IbrahimNcongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

日本の乳児死亡率213

[1]
当時のローマ教皇の世界で言うと、
「天動説というのは法律」で、
「地動説と言うのは正義」。

この件で、君たち日本人ですら、
「正義の方が悪法より上にある」
と認めているんだけどwww
分からないかなあwww

所で現在君達日本人は、人権や民主主義と言う正義に反しているよね。


[1]
キリスト教の説明

キリスト教内部の対立
対立:ローマカトリックギリシャロシア正教教会
対立:ローマカトリック⇔イギリス国教教会
対立:ローマカトリックアメリピューリタン

イスラム教との関係
対立:ローマカトリックオスマン帝国

西ローマ帝国内部の対立
対立:オーストリアハプスブルグ家⇔フランスブルボン家
対立:ローマ教皇ローマ帝国皇帝


[1]
ローマカトリック西ローマ帝国神聖ローマ帝国オーストリアハプスブルグ家
ギリシャロシア正教教会=東ローマ帝国ビザンチン帝国=ロシア帝国

ロシアはキリスト教だぞ。東ローマでギリシャ系。
御茶ノ水あたりにも、ニコライ聖堂とかあるだろ(これはロシアとは無関係で、日本にあるギリシャ正教会)。


[1]
思いやり予算は、沖縄の収入で、アメリカの収入ではないらしいぞ。産○新聞がそう言ってるwww
アメリカ合衆国モンロー主義になり、アメリカ合衆国の軍事費を減らし、米軍を全世界から引き上げる。

沖縄県が観光収入を過大発表 基地の恩恵少なく見せ、反米に利用か
http://www.sankei.com/smp/politics/news/180104/plt1801040003-s1.html
沖縄県が県民経済計算の参考資料で、観光収入を過大計上していることが3日、分かった。

沖縄県は平成26年度県民経済計算の参考資料で、同統計には表れない「観光収入」(5341億7200万円)と、基地収入である「米軍基地からの要素所得」(1519億8300万円)を公表している。
県民経済計算は本来、売上高や出荷額から中間投入額(原材料費や光熱水費など)を除くルール。基地収入は、米軍雇用者所得と軍用地料などの合計で、もともと経費はかからないため、県民経済計算のルールに沿った数字だ。


[1]
日本は、もっと公共事業を増やし金融緩和をしろ

ニューヨークタイムズに連載中のノーベル経済学賞クルーグマンは、君たちと正反対の主張をしまくっているけどwww

さらに。このニュース自体いろいろ間違えている。
オバマ時代に、too little too lateとstimulusについてクルーグマンは主張し続けた。
共和党は”「財政破綻するとかインフレとかいろいろな理由で」この緩和策に反対していた。

ニュース見てないの?wwwニュース見てないとネトウヨらしいぜwww
ニューヨークタイムズクルーグマンもリベラル派なんだけどwww

Paul Krugman JAN. 8, 2009
http://www.nytimes.com/2009/01/09/opinion/09krugman.html
“I don’t believe it’s too late to change course, but it will be if we don’t take dramatic action as soon as possible. If nothing is done, this recession could linger for years.”

Paul Krugman: Stimulus Was ‘Too Little,’ And Now It’s Almost All Gone
08/30/2013 01:51 pm ET | Updated Dec 06, 2017
https://www.huffingtonpost.com/2013/08/30/paul-krugman-stimulus_n_3844394.html
We never spent all that much money on President Obama’s stimulus, and now we’re spending almost nothing on it, and that’s a shame, according to Paul Krugman.

Stimulus arithmetic (wonkish but important)January 6, 2009 9:26 am
https://krugman.blogs.nytimes.com/2009/01/06/stimulus-arithmetic-wonkish-but-important/
Bit by bit we’re getting information on the Obama stimulus plan, enough to start making back-of-the-envelope estimates of impact.




[1]
金融緩和および公共事業こそが、ヒラリーやクリントンオバマクルーグマンと言ったリベラルがやった政策なんだけど。

で、共和党はこの政策には反対していたんだけど。典型例がランドポールとかで「金本位制に戻せ」と主張していた。

日本の民〇党や日本の共〇党や日本の〇民党や日本の社〇党や日本のマスコミや日本の公務員は、ヒラリーやクリントンオバマの政策を否定していることになるんだけどwww

わからないかなあwww

でもって、
日本の民〇党や日本の共〇党や日本の〇民党や日本の社〇党や日本のマスコミや日本の公務員は、
「ヒラリーを否定したらナチだ!リベラルを否定したらナチだ!」
って主張しているんだけどwww

日本はぜひ金融緩和をし公共事業を増大すべきですね。
too little too lateにならないように、日本における景気対策を徹底的にやるべきです。


つまり。
日本における金融緩和および公共事業および景気拡大策に反対したら、反対するやつはナチだぞ


[1]
日本の民〇党や日本の共〇党や日本の〇民党や日本の社〇党や日本のマスコミや日本の公務員は、
「ヒラリーを否定したらナチだ!リベラルを否定したらナチだ!」
って主張しているんだけどwww

ニュース見てないの?wwwニュース見てないとネトウヨらしいぜwww
ニューヨークタイムズクルーグマンもリベラル派なんだけどwww

リベラルもケインズ派だぞ。さらにウォールストリートまでリベラルにくっついているけどw

「穴掘ってつぼ作って埋めれば景気対策だ」といっている。

あげくに、軍事費で景気拡大って言ってるw

Paul Krugman Reminds Us of the Context of Keynes's "Bury Banknotes in the Ground and Dig Them Up" Discussion
http://delong.typepad.com/sdj/2011/08/paul-krugman-reminds-us-of-the-context-of-keyness-bury-banknotes-in-the-ground-and-dig-them-up-discussion.html
General Theory of Employment, Interest, and Money:
If the Treasury were to fill old bottles with banknotes, bury them at suitable depths in disused coalmines which are then filled up to the surface with town rubbish,
and leave it to private enterprise on well-tried principles of laissez-faire to dig the notes up again… the note-bearing territory), there need be no more unemployment and,
with the help of the repercussions, the real income of the community,
and its capital wealth also, would probably become a good deal greater than it actually is.



[New York Times]August 15, 2011 10:58 am August 15, 2011 10:58 am
Oh! What A Lovely War!
http://cache.yahoofs.jp/search/cache?c=kqn6gu1UBbAJ&p=krugman+Keyne+Roosevelt+war&u=https%3A%2F%2Fkrugman.blogs.nytimes.com%2F2011%2F08%2F15%2Foh-what-a-lovely-war%2F
World War II is the great natural experiment in the effects of large increases in government spending,
and as such has always served as an important positive example for those of us who favor an activist approach to a depressed economy. Christy Romer is very much on the same wavelength.



[New York Times]November 8, 2008
New Deal economics
https://krugman.blogs.nytimes.com/2008/11/08/new-deal-economics/?mtrref=search.yahoo.co.jp&gwh=B2961B073FEC17F9F931637735322105&gwt=pay&assetType=opinion
Everybody’s talking new New Deal these days - and, predictably, the FDR-haters are out in force,
with all the usual claims about FDR having actually made the Great Depression worse. (To the right, way back when, FDR was “That Man.” Now Obama is “that one.” Interesting.)

The received wisdom is that FDR's Keynesian policies didn't really fix the Depression at all; that had to wait till the War took over and restored economic activity.
Well, will someone tell me just how the War was different from Keynesian spending? Oh, sure, Keynes didn't want to kill millions of people and lay waste to whole provinces of Europe, I know that.
But economically, setting aside that sort of moralistic value judgment, what did the war bring about?



話がややこしいんだけど、これはフランクリンルーズベルトが悪党なのではなくて、FDRを悪用する悪党が現在多いということ。
世界中どこでもよくあるだろw


[1]
人口減・少子高齢化の日本はボーナスステージだぞ。

わざとデマを流すな。今すぐ日本に移民を受け入れろ!
移民というのは、目一杯大雑把に極論を言えば、
「20歳の男だけを受け入れる」
わけだ。
育児しなくて良いし、当分は介護も要らないんだぞ。育児問題・子育て問題・介護問題が向こう30年はゼロなんだぞ。
今すぐ日本は移民を受け入れるべきだ!

オマエラしだいだなwww3歳の移民とか80歳の移民とかオマエラの意味ではないだろwww


[1]
君達日本が「ヒラリーやオバマやリベラルを否定したらナチだ」といったんだ。
ヒラリーやオバマやリベラルは、移民受け入れ推進派だ。
では、日本に移民を受け入れることに反対したらナチだ。



[1]
ケインズって言うのは「政府が需要を人工的に作れる。1つぼを作る、2穴を掘る、3その穴につぼを埋める。これの1・2・3で景気対策だ」と言う話。
このケインズをして(イギリス人なんだけどw)、日本社会党日本共産党や大学は「資本主義に修正が来た!これこそ社会主義だ」と主張しだした。

ベーシックインカムは、この、「人工的に需要を作る」については何も触れていない。
政府の資金源を巨大化させ、政府の権限を増やし、甘い汁吸おうとしているだけだろwww

「ありがたい国王」とか「ありがたい水戸黄門」とか「ありがたい吉宗」なんて現実の世界にはいないんだけど。www

ケインズについては、高校の現代社会とかで習うよね。オマエラ高校を卒業できてないだろw

日本人は、またもや、日本に都合の良い点を強調したり捏造するので、有名な点だけをピックアップしたぞ。

[Wikipedia]
ジョン・メイナード・ケインズ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BA
イギリスの経済学者、官僚、貴族。イングランドケンブリッジ出身。
20世紀における最重要人物の一人であり、経済学者の代表的存在である。
有効需要[1]に基いてケインズサーカスを率いてマクロ経済学を確立させた。
また、戦後の外為体制(ブレトン・ウッズ体制)をめぐりハリー・ホワイトと案を出し合った。


生誕1883年6月5日ケンブリッジシャー、ケンブリッジ
死没 1946年4月21日(62歳没)
国籍 イギリス
研究機関 ケンブリッジ大学
研究分野 マクロ経済学,確率論
母校 ケンブリッジ大学キングス・カレッジ

略歴
1926年 『自由放任の終わり』発表。
1930年 『貨幣論』発表。
1936年 『雇用・利子および貨幣の一般理論』を発表。
1944年 ブレトンウッズ連合国通貨会議に参加

ケインズ・モデル[ソースを編集]
雇用・利子および貨幣の一般理論』(1935年 - 1936年)では、不完全雇用のもとでも均衡は成立し得るとし、また完全雇用を与えるための理論として、反セイの法則を打ち立てて、「産出高は消費と投資とからなる」とする有効需要の原理を基礎として、有効需要の不足に基づく非自発的な失業の原因を明らかにした。
有効需要は、市場メカニズムに任せた場合には不足することがある。しかし、ケインズは、投資の増加が所得の増加量を決定するという乗数理論に基づいて、減税・公共投資などの政策により投資を増大させるように仕向けることで、有効需要は回復することができるとした。
ケインズは総需要の増大させる方法として、財政政策、特に財政支出政策を重視した
なお、上の議論に対しては、公共投資政策ないし投資の国家管理の本質は、単なる有効需要の付加ではなく、政府による公共投資が企業家のマインドを改善することで経済全体の投資水準が底上げされ得るという点にあり、生産手段の国有化を意味するものではない。
これらの彼の提唱した理論を基礎とする経済学を「ケインズ経済学」(「ケインズ主義」ともいう)と呼ぶ
このケインズの考え方は経済学を古典派経済学者とケインジアンとに真っ二つに分けることとなった。
ケインズは、大不況下では、金融政策は効果的ではなく、消費を直接的に増やす財政支出政策が最も効果があると主張した[7]。
ケインズ有効需要創出の理論は、大恐慌に苦しむアメリカのフランクリン・ルーズベルト大統領によるニューディール政策の強力な後ろ盾となった。

John Maynard Keynes
https://en.wikipedia.org/wiki/John_Maynard_Keynes
During the Great Depression of the 1930s, Keynes spearheaded a revolution in economic thinking, challenging the ideas of neoclassical economics that held that free markets would, in the short to medium term, automatically provide full employment, as long as workers were flexible in their wage demands.
He instead argued that aggregate demand determined the overall level of economic activity and that inadequate aggregate demand could lead to prolonged periods of high unemployment.
Keynes advocated the use of fiscal and monetary policies to mitigate the adverse effects of economic recessions and depressions.
Keynes's magnum opus, The General Theory of Employment, Interest and Money, was published in 1936.
The leading Western economies adopted Keynes's policy recommendations before the outbreak of World War II, and in the two decades following Keynes's death in 1946, almost all capitalist governments had done so.

The advent of the global financial crisis of 2007–2008 caused a resurgence in Keynesian thought.
Keynesian economics provided the theoretical underpinning for economic policies undertaken in response to the crisis by President Barack Obama of the United States, Prime Minister Gordon Brown of the United Kingdom, and other heads of governments.[


Career
Versailles peace conference
Towards the end of the conference, Keynes came up with a plan that he argued would not only help Germany and other impoverished central European powers but also be good for the world economy as a whole. It involved the radical writing down of war debts, which would have had the possible effect of increasing international trade all round, but at the same time thrown the entire cost of European reconstruction on the United States.

However, America was against the plan; the US was then the largest creditor, and by this time Wilson had started to believe in the merits of a harsh peace and thought that his country had already made excessive sacrifices.

Only a small fraction of reparations were ever paid. In fact, the historian Stephen Schuker demonstrates in American 'Reparations' to Germany, 1919–33, that the capital inflow from American loans substantially exceeded German outpayments so that, on a net basis, Germany received support equal to four times the amount of the post-Second World War Marshall Plan.

During the Great Depression
At the height of the Great Depression, in 1933, Keynes published The Means to Prosperity, which contained specific policy recommendations for tackling unemployment in a global recession, chiefly counter-cyclical public spending.
The Means to Prosperity contains one of the first mentions of the multiplier effect.
While it was addressed chiefly to the British Government, it also contained advice for other nations affected by the global recession.
A copy was sent to the newly elected President Franklin D. Roosevelt and other world leaders. The

Keynes's magnum opus, The General Theory of Employment, Interest and Money was published in 1936.
The General Theory challenged the earlier neoclassical economic paradigm, which had held that provided it was unfettered by government interference, the market would naturally establish full employment equilibrium.
In doing so Keynes was partly setting himself against his former teachers Marshall and Pigou.
Keynes believed the classical theory was a "special case" that applied only to the particular conditions present in the 19th century, his own theory being the general one.
Classical economists had believed in Say's law, which, simply put, states that "supply creates its own demand", and that in a free market workers would always be willing to lower their wages to a level where employers could profitably offer them jobs.
An innovation from Keynes was the concept of price stickiness – the recognition that in reality workers often refuse to lower their wage demands even in cases where a classical economist might argue it is rational for them to do so.
Due in part to price stickiness, it was established that the interaction of "aggregate demand" and "aggregate supply" may lead to stable unemployment equilibria – and in those cases, it is the state, not the market, that economies must depend on for their salvation.

The General Theory argues that demand, not supply, is the key variable governing the overall level of economic activity.
Aggregate demand, which equals total un-hoarded income in a society, is defined by the sum of consumption and investment.
In a state of unemployment and unused production capacity, one can only enhance employment and total income by first increasing expenditures for either consumption or investment.
Without government intervention to increase expenditure, an economy can remain trapped in a low employment equilibrium – the demonstration of this possibility has been described as the revolutionary formal achievement of the work.
The book advocated activist economic policy by government to stimulate demand in times of high unemployment, for example by spending on public works.

Among others, Hyman Minsky and Post-Keynesian economists have argued that as result, Keynes's ideas were diluted by those keen to compromise with classical economists or to render his concepts with mathematical models like the IS–LM model (which, they argue, distort Keynes's ideas).
Keynes began to recover in 1939, but for the rest of his life his professional energies were largely directed towards the practical side of economics – the problems of ensuring optimum allocation of resources for the war efforts, post-war negotiations with America, and the new international financial order that was presented at the Bretton Woods Conference.

In the General Theory and later, Keynes responded to the socialists and left-wing liberals who argued, especially during the Great Depression of the 1930s, that capitalism caused war.


[1]
君達日本が「ヒラリーやオバマやリベラルを否定したらナチだ」といったんだ。
ヒラリーやオバマやリベラルは、ケインズ派だ。
では、「日本でケインズ政策をやること」に反対したらナチだ。


[1]
現状起きているのは巨大独占資本への集中による株価上昇だろ。

君達ニホンでさえ、「貧富の差が拡大している」と批判するじゃないか。
「 独占資本への集中が株価上昇の要因」と認めてるだろ。
でも、自称リベラルのマスコミでさえ、イ〇ンがスポンサーだし、経産省民進党の岡〇の実家はイ〇ンだし、何もいえないwww

バイバイ俺はアメリカ人になる。


[1]
クルーグマンは「金融緩和”だけ”を主張している」わけではない。デマを流すな。 クルーグマンは、「金融緩和」と同時に「公共事業も増やせ」といっている。

すかさず、
「日本の官僚や日本の公務員や日本のマスコミと言った税金に巣食う中央集権独裁政府をもくろむクズ」を擁護する悪党が沸くよなww

どう見ても日本の官僚がネトウヨだろwww


[1]
オマエラ英語ができて高学歴って自称しているんだろ?

じゃあ、クルーグマンのブログに本名出して名乗って質問書いて聞いて来ればよいだろ。
(あおってないぞ。業務妨害じゃないぞ。向こうではみんな質問書きまくってるぞ。きちんと法律や礼儀は守れよ。いっとかないと、俺が捕まったら迷惑だ)

Q1.クルーグマン、「あなたは金融緩和だけを主張しているのですか?」それとも「金融緩和および公共事業の両方を主張しているのですか?」
Q2.その根拠を論理的に説明してください。

このくらいできるだろ
多分オマエラの主張とは違う答えが返ってくると思う。無視されるかな?
さあどうぞ。
「公共事業および金融緩和をしろ。インフレになるまでしろ。」これがクルーグマンの主張だ。


[1]
「公共事業および金融緩和をしろ。インフレになるまでしろ。」これがクルーグマンの主張だ。

クメヒロシは、公共事業に賛成してた?反対してた?どっち?
チクシテツヤは、公共事業に賛成してた?反対してた?どっち?
トリゴエシュンタロウは、公共事業に賛成してた?反対してた?どっち?
コイズミジュンイチロウおよびコイズミシンジロウは、公共事業に賛成してた?反対してた?どっち?
経済産業省は、公共事業に賛成してた?反対してた?どっち?

クメヒロシは、箱物行政に賛成してた?反対してた?どっち?
チクシテツヤは、箱物行政に賛成してた?反対してた?どっち?
トリゴエシュンタロウは、箱物行政に賛成してた?反対してた?どっち?
コイズミジュンイチロウおよびコイズミシンジロウは、箱物行政に賛成してた?反対してた?どっち?
経済産業省は、箱物行政に賛成してた?反対してた?どっち?



[1]
そうすると日本の権力者や日本のマスコミや日本の官僚や日本の大学教授の感想は、
「オマエラ庶民も意見が言えるインターネット社会は間違いだ」
なんだろ?www

庶民だか底辺は意見言うなとさwww
革命の精神に真っ向から反するよなwww

はああああああああ?
俺はアメリカ人になる。
バイバイ


[1]
日本の公務員が「円安がけしからん」といってんの?www

「第2次大戦は通貨安競争の結果起きた」と言うのが文部省や日本の大学や東大や慶応や早稲田の公式見解だよねえwww

君は全く新しい理論を発明したか、
霞ヶ関や日本の大学が大嘘をついているか
霞ヶ関や日本の大学が大バカか
のどれかなんだけど。
どれ?www


[1]
大企業のカネ儲けのためなら、原油価格が5倍になってもスルーします。

ピンポンパンポ~~~ン♪
「こちらは、政府広報NHKがお送りしております」
ピンポンパンポ~~~ン♪

原油価格の推移
http://ecodb.net/pcp/imf_usd_poilwti.html
1998年:14.42(ドル/バレル)
1999年:19.17(ドル/バレル)
2005年:41.45(ドル/バレル)
2008年:99.59(ドル/バレル)
2017年:50.07(ドル/バレル)


[1]
と言うと今度は、
「○○(俺のことな)は口がよろしくない。庶民の機嫌を取らないから権力は握れないから怖くない」
というんだろうけどwww

民主主義とは権力を分散させること。オマエらは民主主義を否定している。
さらに、ポピュリズムはけしからんとトランプを批判したのはオマエラなんだけどwww

日本にはクズしかいないんだよ。
日本人に民主主義は無理なんだよ。

で、この条件下で、共○罪で逮○されるのは誰?www


[1]
ただし、本来、民主主義と言うのは権力分散で地方分権。そもそも巨大な政府が不要というのはそう言う意味。福祉も地元の教会がやっていた。

そもそも日本のマスコミが一貫して、
クメヒ〇シやツクシ〇ツヤやトリゴ〇シュンタ〇ウのころから、
公共事業削減・(談合反対とかゼネコン反対とか言う言葉で飾って)地方切捨てを主張している。


[10]
私はアメリカ人になるのでアメリカ合衆国の99%を守る
だから、
日本は日本でもっと金融緩和をし、日本をバブル経済にし、日本の内需を拡大し、
日経平均を500万円にし、1ドル500円の円安ドル高にし、日経平均を500万円にし、
日本を軍拡し、日本を競争社会にし、
日本を貿易赤字と経常収支赤字を持つ工業製品を輸入する債務国にしろ
結果として、円安ドル高になる
目安として、1ドル500円になるまで緩和しろ

今すぐ、日本は、日本でのみ、外国人労働者を完全自由化しろ。
今すぐ、日本を多民族国家にしろ。

日本は、今すぐ、日本の金融を緩和し、日本の内需を拡大し、
日本を軍拡し、日本の自動車産業をつぶし、
日本を構造改革し、日本をサービス業・観光・金融で食べていく国にしろ
早く、日本に、ゼネコンや土建事業を復活させろ
日本に、ゼネコンや土建事業が足りないぞ

アメリカはモンロー主義になるのだ。
アメリカ軍を全世界から引き上げよう。

日本は今すぐ滅んだ方が良いのではないかといつも思う。