IbrahimCongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

為替操作および通貨安競争は、嘘だ!

為替操作および通貨安競争は、嘘だ!



為替操作および通貨安競争は、嘘だ!
為替操作および通貨安競争は、アメリカ合衆国の国内問題だ!
為替操作および通貨安競争は、アメリカ合衆国の問題だ!

アメリカ合衆国は、アメリカ合衆国内需を縮小し、ドル高にしろ。
アメリカ合衆国には、強いドルが必要だ。

内需と為替の関係を理解すべきだ。


[1]
通貨の供給量が増えると、インフレが起きる。
カネの量が増え、モノが不足するからだ。

通貨の供給量が増大すると、モノの価値が上がるのだ。

[2]
次に、この現象を対外的に見てみよう。
ドルの供給量が増え、円の量が不変ならば、ドルの価値は下落する。


[3]
経済的観点からは、戦争は、公共事業と同じである。
だから、戦争や公共事業は、通貨の供給量を増やし、モノが不足する。

結果として、アメリカ合衆国が戦争をすると、ドルの価値が下がる。


[4]
そして、ここが最も重要な点である。

二つの国があったとき、
内需が大きいほうの国が貿易赤字となる。

そして、もう一方の、内需が小さいほうの国は、貿易黒字となる。

バブル経済は、その国の貿易赤字を増やす、なぜならモノの供給力が不足するからだ。


[5]
だから。
アメリカ合衆国モンロー主義となり、
アメリカ合衆国の軍事費を1年あたり100億ドルに減らし、
アメリカ合衆国の軍隊全てを全世界から引き上げるべきだ。

すると、アメリカ合衆国は貿易黒字となり、ドル高になる。