)においてのみ、原油価格、銅価格などが上昇すること」は、途上国を救い、先進国を打ち倒し、G7(つまり、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、イギリス、米国)を打ち倒す。

なぜなら、西側及びG7は、途上国を搾取し続けているから。
なぜなら、西側及びG7は、途上国の天然資源を搾取し続けているから。

もちろん、原油価格、銅価格などの上昇は、韓国、中国、香港、台湾も打ち倒す。

なぜなら、韓国、中国、香港、台湾は、途上国を搾取し続けているから。
なぜなら、韓国、中国、香港、台湾は、途上国の天然資源を搾取し続けているから。

実際、原油価格、銅価格などの上昇は、どの国が途上国を搾取し続けているか、をはっきりさせる。
実際、原油価格、銅価格などの上昇は、どの国が途上国の天然資源を搾取し続けているか、をはっきりさせる。


[3-2]
「西側の自由市場経済(市場原理経済)においてのみ、原油価格、銅価格などが上昇すること」は、途上国を救い、先進国を打ち倒し、G7(つまり、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、イギリス、米国)を打ち倒す。

これは、西側の自動車企業を打ち倒す。
これこそが、西側が望んだことなのだ。
これこそが、西側の言う「自由貿易及び市場経済」、なのだ。

もちろん、原油価格、銅価格などの上昇は、韓国、中国、香港、台湾も打ち倒す。
もちろん、これは、韓国の自動車企業を打ち倒す。
もちろんこれは、中国の自動車企業を打ち倒す。
これこそが、中国及び韓国が望んだことなのだ。
これこそが、彼らの言う「自由貿易及び市場経済」、なのだ。

実際、原油価格、銅価格などの上昇は、どの国が途上国を搾取し続けているか、をはっきりさせる。
実際、原油価格、銅価格などの上昇は、どの国が途上国の天然資源を搾取し続けているか、をはっきりさせる。


[3-3]
アフリカ、中東、アラブ諸国、南アジア、東南アジア、中南米は、西側の自由市場経済から離脱する。
西側の自由市場経済から離脱すれば、
アフリカ、中東、アラブ諸国、南アジア、東南アジア、中南米は、「"西側の自由市場経済free-market economy(市場経済Market-Based Economy)"においてのみ、資源価格が上昇すること」からダメージを受けない。

共産主義諸国は、バーター(物々交換)制度で貿易をしている。
「資本の蓄積」および/あるいは「金を貸して利息を取ること」は、断じて共産主義ではない。
共産主義は、断じて、資本を蓄積しないし、金を貸して利息を取ることもしない。

これが世界を救うと思う。


[3-4]
こんにちの西側の繁栄は、途上国を搾取することで達成されている。
韓国、中国、香港、台湾の繁栄は、途上国を搾取することで達成されている。

1970年代の石油ショック(1973年オイルショック、及び、1979年オイルショック)がそれを証明している。
(私には、中東における戦争をあおるつもりはありません。産油国OPECを活用すべきです)

例えば、
イスラムは、不労所得を禁じています。
社会主義及び共産主義も、不労所得を禁じています。


[3-5]
自動車、冷蔵庫、洗濯機、発電所の発電機などは、地産地消にすべきだ。
自動車産業、冷蔵庫産業、洗濯機産業、発電所の発電機産業など」を「地産地消」にすべきだ。
各国は、自国で自動車、冷蔵庫、洗濯機、発電所の発電機などを製造すべきだ。

そうすれば、貿易収支は均衡し、債務国は存在しなくなる。

私は、オマール・ファノン及びパトリス・ルムンバを尊敬しています。

国連本部が米国ニューヨークにあるのは間違いだ。
国連本部は、アフリカか中東か南アジアか東南アジアかラテンアメリカに移動すべきだ。
こんにちの米国には国連本部の場所となる資格がない。

米国、西側、G7及び日本は、何度も何度も、国連に対し恥ずべき行動をしてきた。
米国、西側、G7及び日本は、何度も何度も、国連の信用を失墜させてきた。
米国、西側、G7及び日本は、直ちに、国連から除名されるべきだ。


[3-6]
アフリカ、中東、イスラム諸国、アラブ諸国、南アジア、東南アジア、中南米は、西側自由市場経済から離脱する。

共産主義国は、バーター貿易(物々交換貿易)をしている。
資本の蓄積(資本を蓄積すること)、及び、金を貸して利息を取る行為は、断じて、共産主義ではない。
共産主義は、決して、資本を蓄積しないし、金を貸して利息を取ったりもしない。

これが世界を救うと思う。

インドは社会主義国です。
社会主義及び共産主義不労所得を禁じています。
イスラム不労所得を禁じています。

私は自称イスラム教徒です。そして、私は、オマール・ファノン及びパトリス・ルムンバを尊敬しています。

ところで、「資本の蓄積」そして/あるいは「金を貸して利息を取る」のは、共産主義ではありません。
共産主義者は、決して、資本蓄積をしませんし、金を貸して利息を取ったりしません。
(共産主義国では、バーター貿易(物々交換)で貿易をすると思います。)


[3-7]
ドイツは、第2次大戦後、100の都市国家に分割されるべきだった。
ドイツを、西ドイツ、東ドイツ(、オーストリア)に分割したのは不十分だった。

日本も、第2次大戦後、100の都市国家に分割されるべきだった。
もしも日本が第2次大戦後、100の都市国家に分割されていたら朝鮮戦争国共内戦ベトナム戦争も起きなかっただろう。
連合国は、日本及びドイツにもっと厳しく当たるべきだった。

ことわざにもある通り、過ちをただすのに遅いということはない。

米国は直ちに50の都市国家に分割されるべきだ。
EUは直ちに解体されるべきだ。

日本、ドイツ、米国、英国、EU、香港、台湾、韓国を直ちに解体しよう。