IbrahimNcongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

アメリカ合衆国憲法修正第15条

アメリカ合衆国憲法修正第15条

[1-1]
[Wikipedia]
米国憲法修正第15条
https://en.wikipedia.org/wiki/Fifteenth_Amendment_to_the_United_States_Constitution
米国憲法修正第15条は、米国政府および各州の政府に対し、市民の投票する権利を、その人種・肌の色・奴隷であったという以前の状態、により否定することを、禁じたものである。
1870年2月3日に、れコンストラクション修正条の3つのうちの最後の1つとして署名された。

南北戦争の最後の数年間およびその後に続くリコンストラクションの時代、議会は、アフリカ系の元奴隷だった数百万人の方々の権利について繰り返し議論していた。
1869年2月26日に、選挙権改正のより広範なバージョンが却下された後に、議会は、”人種・肌の色・奴隷であったという以前の状態”により選挙権に制限を加えることを禁ずる、妥協した憲法改正条項を提案した。
19世紀後半の米国最高裁では、この修正15条を狭く解釈していた。
1890年から1910年にかけて、南部諸州は州の憲法を採用し立法し、有権者有権者として登録するのを妨害する障壁を作り出した。
この結果アフリカ系の方の大多数および貧しい白人の方は、人頭税および差別的な筆記テスト、その他の障壁などにより、選挙権を奪われた。
元々は、白人男性は”祖父条項 grandfather clauses”により例外とされていた。
白人のみの予備選挙制度および白人グループによる暴力的脅迫により、アフリカ系の方の参加は抑圧された。

20世紀には裁判所はこの修正条項を寄り広く解釈するようになり、1915年のGuinn v. United States裁判により祖父条項を無効とし、テキサス州予備選挙裁判(1927-1953)で白人予備選挙制度を、廃止した。
後に立法化されることになるが、連邦政府の選挙で人頭税を禁じた憲法修正第24条、
および、州において人頭税を禁じた1966年のハーパー対バージニア州占拠委員会裁判、
などとともに、
これらの決定により、アフリカ系の方の米国政治制度への参加が増大した。

この修正第15条を実行するために、議会は”Voting Rights Act of 1965”を立法した。
この”Voting Rights Act of 1965”は、「差別的な管轄における選挙を監視し、読み書きテストその他の似たような差別的手法をを有権者資格に課すことを禁じる権限」を、連邦政府に与えたものである。
そして、それら差別的選挙により影響を受けた人々を法的に救済する手段を作ったものである。

この修正第15条は、女性参政権運動に分裂をもたらした。というのも、この修正条項は、性別に基づき女性の選挙権を否定していることに関しては、禁止していなかったからである。

1. 本文
第1節. アメリカ合衆国市民の投票権は、人種、肌の色あるいは以前の隷属状態を理由に、アメリカ合衆国あるいは如何なる州によっても否定または制限されてはならない。
第2節. アメリカ合衆国議会はこの条項を然るべき法令によって強制する権限を有する。

2. 背景
南北戦争の最後の数年間およびその後に続くリコンストラクションの時代、議会は、
1863年奴隷解放宣言および1865年憲法修正第13条により自由となったアフリカ系の元奴隷だった数百万人の方々の権利について繰り返し議論していた。
1865年憲法修正第13条は公式に奴隷制度を廃止したものである。
しかし、憲法修正第13条が議会を通過したあと、民主党が優勢な南部諸州の代表が議会で増大することに、共和党は懸念を抱くようになった。
以前は妥協条項により、5分の3しかカウントされなかった奴隷の方々も、今では自由となられ、議会で議席数を各州に割り振るときに人口としてカウントされることになったから、
下院議員の選出は人口に基づいて定数が割り振られることもあり、
今や、南部諸州は劇的に力をつけていたのだ。
新たに選挙権を得たアフリカ系の方の投票をひきつけその権利を守ることで、共和党は、この、南部諸州が得たアドバンテージを相殺しようとした。

議会は、1865年に、後に「Civil Rights Act of 1866」となる法案を通過させた。
これは、「人種・肌の色・以前奴隷だったかどうか・以前非自発的な隷属状態にあったかどうか」に関係なく、市民権を保証するものであった。
同時にこの法律は、法律殻の平等な利益および平等なアクセスを保障しており、ブラックコードに対する直接的な攻撃となっていた。南北戦争後に南部諸州が多くのブラックコードを立法化したのである。
ブラックコードとは、移住を制限したり、長期の労働契約を強要したり、武器の所有を禁じたり、裁判所に訴えることを妨害したり、裁判所で証言することを妨害することで、以前奴隷だった方々を、以前のような状態に戻そうとするたくらみである。
この勝利にもかかわらず、Civil Rights Actの目標を支持した共和党員の中には、「議会が本当にこれらの目標を達成するための憲法的な力を得ることができるかどうか」 不安視するものもいた。
また、この勝利を経験したことにより、
「現在議会で多数派だ」という一時的な政治力に依存するよりも、
「黒人の方の権利を、憲法で保障しよう」と考える急進派共和党および穏健派共和党の双方を勇気付けることとなった。
2つの州にでは批准を無効にしようとするたくらみもあり、いろいろと苦闘したが、1868年7月28日に憲法修正第14条は批准された。

憲法修正第14条第2節は、米国市民である21歳以上の男子の選挙権が否定されることがあった場合、その州への下院議員割り振りの数を減少させることでその州を罰する。
しかしこの修正条項では厳しいペナルティを規定することができなかったため、今もって参政権を人種で差別することができるというシグナルを諸州に送ってしまっていた。
北部諸州では、一般に、南部諸州のようにアフリカ系の方に選挙権を付与することには否定的であった。
この修正条項が制定された年にアフリカ系の方に選挙権を認めた北部の州はたった8州だけであった。
南部では、多くの場所で、アフリカ系の方が投票できるようになったが、ただし、北軍が占領し介入している場所でだけであった。
”Territorial Suffrage Act in 1867”を制定することにより、議会は、それらの地域でアフリカ系の方が投票できるようにした。

4. 適用
4.2 リコンストラクション後
1890年から1910年まで、人頭税および読み書きテストが南部で制定された。これらによりアフリカ系の方の大部分の選挙権を奪った。
白人男性のみという制限をつけた予備選挙も、政治制度の中でアフリカ系男性の方の影響を減らすのに使われた。
例えばニューヨークのWilliam Bourke Cockranなどのように、民主党議員の中には、憲法修正第15条の廃止を主張する奴もいた。
20世紀には、裁判所は、憲法修正第15条を寄り幅広く解釈するようになった。

1915年のGuinn v. United States判決では、オクラホマ州の祖父条項を憲法違反だとして無効とする判決を出した。
この祖父条項では、白人に対する読み書きテストを免除していたのだが、それを差別的だと判断したのだ。

最高裁判所は、「白人中心予備選挙white primary system」の廃止に取り組んだ。この件に関するの一連の行動は後に「テキサス予備選挙裁判」と呼ばれる。
1927年のNixon v. Herndon裁判において、Nixonは、連邦市民権法を援用し、民主党予備選挙において人種に基づく差別をされたせいで選挙権を否定されたと訴えた。
最高裁判所は、Nixonの憲法修正第15条に関する訴えについては議論せずに、法の元の平等を保障した憲法修正第14条に基づいて、Nixonを勝訴とした。
その後、テキサス州は州法を直し、各政党の州の責任者が投票資格を設定できるとした。
そのときにも再びNixonは訴えた。
1932年のNixon v. Condon裁判では、最高裁判所は再び、憲法修正第14条に基づいて、Nixonを勝訴とした。

Nixonの裁判のあと、民主党の州の代表者会議は、予備選挙においては白人のみが投票できるというルールを作った。
1935年の Grovey v. Townsend裁判で、最高裁判所は全員一致でこのルールを合憲と判断した。
前述のNixonのケースの予備選挙で州が行ったものと、今回の民間団体が行ったものは異なる、という判決を出したのだ。

しかし、1941年のUnited States v. Classic 裁判では、予備選挙は選挙の過程において本質的な部分であるとの判決を出した。
これは1935年の Groveyの判決の正当性を失わせるものであった。

1941年のClassicの判決に基づいて、1944年のSmith v. Allwrightの判決では、Groveyの判決を破棄した。
予備選挙において非白人の投票を否定することは、憲法修正第15条に違反するという判決となったのだ。

テキサス予備選挙に関する最後の裁判である1953年のTerry v. Adams 判決では、
民主党政治家および民主党公務員のアシストを受けた白人だけの予備選挙を行っている、私的結社のグループが、原告のアフリカ系の方にダメージを与えた」と認定したのだ。
白人だけの予備選挙を行う私的結社による予備選挙が、修正第15条違反と認めたのだ。

最高裁判所は、憲法修正第15条を用い、 1960年のGomillion v. Lightfoot判決で、ゲリマンダーも無効とした。
アラバマ州タスキーギ市で、アラバマ州がアフリカ系の方が大半のエリアを排除し市の境界を作ったことが、人種に基づく差別だと認められた。

憲法修正第15条の司法的執行により、祖父条項・白人予備選挙・その他の差別的戦術が廃止されて以降、
南部のアフリカ系の方の投票人登録は徐々に増え、1940年の5%から1960年には28%となった。

憲法修正第15条は人頭税を否定しているとは解釈されてはいないが、1962年に憲法修正第24条が制定され、連邦政府の選挙において人頭税が禁止された。
そして、1966年に最高裁判所が、Harper v. Virginia State Board of Elections裁判において、「人頭税憲法修正第14条の平等保護規定節に違反している」と言う判決を出した。

憲法修正第15条第2節にしたがって議会はその権限を活用し、Voting Rights Act of 1965を制定し、投票における更なる人種の平等を達成した。
Voting Rights Actの第4節および第5節は、州政府および地方自治体政府に対し、
選挙法およびその実施についての全ての変化を、選挙における人種差別の履歴の記述とともに、その法律の施行前に連邦政府へ提出し認可を取るように義務付けている。
これは、事前承認preclearanceと呼ばれる手続きである。

1976年までに、63%の南部のアフリカ系の方が選挙人登録をした。これは、南部の白人よりも5%低いだけであった。


[1-2]
[Wikipedia]
ブラックコード(黒人法令)
https://en.wikipedia.org/wiki/Black_Codes_(United_States)
1865年および1866年に南北戦争のあと米国南部諸州で通過したブラックコード(黒人法令)は、
アフリカ系米国人の自由を制限し、低賃金や借金を背負わせた労働経済状態で、働かせることを強制するものであった。
ブラックコード(黒人法令)は、南部白人のより大きな陰謀の一部をなすものである。
南部白人は、奴隷解放宣言により新たに自由となったアフリカ系米国人の奴隷の方(自由人)を抑圧しようとした。
ブラックコード(黒人法令)は、本質的に、これらの州での奴隷法令を置き換えたものっ立った。
南北戦争以前に奴隷制度が禁止されていた州でも、ブラックコード(黒人法令)が法令化されていた例がある。
北部の州でも、オハイオ州イリノイ州インディアナ州ミシガン州ニューヨーク州などでは、ブラックコードが法令化されていた。
自由になったアフリカ系の方が、これらの州に住む気を失わせるためだったり、あるいは、平等な権利があることを否定するためである。
ここで言う平等な権利とは、投票する権利・公教育を受ける権利・法の下の平等の権利、などである。
これら北部の州におけるブラックコードは、南北戦争終結奴隷制度が廃止されたときに廃止されたものもあった。
植民地時代から、植民地および州では、自由なアフリカ系の方を差別する法案を通過させていた。
南部では、これらの法律は一般には、”奴隷コード(奴隷法令)”に含まれていた。
その目的は、自由なアフリカ系の方が現在奴隷の方々に潜在的に影響を与えるわけだが(特に奴隷の方の反乱後)、その影響を減らそうとするものであった。
この法律で制限されたことには、「投票する(ノースカロライナでは1831年以前に解禁されたが)・武器を所有する・礼拝のために集まる・読み書きを習う、ことを禁じる」などが含まれた。
これらの法律の主要な目的は、奴隷制度の温存であった。
南北戦争後の最初の2年は、白人が優勢だった南部の議会では、以前の奴隷コードをモデルにしたブラックコードを法律として通過させた。
彼らは、奴隷制度が自由な労働システムに移行すると、労働運動および労働者をコントロールすることにとりわけ注力した。
奴隷解放宣言により解放奴隷の方々は自由になったものの、彼らの生活は、ブラックコードにより厳しく制限された。

1. 背景
1.1 ブラックコード(黒人法令)
南部の多くの州では、とりわけ1831年の暴動のあと、
自由になったアフリカ系の方には、憲法で保障された、集会の自由・武器を保有する権利・読み書きの権利・言論の自由を行使する権利・白人に対し裁判で不利な証言をする権利が、禁じられていた。



[2]
我々アメリカの99%は、アメリカ合衆国国内におけるアメリカ合衆国国民のための民主主義を、今すぐ要求する!

アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!

我々アメリカの99%には、もう一度、リーマンショック(サブプライムショック)が必要だ。
2008年のリーマンショック(サブプライムショック)のとき、我々アメリカの99%は、チェンジ、するチャンスがあった。
しかし、我々アメリカの99%は、そのチャンスを無駄にしてしまった。
もう一度のリーマンショック(サブプライムショック)は、アメリカが抱えるすべての問題を解決できる。

アメリカの株価は、今すぐ暴落しろ!
S&Pは、今すぐ、300になるべきだ! Dowは、今すぐ、$3,000になるべきだ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、金融を引き締める政策をしろ!
だから、今すぐアメリカ合衆国は、ドル高にしろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、内需を縮小しろ!
今すぐ、アメリカ合衆国バブル経済は、クラッシュしろ!
アメリカ合衆国の経済成長率は、日本およびドイツの経済成長率よりも、低くなるべきだ!



オキュパイ・ウォール・ストリート
我々には、”オキュパイ・ウォール・ストリート”が必要だ!

この数年間を考えると、
アメリカの株価(S&Pとダウ)が高いことは、我々のアメリカにとって、悪い影響しかなかった!



日経225(日経平均)は、今すぐ、15万円になるべきだ。
日本が、日本の消費税を上げたときには、消費税増税の効果を打ち消すために、日経平均は30万円になるべきだ!

今すぐ、日本およびドイツで、バブル経済起きろ!
日本およびドイツは、製造業からサービス業へシフトすべきだ。
日本およびドイツの経済は、製造業基盤からサービス業基盤へとシフトすべきだ。
日本およびドイツは、今すぐ、金融を緩和する政策をしろ。
日本およびドイツは、今すぐ、内需を拡大しろ!

日本およびドイツ株価は、今すぐ、現在の10倍になるべきだ!
日本およびドイツの社会は、競争社会になるべきだ。



アメリカ合衆国は、今すぐ、アメリカ合衆国国内で、国民公的皆保険を実現しろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、アメリカ合衆国国内だけで、アメリカ合衆国国民のためだけの、労働組合を、復活させろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、アメリカ合衆国国内だけで、アメリカ合衆国国民のためだけに、独占禁止法を復活させろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、アメリカ合衆国国内だけで、アメリカ合衆国国民の間だけで、貧富の差を縮小しろ!



アメリカ合衆国は、今すぐ、アメリカ合衆国国内で、アメリカ合衆国小型自動車工業とアメリカ合衆国小型自動車製造業を復活させろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、歴史上世界最大の債権国になれ!
アメリカ合衆国アメリカ合衆国自動車製造企業は、今すぐ、世界中の小型自動車市場を独占支配しろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、世界の工場になれ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、全世界を、アメリカ合衆国製の小型自動車で埋め尽くせ!
アメリカ合衆国は、1年当たり5兆ドルの貿易黒字と1年当たり5兆ドルの経常収支黒字を持て。



アメリカ合衆国は、今すぐ、モンロー主義になれ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、NATO・ヨーロッパ・日本・韓国・アジア・シンガポールアフガニスタンパキスタンから、アメリカ軍を引き上げろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、アメリカ合衆国が、現在かかわっている、全ての戦争から、アメリカ軍を引き上げろ!
アメリカ合衆国の軍事費を、1年当たり1000億ドルにまで、今すぐ、下げろ。
さもなくば、アメリカ合衆国の軍事費を、アメリカのGDPの1%まで、今すぐ、下げろ。
リメンバー・パ-ル・ハーバー!

アメリカ合衆国は、今すぐ、モンロー主義になれ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!
我々はアメリカ合衆国の99%だ!
私は、アメリカ合衆国の99%およびアメリカ合衆国が大好きだ!