IbrahimNcongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

日本の乳児死亡率238

No, the President Can't Attack Syria Without Approval From Congress
Op-ed by Derek Khanna
http://politix.topix.com/homepage/7781-no-the-president-cant-attack-syria-without-approval-from-congress
AP








[Human Events Powerful Conservative Voices]
Derek Khanna
Wednesday Sep 4, 2013 12:52 PM
Framers: No, Obama cannot attack Syria without Congress
http://humanevents.com/2013/09/04/framers-no-the-president-cannot-attack-syria-without-congress-say-so/
[This article first appeared at Politix.com.]

It's well known that the power to declare war is left with Congress in Article 1, Section 8 of America's constitution.
With that in mind, how can Obama unilaterally attack Syria without congressional approval?
The answer is, he can't, not without an imminent threat to the US, and that becomes especially clear when you look at what America's founders had to say about war powers.
Washington, Madison, Jefferson, Adams, and Hamilton all agreed that the power to declare war belongs absolutely to Congress, and not to presidents.

In the wake of Assad's alleged use of chemical weapons in Syria, it has been reported that the White House was planning on responding with military force without congressional approval.
But as congressional opposition began to mount, and a vote in the UK failed, then President Obama ultimately decided to involve Congress in the decision.
All the while, the White House and Secretary of State John Kerry have maintained that the president has the authority to use force with or without the approval of Congress, and even if Congress were to vote down approval.
(This is in significant contrast to in the UK where once the parliament voted down military action the Prime Minister acknowledged that he could not act.)

In the arena of war powers, Congress's constitutional role is not merely one of oversight.
*** The US cannot initiate a war without affirmative action from Congress, other than in exigent circumstances that may require immediate action (if the US is attacked).
Congress is not fulfilling its constitutionally-appointed role if it merely assumes an oversight position, with a select few Congress members being informed of ongoing military activities either through statute or through informal practices.
Failure to act is itself the equivalent of a constitutionally enabled congressional "veto." As explained by Alexander Hamilton, a strong Federalist:


The plain meaning [of the power to declare war] is, that it is the peculiar and exclusive province of Congress, when the nation is at peace to change that state into a state of war;
whether from calculations of policy, or from provocations, or injuries received: in other words, it belongs to Congress only, to go to War.


Ultimately, the power to declare war is left with Congress in Article 1, Section 8. Additionally,
Congress has the power of the purse, granting Congress the authority to continue or suspend military actions through funding decisions.
Congress can effectively end a war by eliminating federal funding for such hostilities.

Post-founding statements and practices provide clearer evidence in support of the view that congressional authorization is constitutionally required for some uses of force.
When the United States faced attacks from Native Americans along the western frontier,
President Washington consistently denied that he had the power to engage in offensive military actions in the absence of congressional authorization:


The Constitution vests the power of declaring war with Congress; therefore no offensive expedition of importance can be undertaken until after they have deliberated on the subject, and authorized such a measure.


President John Adams explained a similar attitude towards presidential war power with respect to the undeclared war with France in 1798.
President Thomas Jefferson took a similar view, at least in his public statements, with respect to attacks by the Barbary Pirates in 1801-1802.

James Madison took the same stance and gave a compelling reason why the constitution is framed that way.
The president should not be in charge of war powers, he wrote to Jefferson in 1798, because "the Executive is the branch of power most interested in war, and most prone to it.
It has accordingly with studied care vested the question of war to the Legislature.
" Jefferson concurred: the legislature will keep a tighter leash on the "dog of war" than will the executive branch, and so only the legislature was granted "the power of letting him."

But over the course of the twentieth century, presidents abandoned this historical and constitutional restraint.
The Korean War and Vietnam War, in particular, demonstrated that the executive branch appeared to have usurped the authority to start war without congressional involvement.

In 1973, in the aftermath of Vietnam, Congress passed the War Powers Resolution, overriding President Nixon's veto.
The resolution was intended to "fulfill the intent of the framers of the Constitution of the United States and insure that the collective judgment of both the Congress and the president will apply to the introduction of United States Armed Forces into hostilities.
" While the Constitution establishes a number of powers that are clearly enumerated to Congress in the realm of foreign affairs and defense, today, as a result of Congress's abdication of responsibility,
the War Powers Resolution (WPR) remains one of the few tools that Congress has to limit presidential war-making powers.
(However, it should be noted that many, particularly on the right, dispute the WPR's constitutionality).

Despite the enactment of the WPR, presidents since Nixon have undertaken a large number of military actions without congressional approval.
These include military deployments in the bombing of Libya in 1986, the conflict in Panama in 1989, the deployment into Somalia in 1992,
the deployment into Bosnia in 1995, deployments into Serbia in 1999, and attacking Libya in 2011.

Often the president has claimed constitutional authority and bypassed the WPR by asserting that "limited operations" do not require congressional authorization.
In the case of Libya, the definition of limited operations was stretched to a potentially unprecedented level of activity.
The White House claimed that a sustained air campaign to destroy various military targets, enforcement of a no-fly zone and a no-drive zone, and clandestine assistance on the ground were not a "war" in "the Constitutional sense."
According to State Department Legal Advisor Harold Koh in his testimony before the Senate Foreign Relations Committee, the Libya operation did not constitute the kind of "hostilities" envisioned by the WPR because:

1) "The mission is limited"

2) "The exposure of our armed forces is limited"

3) "The risk of escalation is limited"

4) "The military means we are using are limited."


Harold Koh's reading of the WPR appears to be based upon the premise that the WPR was designed to protect against large numbers of armed service members being deployed in ground combat in another country, as in Vietnam.
The WPR makes no such distinction: rather it is designed to prevent unlawful and unconstitutional wars, not merely to protect armed service members from ground combat.

Thankfully, there's another more powerful mechanism protecting armed service members from unnecessary ground combat: public opinion.
Whenever members of our armed services get deployed abroad, all Americans worry for their safety, and if the armed service members are deployed for little or no reason relevant to US national security and placed in danger, then the American public can and has placed pressure to pull out of that conflict.
The American people generally grow war weary of such conflicts.

However, there are ways that a war without boots on the ground is more dangerous than one involving ground combat (while safer for the service members). Such a war can stay out of sight and out of mind because our sons and daughters are not deployed in a war zone.
Such 'invisible' wars can go on for decades without the American people having the same revulsion as they would for a war in which our service members are deployed. Invisible wars may be no less costly to civilians on the ground on the other side of the conflict, and just as dangerous in terms of potential blow-back for America.
Modern cruise-missiles and strategic bombing have allowed for much of this "invisible war," and now cyber weapons and drone strikes are taking this to a whole new level.

In a soon-to-be-real world in which drones are sophisticated and omnipresent in the battlefield, would many forms of 'future war' be beyond the War Powers Resolution's reach?
By the Obama administration's Office of Legal Counsel interpretation, cyber-attacks would almost definitely be considered a limited military action based upon the "nature, scope and duration" of the use of force (and according to reports they may be part of an attack against Syria).

Our country has steadily made the process of going to war much easier for the executive branch by transitioning to a volunteer army, maintaining base deployments around the world, and investing in a military that is many orders of magnitude superior to every other military in the world.
Cyber weapons may continue to make the prospect of war that much easier.

None of these changes making war easier for presidents are specifically targeted by the WPR, but that shouldn't matter.
The resolution was designed for much more than ensuring that combat troops are not deployed abroad: it was designed to make war a difficult decision that had to be explained to the American people and a decision that required the approval of their representatives through Congress.

The constitution was written for the ages, and Congress has an affirmative duty to ensure that its system of checks and balances is not negated by the passage of time and new technologies.
Congress must actively assert itself because the courts are often unable to enforce the institutional checks and balances between the branches.
If Congress fails to actively asserting its prerogative in this arena, it is complicit in the president's actions to usurp its constitutional role. (For more on Congress's failure, see my previous brief).

Our Founding Fathers were especially fearful of a Commander in Chief with unlimited war-making power, which is why our system of checks and balances between the legislature and executive requires a congressional role in foreign affairs and decisions relating to war.
Perpetual war was known to be an existential threat to liberty. For these reasons the critical instruments of war-making power were placed in the hands of Congress - principally through the power of the purse and the power to declare war.


The constitution vests the power of declaring war in Congress; therefore no offensive expedition of importance can be undertaken until after they shall have deliberated upon the subject and authorized such a measure (President Washington, 1793).


*** Perhaps the best source to understand the Congressional role in war-power vis-a-vis the President can be found in the Pacificus-Helvidius debates of Alexander Hamilton against James Madison.
While debating the Constitutionality of President Washington's decision to issue a statement of neutrality in regard to ongoing hostilities between France and Britain, these two founders provide significant depth to understanding what was meant by the Constitutional text.
While the founders clearly didn't agree, Alexander Hamilton was the federalist in favor of the most executive power, for that reason quotations by him were chosen above. To even among the most federalist oriented of our founding fathers,
Congress's role in war-making was much more significant than mere oversight of the executive. These debates can be found here.



[1]
最近のガキはゆとりで非常識で知らないのかwww
昔から「血が近いと・近親相姦し続けると、精神障害者身体障害者が生まれる」って言われていて。
昔から「血が近いと腐る」って言われていて。

つまり、王家やテンノーのほうが、障害者多いんだけどwww

オマエラ日本人のルールで行くと、お前らが処刑される確率はかなり高いだろwww
オマエラ日本人のルールで行くと、王家より先にオマエらが処刑されるんだろ?www
オマエラ日本人の選民思想を持った貴族かぶれのナチやろうの日本人どもが作ったルールによると、
オマエラ日本人およびドイツ人がまず真っ先に処刑されるだろwww

まあ、地球は平和になるなwww
革命が達成されちゃうなwww

[ヘモフィリアステーション]
http://www.hemophilia-st.jp/about/materials/
血友病の歴史
近世ヨーロッパでは、1853年に英国のビクトリア女王の第8王子として出生したレオポルドが血友病であり、王女2人が血友病保因者であったことから、
その王女が嫁いだヨーロッパ各王家(プロシア、スペイン、ロシア)に血友病が伝わりました。
このため血友病はRoyal diseaseとも呼ばれていました。


[1]
「進化論を分かっていないとキリスト教原理主義者だ」とアメリカ人を侮辱したのが君達日本人
ところで、
1.マルチンルーサーキングはおそらくバプティスト教会。キリスト教徒なのは事実。地方分権で住民自治の教会に絶対にいたはず。
2.進化論を否定したのはローマ法王
3.進化論自体はまだ証明されておらず学者でも意見が割れている
4.進化論よりも遺伝の法則。メンデルの法則の方がより証明されている
5.君の人生は高々100年だが、その間に進化を見ることはない。しかしその間に4階ぐらいは遺伝の影響を見られる。白髪になるかハゲるかなど。

遺伝の法則を知らないほうがよほどまずいと思う。
あ、それから、遺伝の用語、英語ではDominantだぞ。元の言語に対し、日本語を当てるわけだが、日本語訳からしておかしい。日本人はそもそもおかしい。メイジ時代あたりに作ったからこうなるんだろうなwww



[1]
欧米っていうが、米は関係ないぞ。
アメリカを一々巻き込むな。
ナチを倒せたのは自然権思想であり、
自然権を人類史上最初に訴えたのは自然権を最初に定義したのは「アメリカ合衆国バージニア憲章(1776年)」「アメリカ合衆国憲法(1776年)」だ。

自然権日本国憲法にもある、根源的原理だ。日本の憲法学者があがめる「アシベ」がそういっている。
「人権は創造主により与えられたもので不可侵」と言うのが自然権
人権の侵害は自然権の侵害で、したがって実はこれは日本国憲法にすら違反している 違法行為。



[1]
[Wikipedia]
United States Declaration of Independence
https://en.wikipedia.org/wiki/United_States_Declaration_of_Independence
calling on colonies without a "government sufficient to the exigencies of their affairs" to adopt new governments.
Annotated text of the engrossed Declaration
Preamble
Outlines a general philosophy of government that justifies revolution when government harms natural rights.


[1]
立憲主義」とか「護憲派」とか言いながら、アメリカ合衆国憲法について一切議論しないのはおかしい
そもそも歴史的経緯を考えると、日本に「立憲主義」とか「護憲派」を教えたのはアメリカ合衆国だろうがwww


[1]
ヒロヒトはナチと同盟を結んだ悪魔だ!
日本は従軍慰安婦問題について謝罪および賠償をしろ!
日本は第2次大戦について賠償をしろ!

現在の日本およびドイツを見ると「第2次大戦について徹底的に糾弾し賠償を負わせるべきだった」という結論になる。
日本およびドイツは悪の帝国だ!
1945年に日本およびドイツを完全に滅ぼしておくべきだったんだよ。


[1]
日本にもっと移民を受け入れよう!日本にもっと外国人労働者さんを受け入れよう!
怖いの?wwwなんで?www
何でオマエラ日本人は選民思想持ってるわけ?www
オマエラ日本人は移民や外国人労働者さんに簡単に仕事奪われて駆除されそうだから?wwwだからオマエラ日本人は選民思想持っているわけ?www
日本にもっと移民や外国人労働者さんを受け入れれば解決するだろ?www


[1]
何でオマエラ日本人は外〇種排除して喜んでんの?www
「自然界は競争社会」ってオマエラ日本人が言って喜んでたじゃん?www
オマエラ日本人が言う・オマエラ日本人が喜んで推進した「自然界の競争の結果」オマエラ日本人が消えるわけだろwww
オマエラ日本人は受け入れないとだめだろwww

受け入れないのなら、オマエラ日本人こそがナチだろwww


[1]
オマエラ日本人の主張によると、テンノーってリベラルなんだろ?www
テンノーは日本で移民を排斥している?排斥していない?どっち?
テンノーは日本で外国人労働者さんを排斥している?排斥していない?どっち?
オマエラ日本人の定義では、共○罪で逮○されるのは君たちだろうwww

日本にもっと移民を受け入れよう!日本にもっと外国人労働者さんを受け入れよう!
テンノーは、オマエラ日本人の味方するよりは、リベラルづらをして、”世界がお友達のふり”をすると思うけどwww
じゃあ、バイバイ。 俺やアメリカ合衆国の99%を巻き込むなよ。 俺やアメリカ合衆国の99%は、関係ないだろ。
あ、俺はそもそもテンノー制度に反対だ。テンノー制度はそもそも身分制度や貴族かぶれを正当化することで、人権を否定しているからだ。


[1]
ハーバードに行っても、憲法1条も知らないのかwww
ロースクールに行っても憲法第1条すら知らないのかwww

やはり「現在のハーバード」ってバカなんだなwww

東大ってハーバードよりバカなんだろ?自分たちでそういっていたじゃんwで、イヴァンカよりヒラリーのほうが馬鹿なわけ?すると、

イヴァンカ >> ハーバード >> 東大

日本の大学ってものすごいバカなんですねww日本では、大学行くよりモデルを目指そう!
日本の大学をもっとバカ大学にしよう!日本の大学はもっとAO入試を増やそう!

東大がハーバードよりダメなのは、留学生の比率が低いからだろ?www教員も日本人の比率が高いから、だろ?www
東大は、もっと外国人の教授を増やし留学生を増やせよ。東大は、アジアからの留学生の数少ないじゃん。
そもそも俺は「東大」も「現在のハーバード」も嫌いだし不要だと思ってるけど

教授・センコーや生徒を、全部外国の人にすれば、レベルは上がるじゃん!www
東大は、もっと外国人の教授を増やし留学生を増やせよ。東大は、アジアからの留学生の数少ないじゃん。

グローバリゼーションと国際競争の時代だそうですしwww

東大が威張っているのは、ハーバードに行った奴が多いからなんだろ?www



[1]
Black Lives Matter!



[1]
「君達の方が英語が出来て」、「君達の方がアメリカに行ったことがあって」、「君達の方がアメリカに詳しい」と
俺みたいなのを焦らせることで、
俺みたいなのををネトウヨナショナリズムに誘導しようとしたのが
君達クソゴミカス日本人どもなんだからwww

君達日本人は、現状は失敗しつつあるだろ。じゃあダメだろうwww
オマエラ無能www。クビwww

君達が無能でクズでカスでごミなゴクツブシな結果、またもや、勝てないからルールを変えようとしているわけですよねぇwww

日本およびドイツを1945年に滅ぼしておくべきだったんだよ。
何で日本人が選民思想を持っているんだろう



[1]
右も左も権力握ろうとして都合のよくないことから目を背けている!
明治維新で作られたもの
1.産めよ増やせよ
2.標準語
3.徴兵制・義務教育
4.火葬場 www
www
リアルに、マトリックスな世界作ってるよな!お前ら日本人って!www
パルパティーンマトリックスが実在するとは思わなかった!www俺もお坊ちゃまの間抜けだったwww

増やし方育て方からゴミの捨て方まで指定しているぜwww


[1]
メキシコの正式名称はUnited Mexican States。

メキシコでは上院は州を代表するものであり各州2名ずつ。
メキシコでは条約承認は上院の権能。

ヨーロッパや神聖ローマ帝国から独立したときにアメリカ合衆国のようになりたいと考え政治制度も真似たのだと思う。
ナポレオン3世神聖ローマ帝国皇帝の弟をメキシコ皇帝につけた。


http://www.senat.fr/senatsdumonde/english/mexique.html
THE SENATE OF MEXICO
I - COMPOSITION
B - SUPERVISORY POWERS
1) The Senate can set up commissions of inquiry.
2) Approval of treaties and diplomatic conventions (see V below).
EXCLUSIVE POWERS OF THE SENATE
The Senate is exclusively competent to:
Debate foreign policy on the basis of annual reports by the President of the Republic and the Minister of Foreign Relations;
approve international treaties and diplomatic conventions;

Senate of the Republic (Mexico)
https://en.wikipedia.org/wiki/Senate_of_the_Republic_(Mexico)#Functions
Two for each of the 32 states elected under the principle of relative majority;

メキシコの正式名称は、メキシコ合衆国
地方分権で州に権限がある。

「歴史が~」とか「名家が~」といいつつ、君達日本人は人の国の歴史を知らないし学ぼうともしないわけだ。
あげくに、自分達のカネ儲けのために悪用するわけだ。

俺はアメリカ人になりたい。


[1]
アメリカを悪用するのをやめろ。
アメリカは植民地ではない。アメリカは世界で最初に人権や自然権を訴えた国だ。アメリカはヨーロッパから独立した。

アメリカに戦争をさせようとするな。アメリカに軍事費を使わせようとするな。それらを悪用した結果、アメリカに自動車を売りつけようとするな。

お前らがアメリカを搾取し植民地にしているだけだ。
植民地の定義を言ってみろ。
1.原材料を供出させられる。2.製品を買わされる。3.通貨が安い。4.市場を開放させられる。
アメリカは植民地にされている!アメリカ合衆国独立戦争を再び挑むのだ!


[1]
またお前ら日本人は、定義を変えデマを流す。
二国間協定がFTA(自由貿易協定)とは限らないだろ。
お前ら日本は、「二国間だと二国間で圧力かけられるから、それから逃げようとして他国を巻き込んでいる」んだろ。
つまり、「二国間協定は自由貿易ではない」と認めているじゃないか

どうしてお前ら日本人ってそうクズなの。
1945年に日本およびドイツを完全に滅ぼしておくべきだったんだよ。
君達日本との条約や協定や約束事は無駄だと君達日本人自身が示しているだろ。

いちいち一から十まで、お前たち日本の汚い嘘を、俺がチェックして指摘しないといけないのか?
「嘘をつく悪党を〇せ」と言ったのは君達日本なんだけど。
国連軍はまず日本を空爆しないといけないな。

朝から晩までオマエラ日本人って陰謀をめぐらせているよな。
オマエラ日本人ってそう言うことにエネルギー使うんだよな。
お前ら日本がなくなった方が世界は今より”まし”になると思う。

自動車発明したのは日本人じゃないし機関車発明したのは日本人じゃないし電車発明したのも日本人じゃないし。
なんでだかよくわかるよなwww

[1]
ナチを倒したのは自然権思想。人権が最上位にあるという考え。
自然権アメリカ合衆国が人類で最初に唱えた。1776年のバージニア憲章およびアメリカ合衆国憲法
これは民主主義の根幹的概念で、地方分権・権力分散・住民自治により達成される。

ナチを産んだのは中央集権・権力集中・一極集中。
したがってテンノー制度やトキョー一極集中の方がまずいんだけど。

それから、アジアにアメリカがなぜ介入しなくてはいけないのだ?
突き詰めると「人権問題や民主主義」?

ところで米軍ではアファーマティブアクションを採用している。

「カイより始めよ」と日本でも言うんだろ?www
なら、同盟国がレイシストでは示しがつかんから、まず米軍は日本を空爆するところからはじめるなwww

米国はモンロー主義になり、米国の軍事費を減らし、米軍を全世界から引き上げる。



[1]
つまり、日本国憲法自然権により定義されていることになる。

ところで、マルクスゲバラレーニン自然権を否定したかな?してないと思うけど。

マルクスゲバラレーニン自然権を否定しているなら、マルクスゲバラレーニン日本国憲法も否定していることになる。
マルクスゲバラレーニン自然権を否定していないなら、マルクスゲバラレーニンはジョージワシントンやリンカーンを否定していないことになる。

アメリカ合衆国は関係ないから。俺やアメリカ合衆国の99%を巻き込むなよ。



[1]
つまり、日本国憲法自然権により定義されていることになる。

ところでもちろん日本国憲法はナチを否定しているんだよな?
日本国憲法がナチを否定していないなら、それは重大な問題だと思う。日本の国際社会に対する裏切りだ。
日本国憲法がナチを否定しているなら、自然権こそがナチを倒したことになる。そして自然権を最初に定義したのはアメリカ合衆国だ。



[1]
君達日本が「他国窮乏化政策はいけない」と言ったの。

ところで、お前らなんで内需を縮小し輸出を増大しようとしているんだよ!
オマエラ日本こそが「他国窮乏化政策」をやっているわけ。
TPPこそが「他国窮乏化政策」なわけ。

日本およびドイツを1945年に滅ぼしておくべきだったんだよ。
日本およびドイツは悪の帝国だ!

自由貿易にしろ手段にすぎないの。
目的の一つは、「他国窮乏化政策はいけない」、なの。
お前たち日本は悪の帝国だ。


[1]
日本にもっと移民を受け入れよう!日本にもっと外国人労働者さんを受け入れよう!
オマエラ日本人を首にし、移民の方や外国人労働者さんに日本に来ていただき、移民の方や外国人労働者さんの方に日本で働いていただいたほうが、生産性は良くなるじゃん!

「自分の能力もわきまえずに、身の程知らずの非常識な考えを持った」のが、誰だか、はっきりさせてやる、
感謝しろ。

ああ、もちろん。
「自分の能力もわきまえずに、身の程知らずの非常識な考えを持った」のは、オマエラ日本人だ。


[10]
私はアメリカ人になるのでアメリカ合衆国の99%を守る
だから、
日本は日本でもっと金融緩和をし、日本をバブル経済にし、日本の内需を拡大し、
日経平均を500万円にし、1ドル500円の円安ドル高にし、日経平均を500万円にし、
日本を競争社会にし、
日本を貿易赤字と経常収支赤字を持つ工業製品を輸入する債務国にしろ
結果として、円安ドル高になる
目安として、1ドル500円になるまで緩和しろ

今すぐ、日本は、日本でのみ、外国人労働者を完全自由化しろ。
今すぐ、日本を多民族国家にしろ。

日本は、今すぐ、日本の金融を緩和し、日本の内需を拡大し、
日本の自動車産業をつぶし、
日本を構造改革し、日本をサービス業・観光・金融で食べていく国にしろ
早く、日本に、ゼネコンや土建事業を復活させろ
日本に、ゼネコンや土建事業が足りないぞ

アメリカはモンロー主義になるのだ。
アメリカ軍を全世界から引き上げよう。

日本は今すぐ滅んだ方が良いのではないかといつも思う。