IbrahimNcongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

政治資金規正法

政治資金規正法


政治資金規正法


[1]
[ニューメキシコ州上院議員 Tom Udall]
June 18, 2013
Tom Udallは憲法修正による政治資金規正法改正を要求
https://www.tomudall.senate.gov/news/press-releases/udall-introduces-constitutional-amendment-on-campaign-finance-reform
憲法修正により市民や各州に政治を取り戻せる
上院議員 Tom Udallは、憲法修正を要求した。政治資金を規正するこの憲法修正により議会や市民や各州に政治を取り戻せるのだ。
この憲法改正により「Buckley v. Valeo」や「ロビイスト団体であるCitizens United 」のような、最高裁判所の危険な判決をひっくり返すことが可能となるのだ。
そして、この憲法改正により、政治資金に極秘のカネが空前の規模で大量に流れ込むことを制限することができるようになるのだ。
この憲法改正により、カネを集めたり使ったりすることを規制する権限が議会には与えられる。
例えば「スーパーパックといった、政治家とは無関係を装っている独立した団体が金を集めたり使ったりすること」を規制できるようになるのだ。
他方で、各州には、各州レベルで政治資金を規正する同等の権限を、各州に与えることになる。

Michael Bennet上院議員(民主党コロラド州)およびその他の共催者が Udall議員に加わり、この憲法改正を要求した。
ワシントンDCで Udall議員とともに演説したJon Tester上院議員 (民主党モンタナ州)も加わっている。
最高裁判所は、昔、政治資金規正制度を壊すために基礎固めをしていた。これについてはUdallおよびBennetの憲法修正案で特に言及されている。
1976年、最高裁判所は「Buckley v. Valeo」裁判で、”「政治家とは無関係で独立した団体がカネを大量に使って選挙活動をすること」を制限するのは、アメリカ合衆国憲法修正第1条言論の自由に反する”と言う判決を出した。
「基本的にカネと言論は同じものだ」という判決をしたのだ。
この欠陥だらけの判決に基づいて「 Citizens United v. FEC("ロビイスト団体Citizens United" 対 "連邦選挙委員会FEC" 裁判)」の2010年の判決、第558巻310号がなされた。
この2010年の判決では「企業は個人と同じ扱いで言論の自由が保障されるべきだ」と言う判決が出された。
それ以来、企業は無制限に選挙活動にお金を使えるようになり、しかもその多くはネガティブなキャンペーンに使われている。

ロビイスト団体Citizens United 」の裁判では、15の州-つまり全米の30%の州で-および400以上の市町村で、住民投票・決議・その他の方法により、議会に対し、「ロビイスト団体Citizens Unitedの判決をひっくり返せ」という抗議行動が起きた。
市民の憲法改正に対する強い支持が示されたのだ。

2012年の国会期間中にニューメキシコ上下両院は決議を出した。この決議では、議会に対し、「議会から各州に憲法修正案を送り、各州が批准するように促す」よう求めている。

2012年にコロラド州およびモンタナ州では、この憲法修正案を支持するイニシャティブを出した。70%以上の支持率であった。これは州の規模では初めての動きである。

「Democracy Corps」および「Public Campaign Action Fund」というオンブズマンのために 「Greenberg Quinlan Rosner Research」研究所が2012年に行った調査によると、
78%のアメリカ人が「現在では、政治キャンペーンや選挙に巨額のお金が使われすぎている。これらに寄付する金額や使う金額には合理的な上限値が設定されるべき」と答えている。

Udall-Bennetの憲法修正案に賛成したオリジナルメンバーは、
Harkin上院議員(民主党アイオワ州),Schumer上院議員(民主党ニューヨーク州),Shaheen 上院議員(民主党ニューハンプシャー州), Whitehouse (民主党ロードアイランド州), Tester (民主党モンタナ州), Boxer (民主党カリフォルニア州), Coons (民主党デラウェア州), King (独立系メイン州), Murphy (民主党コネチカット州), Wyden (民主党オレゴン州), Franken (民主党ミネソタ州), Klobuchar (民主党ミネソタ州), Mark Udall (民主党コロラド州).

憲法改正案:
連邦政府レベルの政治キャンペーンにおけるカネ集めおよびカネの使いの量を規制することにより、議会および各州を通じ、政治をアメリカ市民の手に取り戻す。
各州のレベルでも、政治資金を規正することを許可する
スーパーパックなどの政治家とは独立した組織が使うカネの量についても規制する


[Wikipedia]
Citizens United (組織)
https://en.wikipedia.org/wiki/Citizens_United_(organization)
「Citizens United」は、1988年に設立された保守系NPO団体。NPO団体は連邦法501条により定義されている。
2010年にこの団体は最高裁判所で「 Citizens United v. FEC("ロビイスト団体Citizens United" 対 "連邦選挙委員会FEC" 裁判)」として知られる裁判に勝訴した。
この裁判では、「企業や団体が連邦レベルの選挙においてカネを使うにあたり、その金遣いに制限を加える連邦法は憲法違反だ」とした判決が出た。


[Wikipedia]
Buckley v. Valeo
https://en.wikipedia.org/wiki/Buckley_v._Valeo
1976年の判決、第424巻1号Buckley v. Valeoの判決とは、最高裁判所の、政治資金に関する判決である。
判事の過半数が、「1971年の第608巻の政治資金規正法において、選挙資金に制限を設けることは憲法違反だ」と言う判決を支持した。
裁判官全員の意見としては(per curiam (by the Court) opinion)、「政治的コミュニケーションへの出費を制限することは表現の量を減少させることになるから、政治資金に上限額を儲けることは、憲法修正第1条の言論の自由に反する」と言う結論となった。


[Wikipedia]
Citizens United v. FEC
https://en.wikipedia.org/wiki/Citizens_United_v._FEC
「 Citizens United v. FEC("ロビイスト団体Citizens United" 対 "連邦選挙委員会FEC" 裁判)」の2010年の判決、第558巻310号
とは、アメリカ合衆国憲法・選挙資金規正法・会社法における深刻で重大な判決で、「組織による政治資金」に対する規制を扱った判決である。
2010年1月21日にアメリカ合衆国最高裁判所は、5対4の判決で、l
憲法修正第1条にある言論の自由に関する節は、"NPO営利団体労働組合・その他の組織による、政治家とは無関係で独立した政治コミュニケーションのための資金"を連邦政府が制限することを禁じている」
と言う判決を出した。


[2]
我々アメリカの99%は、アメリカ合衆国国内におけるアメリカ合衆国国民のための民主主義を、今すぐ要求する!

アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!

我々アメリカの99%には、もう一度、リーマンショック(サブプライムショック)が必要だ。
2008年のリーマンショック(サブプライムショック)のとき、我々アメリカの99%は、チェンジ、するチャンスがあった。
しかし、我々アメリカの99%は、そのチャンスを無駄にしてしまった。
もう一度のリーマンショック(サブプライムショック)は、アメリカが抱えるすべての問題を解決できる。

アメリカの株価は、今すぐ暴落しろ!
S&Pは、今すぐ、300になるべきだ! Dowは、今すぐ、$3,000になるべきだ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、金融を引き締める政策をしろ!
だから、今すぐアメリカ合衆国は、ドル高にしろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、内需を縮小しろ!
今すぐ、アメリカ合衆国バブル経済は、クラッシュしろ!
アメリカ合衆国の経済成長率は、日本およびドイツの経済成長率よりも、低くなるべきだ!



オキュパイ・ウォール・ストリート
我々には、”オキュパイ・ウォール・ストリート”が必要だ!

この数年間を考えると、
アメリカの株価(S&Pとダウ)が高いことは、我々のアメリカにとって、悪い影響しかなかった!



日経225(日経平均)は、今すぐ、15万円になるべきだ。
日本が、日本の消費税を上げたときには、消費税増税の効果を打ち消すために、日経平均は30万円になるべきだ!

今すぐ、日本およびドイツで、バブル経済起きろ!
日本およびドイツは、製造業からサービス業へシフトすべきだ。
日本およびドイツの経済は、製造業基盤からサービス業基盤へとシフトすべきだ。
日本およびドイツは、今すぐ、金融を緩和する政策をしろ。
日本およびドイツは、今すぐ、内需を拡大しろ!

日本およびドイツ株価は、今すぐ、現在の10倍になるべきだ!
日本およびドイツの社会は、競争社会になるべきだ。



アメリカ合衆国は、今すぐ、アメリカ合衆国国内で、国民公的皆保険を実現しろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、アメリカ合衆国国内だけで、アメリカ合衆国国民のためだけの、労働組合を、復活させろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、アメリカ合衆国国内だけで、アメリカ合衆国国民のためだけに、独占禁止法を復活させろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、アメリカ合衆国国内だけで、アメリカ合衆国国民の間だけで、貧富の差を縮小しろ!



アメリカ合衆国は、今すぐ、アメリカ合衆国国内で、アメリカ合衆国小型自動車工業とアメリカ合衆国小型自動車製造業を復活させろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、歴史上世界最大の債権国になれ!
アメリカ合衆国アメリカ合衆国自動車製造企業は、今すぐ、世界中の小型自動車市場を独占支配しろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、世界の工場になれ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、全世界を、アメリカ合衆国製の小型自動車で埋め尽くせ!
アメリカ合衆国は、1年当たり5兆ドルの貿易黒字と1年当たり5兆ドルの経常収支黒字を持て。



アメリカ合衆国は、今すぐ、モンロー主義になれ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、NATO・ヨーロッパ・日本・韓国・アジア・シンガポールアフガニスタンパキスタンから、アメリカ軍を引き上げろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、アメリカ合衆国が、現在かかわっている、全ての戦争から、アメリカ軍を引き上げろ!
アメリカ合衆国の軍事費を、1年当たり1000億ドルにまで、今すぐ、下げろ。
さもなくば、アメリカ合衆国の軍事費を、アメリカのGDPの1%まで、今すぐ、下げろ。
リメンバー・パ-ル・ハーバー!

アメリカ合衆国は、今すぐ、モンロー主義になれ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!
我々はアメリカ合衆国の99%だ!
私は、アメリカ合衆国の99%およびアメリカ合衆国が大好きだ!