IbrahimNcongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

日本の乳児死亡率218

[1]
You are denying both Bill Clinton and George H.W. Bush.

[Arms Control Association]
Looking Back: The U.S.-Russian Uranium Deal: Results and Lessons
https://www.armscontrol.org/act/2013_12/Looking-Back_The-US-Russian-Uranium-Deal-Results-and-Lessons#bio
In February 1993, Russia and the United States signed an agreement on the disposition of highly enriched uranium (HEU) extracted from Russian nuclear weapons.[1]
The idea was received in the U.S. academic community with great enthusiasm and was supported by the Bush administration in view of the signing in July 1991 of the Soviet-U.S. Strategic Arms Reduction Treaty (START I), which mandated a reduction of the two countries’ nuclear weapons stockpiles by approximately 5,000 warheads apiece.[4]

[Wikipedia]
Bill Clinton
https://en.wikipedia.org/wiki/Bill_Clinton
42nd President of the United States
In office January 20, 1993 - January 20, 2001

[Wikipedia]
George H. W. Bush
https://en.wikipedia.org/wiki/George_H._W._Bush
41st President of the United States
In office January 20, 1989 - January 20, 1993


[1]
Of course, we American-99% do not need Nuclear-Power-Plants more.
We American-99% already have enough Nuclear-Power-Plants in our America.

But, both Bush and Clinton made Treaty with Russia in order to get more peace.

Wall-Street and American-Media are only henchmen of DOD and American-Militay-Industry.
American-Media and DOD are only henchmen of Wall-Street and American-Militay-Industry.

We are American-99%!
Fortunately, we American-99% have the 2nd-amendment!
Get up American-99%!
I love American-99% and the U.S.!


[1]
[Arms Control Association]
Looking Back: The U.S.-Russian Uranium Deal: Results and Lessons
https://www.armscontrol.org/act/2013_12/Looking-Back_The-US-Russian-Uranium-Deal-Results-and-Lessons#bio
In February 1993, Russia and the United States signed an agreement on the disposition of highly enriched uranium (HEU) extracted from Russian nuclear weapons.[1]
Under the terms of the deal, Russia undertook to down-blend 500 tons[2] of HEU, enough to build 20,000 nuclear warheads, over a 20-year period.
The two sides agreed that the resulting low-enriched uranium (LEU) would be used as fuel by nuclear power plants in the United States, hence the informal name of the program, “Megatons to Megawatts.”

In January 1994, Russia’s Techsnab-export (Tenex) and the United States Enrichment Corporation (USEC), the state-run companies authorized by their respective governments to implement the deal, signed the contract.
In the U.S. case, that meant that USEC was a supplier of enriched uranium to private utilities.
According to assessments made at the time, the value of the entire program was expected to reach about $12 billion.

Background
The idea of down-blending excess stockpiles of weapons HEU and using the resulting LEU as fuel for nuclear power plants was first proposed in 1991 by Thomas Neff, a senior researcher at the Massachusetts Institute of Technology's Center for International Studies.[3]
The idea was received in the U.S. academic community with great enthusiasm and was supported by the Bush administration in view of the signing in July 1991 of the Soviet-U.S. Strategic Arms Reduction Treaty (START I), which mandated a reduction of the two countries’ nuclear weapons stockpiles by approximately 5,000 warheads apiece.[4]

Given the difficult economic situation in the Soviet Union at the time, Moscow expressed interest in Neff’s proposal, which opened up the prospect of billions of U.S. dollars in hard currency earnings being generated as a by-product of implementing START I.

The HEU-LEU agreement differed in an important way from the 1992 Agreement on the Safe and Secure Transportation, Storage and Destruction of Weapons and the Prevention of Weapons Proliferation, which provided the legal framework for the so-called Nunn-Lugar program.


Conclusion
In its implementation, the HEU-LEU agreement has become an effective instrument of irreversible nuclear disarmament.
Its historic significance becomes clear when one realizes that for the first time, the two nuclear weapons superpowers turned a part of a nuclear weapons arsenal into something the countries really needed: electric power for Americans and money for Russia.
The two countries mutually benefited from the deal in terms of increased security, thanks to the reduction of their nuclear material stockpiles.

The economic importance of the HEU-LEU deal for the United States can be illustrated by the following figures:
For almost 20 years, LEU supplies under the agreement have accounted for about 50 percent of the nuclear fuel consumed by U.S. nuclear power plants.
About 10 percent of U.S. electricity is generated from enriched uranium supplied under the HEU-LEU program.


[1]
Are you really Democrats?????

Wall-Street and American-Media are only henchmen of DOD and American-Militay-Industry.
American-Media and DOD are only henchmen of Wall-Street and American-Militay-Industry.

We are American-99%!
Fortunately, we American-99% have the 2nd-amendment!
Get up American-99%!

Help me!
I am afraid that CIA and FBI would arrest me!
I strongly believe that American-99% and the U.S. will protect Democracy and Freedom-of-Speech!

If I would be imprisoned in Guantanamo,
then I could be only 100-miles away from the U.S.Mainland!

Hello American-99%!
Only 100-miles left!
Only 100-miles to go!

XDXPXD

We American-99% have the 2nd-amendment!

[Youtube]
The Tank Rampage Of Shawn Nelson
http://www.youtube.com/watch?v=dIlMeojTAA4

[Youtube]
Shawn Nelson goes on a Tank Rampage in San Diego 1995
https://www.youtube.com/watch?v=tmFiZoe-7P4

Go! Rambo! Go!
XDXPXD

Gun control?
XDXPXD

I love American-99% and the U.S.!


Of course, we American-99% do not need Nuclear-Power-Plants more.
We American-99% already have enough Nuclear-Power-Plants in our America.

But, both Bush and Clinton made Treaty with Russia in order to get more peace.



[1]
ティーパーティーは、ボストンで起きた事件。これが独立戦争につながる。
ティーパーティーは、恐らく南北戦争では北軍側で、リンカーン側のはずだけど。地理的には絶対にそうだろうが。
ところでボストンはマサチューセッツ州
俺はハーバードも大学も嫌いだけど。今の大学は権力者の犬で意味が無い。

彼らがティーパテーィーを名乗るのがおかしいか、
マスコミが作ったデマか。
そもそも本家のマサチューセッツ州やその関係者が何もコメントしないのはおかしいだろ。
自分の大学がなにやったか知らないのか?www

客観的に見て、トップ1%・マスコミ・ウォールストリートが、ミスリードを図ってわざとデマを流している。
何度も言うが俺は大学が嫌いだしハーバードも嫌いだぞ。今の大学は(昔の大学もそうなのかもしれないがwww9権力者の犬で意味が無い。


[Wikipedia]
ボストン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%B3
アメリカ合衆国マサチューセッツ州北東部サフォーク郡にある世界都市。
アメリカで最も歴史の古い街の一つであり、「ニューイングランドの首都」と言われることもある

マサチューセッツ州
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B5%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%84%E5%B7%9E
アメリカ合衆国の州であり、北東部ニューイングランド6州の1つでもある。
南はロードアイランド州コネチカット州、西はニューヨーク州、北はバーモント州ニューハンプシャー州に接している。東は大西洋である。
マサチューセッツ州アメリカ史の中で各分野にわたって重要な役割を演じてきた。
1620年、メイフラワー号の乗船客ピルグリムによって、プリマス植民地が設立された。
。1636年に設立されたハーバード大学は国内最古の高等教育機関である。
18世紀後半には、アメリカ独立戦争とイギリスからの独立に繋がる扇動によって、ボストンは「自由の揺籃」とも呼ばれた。
1786年、州西部の農夫によるポピュリスト革命、シェイズの反乱が直接アメリカ合衆国憲法制定会議の開催に繋がる要因になった。


[Wikipedia]
ボストン茶会事件
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%B3%E8%8C%B6%E4%BC%9A%E4%BA%8B%E4%BB%B6
1773年12月16日に、マサチューセッツ植民地(現アメリカ合衆国マサチューセッツ州)のボストンで、
イギリス本国議会の植民地政策に憤慨した植民地人の急進派が港に停泊中の貨物輸送船に侵入し、イギリス東インド会社の船荷である紅茶箱を海に投棄した事件。
アメリカ独立革命の象徴的事件の一つである。


[1]
アメリカ大歴史年表
http://www.american-presidents.info/newpage682.html
アメリカ独立戦争からジョージ・ワシントンの総司令官退任まで
1775 イギリス議会、マサチューセッツ植民地が反乱状態にあると宣告
レキシントン=コンコードの戦い、アメリカ独立戦争の発端に
ワシントン、大陸軍総司令官に指名される

1780 ペンシルヴェニア邦、奴隷制度の廃止を最初に決定
1783 講和予備条約発効、アメリカ独立戦争終焉
マサチューセッツ最高裁奴隷制度を違憲と判断し、奴隷制度を廃止


[1]
[世界史の窓]
長老派/プレスビテリアン
http://www.y-history.net/appendix/wh1001-038.html
イギリスのプロテスタントの一派で、長老主義をとり、教会は長老の合議によって運営されるべきと主張した。
宗教改革期のカルヴァン派プロテスタント(新教徒)であり、プレスビテリアン(Presbyterian)とは長老のことなので、長老派ともいう。
カトリック教会の司教制度を認めず、聖書を重視するという広い意味でピューリタン清教徒)の一派とされるが、彼らは、一般信者のなかから経験の深い指導者を選んで長老とし、教会を運営すべきであるという長老主義(長老制度)を主張した。
長老派=プレスビテリアンは特にスコットランドプロテスタントに多かった。
イギリス宗教改革によって成立したイギリス国教会の国王を中心とする主教制度にも反対した。
しかし、長老の存在を否定し、純粋なプロテスタントの信仰と信徒の平等を主張するイングランドピューリタンからは批判されるようになった。 


[1]
[世界史の窓]
イギリスの宗教各派
http://www.y-history.net/appendix/wh1001-033_2.html
17世紀、イギリス革命期の宗教各派の概要。カトリック教徒と国教会信徒、非国教会(ピューリタン、長老派など)の違い。
イギリス革命の理解では、宗教的な対立軸がどのようであったかを抑えることが必要である。イギリス宗教改革の結果、イギリス国教会による宗教統制が確立したが、なおも宗教対立は続いていた。
まず、大きな対立軸としてカトリック教会とプロテスタント(新教徒)の対立がある。
さらにプロテスタントの中にも国教会(アングリカン=チャーチ)とそれ以外の非国教徒(ノンコンフォーミスト Noncomformists )の違いがある。
非国教徒はさらに独立派(清教徒ピューリタン)・長老派(プレスビテリアン)の二派があり、対立していた。以上のイギリスのキリスト教4派の違いはおよそ、次のようにまとめることができる。

(1)カトリック
(2)国教会
国教会(アングリカンチャーチ)はヘンリ8世に始まる、国王が首長となっているイギリスの国家的な教会組織。
国教会は反カトリックで、大きくくくれば新教(プロテスタント)にはいるが、ピューリタンと違い、教会での主教制度(カトリックでの司教制度、階層的な聖職者組織にあたる)を認め、儀式もカトリック的な面が強く残っていた。
イギリス一般国民の多数派は国教会の信者=国教徒と考えてよい。

(3)ピューリタン
ピューリタン清教徒)は非国教徒の一つで、イングランドでのカルヴァン派の流れをくむ新教徒。国教会の主教制度と長老派(プレスヴィテリアン)の長老の管理をいずれも否定し、教会は同等の信者の集まる独立したものであるべきであると主張したので独立派とも言う。
イングランドのジェントリやヨーマン(独立自営農民)に多かった。ジェームズ1世の時代には国教会の立場に立つ王政から弾圧され、その一部がピルグリム・ファーザーズとしてアメリカ大陸に移住した。
ピューリタン革命ではクロムウェルの指導する独立派が権力を握っって優勢となったが、王政復古の時期には再び抑えられるようになり、1673年の審査法でカトリックと共に公職に就けなくなった、
名誉革命後の1689年、寛容法が制定され、信仰の自由が認められたが、審査法は継続していたので公職には就けず、国教会の優位は変わらなかった。

(4)プレスビテリアン
プレスビテリアン(長老派)は非国教徒の一つで、ピューリタンと同じく同じくカルヴァン派の流れをくみ、スコットランドで発展した。
プレスビテリアンピューリタンの一派として説明することもある。
彼らは長老制度(聖職者である司教ではなく、経験の豊かな信者を教会の指導者とする制度)による教会組織の運営を主張した点が異なる。


※その他の非国教徒 イギリスのプロテスタントは分裂を続け、バプティスト、クウェーカー、メソディスト、ユニテリアン(三位一体を認めない)などの教派が多数生まれている。
この中のクウェーカーは、王政復古期に特に激しい弾圧を受け、その指導者ウィリアム=ペンがアメリカ大陸に新天地を求め、植民地ペンシルヴェニアを建設した。


[1]
[世界史の窓]
ピューリタン
http://www.y-history.net/appendix/wh0903-045.html
イングランドに於けるカルヴァン派の新教徒を言う。
清教徒
イギリス国教会の主教制度などに反発したため弾圧され、1640年にピューリタン革命を起こし、クロムウェルに指導されて共和制を実現した。
しかし、名誉革命で国教会体制が再建されると衰退した。

宗教改革期のイギリス(厳密にはイングランド王国)において、エリザベス1世の時に確立したイギリス国教会のあり方に批判的な、カルヴァンの教えに忠実であったプロテスタント(新教徒)とをいう。
彼らは国教会の中のカトリック的な残存物(例えば聖職者に白い聖職服を着せることなど)を一掃し、純粋化する(purification)ことを要求したので、ピューリタン Puritan 、清教徒という。
彼ら特に国教会の主教制(国王を頂点とした聖職者の階層制)に対して反発した。 

長老派と独立派
国教会信徒も新教徒(プロテスタント)ではあるが、そのカトリックとの妥協的・中道的信仰に飽き足らないピューリタンは、国教会信徒以外の新教徒であることから非国教徒(ノンコンフォーミスト)と言われた。
ピューリタンイングランドに多かったが、スコットランドには同じくカルヴァン派から生まれた長老派(Presbyterian)が存在した。
長老派はイギリス国王を教会の首長とすることは認めるが主教制に代わり長老制度をとるべきであると主張していた。
それに対してピューリタンは国教会の内部からの改革を断念し、分離独立し、平等である教会員同士が会衆として集まり協力することを主張した独立派(Independency)といわれた。
長老派と独立派はいずれの会派も、ジェントリ(新興地主層)、毛織物工業経営者、中小商人、ヨーマン(自営農民)などの中産階級に多かった。

ピューリタンの北米移住
 16世紀後半のエリザベス1世の時期にイギリス国教会体制が完成すると純粋なプロテスタントの信仰を求めるピューリタンは、「中道」的でカトリック的儀式や主教制をとる国教会に対する不満を強めていった。
さらに、17世紀に入り、イギリスのステュアート朝の国王ジェームズ1世は「主教なくして国王なし」と称して国教会の主教制度を柱として王権を強化し、それに従わない聖職者を追放した。
それに対して一部のピューリタンは信仰の自由を求め、1620年にピルグリム=ファーザーズとしてアメリカ新大陸にわたった。国内に残ったピューリタンも、絶対王政の下での国教会の強制に強い不満を募らせていった。

ピューリタン文学
 イギリスの17世紀後半、ピューリタン革命の時期に盛んになった、ピューリタン信仰を詠いあげた文学作品で、代表的なものにミルトンの『失楽園』(1667)


[10]
私はアメリカ人になるのでアメリカ合衆国の99%を守る
だから、
日本は日本でもっと金融緩和をし、日本をバブル経済にし、日本の内需を拡大し、
日経平均を500万円にし、1ドル500円の円安ドル高にし、日経平均を500万円にし、
日本を軍拡し、日本を競争社会にし、
日本を貿易赤字と経常収支赤字を持つ工業製品を輸入する債務国にしろ
結果として、円安ドル高になる
目安として、1ドル500円になるまで緩和しろ

今すぐ、日本は、日本でのみ、外国人労働者を完全自由化しろ。
今すぐ、日本を多民族国家にしろ。

日本は、今すぐ、日本の金融を緩和し、日本の内需を拡大し、
日本を軍拡し、日本の自動車産業をつぶし、
日本を構造改革し、日本をサービス業・観光・金融で食べていく国にしろ
早く、日本に、ゼネコンや土建事業を復活させろ
日本に、ゼネコンや土建事業が足りないぞ

アメリカはモンロー主義になるのだ。
アメリカ軍を全世界から引き上げよう。

日本は今すぐ滅んだ方が良いのではないかといつも思う。