IbrahimNcongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

日本の乳児死亡率191

[10]
彼ら西ローマ(=フランス、ドイツ、オーストリア)の言う東と言うのは、東ローマ帝国ビザンチン帝国=ロシア
のことだし、アジアと言うのはトルコのことだ。
今でもあそこら辺は小アジアって言う。

あの有名なオリエント急行はオリエントだが、パリとトルコを結ぶ列車だ。


[10]
[Wikipedia]
オリエント急行
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%88%E6%80%A5%E8%A1%8C
オリエント急行の起源は国際寝台車会社(日本での通称「ワゴン・リ」社)により1883年に運行がはじめられたパリ - コンスタンティノープルイスタンブール)間の列車(当時は一部船舶連絡)である。
オリエント急行 (Orient Express) : 1883年 - 2009年 (イスタンブール行)カレー - パリ - ストラスブールシュトラスブルク) - ミュンヘン - ザルツブルク - リンツ - ウィーン - ブダペスト - ベオグラード - ニシュ - ソフィア - イスタンブールコンスタンティノープル


[Wikipedia]
オリエント
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%88
オリエント(Orient)は、広義では、ある地域から見て東方にある世界のこと。狭義では、古代ローマから見て東方にある世界のこと。
ローマ世界を中心に据えた視点による「東方世界」であり、西洋史においてはトルコのボスポラス海峡より東の地域を指す。
近東、中東や極東などの用語にその世界観が見て取れる。

概要
「オリエント」の語源はラテン語で「日が昇る方角」を意味するオリエンス(Oriens)である。
広義の「東方」という意味での「オリエント」は、「ウルグアイ東方共和国」(República Oriental del Uruguay)などの地名にもみられる。
狭義の「オリエント」は、古代ローマから見て東方にあるアナトリア、シリア、古代エジプト、古代メソポタミア、ペルシアなどの世界を指し、今日では古代オリエントとも呼ばれる。


[Wikipedia]
Orient
https://en.wikipedia.org/wiki/Orient
Derivation[edit]

The term "Orient" derives from the Latin word oriens meaning "east" (lit. "rising" < orior " rise").
The use of the word for "rising" to refer to the east (where the sun rises) has analogs from many languages: compare the terms "Levant" (< French levant "rising"), "Anatolia" (< Greek anatole),

Another explanation of the term stems from Rome during the Roman Empire, specifically the Eastern Roman Empire, or the "Roman Orient", during the Byzantine Empire.
Although the original East-West (or Orient-Occident) line was the Italian Peninsula's East Coast, around 600 AD this would shift to the City of Rome.


History of the term
In the later Roman Empire, the Praefectura Praetorio Orientis, the Praetorian prefecture of the East, included most of the Eastern Roman Empire from the eastern Balkans eastwards; its easternmost part was the Diocese of the East, the Dioecesis Orientis, corresponding roughly to the region of Syria.
Over time, the common understanding of "the Orient" has continually shifted eastwards, as European people traveled farther into Asia.
It finally reached the Pacific Ocean, in what Westerners came to call "the Far East".
These shifts in time and identification sometimes confuse the scope (historical and geographic) of Oriental Studies.
Yet there remain contexts where "the Orient" and "Oriental" have kept their older meanings (e.g., "Oriental spices" typically are from the regions extending from the Middle East to sub-continental India to Indo-China).
Travelers may again take the Orient Express train from Paris to its terminus in the European part of Istanbul, a route established in the early 20th century.

In European historiography, the meaning of "the Orient" changed in scope several times. Originally, the term referred to Egypt, the Levant, and adjoining areas.[2] as far west as Morocco.
Originally, the term referred to Egypt, the Levant, and adjoining areas.[2] as far west as Morocco.
During the 1800s, India, and to a lesser extent China, began to displace the Levant as the primary subject of Orientalist research.
By the mid-20th century, Western scholars generally considered "the Orient" as just East Asia, Southeast Asia, and eastern Central Asia.[


[10]
ロシアは東ローマ帝国ビザンチン帝国の後継者。 東欧は双頭のワシの紋章を使っている。

それから、アメリカ海軍には、ジョンポールジョーンズの銅像が建っている。
独立戦争で海軍の将軍をし、その後ロシアのエカテリーナ女帝の下で傭兵をした。

ロシアは、神聖ローマ帝国(=西ローマ帝国)じゃなくて東ローマ帝国(=ビザンチン帝国)。
間違えると多分東欧の人は怒るぞ。
まあ、若い人たちは、「何言ってんだ貧乏なのに、名家がなんの役に立つ」って言ってるけど。
ネット見てみろよ。スラブってスレイブの語源だろ、とか言ってるしw
ネット見ると、
「名家が何の役に立つ!カネだろ!」
って世界一の名家であるローマ帝国の子孫たちの若者が叫んでるけどwww


[10]
[Wikipedia]
Byzantine Empire
https://en.wikipedia.org/wiki/Byzantine_Empire
The Byzantine Empire, or Eastern Roman Empire, was the predominantly Greek-speaking continuation of the eastern part of the Roman Empire
during Late Antiquity and the Middle Ages.
Its capital city was Constantinople (modern-day Istanbul), originally founded as Byzantium.
It survived the fragmentation and fall of the Western Roman Empire in the 5th century AD and continued to exist for an additional thousand years
until it fell to the Ottoman Turks in 1453 under the reign of Mehmed the Conqueror.

Constantine XI died without producing an heir, and had Constantinople not fallen he might have been succeeded by the sons of his deceased elder brother,
who were taken into the palace service of Mehmed II after the fall of Constantinople.
Mehmed II and his successors continued to consider themselves heirs to the Roman Empire until the demise of the Ottoman Empire in the early 20th century.
They considered that they had simply shifted its religious basis as Constantine had done before,
and they continued to refer to their conquered Eastern Roman inhabitants (Orthodox Christians) as Rum.
Meanwhile, the Danubian Principalities (whose rulers also considered themselves the heirs of the Eastern Roman Emperors[159]) harboured Orthodox refugees,
including some Byzantine nobles.

At his death, the role of the emperor as a patron of Eastern Orthodoxy was claimed by Ivan III, Grand duke of Muscovy.
He had married Andreas' sister, Sophia Paleologue, whose grandson, Ivan IV, would become the first Tsar of Russia (tsar, or czar, meaning caesar,
is a term traditionally applied by Slavs to the Byzantine Emperors).
Their successors supported the idea that Moscow was the proper heir to Rome and Constantinople.

Following the conquest of Constantinople by the Ottoman Turks in 1453, Sultan Mehmed II took the title "Kaysar-i Rum"
(the Ottoman Turkish equivalent of Caesar of Rome), since he was determined to make the Ottoman Empire the heir of the Eastern Roman Empire.
According to Cameron, regarding themselves as "heirs" of Byzantium, the Ottomans preserved important aspects of its tradition,
which in turn facilitated an "Orthodox revival" during the post-communist period of the Eastern European states.


[Wikipedia]
Double-headed eagle
http://en.wikipedia.org/wiki/Double-headed_eagle
The double-headed eagle is a common symbol in heraldry and vexillology.
It is most commonly associated with the Byzantine Empire, the Holy Roman Empire, the Austrian Empire, the Russian Empire and their successor states.
In Byzantine heraldry, the heads represent the Emperor having authority over both secular and religious matters,
Byzantine emperors were regarded as Christ's viceregent on Earth.
It also signified the dominance of the Byzantine Emperors over both East and West.
In the Holy Roman Empire's heraldry, it represented the church and the state.
Several Eastern European nations adopted it from the Byzantines and continue to use it as their national symbol to this day.


[Wikipedia]
Coat of arms of Russia
http://en.wikipedia.org/wiki/Coat_of_arms_of_Russia

Historical versions
Evolution
The use of the double-headed eagle as a Russian coat of arms goes back to the 15th century.
With the fall of Constantinople and the end of the Byzantine Empire in 1453, the Grand Dukes of Muscovy came to see themselves
as the successors of the Byzantine heritage, a notion reinforced by the marriage of Ivan III to Sophia Paleologue (hence the expression "Third Rome" for Moscow and, by extension, for the whole of Imperial Russia).
Ivan adopted the golden Byzantine double-headed eagle in his seal, first documented in 1472,
marking his direct claim to the Roman imperial heritage and posing as a sovereign equal and rival to the Holy Roman Empire.

Description and usage
The modern arms of Russia were instated by a presidential decree in 1993, and then by a federal law signed by President Vladimir Putin on December 20, 2000.


[Wikipedia]
Sophia Palaiologina
http://en.wikipedia.org/wiki/Sophia_Palaiologina
Zoe Palaiologina, who later changed her name to Sophia Palaiologina, Grand Duchess of Moscow,
was a niece of the last Byzantine emperor Constantine XI and second wife of Ivan III of Russia.
She was also the grandmother of Ivan the Terrible.


[Wikipedia]
John Paul Jones
https://en.wikipedia.org/wiki/John_Paul_Jones
John Paul Jones (July 6, 1747 - July 18, 1792) was a Scottish American sailor and the United States' first well-known naval fighter in the American Revolutionary War.

Career
Revolutionary War command
Ranger attacks the British
After some early successes against British merchant shipping in the Irish Sea, on April 17, 1778,
Jones persuaded his crew to participate in an assault on Whitehaven, the town where his maritime career had begun.

The "John Paul Jones flag" was entered into Dutch records to help Jones avoid charges of piracy when he captured the Serapis under an "unknown flag."
"Paul Jones the Pirate", British caricature

Russian service
At length, this too expired and Jones was left without prospects for active employment, leading him on April 23, 1787
to enter into the service of the Empress Catherine II of Russia, who placed great confidence in Jones, saying: "He will get to Constantinople."
He was granted name as a French subject (Pavel de Zhoves, Paul de Joves).
Jones avowed his intention, however, to preserve the condition of an American citizen and officer.
As a rear admiral aboard the 24-gun flagship Vladimir, he took part in the naval campaign in the Dnieper-Bug Liman
(an arm of the Black Sea, into which flow the Southern Bug and Dnieper rivers) against the Turks, in concert with the Dnieper Flotilla commanded
by Prince Charles of Nassau-Siegen.
Jones (and Nassau-Siegen) repulsed the Ottoman forces from the area, but the jealous intrigues of Nassau-Siegen
(and perhaps Jones's own inaptitude for Imperial politics) turned the Russian commander Prince Grigory Potemkin against Jones[19]
and he was recalled to St. Petersburg for the pretended purpose of being transferred to a command in the North Sea.
On June 8, 1788, Jones was awarded the Order of St. Anne, but he left the following month, an embittered man.

Legacy
On April 24, 1906, Jones's coffin was installed in Bancroft Hall at the United States Naval Academy, Annapolis, Maryland,
following a ceremony in Dahlgren Hall, presided over by President Theodore Roosevelt who gave a lengthy tributary speech.
On January 26, 1913, the Captain's remains were finally re-interred in a magnificent bronze and marble sarcophagus at the Naval Academy Chapel in Annapolis.


[Wikipedia]
Russo-Turkish War (1787-92)
https://en.wikipedia.org/wiki/Russo-Turkish_War_(1787%E2%80%9392)
Commanders and leaders
John Paul Jones


[10]
戦前の日本は消費税が主体で、金持ちが優遇され貧乏人は今より税金がきつかった。GHQがこれを直し直接税中心にしてくれた。
当時、国家予算の80%が軍事費。
じゃあバイバイ。
調べろよ。君の目の前の魔法の箱には何でも書いてあるぞ。英語できたほうが良いかな。今はネットで翻訳できるのに。
俺の時代は、分厚い辞書渡されて「これでいちいち引いて調べれば覚えるぞ」とかわざとやる気なくすことばかり言われたw





[10]
コンスタンティヌス
http://www.y-history.net/appendix/wh0103-102.html
4世紀初頭のローマ帝国皇帝。帝国の混乱を克服し専制君主政を確立し、キリスト教を公認。コンスタンティノープルに遷都した。
 ローマ帝国皇帝で在位は306~337(副帝時代含む)。ディオクレティアヌス帝の創始した専制君主政を確立したが、一方ではその四分割統治をやめて単一帝政に戻してた。ローマ帝国を再建し、新都コンスタンティノープルを建設した。またキリスト教を公認するという大転換を図ったローマ帝国後期の最も重要な皇帝。




[10]
小アジアアナトリア
http://www.y-history.net/appendix/wh0101-023_1.html
アナトリアとも言う、西アジアの西端に位置する半島。
世界史上、小アジアアナトリアとも言われ、北を黒海、西をエーゲ海、南を地中海にはさまれ、東にアルメニアメソポタミア、シリア地方につながる地域を指し、ほぼ現在のトルコ共和国のアジア側の半島部にあたる。「アジア」とは本来、ローマ時代に現在の小アジアアナトリア)西部の属州の名前であったが、次第にヨーロッパに対して東方世界全体を意味するようになった。そのため本来のアジアを「小アジア」と言って区別するようになった。
するようになった。そのため本来のアジアを「小アジア」と言って区別するようになった。
注意 小アジアのトルコ化 小アジアアナトリア)は現在のトルコ共和国であるが、トルコ人はこの地に最初からいた民族ではないことに十分注意する必要がある。アナトリアはかつてヒッタイト王国、リディア王国が存在し、ペルシア帝国、アレクサンドロス帝国、セレウコス朝ローマ帝国の支配を受け、4世紀以降は東ローマ帝国の領土となり、次いでそれを継承したビザンツ帝国の領土として続いていた。この間、ヘレニズム期からローマ時代まではほぼギリシア文化・ローマ文化が支配的であり、ギリシア人の他、ユダヤ人も多く、キリスト教が最初に広まったのもこの地域であった。

オリエント文明の時代
 ギリシア・ローマから見て、広くオリエント世界に属し、メソポタミア文明とエーゲ文明の橋渡しをする位置にある。この地域で最初に注目すべき動きがインドヨーロッパ語族のヒッタイトで、彼らは前1650年頃からこの地に鉄器を使う新しい文化を形成し、オリエント世界に進出した。
歴史家のヘロドトスの出身地として知られる。イオニア地方をめぐってペルシア帝国とギリシアのポリス連合軍の間で起こったのがペルシア戦争である。

ヘレニズムの時代
 ペルシア帝国がアレクサンドロスによって滅ぼされた後は、ディアドコイの一人、セレウコスがシリアと併せて支配し、

ローマ時代
 前2世紀までにローマに服属し、小アジアの西部はローマの属州アシアとなり、ローマはさらに東方に進出してパルティアと争った
紀元前後の共和政ローマ及び帝政ローマは、小アジアの東方のペルシア人国家であるパルティアとその勢力を争ったが、同時に小アジアを通る交易ルートを使って盛んに東西交易が行われた。330年にはコンスタンティヌス帝が小アジアバルカン半島の間のボスフォラス海峡に面した、かつてのギリシア人植民市ビザンティオンに遷都してコンスタンティノープルとし、ローマ帝国の中での小アジアの比重が高まった。
330年にはコンスタンティヌス帝が小アジアバルカン半島の間のボスフォラス海峡に面した、かつてのギリシア人植民市ビザンティオンに遷都してコンスタンティノープルとし、ローマ帝国の中での小アジアの比重が高まった。この地がローマに代わって新しい首都とされたのは、東西交易ルートを抑えるという意味合いもあったことが考えられる。

ビザンツ時代
 ローマ帝国の分裂後は東ローマ帝国の支配を受けることとなったが、東ローマ帝国は次第にギリシア化が進み、7世紀ごろからはビザンツ帝国と言われるようになる。ビザンツコンスタンティノープルの古名ビザンティオンにちなんでいる。

小アジアのトルコ化
 この地にトルコ系民族が侵入してきたのは、中央アジアから起こって西アジアに侵入したセルジューク朝2代目スルタンのアルプ=アルスランが、1071年マンジケルトの戦い(マラズギルトの戦い)でビザンツ帝国軍を破ってからである

オスマン帝国からトルコ共和国
 その後、小アジアオスマン帝国の本拠として、20世紀まで続く。第1次世界大戦後、1922年オスマン帝国は消滅し、翌年トルコ共和国として近代化を目指す改革をケマル=アタチュルクの指導の下で進め、政教分離の原則を掲げている。


[10]
ローマ皇帝
http://www.y-history.net/appendix/wh0103-073_1.html
ローマ帝国の支配者。原則は元老院から選出されるが次第に神格化された。

ローマ皇帝の称号
 ローマ帝国の初代皇帝アウグストゥスの最終的な(崩御の時の)正式な肩書きは、
インペラトル(最高司令官)・カエサル・神の子・アウグストゥス・大神祇官コンスル十三回・最高司令官の歓呼二十回・護民官職権行使三十七年目・国父」という恐ろしく長いものであった。
元首(プリンケプス)は称号ではなく、地位を意味する。
肩書きが長すぎるので、元首つまり皇帝に呼びかけるときは最初のインペラトルか、次のカエサルを用いられるようになる。  
「皇帝」を意味する英語のエンペラーはインペラトルに、ドイツ語のカイザーはカエサルに由来する。
本村凌二他『ギリシアとローマ』1997 世界の歴史5 中央公論新社 p.325 などによる>

ローマ皇帝の併存
 ローマ帝国は395年に東西に分裂し、それぞれが皇帝を戴くこととなる。
しかしそれより前、すでに3世紀末のテオドシウス帝の時に四帝分治制(テトラルキア)が採られ、帝国の行政は東西に分割され、それぞれに正帝と副帝がいるという、「帝政国家」には似つかわしくない状態になっていた。
東西分裂はその状態が固定されたに過ぎない。
その後、西ローマ帝国は476年に滅亡し、皇帝もいなくなったが、東ローマ帝国では皇帝位は存続し、7世紀ごろからはビザンツ帝国ビザンツ皇帝といわれるようになる。

中世のローマ皇帝
 東西の皇帝の並立状態を復活させたのが、800年のカールの戴冠であった。
フランク王国カール大帝ローマ皇帝を名乗ることにより、再び地中海世界に皇帝が二人存在することとなった。
もっとも西の皇帝位は安定せず、結局、962年の東フランクのオットー以降は神聖ローマ皇帝といわれるようになる。
こちらはドイツ王に継承されるが、代々の皇帝はローマ皇帝という称号を実質的なものにしようと、イタリア政策に熱中したことはよく知られている。
それは同時にローマに君臨するローマ教皇との激しい叙任権闘争を生み出すこととなった。

皇帝の終わり
 神聖ローマ皇帝の地位は途中選挙制になったりしながら、形式的にはハプスブルク家に継承され、ナポレオン戦争の結果、1806年にフランツ2世が退位して消滅する(そのままオーストリア皇帝となる)。
一方の東ローマ皇帝は、1453年にオスマン帝国によってビザンツ帝国が滅ぼされたため、そこで終わる。
現在に至るまでビザンツ皇帝および皇帝と一体であったギリシア正教会の都であったコンスタンティノープルイスラーム教徒に占領されたままであるが、ロシア皇帝ビザンツ皇帝を継承し、ギリシア正教後晋であるロシア正教の保護者として皇帝ツァーリカエサルのロシア語形)を称した。
しかしそのロシア皇帝も1917年のロシア革命で殺されている。


[10]
ここまで書くと、また、欧米が~、とかわめくだろうけれど。

まず、欧と米は違う。
次に、米が建国理念や一人一票・民主主義・人権と言う点ですばらしいことは分かっただろう。
それを、君たち日本人は「米の味方をするのはどうたら」とか言って人権を否定し、外国を否定する。
そう言う君たちこそが、人権を否定しているし、女性差別をしているし、マッチョイズムで、儒教なの。
それは君たち日本人だから、
アメリカや私を巻き込まないで。
迷惑。

人権や民主主義や一人一票を否定している奴らが、女性の権利だけは守っているとは思えませんね。


[10]
権利を主張するからいけないとか間違えた方向に誘導する奴らは、本当は知ってていってて権力の手先でわざと言ってんだろ?
戦前とか儒教とか言い出すアホが必ず出るが。

人権教育や民主主義や一人一票を理解していないからこうなるの。

人権が最上位で無条件で成立するもの。

女性の権利って言うけれど。そんなこと言ったら、
ルイ16世はマリーアントワネットの権利を守ろうとしたわけだし、(それは”権利”とは言わない。”権力”だ)

でもそれは間違いなのは明らかで。女性の権利を守っているわけではない。

お前ら日本人が貴族主義で選民思想だからおかしなことになるんだ。
お前ら日本人が人権教育や民主主義や一人一票を理解していないからこうなるの。

最上位に来るのは、テンノーではなく憲法ですらなく、人権や民主主義や一人一票なの。

マリーアントワネットの権利を守るのは女性の権利とは言わないだろ。

女性の権利男性の権利以前に、民主主義や人権を理解しろ。
お前ら日本は人権を理解していない途上国なんだ。貴族をあがめたててるアホだからそうなるんだ。


日本には、世界と共通認識にできるような普遍的な真理、とかがないからだろ。
自明なことや常識が異なるのは、意見の相違というより、エイリアンだろ。
そもそもお前らには共通の”自明なこと”が無いんだよ。

自明なことや常識が異なるっていうのは、
ニュートンの法則が成立しない世界、万有引力の法則が成立しない世界、1+1=2が成立しない世界、を想像すれば分かりやすいかなあw

多分、飛行機の形が違うし、車の形も違うと思うし、給料計算も異なるし、財産も異なるよなw
コミュニケーション取れない異次元レベルだぞ。

ああだから、一応確認しとくと、正義って言うのは俺が決めるわけじゃないからなw。
俺のせいにしないでくれよw


[10]
私はアメリカ人になるのでアメリカ合衆国の99%を守る
だから、
日本は日本でもっと金融緩和をし、日本をバブル経済にし、日本の内需を拡大し、
日経平均を500万円にし、1ドル500円の円安ドル高にし、日経平均を500万円にし、
日本を軍拡し、日本を競争社会にし、
日本を貿易赤字と経常収支赤字を持つ工業製品を輸入する債務国にしろ
結果として、円安ドル高になる
目安として、1ドル500円になるまで緩和しろ

今すぐ、日本は、日本でのみ、外国人労働者を完全自由化しろ。
今すぐ、日本を多民族国家にしろ。

日本は、今すぐ、日本の金融を緩和し、日本の内需を拡大し、
日本を軍拡し、日本の自動車産業をつぶし、
日本を構造改革し、日本をサービス業・観光・金融で食べていく国にしろ
早く、日本に、ゼネコンや土建事業を復活させろ
日本に、ゼネコンや土建事業が足りないぞ

アメリカはモンロー主義になるのだ。
アメリカ軍を全世界から引き上げよう。

日本は今すぐ滅んだ方が良いのではないかといつも思う。