IbrahimLumumbaOmar’s blog

Omar Fanon. Patrice Lumumba.

マルビナス諸島(フォークランド諸島)はアルゼンチンの領土だ。

マルビナス諸島(フォークランド諸島)はアルゼンチンの領土だ。

マルビナス諸島(フォークランド諸島)はアルゼンチンの領土だ。
英国は、「国連総会決議第2065号U.N. General Assembly Resolution 2065」に違反している。
米国は、「米州機構Organization of American States」及び「米州機構憲章Charter of the Organization of American States」を尊重しろ。
西側は、「主権問題を解決するためにアルゼンチンと英国に交渉するよう求めた『1965年国連決議1965 U.N. resolution』」を尊重しろ。

マルビナス諸島のアルゼンチン人は英海軍により追放され、その後、英国植民地統治下にあるその他の領域と同様に、英国によりマルビナス諸島への入植がはじまった。
それ以来、植民地帝国である英国は、アルゼンチン共和国マルビナス諸島を返還することを拒否している。


[1]
[CNN]March 11, 2013
フォークランド諸島は、領有権の問題について住民投票を実施。
https://edition.cnn.com/2013/03/10/world/americas/falklands-referendum/
フォークランド諸島に暮らす人たちは、フォークランド諸島の主権についてアルゼンチンと英国の緊張が高まる中、日曜日と月曜日に、フォークランド諸島の政治的立場について住民投票を行う。
アルゼンチンの当時の軍事政権が、マルビナス諸島としてアルゼンチン市民に知られる領土に軍を送ったのち、アルゼンチンと英国は、領土をめぐって1982年に戦争となった。
選挙民への質問は:「現在の、英国海外領土、としての政治的ステータスを維持したいかどうか?」である。
しかし、在英アルゼンチン大使は金曜日に「この住民投票には合法性がない。マルビナス諸島問題を操縦しようとする英国による、さらなる試みの一つだ」と声明を発表した。
フォークランド諸島近海のエリアは主権問題となっており、「たとえ、仮想的な住民投票の体裁を装ったとしても、英国にはこれらの領土の法的立場を変更する権利はない」と主張した。

アルゼンチン大統領は「植民地支配」を糾弾
1月、アルゼンチン大統領Cristina Fernandez de Kirchnerは英新聞に公開質問状を書き、英国がマルビナス諸島をアルゼンチンに返還することを要求し、英国を露骨な植民地主義と批判した。
マルビナス諸島のアルゼンチン人は英海軍により追放され、その後、英国植民地統治下にあるその他の領域と同様に、英国によりマルビナス諸島への入植がはじまった」と彼女は書いた。
それ以来、植民地帝国である英国は、アルゼンチン共和国マルビナス諸島を返還することを拒否している。ということはつまり、領土の保全を回復することを英国は妨害している。」
彼女は、「主権論争を交渉するためにアルゼンチン及び英国を招待し、そして、英国に国連決議を順守するように要求した」1965年国連決議に言及した。
英国は、フォークランド島住民は英国残留を選択したと主張し、「国連憲章で保障された自己決定権の権利がある」と主張し、Fernandezの交渉の呼びかけを拒否した。、
1月の宣言ではさらに:「この議論には、アルゼンチンが主張するような2つの利害関係者ではなく、3つの利害関係者がいる。島民は、歴史の外に置かれることはない」と付け加えた。
「したがって、島民が望まない限り、そして、島民が望むまでは、フォークランド諸島の主権に関する議論は起きない」

[Wikipedia]
フォークランド諸島
https://en.wikipedia.org/wiki/Falkland_Islands
フォークランド諸島は、パタゴニア大陸棚の南大西洋に位置する諸島である。
主要な島は、南米の南パタゴニア海岸から約300マイル(480キロ)東、南極半島の北端のDubouzet岬から約752マイル(1210キロ)のところにあり、緯度は南緯約52度である。
欧州がフォークランド諸島を発見し、そののち植民地化したことについては、論争の的となっている。
様々な時点で、この諸島は、フランス、イギリス、スペイン、アルゼンチンから移住者が来た。
英国は1833年に主権を再び主張したが、アルゼンチンも同諸島への主権を主張し続けた。
1982年4月、アルゼンチン軍は、同諸島に侵攻した。
英政権は、フォークランド戦争終結後の2か月後に領土を回復した。
この領域の主権は、アルゼンチンと英国の間で、現在も続く争点となっている。

2    歴史
1965年に国連総会は、アルゼンチン及び英国の両方に、この紛争の平和的解決のための2国間交渉を呼びかける「国連総会決議2065号」を可決した。
1966年から1968年にかけ、フォークランド諸島住民からも支持されるだろうという推測の元、英国は内々に、フォークランド諸島のアルゼンチンへの譲渡をアルゼンチンと議論していた。
アルゼンチンとフォークランド諸島の貿易関係の合意が1971年に合意に達し、その結果、アルゼンチンは1972年にスタンリーに仮設費工場を建設した。
にもかかわらず、島民は異議を唱え、英議会で強力なロビー活動を展開し、アルゼンチンと英国の緊張がたかまり、1977年まで同諸島の主権に関する交渉が制限された。

[Wikipedia]
「国連総会決議2065号United Nations General Assembly Resolution 2065」
https://en.wikipedia.org/wiki/United_Nations_General_Assembly_Resolution_2065
「国連総会決議2065号United Nations General Assembly Resolution 2065」は、非拘束決議で、1965年12月16日に採決され、フォークランド諸島に関する英国とアルゼンチンの間の領有権問題が存在することを確認した。
この決議は、この領有権問題の平和的な解決法を探すために、両国を招待している。

[Wikipedia]
米州機構Organization of American States」
https://en.wikipedia.org/wiki/Organization_of_American_States
米州機構Organization of American States (OAS)」は、アメリカ州(米大陸内)のメンバー国間で団結と協力を目的に、1948年4月30日に設立された国際機関である。
OASには35か国の加盟国があり、米州の独立国で構成されており、本部は米国ワシントンDCにある。

[Wikipedia]
米州機構憲章Charter of the Organization of American States」
https://en.wikipedia.org/wiki/Charter_of_the_Organization_of_American_States
米州機構憲章Charter of the Organization of American States」じゃ、OAS憲章としても知られ、汎アメリカ条約で米州機構設立を宣言した条約。

[Latin American Posts]Jun 14, 2022
米州会議:必要な支援なしで、移民危機を解決
https://latinamericanpost.com/41068-summit-of-the-americas-a-solution-to-the-migration-crisis-without-the-necessary-support
他方で、米国は、ベネズエラキューバニカラグアの政府を招待しないことを再確認した。
この招待しないという決定に対し、メキシコ、ホンジュラスボリビアの3か国が、ラテンアメリカの人々の団結を訴え、今回の会議のボイコットを主導した。


[2-1]
ウラジミール・レーニン毛沢東、フランツ・オマール・ファノン、エメ・セゼールチェ・ゲバラは偉大だ。、
私は、オマール・ファノン及びパトリス・ルムンバを尊敬しています。

「西側が完全に破壊され、西側が全面的に破壊されること」、こそが、唯一の平和的解決法だ。
解決策は、石油ショックしかない。
我々にはもう一度、「1973年石油ショック」が必要だ。
1973年石油ショックにおいては、OAPECは「米国およびその他の国が今回の紛争においてイスラエルを支持するなら、米国およびその他の国に対する石油輸出を制限あるいは停止する」と宣言した。


[2-2]
我々には永続的な平和が必要だ。
少なくとも以下の条件が、最低条件だ。

* 西側諸国の重工業全ての解体・廃止 (これはまさに、1945年に、連合国が枢軸国に望んだこと)
* 西側諸国の金融資本全ての解体・廃止
* G7諸国(米国、カナダ、日本、ドイツ、フランス、イタリア、イギリス)の重工業全ての解体・廃止
* G7諸国(米国、カナダ、日本、ドイツ、フランス、イタリア、イギリス)の金融資本全ての解体・廃止
* NATOの解体・廃止
* EUの解体・廃止
* 全ての西側諸国の全ての軍事力の解体・廃止

 

西側においては、西側のカルテル及び西側の財閥が、楽して金儲けをするために戦争を引き起こしている。(これは軍産複合体と呼ばれる)
そしてこれはまさに、ウラジミール・レーニンが指摘したことだ。


[2-3]
西側諸国は、アフリカ、中東、東南アジア、南アジア、中南米、東欧を植民地にしている。
西側諸国は、帝国主義者ファシスト植民地主義者だ。

全世界は、反西側で決起すべきだ。
原油価格を上昇させよう。
天然ガス価格を上昇させよう。

「西側が完全に破壊され、西側が全面的に破壊されること」、こそが、唯一の平和的解決法だ。
解決策は、石油ショックしかない。
我々にはもう一度、「1973年石油ショック」が必要だ。
1973年石油ショックにおいては、OAPECは「米国およびその他の国が今回の紛争においてイスラエルを支持するなら、米国およびその他の国に対する石油輸出を制限あるいは停止する」と宣言した。

もちろん、我々は、この機会を利用し、独立を得るために戦う。
もちろん、こんにち、「G7、NATO、西側諸国、EU、米国」は、悪だ。
「アフリカ、中東、イスラム、南アジア、東南アジア、中南米「は、「G7、NATO、西側諸国、EU、米国」の邪悪な行いにより、被害を被ってきた。


[2-4]
アメリカに死をDeath to America.」
「G7諸国全てに死をDeath to all G7 Countries.」
「西側に死をDeath to the West.」
「日本に死をDeath to Japan.」


[2-5]
私には米国を支持する気は毛頭ありません。
米国の歴史の中で、米国のした唯一正しいことは、ファシストを倒したことです。
米国は多くの犯罪を犯しました。
米国の唯一の正しい行動は、ファシストを倒したことです。
そして、日本はファシストと同盟を結びました。

[Wikipedia]
アメリカに死をDeath to America」
https://en.wikipedia.org/wiki/Death_to_America
アメリカに死をDeath to America」は、「反米政治スローガン」及び「反米政治スローガンを唱えるときの言葉」。
イラン、アフガニスタンレバノン、イエメン、イラクパキスタンで用いられている。
イランでは、1979年イラン革命開始時から用いられている。
イランイスラム共和国の第1代最高指導者であるローホーラ・ホメイニ師がこの言葉を広めた。


[3-1]
「西側の自由市場経済(市場原理経済)においてのみ、原油価格、銅価格などが上昇すること」は、途上国を救い、先進国を打ち倒し、G7(つまり、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、イギリス、米国)を打ち倒す。

なぜなら、西側及びG7は、途上国を搾取し続けているから。
なぜなら、西側及びG7は、途上国の天然資源を搾取し続けているから。

もちろん、原油価格、銅価格などの上昇は、韓国、中国、香港、台湾も打ち倒す。

なぜなら、韓国、中国、香港、台湾は、途上国を搾取し続けているから。
なぜなら、韓国、中国、香港、台湾は、途上国の天然資源を搾取し続けているから。

実際、原油価格、銅価格などの上昇は、どの国が途上国を搾取し続けているか、をはっきりさせる。
実際、原油価格、銅価格などの上昇は、どの国が途上国の天然資源を搾取し続けているか、をはっきりさせる。


[3-2]
「西側の自由市場経済(市場原理経済)においてのみ、原油価格、銅価格などが上昇すること」は、途上国を救い、先進国を打ち倒し、G7(つまり、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、イギリス、米国)を打ち倒す。

これは、西側の自動車企業を打ち倒す。
これこそが、西側が望んだことなのだ。
これこそが、西側の言う「自由貿易及び市場経済」、なのだ。

もちろん、原油価格、銅価格などの上昇は、韓国、中国、香港、台湾も打ち倒す。
もちろん、これは、韓国の自動車企業を打ち倒す。
もちろんこれは、中国の自動車企業を打ち倒す。
これこそが、中国及び韓国が望んだことなのだ。
これこそが、彼らの言う「自由貿易及び市場経済」、なのだ。

実際、原油価格、銅価格などの上昇は、どの国が途上国を搾取し続けているか、をはっきりさせる。
実際、原油価格、銅価格などの上昇は、どの国が途上国の天然資源を搾取し続けているか、をはっきりさせる。


[3-3]
アフリカ、中東、アラブ諸国、南アジア、東南アジア、中南米は、西側の自由市場経済から離脱する。
西側の自由市場経済から離脱すれば、
アフリカ、中東、アラブ諸国、南アジア、東南アジア、中南米は、「"西側の自由市場経済free-market economy(市場経済Market-Based Economy)"においてのみ、資源価格が上昇すること」からダメージを受けない。

共産主義諸国は、バーター(物々交換)制度で貿易をしている。
「資本の蓄積」および/あるいは「金を貸して利息を取ること」は、断じて共産主義ではない。
共産主義は、断じて、資本を蓄積しないし、金を貸して利息を取ることもしない。

これが世界を救うと思う。


[3-4]
こんにちの西側の繁栄は、途上国を搾取することで達成されている。
韓国、中国、香港、台湾の繁栄は、途上国を搾取することで達成されている。

1970年代の石油ショック(1973年オイルショック、及び、1979年オイルショック)がそれを証明している。
(私には、中東における戦争をあおるつもりはありません。産油国OPECを活用すべきです)

例えば、
イスラムは、不労所得を禁じています。
社会主義及び共産主義も、不労所得を禁じています。


[3-5]
自動車、冷蔵庫、洗濯機、発電所の発電機などは、地産地消にすべきだ。
自動車産業、冷蔵庫産業、洗濯機産業、発電所の発電機産業など」を「地産地消」にすべきだ。
各国は、自国で自動車、冷蔵庫、洗濯機、発電所の発電機などを製造すべきだ。

そうすれば、貿易収支は均衡し、債務国は存在しなくなる。

私は、オマール・ファノン及びパトリス・ルムンバを尊敬しています。

国連本部が米国ニューヨークにあるのは間違いだ。
国連本部は、アフリカか中東か南アジアか東南アジアかラテンアメリカに移動すべきだ。
こんにちの米国には国連本部の場所となる資格がない。

米国、西側、G7及び日本は、何度も何度も、国連に対し恥ずべき行動をしてきた。
米国、西側、G7及び日本は、何度も何度も、国連の信用を失墜させてきた。
米国、西側、G7及び日本は、直ちに、国連から除名されるべきだ。


[3-6]
アフリカ、中東、イスラム諸国、アラブ諸国、南アジア、東南アジア、中南米は、西側自由市場経済から離脱する。

共産主義国は、バーター貿易(物々交換貿易)をしている。
資本の蓄積(資本を蓄積すること)、及び、金を貸して利息を取る行為は、断じて、共産主義ではない。
共産主義は、決して、資本を蓄積しないし、金を貸して利息を取ったりもしない。

これが世界を救うと思う。

インドは社会主義国です。
社会主義及び共産主義不労所得を禁じています。
イスラム不労所得を禁じています。

私は自称イスラム教徒です。そして、私は、オマール・ファノン及びパトリス・ルムンバを尊敬しています。

ところで、「資本の蓄積」そして/あるいは「金を貸して利息を取る」のは、共産主義ではありません。
共産主義者は、決して、資本蓄積をしませんし、金を貸して利息を取ったりしません。
(共産主義国では、バーター貿易(物々交換)で貿易をすると思います。)


[3-7]
ドイツは、第2次大戦後、100の都市国家に分割されるべきだった。
ドイツを、西ドイツ、東ドイツ(、オーストリア)に分割したのは不十分だった。

日本も、第2次大戦後、100の都市国家に分割されるべきだった。
もしも日本が第2次大戦後、100の都市国家に分割されていたら朝鮮戦争国共内戦ベトナム戦争も起きなかっただろう。
連合国は、日本及びドイツにもっと厳しく当たるべきだった。

ことわざにもある通り、過ちをただすのに遅いということはない。

米国は直ちに50の都市国家に分割されるべきだ。
EUは直ちに解体されるべきだ。

日本、ドイツ、米国、英国、EU、香港、台湾、韓国を直ちに解体しよう。