IbrahimNcongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

日本の乳児死亡率197

アメリカのせいにするな。
知らないならやる資格が無いし、知っていて嘘をつくのは公務員の場合違法だぞ。
しかも商品を売りつけるのか。さらに違法の可能性が高いぞ。

昔がよかったって言いたいわけじゃないんだけどw、江戸前寿司の魚はどこで釣ったと思っているんだ?wwwついこの間まで電車もクルマもない時代だぞ。そこでつってたんだけどw」明治維新のせいでそうなったんだけどw
日本こそが悪の帝国だ。

ああ、俺は日本の造船業もI○Iもきらいだぞ。俺は日本の造船業の味方をしていないぞ。俺はI○Iの味方をしていないぞ。


[10]
[豊洲の歴史・遺構] 鉄道の線路がたくさん!春海橋や石川島造船所跡など写真で振り返る
http://toyosu.tokyo/access/toyosu-history-and-photo/
豊洲は大正時代から昭和にかけて埋め立てで生まれた地です。
歴史を紐解いていくと、造船需要の高まりとともに昭和初期には東京石川島造船所(現在の株式会社IHI)の造船工場などが立地し、越中島豊洲石炭埠頭をつなぐ深川線や豊洲で分岐して春海橋を渡って晴海埠頭とをつなぐ晴海線といった東京都港湾局の専用鉄道が通り、日本産業の急速な発展に貢献してきました。

今ではタワーマンションオフィスビルが立ち並び、ここがかつて重工業地域だったというイメージはどこにもありませんが、そういった遺構は今でも豊洲のあちこちで見ることができます。

石川島播磨重工業・造船所跡
大規模な造船工場を持ち、豊洲に広大な土地を持っていたのが石川島播磨重工業、現在の株式会社IHIです。
1990年代に同社が造船事業を廃止したことをきっかけにして豊洲の再開発が始まったと言っても過言ではありません。

東京都江東区豊洲2丁目区画整理事業の一部として進められた再開発地域が「アーバンドック」と呼ばれるエリアで、「アーバンドックららぽーと豊洲」やららぽーとに隣接するタワーマンションパークシティ豊洲」(三井不動産)です。
ドックとは船の建造、修理、係船、荷役作業などを行う設備のことで、名前のとおりららぽーと豊洲には実際に使われた船のドックがそのまま使用されています。クレーンもたいへん魅力的です。
また、周辺の歩道や植え込みにも造船所や船のパーツがそのままオブジェとして残っています。

そんなIHIの本社は豊洲3丁目の豊洲IHIビルにあり、1階の「i-muse(アイミューズ) IHIものづくり館」では石川島播磨重工業豊洲の歴史などを細かく見学できるのでオススメのスポットです。

晴海線・深川線の線路跡
豊洲には現在、地下鉄東京メトロ有楽町線ゆりかもめといった2つの列車が運行していますが、その昔、地上にはたくさんの線路が敷設され鉄道が運行していたんです。
第二次世界大戦後に豊洲埠頭の工事が再開すると、1953年(昭和28年)には越中島駅から豊洲石炭埠頭(がすてなーにや東電堀付近)の区間を走る貨物鉄道「深川線」が開通、東京都港湾局専用線として運行を開始しました。
さらに深川線はその先の豊洲埠頭まで延びました。つまり、豊洲では今としては非常にレアな都営の貨物線が走っていたわけです。(下写真・出典:東京みなと館)

深川線(越中島豊洲石炭埠頭)開通1955年

ちょうど現在の豊洲シビックセンター付近で深川線が分岐した「豊洲物揚場線」も誕生。さらに、1957年(昭和32年)には同じく深川線が現在の豊洲北小学校付近で分岐し、晴海運河をまたぐ春海橋(赤橋)を通って晴海埠頭まで続く「晴海線」が開通しました。(下写真・出典:東京みなと館)
石炭やコークス、鋼材、鉄鉱石などを運搬する貨物需要の拡大に対応し、ピーク時の1967年(昭和42年)に運行した貨物列車は深川線・晴海線の合計で1日22往復にもおよびました。(下イラスト・出典:Wikipedia

しかし、モータリゼーションによって鉄道輸送からトラック輸送へと変化し、エネルギー革命の進展でガス輸送は減少。専用線の需要はみるみる減っていき、1977年(昭和52年)の東京ガス専用線の廃止から次々と東京都の専用線は姿を消していきます。1986年(昭和61年)に深川線の大部分が廃止し、最後には晴海線が1989年(平成元年)2月10日に廃線となりました。

現在、豊洲ではその名残を意外にもたくさんの場所で発見することができます。まず、一番目立っていて有名なのが先ほどもご紹介した晴海線の通っていた「春海橋梁(赤橋)」です。豊洲と晴海を結ぶ春海橋に並行して走っていた鉄道の橋部分で、ららぽーと豊洲のすぐ近く。残っている東京都港湾局専用線の遺構としては最大規模のものだそうです。
また、豊洲北小学校周辺には当時このあたりに深川線が通っていたことを感じられる線路跡があり、さらに豊洲北小学校とシティタワーズ豊洲ザ・ツインの間を抜けて東側の豊洲運河に行くと、豊洲越中島をつなぐ橋梁があったことを物語る橋脚が今も残っています。
IHI本社のある豊洲IHIビルの外やららぽーと豊洲、さらに街の歩道には当時の線路をそのまま再利用したオブジェがところどころに見られます。


東電堀
豊洲5丁目と豊洲6丁目の境目に位置し、昭和大学江東豊洲病院、豊洲西小学校、豊洲六丁目公園、キャナルプレイス豊洲、パークアクシス豊洲キャナル、BAYZ TOWER&GARDENに囲まれた東雲運河の一部が「東電堀」と呼ばれる場所です。
この場所がどうして「東電堀」と呼ばれるのかというと、その名の通りここは東京電力の火力発電所「新東京火力発電所」に隣接した人口の入江だったからです。火力発電所は1号機から6号機が稼働し、都内の電力供給に貢献しました。
再開発後は「豊洲ぐるり公園」の端に位置し、ずいぶんと見た目は変わってしまいましたが、堀の形はほぼ当時のままなので現地に行ってみると何となく雰囲気がわかりますよ。(下写真・出典:東京みなと館)

東電堀は実際に大型船舶が出入りしていたため十分な広さがあることや波がほとんどなく、マリンスポーツを楽しむ場所として密かに注目されています。


東京都港湾局専用線
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E6%B8%AF%E6%B9%BE%E5%B1%80%E5%B0%82%E7%94%A8%E7%B7%9A
東京都港湾局専用線(とうきょうとこうわんきょくせんようせん)は、かつて東京港に敷設されていた東京都港湾局運営の専用鉄道である。貨物輸送のトラックへの転換に伴い、1989年(平成元年)までに全廃となった。


[10]
IHI造船所跡地開発・・・豊洲
http://ameblo.jp/yuutai-choukitousi2010/entry-11489443099.html
20年オリンピック招致を控えて注目の東京ウォーターフロント地区。
その最大の開発スポット・豊洲をぶらぶら見学して来ました。
この周辺はほとんどがIHI(7013)造船所跡地
高級マンション群大川リバーシティのある月島・佃からこの豊洲にかけての膨大な土地は、かつてのIHI造船所跡地として、現在も開発工事が継続しています。
ちなみにIHI株はバブル全盛期の最中の89年、このウォーターフロントの膨大な保有地が注目され、含み資産相場に乗り1600円まで上昇した経緯があります。


[10]
https://kotobank.jp/word/%E8%88%B9%E5%BA%95%E5%A1%97%E6%96%99-88639
船底塗料 せんていとりょう
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説
海水のために船底が腐食したり,海藻や貝殻が付着したりするのを防ぐために塗る塗料。
塗装はまず一号塗料 (防錆塗料) を塗り,次に二号塗料 (防汚塗料) と呼ばれる酸化水銀や亜酸化銅ヒ素,スズなどの毒物を配合した塗料を上塗りする。
耐久期間は約8ヵ月~1年半。また水線付近に塗る水線塗料を三号塗料と呼ぶ。


百科事典マイペディアの解説
船底の腐食,生物の付着を防ぐための塗料。
さび止め塗料(1号船底塗料)を下塗りした上に,生物付着防止のためスズまたは銅の化合物などの有機毒物を配合した防汚塗料(2号船底塗料)を塗る。


世界大百科事典 第2版の解説
鋼船では船底の腐食を防ぎ,生物の付着を防止して,船の推進抵抗の増大を抑制するために,また木船では生物の付着およびキクイムシ,フナクイムシの害を防ぐために用いられる塗料。
船底外板面を前処理後,まずさび止め塗料(1号船底塗料またはACという)を下塗し,生物付着防止のため,その上に防汚塗料(2号船底塗料またはAFという)を塗る。
付着生物にはフジツボ,カンザシゴカイ(セルプラ)のほかにカキ,イガイ,コケムシ,ホヤなどがあり,これらの付着防止は毒物によるのが普通である。


一般社団法人日本塗料工業会
水銀含有製品の調査について
http://www.toryo.or.jp/jp/anzen/news/mercury.html
文献やヒヤリングでの調査結果、昭和47・48年ごろまで、一部、船底塗料や防腐剤として使われていたようです
昭和50年初期までに各 社水銀化合物は自粛又は禁止として現在に至っています。


船底防汚塗料の環境問題に関する国際貢献
https://www.nmri.go.jp/main/publications/paper/pdf/21/12/04/PNM21120408-00.pdf#search=%27%E8%88%B9+%E5%A1%97%E6%96%99+%E6%B0%B4%E9%8A%80%27
船体の防汚には、かつて、水銀、ヒ素、鉛、銅等の重金属やその化合物のバイオサイド(殺生物性物質)が防汚剤として用いられてきた。
一方、有機金属には、付着生物に対するバイオサイドとして高い効果を示す一方で、人体への影響が軽微なものがあり、そのなかでもトリブチルスズ(TBT)等の有機スズ化合物が高い防汚効果を示した。
特に、1970 年代に開発されたアクリル系の共重合体(co-polymer)による加水分解樹脂が画期的であった。
これにより、防汚物質が分子レベルで分散配合されるとともに、加水分解による塗装表面の更新が行われ、長期間安定した防汚効果の維持が達成され、亜酸化銅(Cu2O)との併用で有機スズ塗料は広く使用されるようになった。
しかし、1980 年代に入り、養殖カキの収穫が激減するなど、有機スズの影響とされる漁業被害が発生し、さらに海水及び底泥への残存や生物体内の蓄積が報告されたことから、日本や欧米諸国で禁止措置がとられた。
1988 年に、国際海事機関(IMO)の海洋環境保護委員会(MEPC)に対してTBT問題検討の要請が提出された。
要請を受けたMEPC で審議が進められ、2001 年10 月の外交会議で有機スズの使用を禁止する「船舶の有害な防汚方法の規制に関する国際条約」(AFS 条約)


http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/36624/1/2008_okino.pdf#search=%27%E8%88%B9+%E5%A1%97%E6%96%99+%E6%B0%B4%E9%8A%80%27
また、発電所は冷却水を必要とするため海岸に立地するが、その給排水管にも生物が付着する。実際に定期点検で停止中の発電所の給水管に入る機会があったが、床・壁・天井すべてが付着生物で埋め尽くされていた。


[10]
私はアメリカ人になるのでアメリカ合衆国の99%を守る
だから、
日本は日本でもっと金融緩和をし、日本をバブル経済にし、日本の内需を拡大し、
日経平均を500万円にし、1ドル500円の円安ドル高にし、日経平均を500万円にし、
日本を軍拡し、日本を競争社会にし、
日本を貿易赤字と経常収支赤字を持つ工業製品を輸入する債務国にしろ
結果として、円安ドル高になる
目安として、1ドル500円になるまで緩和しろ

今すぐ、日本は、日本でのみ、外国人労働者を完全自由化しろ。
今すぐ、日本を多民族国家にしろ。

日本は、今すぐ、日本の金融を緩和し、日本の内需を拡大し、
日本を軍拡し、日本の自動車産業をつぶし、
日本を構造改革し、日本をサービス業・観光・金融で食べていく国にしろ
早く、日本に、ゼネコンや土建事業を復活させろ
日本に、ゼネコンや土建事業が足りないぞ

アメリカはモンロー主義になるのだ。
アメリカ軍を全世界から引き上げよう。

日本は今すぐ滅んだ方が良いのではないかといつも思う。