IbrahimNcongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

アメリカ反帝国主義連盟

アメリ反帝国主義連盟

[1]
[Wikipedia]
アメリ反帝国主義連盟
https://en.wikipedia.org/wiki/American_Anti-Imperialist_League
アメリ反帝国主義連盟は1898年6月15日に設立された組織で、フィリピンを島嶼地区insular areaとして併合することに反対するために設立された組織である。
アメリ反帝国主義連盟は、被治者の同意(en:Consent of the governed)の必要性などの共和主義の精神を帝国主義が破壊すると考え、領土拡大・拡張主義に反対した。
拡張主義や併合は、アメリカ独立宣言やジョージ・ワシントンの辞任演説、エイブラハム・リンカーンゲティスバーグ演説などの理念であるアメリカの自治と独立の理念の放棄を意味すると考えた。
アメリ反帝国主義連盟は、米製戦争および20世紀の最初の数年のあとの、米国の領土拡張の効力を唱えた新たな政治家たちの活動により、パブリックオピニオンが変化し、打ち負かされた。

1. 組織の歴史
1.1 先駆者たち
アメリ反帝国主義連盟の考えは、1898年春に誕生した。
6月2日に、マサチューセッツの元銀行家Gamaliel Bradford[citation needed]が、Boston Evening Transcriptと言う新聞に寄稿した。
その記事で彼は、米国の植民地拡張主義への反対派を組織するために、マサチューセッツ州ボストン市のファニエル・ホールFaneuil Hallでパブリックミーティングを開くための支持を求めた。
米西戦争反対派であるBradford は、幾人かの米国の政治家などの意思決定者の間に植民地主義の野望があることを「頭がおかしくて邪悪だ」と表現し、「彼らは米国を道徳的破滅に導こうとしている」と表現した。
Bradford の努力は成功し、1898年6月5日に、”米国が帝国主義的政策を取っている”ことに抗議するミーティングが開催された。
6月15日の会合では、「反帝国主義の通信連絡委員会」として知られる委員会が結成され、Bradfordを首班とする4人のメンバーが選出された。

(ファニエル・ホール)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB
(サミュエル・アダムズやジェームス・オティスなど、独立派の有力者が演説を行った場所でもある。)
(現在ではボストン国立歴史公園の一角をなし、フリーダムトレイルに沿った観光地のひとつともなっている。)
(「自由(解放)のゆりかご(Cradle of Liberty)」と呼ばれることもある。)
(2008年、『フォーブス・トラベラー』誌による全米最多観光客数25選の第4位に選出された。 )

(通信連絡委員会)
https://kotobank.jp/word/%E9%80%9A%E4%BF%A1%E9%80%A3%E7%B5%A1%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A-98975
(アメリカ独立革命期に結成された急進派の情報伝達組織。 1772年 11月2日,マサチューセッツ湾植民地の急進派指導者 S.アダムズらによって最初にボストンで結成された。)
( 21人の委員から成る常設委員会として発足し,当初はボストンの立場を植民地内の他のタウンと他の植民地へ,さらに世界へ伝えることを任務とした。)
(翌 73年3月 12日バージニア植民地議会も独自に 11人の委員から成る植民地間通信連絡委員会を任命した。)
(同年8月までに,ロードアイランドコネティカットニューハンプシャーサウスカロライナの諸植民地も委員会を結成した。)
(おりからの茶税法に対する抵抗運動の連絡組織として活躍し,ボストン茶会事件以後のイギリスの報復措置に対抗してその組織と機能をますます拡大し,)
(74年の大陸会議開催への下地をつくった。 )

このグループは、アメリカ全土の宗教・ビジネス・労働・人道主義者のリーダーたちに連絡を取り、「米国植民地拡張主義がハワイやスペイン帝国の植民地へと拡張するという、増大する脅威 」を彼らに阻止してもらおうとした。
「手紙を書いて、新聞・雑誌の編集者を巻き込もう」という試みがはじめられた

Bradford と彼の支持者によるこの最初の活動は、「反帝国主義の通信連絡委員会」が「アメリ反帝国主義連盟」を正式に結成するという形で1898年11月19日に実を結んだ。

1.2 組織機構
アメリ反帝国主義連盟は、会長・書記・会計の三人の終身役員により、6人の執行委員会とともに運営されている。
この組織はローカルに誕生した起源を持つため、指導者層の初期メンバーはボストンの地支部出身者であったことは驚くことではない。
人目を引く会長として選出されたのは、マサチューセッツ知事で下院議員で上院議員も勤めた George S. Boutwell。彼は1905年になくなるまで勤めた。
毎日の実際的な実務は、書記のErving Winslowが勤めた。

ボストンにある運営センターに加え、アメリ反帝国主義連盟には、国レベルで有名な公人が多数参加していた。それらの人は、副会長として名を連ねている。
これらのポストは基本的には儀礼的なものだが、組織に正当性を与える上で重要である。
全部で18人の副会長は、11月の連盟結成時に指名された。その18名の中には、Grover Cleveland元米大統領上院議員で米国内務長官のCarl Schurz、Andrew Carnegie、労働者の代表 Samuel Gompersなどがいた。
最初の1899年の半年で、副会長たちにより出された生地は40にも及んだ。多くの著名な政治家や知識人が、寄せ書きや感想をそこに添えて書いた。
宗教哲学者の Felix Adler、元アイオワ州知事William Larrabee共和党下院議員Henry U. Johnson、スタンフォード大学校長David Starr Jordanなどである。
このあとすぐに、連盟の執行委員会は、米国の政治リーダーに影響をもっと与えることを目的に、本部をワシントンDCへ移すことを投票にかけた。
首都につながりを持とうとするこの決定にもかかわらず、この組織の主要な運営はボストンに残った。
このDCへの移転により、1899年秋にワシントンDCでも独立した組織を設立する、という考えは意味がなくなった。
この系列グループは国会議員にロビー活動をすることを目的としており、ボストンの本部を移動するという必要性はなくなった。
アメリ反帝国主義連盟は、ボストンに本部を置き続けた。

1.3 地方組織
アメリ反帝国主義連盟は、非中央集権化・地方分権化を進めグループのプロパガンダを拡大するために、地方組織のネットワークを作ろうと試みた。
このグループ最大の地方組織は、ニューヨーク市フィラデルフィア・ワシントンDC・シカゴ・ミネアポリスシンシナティポートランドオレゴン・ロサンゼルスにあった。
にあった。
1899年2月に、アメリ反帝国主義連盟は、「グループの総メンバー数は2万5000人を大きく上回る」と発表した。
この年の11月の時点で地方の支部の数は、少なくとも100と推計された。
地方のグループは、高いレベルで自治を維持しており、時には、アメリカン・リーグ・オブ・フィラデルフィア反帝国主義者リーグ・オブ・ニューヨークといったように、独自のあだ名までつけられていた。
ニューヨーク支部の名簿には、元もボストンと同じぐらい多くの人が加盟し著名人が存在した。副会長23人も含まれていた。

1.4 3つのリーグの統合
ボストンのグループは以前、中央反帝国主義連盟、と自分自身を定義していた。
これに触発されて、1899年にシカゴのグループは、他の組織と合併しアメリ反帝国主義連盟を作ろうと、会議を開催した。
この組織は次に、ボストンに本拠地を置く反帝国主義連盟と翌月に合併した。
このとき、ボストンの組織は、アメリ反帝国主義連盟のニューイングランド支部と改名された。
この変更は公式なものであったが、それでもボストンのオフィスは米国全土における反帝国主義運動の代表的中心であり続けた。

ボストンの組織のリーダーたちの多くは、シカゴに本拠地を置くアメリ反帝国主義連盟のリーダーとしても名を連ねていた。
例えば、George S. Boutwellは最初の会長であるし、6人の副会長のうち4人もそうであるし、9人の執行委員会のうち2人もそうであった。
名目上の本部は、1904年11月にボストン支部が本部として設立されるまでシカゴに置かれていた。
その間ずっと、緩やかに加盟していた地方の連盟は、独自の活動をし、独自に役員を選出し、独自の出版物を発光していた。

1.5 出版物
アメリ反帝国主義連盟の主要な活動の一つに、米国帝国主義者の活動に対抗してプロパガンダ活動をするための小冊子やパンフレットを作成するというものがある。
これら出版活動は1898年のすぐに始まった。
この出版活動の一つに、"Broadsides"(片面だけに印刷されている宣伝用のポスター)があげられる。
ジョージワシントン・トマスジェファーソン・ジェームズモンローなどのアメリカ合衆国建国の父(ファウンディング・ファーザーズ)を沢山引用することで、
アメリカと言う共和国が建国された理念」と「現在の政治化のリーダーたちにより進められている国家レベルでの植民地拡張主義」との間に、基本的に矛盾があることを説明している。

恐らくは最も有名な連盟のメンバーであるマークトゥウェインは、ノーザン・アイオワ大学の雑誌「ノースアメリカン・レビュー」に1901年に "To the Person Sitting in Darkness(暗闇の中に座り込む人へ)"というエッセイを寄稿し意思表示をした。
このエッセイの中で彼は、フィリピンを併合することがどれだけ非常におかしいかを、米国とフィリピンの道徳および文化を比較することで、皮肉って描いた。
マークトゥウェインは
「米国の国際的な役割は、”物質的利益を得るために他国を支配下に置くこと”ではなく、”とある国で苦しめられ迫害されている奴隷のかたがたが自由になるのを見届けること”だ」、
と主張し、アメリ反帝国主義連盟が広範な支持を得られるようにした。
連盟メンバーであるすばらしい著作者や良く知られた知識人や政治家を大量にに配置し利用することで、
アメリ反帝国主義連盟のニューヨーク支部は、とりわけ突出してプロパガンダパンフレットの作成を行った。

1898年に勃発した米西戦争は、元々は、第一次キューバ独立戦争(1868-1878)が起源である。
キューバの反乱軍は、キューバ反乱軍の理念に賛同した小さな米国のグループと共同して戦った。
これら米国人の多くは、軍事物資をキューバの反乱軍に届けようとする不正規兵を支援した。

1873年には、不正規兵の船Virginiusをスペインが拿捕し、多くの米市民を含むその乗員の大半を処刑したときに、米国とスペインの間で戦争が勃発しかかった。
Zanjon条約により一時的な平和が達成されたが、米国人は、キューバの人々の独立したいという希望に共感し続けた。
Zanjon条約に約束された改革が幻想だったことが明らかになると、反乱軍と反乱軍を支援する米国の支持者たちは、独立戦争の新たなラウンドの準備を始めた。

1.6 1900年の大統領選挙
1900年の大統領選挙では連盟内で小規模な内紛が起きた。
とりわけ議論を呼んだのは、William Jennings Bryanを公認したことだった。
William Jennings Bryanは著名な反帝国主義者ではあったが、金本位制にも反対していたからだ。
連盟のリーダーたちの多くの支部は、金本位制を支持していたのだ。
StoreyおよびOswald Garrison Villardなどの少数のメンバーが、金本位制を推進し、帝国主義に反対する、新たな党を作ろうとした。

1.7 解散
アメリ反帝国主義連盟は反戦活動をしてきたものの、米国の第1次大戦参戦には反対しなかった(幾人かの個々人のメンバーは、戦争介入に反対した)
1920年までには、以前の力を失い、1920年11発27日に連盟は解散した。

2 著名なメンバー
チャールズ・フランシス・アダムズ: ジョンアダムズ大統領のひ孫で、ジョンクインシーアダムズ大統領の孫。
ジェーン・アダムズ : アメリカ自由人権協会(ACLU)の共同設立者の一人。1931年に、米女性として初めてノーベル平和賞を受賞する。
ジョージ・F・エドモンズ : バーモント州選出共和党上院議員
サミュエル・ゴンパーズ : 米国労働組合のリーダーで、米国の労働運動のキーとなる人物。
アメリカ労働総同盟(American Federation of Labor:AFL)を設立し、1886年から1894年までおよび1895年から1924年になくなるまで、会長を務めた。
ヘイゼン・S・ピングリー : デトロイト市で4期共和党で市長を務め(1889-1897)、ミシガン州の代24代州知事となる(1897-1901)。
ジョージ・バウトウェル : 米国の政治家で、弁護士で、マサチューセッツ生まれの政治家。
グラント大統領のときの財務長官、第20代マサチューセッツ州知事、マサチューセッツ州上院議員・下院議員、リンカーン大統領のときにアメリカ合衆国内国歳入庁(IRS)初代長官を勤める
モアフィールド・ストーリー : 全米黒人地位向上協会(National Association for the Advancement of Colored People, NAACP)を設立し初代会長に就任し1909年から1929年に亡くなるまで会長を務める。
アンドリュー・カーネギー : 実業家で実業界の有力者で博愛主義者・慈善家
グロバー・クリーブランド : 第22代及びぢ24代米国大統領
マーク・トウェイン : 作家
オズワルド・ギャリソン・ヴィラード : 彼の母Fanny Villardとともに市民権運動の活動家で、NAACPの創立者の一人


[2]
我々アメリカの99%は、アメリカ合衆国国内におけるアメリカ合衆国国民のための民主主義を、今すぐ要求する!

アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!

我々アメリカの99%には、もう一度、リーマンショック(サブプライムショック)が必要だ。
2008年のリーマンショック(サブプライムショック)のとき、我々アメリカの99%は、チェンジ、するチャンスがあった。
しかし、我々アメリカの99%は、そのチャンスを無駄にしてしまった。
もう一度のリーマンショック(サブプライムショック)は、アメリカが抱えるすべての問題を解決できる。

アメリカの株価は、今すぐ暴落しろ!
S&Pは、今すぐ、300になるべきだ! Dowは、今すぐ、$3,000になるべきだ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、金融を引き締める政策をしろ!
だから、今すぐアメリカ合衆国は、ドル高にしろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、内需を縮小しろ!
今すぐ、アメリカ合衆国バブル経済は、クラッシュしろ!
アメリカ合衆国の経済成長率は、日本およびドイツの経済成長率よりも、低くなるべきだ!



オキュパイ・ウォール・ストリート
我々には、”オキュパイ・ウォール・ストリート”が必要だ!

この数年間を考えると、
アメリカの株価(S&Pとダウ)が高いことは、我々のアメリカにとって、悪い影響しかなかった!



日経225(日経平均)は、今すぐ、15万円になるべきだ。
日本が、日本の消費税を上げたときには、消費税増税の効果を打ち消すために、日経平均は30万円になるべきだ!

今すぐ、日本およびドイツで、バブル経済起きろ!
日本およびドイツは、製造業からサービス業へシフトすべきだ。
日本およびドイツの経済は、製造業基盤からサービス業基盤へとシフトすべきだ。
日本およびドイツは、今すぐ、金融を緩和する政策をしろ。
日本およびドイツは、今すぐ、内需を拡大しろ!

日本およびドイツ株価は、今すぐ、現在の10倍になるべきだ!
日本およびドイツの社会は、競争社会になるべきだ。



アメリカ合衆国は、今すぐ、アメリカ合衆国国内で、国民公的皆保険を実現しろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、アメリカ合衆国国内だけで、アメリカ合衆国国民のためだけの、労働組合を、復活させろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、アメリカ合衆国国内だけで、アメリカ合衆国国民のためだけに、独占禁止法を復活させろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、アメリカ合衆国国内だけで、アメリカ合衆国国民の間だけで、貧富の差を縮小しろ!



アメリカ合衆国は、今すぐ、アメリカ合衆国国内で、アメリカ合衆国小型自動車工業とアメリカ合衆国小型自動車製造業を復活させろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、歴史上世界最大の債権国になれ!
アメリカ合衆国アメリカ合衆国自動車製造企業は、今すぐ、世界中の小型自動車市場を独占支配しろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、世界の工場になれ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、全世界を、アメリカ合衆国製の小型自動車で埋め尽くせ!
アメリカ合衆国は、1年当たり5兆ドルの貿易黒字と1年当たり5兆ドルの経常収支黒字を持て。



アメリカ合衆国は、今すぐ、モンロー主義になれ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、NATO・ヨーロッパ・日本・韓国・アジア・シンガポールアフガニスタンパキスタンから、アメリカ軍を引き上げろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、アメリカ合衆国が、現在かかわっている、全ての戦争から、アメリカ軍を引き上げろ!
アメリカ合衆国の軍事費を、1年当たり1000億ドルにまで、今すぐ、下げろ。
さもなくば、アメリカ合衆国の軍事費を、アメリカのGDPの1%まで、今すぐ、下げろ。
リメンバー・パ-ル・ハーバー!

アメリカ合衆国は、今すぐ、モンロー主義になれ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!
我々はアメリカ合衆国の99%だ!
私は、アメリカ合衆国の99%およびアメリカ合衆国が大好きだ!