IbrahimLumumbaOmar’s blog

Omar Fanon. Patrice Lumumba.

ウラジミール・レーニンによる「革命的敗北主義Revolutionary defeatism」

ウラジミール・レーニンによる「革命的敗北主義Revolutionary defeatism」


ウラジミール・レーニンによる「革命的敗北主義Revolutionary defeatism」
西側は敗北すべきだ。

今回の場合、西側は完全に敗北すべきだ。
西側は敗北すべきだ。
そうすれば、全世界に革命が起きる。

西側が戦争に勝利しても、平和は決してやってこない。
NATO、米トップ1%、西側の財閥、西側のカルテル、ウォールストリート、ドイツの自動車産業及び日本の自動車産業は、
「平和こそが彼らへの最も深刻な脅威だ」
と考えている。
これこそがまさに、ウラジミール・レーニンが資本主義について指摘したことだ。
したがって、西側は完全に解体されるべきだ。

「西側が完全に破壊され、西側が全面的に破壊されること」、こそが、唯一の平和的解決法だ。
解決策は、石油ショックしかない。
我々にはもう一度、「1973年石油ショック」が必要だ。
1973年石油ショックにおいては、OAPECは「米国およびその他の国が今回の紛争においてイスラエルを支持するなら、米国およびその他の国に対する石油輸出を制限あるいは停止する」と宣言した。


[Wikipedia]
革命的敗北主義
https://en.wikipedia.org/wiki/Revolutionary_defeatism
「革命的敗北主義Revolutionary defeatism」は、第1次大戦中にウラジミール・レーニンによりもっとも有名になった概念である。
革命的敗北主義はマルクス階級闘争の考えに基づいている。
プロレタリアートは資本主義戦争において勝利することも利益を得ることも不可能であるのだから、プロレタリアートの真の敵は、自分たちよりも下層の階級を戦場に送った帝国主義のリーダー達である」とレーニンは主張した。
「もしも、戦争を内戦に転化することができ、そして、国際的革命へと転化できるのなら、労働者たちは、自国が敗北することにより、より多くを得ることができる」とレーニンは議論した。

当初、1915年の社会主義者ツィンマーヴァルト会議では、より急進的な人々を除くすべての人に排除されたが、
その後より多くの社会主義者からの支持を得るようになった。特に1917年にロシアで
Initially rejected by all but the more radical at the socialist Zimmerwald Conference in 1915, the concept appears to have gained support from more and more socialists, especially in Russia in 1917 
after it was forcefully reaffirmed in Lenin's "April Theses" as Russia's war losses continued, even after the February Revolution as the Provisional Government kept them in the conflict.