IbrahimNcongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

日本の乳児死亡率219

[1]
自由と平等は対立していない。デマを流すな。
"equally free"
That all men are by nature equally free and independent and have certain inherent rights


[Wikipedia]
Virginia Declaration of Rights
https://en.wikipedia.org/wiki/Virginia_Declaration_of_Rights
Contents[edit]
Articles 1–3 address the subject of rights and the relationship between government and the governed. Article 1 states that "all men are by nature equally free and independent, and have certain inherent rights of which . . . they cannot deprive or divest their posterity; namely, the enjoyment of life and liberty, with the means of acquiring and possessing property, and pursuing and obtaining happiness and safety," a statement later made internationally famous in the first paragraph of the U.S. Declaration of Independence, as "we hold these truths to be self-evident, that all men are created equal, and are endowed by their Creator with certain unalienable rights, that among these are Life, Liberty and the pursuit of Happiness."

Text
The following is the complete text of the Virginia Declaration of Rights:
A DECLARATION OF RIGHTS made by the representatives of the good people of Virginia, assembled in full and free convention which rights do pertain to them and their posterity, as the basis and foundation of government.

Section 1. That all men are by nature equally free and independent and have certain inherent rights, of which, when they enter into a state of society, they cannot, by any compact, deprive or divest their posterity; namely, the enjoyment of life and liberty, with the means of acquiring and possessing property, and pursuing and obtaining happiness and safety.


[Wikipedia]
バージニア権利章典
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%82%A2%E6%A8%A9%E5%88%A9%E7%AB%A0%E5%85%B8
内容[編集]
第1条から第3条は、政府と統治される者の間の権利と関係を主題としている。第1条は「すべて人は生来ひとしく自由かつ独立しており、一定の生来の...奪うことのできない権利を有する。すなわち、財産を所得所有し、幸福と安寧とを追求獲得する手段を伴って、生命と自由とを享受する[2]」権利としており、これは後にアメリカ独立宣言の第1節に取り入れられて国際的に有名となった。アメリカ独立宣言は「われわれは、自明の真理として、すべての人は平等に造られ、造物主によって、一定の奪いがたい天賦の権利を付与され、そのなかに生命、自由および幸福の追求の含まれることを信じる。[3]」としている。

本文[編集]
以下はバージニア権利章典の全文である。
第1条 全ての人は生まれながらにして等しく自由で独立しており、一定の生来の権利を有している。それらの権利は、人々が社会のある状態に加わったときに、いかなる盟約によっても、人々の子孫に与えないでおいたり、彼らから奪うことはできない。すなわち、財産を獲得して所有し、幸福と安全を追求し獲得する手段と共に生命と自由を享受する権利である。


[1]
「これをきちんと教えていないオマエラ日本や日本政府や日本のマスコミや日本の大学やカスミガセキ」が頭おかしい。

こういうときだけ訳語に「人民」を使うのもおかしい。

アメリカが最も赤くて左の国だろうが!
で、お前らはこの「権利」を否定しているわけ?www
ネトウヨが発狂しそうだよなwww

オマエラ日本が今すぐ滅んだ方が世界は今より「まし」になるといつも思う。

人権規定、権利の章典、Bill of Rightsについて君達は議論しないのかな?
「TED」とか「学級会で擬似討論」とか散々NHKでもやっていたけど、結論ありきのやらせなわけ?www


[1]
[Wikipedia]
権利章典 (アメリカ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%A9%E5%88%A9%E7%AB%A0%E5%85%B8_(%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB)
権利章典(けんりしょうてん、Bill of Rights)とは、アメリカ合衆国において、憲法中の人権保障規定のことをいう。州によっては統治機構とは区別して規定されている。
アメリカ合衆国憲法では、最初の修正条項である修正第1条(Amendment I)から修正第10条(Amendment X)がこれにあたる。
名前は1689年に制定された英国の「権利章典(Bill of Rights)」に由来する。
合衆国憲法修正第1条から修正第10条は、市民の基本的人権に関する規定であり、憲法制定直後の1789年第1回合衆国議会で提案され、1791年12月実施されたものである。


概要
修正第1条[編集]
(信教・言論・出版・集会の自由、請願権)

修正第2条
(人民の武装権)
規律ある民兵は、自由な国家の安全にとって必要であるから、人民が武器を保有し、また携帯する権利は、これを侵してはならない。米国憲法修正条項第2条(大礒正美氏による意訳)  連邦政府に対する潜在的抵抗権(自由権)を確保する必要から、正当に組織された義勇軍は禁止されてはならず、 (したがって)義勇兵となるべき邦(州)民が、自己の武器を保有し携帯する権利もまた、連邦政府によって侵害されてはならない。

修正第3条[編集]
(軍隊の舎営に対する制限)
平時においては、所有者の同意を得ない限り、何人の家屋にも兵士を舎営させてはならない。

修正第4条[編集]
(令状主義)
不合理な捜索および押収に対し、身体、家屋、書類および所有物の安全を保障されるという人民の権利は、これを侵してはならない。令状は、宣誓または確約によって裏付けられた相当な理由に基づいてのみ発行され、かつ捜索すべき場所、および逮捕すべき人、または押収すべき物件を特定して示したものでなければならない。

修正第5条
(大陪審の保障、二重の処罰の禁止、デュー・プロセス・オブ・ロー、財産権の保障)
何人も、刑事事件において自己に不利な証人となることを強制されることはなく、また法の適正な手続きによらずに、生命、自由または財産を奪われることはない。何人も、正当な補償なしに、私有財産を公共の用のために徴収されることはない。

修正第6条
陪審、迅速な公開の裁判その他刑事上の人権保障)
すべての刑事上の訴追において、被告人は、犯罪が行なわれた州、および事前に法律によって定められた地区の公平な陪審による迅速な公開の裁判を受け、かつ事件の性質と原因とについて告知を受ける権利を有する。
被告人は、自己に不利な証人との対質を求め、自己に有利な証人を得るために強制手続を取り、また自己の防禦(ぼうぎょ)のために弁護人の援助を受ける権利を有する。

修正第9条[編集]
(人民の権利に関する一般条項)
この憲法に一定の権利を列挙したことを根拠に、人民の保有する他の諸権利を否定し、または軽視したものと解釈してはならない。

修正第10条[編集]
(州または人民に留保された権限)
この憲法によって合衆国に委任されず、また州に対して禁止していない権限は、それぞれの州または人民に留保される。


United States Bill of Rights
https://en.wikipedia.org/wiki/United_States_Bill_of_Rights
First Amendment
Congress shall make no law respecting an establishment of religion, or prohibiting the free exercise thereof; or abridging the freedom of speech, or of the press; or the right of the people peaceably to assemble, and to petition the Government for a redress of grievances.[

Second Amendment
A well regulated Militia, being necessary to the security of a free State, the right of the people to keep and bear Arms, shall not be infringed.[92]

Third Amendment
No Soldier shall, in time of peace be quartered in any house, without the consent of the Owner, nor in time of war, but in a manner to be prescribed by law.[92

Fourth Amendment
The right of the people to be secure in their persons, houses, papers, and effects, against unreasonable searches and seizures, shall not be violated, and no Warrants shall issue, but upon probable cause, supported by Oath or affirmation, and particularly describing the place to be searched, and the persons or things to be seized.[92]

Fifth Amendment
No person shall be held to answer for a capital, or otherwise infamous crime, unless on a presentment or indictment of a Grand Jury, except in cases arising in the land or naval forces, or in the Militia, when in actual service in time of War or public danger; nor shall any person be subject for the same offence to be twice put in jeopardy of life or limb; nor shall be compelled in any criminal case to be a witness against himself, nor be deprived of life, liberty, or property, without due process of law; nor shall private property be taken for public use, without just compensation.[

Sixth Amendment
In all criminal prosecutions, the accused shall enjoy the right to a speedy and public trial, by an impartial jury of the State and district wherein the crime shall have been committed, which district shall have been previously ascertained by law, and to be informed of the nature and cause of the accusation; to be confronted with the witnesses against him; to have compulsory process for obtaining witnesses in his favor, and to have the Assistance of Counsel for his defence.[92]

Ninth Amendment
The enumeration in the Constitution, of certain rights, shall not be construed to deny or disparage others retained by the people.[92]

Tenth Amendment
The powers not delegated to the United States by the Constitution, nor prohibited by it to the States, are reserved to the States respectively, or to the people.[92]


[1]
憲法修正第2条の方が上にありオリジナル。
オリジナルの独立13州の規約にある。バージニア権利の章典にもある。
「各州は民兵を用意しておかなくてはならない」


[Wikipedia]
連合規約
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%A3%E5%90%88%E8%A6%8F%E7%B4%84
連合規約、正式には、連合および永遠の連合規約
アメリカ独立戦争において13植民地の相互友好同盟を定めた規約。連合の名称を「アメリカ合衆国(United States of America)」と定め、13邦を統括する連合会議の設置を定めた。アメリカ最初の連邦憲法とも呼ばれている。
この規約は16ヶ月に及ぶ討論の末、大陸会議において1777年11月15日に採択され、1781年3月1日にすべての邦の承認を得て発効した。
この規約は連合会議に外交、軍事、邦間の関係等にわたる権限を認めていたが、13邦はそれぞれ絶対的な主権を持っていた。

[Wikipedia]
Articles of Confederation
https://en.wikipedia.org/wiki/Articles_of_Confederation
The Articles of Confederation, formally the Articles of Confederation and Perpetual Union, was an agreement among all thirteen original states in the United States of America that served as its first constitution.
Its drafting by a committee appointed by the Second Continental Congress began on July 12, 1776, and an approved version was sent to the states for ratification in late 1777.

Article summaries
The Articles of Confederation contain a preamble, thirteen articles, a conclusion, and a signatory section.
The preamble declares that the states "agree to certain articles of Confederation and perpetual Union."
What follows here summarizes the purpose and content of each of the thirteen articles.

6.
No state or official may accept foreign gifts or titles, and granting any title of nobility is forbidden to all.
No state may wage war without permission of Congress, unless invaded or under imminent attack on the frontier;
no state may maintain a peacetime standing army or navy, unless infested by pirates,
but every State is required to keep ready, a well-trained, disciplined, and equipped militia, with sufficient public stores of field pieces, tents, arms, ammunition and camp equipage.


[1]
[Wikipedia]
バージニア権利章典
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%82%A2%E6%A8%A9%E5%88%A9%E7%AB%A0%E5%85%B8
1776年に起草された文書であり、「不相当な」政府に対する反逆の権利を含み、人間に本来備わっている自然権を宣言したものである。バージニア権利宣言(Virginia Declaration of Rights)とも呼ばれる。
この章典は後の多くの文書に影響を与えた。例えば、1776年のアメリカ独立宣言、1789年のアメリ権利章典、および1789年のフランス革命における人間と市民の権利の宣言があげられる。


[Wikipedia]
Virginia Declaration of Rights
https://en.wikipedia.org/wiki/Virginia_Declaration_of_Rights
Author(s) : George Mason (primary), Thomas Ludwell Lee
The Virginia Declaration of Rights is a document drafted in 1776 to proclaim the inherent rights of men, including the right to reform or abolish "inadequate" government.
It influenced a number of later documents, including the United States Declaration of Independence (1776), the United States Bill of Rights (1789), and the French Revolution's Declaration of the Rights of Man and of the Citizen (1789).

Drafting and adoption
The Declaration was adopted unanimously by the Fifth Virginia Convention at Williamsburg, Virginia on June 12, 1776 as a separate document from the Constitution of Virginia which was later adopted on June 29, 1776.
In 1830, the Declaration of Rights was incorporated within the Virginia State Constitution as Article I, but even before that Virginia's Declaration of Rights stated that it was '"the basis and foundation of government" in Virginia.
A slightly updated version may still be seen in Virginia's Constitution, making it legally in effect to this day.

Text
The following is the complete text of the Virginia Declaration of Rights:
Section 13. That a well-regulated militia, composed of the body of the people, trained to arms, is the proper, natural, and safe defense of a free state; that standing armies, in time of peace,
should be avoided as dangerous to liberty; and that in all cases the military should be under strict subordination to, and governed by, the civil power.


[1]
常備軍は自由に対する深刻な脅威であるからこれを保持することは禁ずる」とある。
「かわりに、市民がよく訓練され武装しているべき」とある
「いかなる場合も軍隊は市民の強力な管理下に置かれるべき」とある。


[1]
アメリカ合衆国にはミランダ憲章がある。
これは、これの本質は、 「君たちには公正な裁判を受ける権利が保障されている」ということだ。
ところでアメリカ合衆国の裁判は陪審員制度であり、アメリカ合衆国の99%が最終的に判断を下す。これが民主主義だ。 権力分散で地方分権で住民自治こそが民主主義。

日本人は、アメリカ合衆国で裁判受けてみようよwww
別に、日本人が裁判を受ける相手が、「中国人民裁判でも、ベトナム人民裁判でも、ソ連人民裁判でも、イスラム法廷でも」良いぞwww

オマエら日本人はいやがるだろ?俺は受けてたつぞ。オマエら日本人よりは「まし」な自信がある。

オマエラ日本人は、99%に裁かれるのが怖いのか?www
君達日本人こそ「独裁国家選民思想のナチやろう」だろ。

一応指摘しておくと、
アメリカ軍はアファーマティブアクションを採用している。
お前ら日本のせいで17年も戦争し続けているんだぞ
あれだけの兵隊をどこからつれてきたと思っているんだ?
もちろんアメリカは戦争をやめ軍事費を減らしモンロー主義になる。
アメリカの99%は、アメリカが軍事費多すぎると思っているし、アメリカが戦争しすぎだと思っているし、世界の警察なんてやりたくないから。

ただ、だから、アメリカ軍もお前ら日本人のこと嫌いだと思うぞwwww
それから、トランプ政権下でもアファーマティブアクションは採用されている。
そうでなかったら反乱起きるだろ。アホか。

わかったろ?お前等日本人はクズなんだよ。


[1]
[Wikipedia]
バージニア権利章典
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%82%A2%E6%A8%A9%E5%88%A9%E7%AB%A0%E5%85%B8
1776年に起草された文書であり、「不相当な」政府に対する反逆の権利を含み、人間に本来備わっている自然権を宣言したものである。
この章典は1776年6月12日のバージニア会議で全会一致で採択されたもの

本文[編集]
以下はバージニア権利章典の全文である。

第1条 全ての人は生まれながらにして等しく自由で独立しており、一定の生来の権利を有している。それらの権利は、人々が社会のある状態に加わったときに、いかなる盟約によっても、人々の子孫に与えないでおいたり、彼らから奪うことはできない。すなわち、財産を獲得して所有し、幸福と安全を追求し獲得する手段と共に生命と自由を享受する権利である。
第2条 あらゆる権力は人民に与えられそれ故に人民から得られる。行政官は人民の被信託者であり僕であって、常に人民に従うものである。
第3条 政府は人民、国家あるいは社会の共通の利益、保護および安全のために制度化されるものであり、あるいはされるべきである。様々な様式や形態の政府の中でも、最大限の幸福と安全を生み出すことができ、悪政の危険に対して最も効果的に防御されているのが最善である。いかなる政府もこれらの目的について不適切であるとか反していると認められたときには、公共の福祉に最も資すると判断される方法で、政府を改革し、置き換え、あるいは廃止する疑いも無く、不可分で剥奪できない権利を社会の多数派が持っている。
第4条 いかなる人も、あるいは人の集団も、公的な務めと考えられるものを除いて、社会から排他的あるいは別の報酬あるいは特権を付与されることはない。その公的な務めは子孫に伝えられるものではなく、行政官、議員あるいは判事の職は世襲されてはならない。
第5条 国家の立法権と行政権は司法権から分離され区別されるべきである。立法部と行政部の構成員は人民の負担を感じ取りそれに参加することで抑圧から抑えられるかもしれないので、一定期間私的な位置付けに下げ、元々所属していた団体に戻すべきであり、その空席は、繰り返され、一定で規則的な選挙で補充されるべきである。この選挙で前の構成員の全部あるいは一部が再び選出されるかあるいは不適とされるかは、法律によって示されるべきである。
第6条 議会で人民の代表として使える議員の選挙は自由であるべきである。社会に対して恒久的で共通の利害を持ち、さらにそれに執着するという十分な証拠を持っている人全ては選挙権を有し、彼ら自身の同意あるいは選ばれた議員の同意無しに、公共の用途のために課税しあるいはその財産を奪われることがあってはならない。また同様な考え方で公共の利益のために同意しないいかなる法律によっても束縛されるべきではない。
第7条 人民の代表の同意無しに権威者によって法を停止したり、あるいは執行したりするあらゆる権限は人民の権利に対して有害であり実行されるべきではない。
第8条 あらゆる死刑に値するあるいは刑事上の告発において、人は告発者や承認に対面してその告訴の原因や性質を請求する権利がある。自分に有利な証拠を要求し、近隣の公平な陪審員による迅速な裁判を受け、その陪審員の全員一致の同意無くして有罪とは認められず、自分に不利な証拠を提供することを強制されない権利がある。いかなる人もその土地の法あるいは同輩の判断による以外でその自由を奪われることはない。
第10条 一般逮捕状はそれによっていかなる役人もあるいは伝達人も、それが行われたという事実の証拠無くして容疑有る場所を捜索し、あるいはその犯罪が特に説明されず証拠によって支持されていない有る人または名前の無い人々を逮捕するよう指示されるかもしれないが、これは悲痛であり抑圧的なので認められるべきではない。
第11条 財産に関する論争および人と人の訴訟においては、陪審員による古来からある裁判が如何なる者にも好ましく、神聖なものとされるべきである。
第12条 言論出版の自由は自由の最大の防波堤であり、専制的な政府による場合以外では制限することはできない。
第13条 武器の訓練を受けた人民の集団からなる規律正しい民兵は、自由な国家の適度で、当然で安全な守りである。平時における常備軍は自由に対して危険なものとして避けるべきである。あらゆる場合に民兵文民の権力に厳格に従い支配されるべきである。
第15条 自由な政府あるいは自由の恩恵は、しっかりとした公正さ、中庸、質素および美徳への執着によって、および基本原理への繰り返し回帰によって以外、護りえない。


[1]
[Wikipedia]
Virginia Declaration of Rights
https://en.wikipedia.org/wiki/Virginia_Declaration_of_Rights
Text
The following is the complete text of the Virginia Declaration of Rights:
A DECLARATION OF RIGHTS made by the representatives of the good people of Virginia, assembled in full and free convention which rights do pertain to them and their posterity, as the basis and foundation of government.

Section 1. That all men are by nature equally free and independent and have certain inherent rights, of which, when they enter into a state of society, they cannot, by any compact, deprive or divest their posterity; namely, the enjoyment of life and liberty, with the means of acquiring and possessing property, and pursuing and obtaining happiness and safety.
Section 2. That all power is vested in, and consequently derived from, the people; that magistrates are their trustees and servants and at all times amenable to them.
Section 3. That government is, or ought to be, instituted for the common benefit, protection, and security of the people, nation, or community; of all the various modes and forms of government, that is best which is capable of producing the greatest degree of happiness and safety and is most effectually secured against the danger of maladministration. And that, when any government shall be found inadequate or contrary to these purposes, a majority of the community has an indubitable, inalienable, and indefeasible right to reform, alter, or abolish it, in such manner as shall be judged most conducive to the public weal.
Section 4. None of mankind is entitled to exclusive or separate emoluments or privileges from the community, but in consideration of public services; which, not being descendible, neither ought the offices of magistrate, legislator, or judge to be hereditary.
Section 5. That the legislative and executive powers of the state should be separate and distinct from the judiciary; and that the members of the two first may be restrained from oppression, by feeling and participating the burdens of the people, they should, at fixed periods, be reduced to a private station, return into that body from which they were originally taken, and the vacancies be supplied by frequent, certain, and regular elections, in which all, or any part, of the former members, to be again eligible, or ineligible, as the laws shall direct.
Section 6. That elections of members to serve as representatives of the people, in assembly ought to be free; and that all men, having sufficient evidence of permanent common interest with, and attachment to, the community, have the right of suffrage and cannot be taxed or deprived of their property for public uses without their own consent or that of their representatives so elected, nor bound by any law to which they have not, in like manner, assented for the public good.
Section 7. That all power of suspending laws, or the execution of laws, by any authority, without consent of the representatives of the people, is injurious to their rights and ought not to be exercised.
Section 8. That in all capital or criminal prosecutions a man has a right to demand the cause and nature of his accusation, to be confronted with the accusers and witnesses, to call for evidence in his favor, and to a speedy trial by an impartial jury of twelve men of his vicinage, without whose unanimous consent he cannot be found guilty; nor can he be compelled to give evidence against himself; that no man be deprived of his liberty except by the law of the land or the judgment of his peers.
Section 10. That general warrants, whereby an officer or messenger may be commanded to search suspected places without evidence of a fact committed, or to seize any person or persons not named, or whose offense is not particularly described and supported by evidence, are grievous and oppressive and ought not to be granted.
Section 11. That in controversies respecting property, and in suits between man and man, the ancient trial by jury is preferable to any other and ought to be held sacred.
Section 12. That the freedom of the press is one of the great bulwarks of liberty, and can never be restrained but by despotic governments.
Section 13. That a well-regulated militia, composed of the body of the people, trained to arms, is the proper, natural, and safe defense of a free state; that standing armies, in time of peace, should be avoided as dangerous to liberty; and that in all cases the military should be under strict subordination to, and governed by, the civil power.
Section 15. That no free government, or the blessings of liberty, can be preserved to any people but by a firm adherence to justice, moderation, temperance, frugality, and virtue and by frequent recurrence to fundamental principles.


[1]
これですらもオマエラ日本に都合よく歪曲して書かれているが。
で、さらにお前らが「この日本の学術会の大物の分かりやすいキャッチーな単語だけ捕らえて真似する」から混乱が加速するんだけどwww
「お受験の知識詰め込みの弊害」とはそういう意味だぞwww何も分かってないなwwwオマエラの言動こそが弊害の象徴なんだよwww

要点はここ
「それぞれの地方に根ざした固有の事物の分析に向かうようになる」
これはつまり、「地方分権で権力分散で住民自治ピューリタンアメリカ型」、と言う意味。
アメリカにはナチもスターリンもいなかっただろ。

[世界史用語解説]
ルネサンス
http://www.y-history.net/appendix/wh0902-001.html
ルネサンス観の変化
ルネサンス=近代」への懐疑  
第二次世界大戦後は、正統的な権威に対する批判的論述が現れた。
特にアドルノやミシェル=フーコーらが、ルネサンスを起源とする西欧的な個人主義や文明的な価値観が、ナチズムやスターリニズムを生み出してしまったという批判を深めたことに強く影響され、

「その結果、20世紀後半の思想家でルネサンスの文化的、哲学的成果を賞賛しようと考える人はほとんどいなくなった。それに代わって歴史学者たちは、それぞれの地方に根ざした固有の事物の分析に向かうようになるのである。」


「西欧的な個人主義」がいけないって言うのは、

これはつまり、「地方分権で権力分散で住民自治ピューリタンアメリカ型」を目指すという意味だぞ

「西欧=アメリカ」ではないぞ。


[1]
右も左も権力握ろうとして都合のよくないことから目を背けている!
明治維新で作られたもの
1.産めよ増やせよ
2.標準語
3.徴兵制・義務教育
4.火葬場 www
www
リアルに、マトリックスな世界作ってるよな!お前ら日本人って!www
パルパティーンマトリックスが実在するとは思わなかった!www俺もお坊ちゃまの間抜けだったwww

増やし方育て方からゴミの捨て方まで指定しているぜwww



[10]
私はアメリカ人になるのでアメリカ合衆国の99%を守る
だから、
日本は日本でもっと金融緩和をし、日本をバブル経済にし、日本の内需を拡大し、
日経平均を500万円にし、1ドル500円の円安ドル高にし、日経平均を500万円にし、
日本を軍拡し、日本を競争社会にし、
日本を貿易赤字と経常収支赤字を持つ工業製品を輸入する債務国にしろ
結果として、円安ドル高になる
目安として、1ドル500円になるまで緩和しろ

今すぐ、日本は、日本でのみ、外国人労働者を完全自由化しろ。
今すぐ、日本を多民族国家にしろ。

日本は、今すぐ、日本の金融を緩和し、日本の内需を拡大し、
日本を軍拡し、日本の自動車産業をつぶし、
日本を構造改革し、日本をサービス業・観光・金融で食べていく国にしろ
早く、日本に、ゼネコンや土建事業を復活させろ
日本に、ゼネコンや土建事業が足りないぞ

アメリカはモンロー主義になるのだ。
アメリカ軍を全世界から引き上げよう。

日本は今すぐ滅んだ方が良いのではないかといつも思う。