IbrahimCongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

米退役軍人の過半数がアフガン紛争には「戦う価値なかった」と回答

米退役軍人の過半数がアフガン紛争には「戦う価値なかった」と回答

米退役軍人の過半数がアフガン紛争には「戦う価値なかった」と回答
イラク戦争」および「シリアにおけるイスラム過激派組織イスラミックステートに対する米国の軍事介入」についても、「戦う価値はなかった」と回答した退役軍人はそれぞれ64%と55%に上った。

アメリカ合衆国は、今すぐ、モンロー主義になれ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、NATO・ヨーロッパ・日本・韓国・アジア・シンガポールアフガニスタンパキスタンから、アメリカ軍を引き上げろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、アメリカ合衆国が、現在かかわっている、全ての戦争から、アメリカ軍を引き上げろ!
アメリカ合衆国の軍事費を、1年当たり1000億ドルにまで、今すぐ、下げろ。
さもなくば、アメリカ合衆国の軍事費を、アメリカのGDPの1%まで、今すぐ、下げろ。


[1]
[France24]11/07/2019
米退役軍人の過半数がアフガン紛争には「戦う価値なかった」と回答
https://www.france24.com/en/20190711-majority-us-vets-say-afghanistan-war-not-worth-fighting-poll
米退役軍人の過半数が、およそ18年にも及ぶアフガン紛争には「戦う価値なかった」と回答した。
近く、米国とタリバンアフガニスタンにおける紛争を終了させるために会談を行うが、そのタイミングで調査がなされた。
この紛争は、2001年9月11日の米国への攻撃を受けて、米政府が始めたものだ。

「退役軍人の過半数(58%)および一般市民の過半数(59%)のどちらもが、アフガン紛争は戦う価値がなかったと回答した。価値があったと回答したのは10人中約4人あるいは4人以下だった」
との調査結果がピュー・リサーチ・センターにより発表された。

イラク戦争」および「シリアにおけるイスラム過激派組織イスラミックステートに対する米国の軍事介入」についても、同様の調査結果となった。
「戦う価値はなかった」と回答した退役軍人はそれぞれ64%と55%に上った。

「従軍経験のない退役軍人がこれらの介入について戦う価値を認めなかったのと同様に、イラクやアフガンへの従軍経験のある退役軍人もこれらの介入について戦う価値を認めなかった」
「階級や戦闘経験の差は、見解に影響しなかった」
との調査結果がピュー・リサーチ・センターにより発表された。

「9月のアフガン大統領選の前に、タリバンと政治的調印を結び、米軍を含む外国軍をアフガニスタンから撤退させたい」と米政府は語った。