IbrahimCongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

エメ・セゼール、マルティニーク、フランツ・ファノン、2009年フランスカリブゼネラル・ストライキ、2017年フランス領ギアナでの暴動、2005年フランス暴動、ニコラスサルコジ、NATO。

エメ・セゼールマルティニークフランツ・ファノン、2009年フランスカリブゼネラル・ストライキ、2017年フランス領ギアナでの暴動、2005年フランス暴動、ニコラスサルコジNATO


エメ・セゼールマルティニークフランツ・ファノン、2009年フランスカリブゼネラル・ストライキ、2017年フランス領ギアナでの暴動、2005年フランス暴動、ニコラスサルコジNATO

帝国主義植民地主義、人種問題、格差」に端を発する、2009年フランス領カリブでのゼネラル・ストライキ、「『2005年植民地主義の記憶に関する法』による、フランスの植民地主義の歴史の書き換え」、2017年フランス領ギアナでの暴動、2005年フランス暴動エメ・セゼールマルティニークフランツ・ファノン

2009年フランス領カリブでのゼネラル・ストライキは、「民族間、人種間、階級間」の「対立及び格差」が原因で起きた。
2005年パリでの暴動から10年、フランスは植民地主義だったフランスの歴史を書き換えた。
BBCは「『フランス社会のイスラム教徒のかたに対する否定的な受け止め方、及び、フランス社会の移民のかたに対する社会的差別』が、フランスのムスリムの方との関係を悪化させ、この2005年パリの暴動の原因となったのだろう」と報道した。
2017年フランス領ギアナでの暴動は、「民族間、人種間、階級間」の「対立及び格差」が原因で起きた。

フランス領カリブのグアドループ及びマルティニーク、インド洋にあるフランス海外県のレユニオンで、人種差別、貧富の差、生活水準の低さに抗議してゼネラル・ストライキが勃発。
ニコラ・サルコジは、2007年から2012年までフランスの大統領。
ニコラ・サルコジは、「2005年植民地主義に関するフランス法2005 French law on colonialism」を施行しようとした。
この法律は、「特に、フランスが海外、とりわけアフリカ北部、に展開していたことのポジティブな役割を知らしめ認識させること」を教師及び教科書に要求している。「この法律は、植民地主義及びアルジェリア独立戦争中のフランスの行動を賛美している」、と多くの人々に考えられている。
フランスは、ニコラ・サルコジ大統領のとき、2009年4月4日に、NATOに完全復帰した。
私は、NATOを糾弾しています。
NATOは今すぐ解体されるべきだ。


[1]
[Wikipedia]
2009年フランス領カリブでのゼネラル・ストライキ
https://en.wikipedia.org/wiki/2009_French_Caribbean_general_strikes
「2009年フランス領カリブでのゼネラル・ストライキ」は、2009年1月20日にフランス海外県のグアドループで始まり、2009年2月5日には隣のマルティニークにも広がった。
このストライキにより、グアドループ及びマルティニークにおける「民族間、人種間、階級間」の「対立及び格差」が露わになり、また最盛期における両島の観光産業に壊滅的な影響を与えた。
EU統計局によると、2007年において、グアドループ及びマルティニークは、EU中、2番めと3番めに失業率が高い。

1 背景
グアドループの住民の経済及びマルティニークの住民の経済は観光産業に依存しており、また、グアドループの住民の生活費及びマルティニークの住民の生活費は非常に高かった。
多くの住民は、「食費、水道光熱費、その他必需品費用」の上昇に給料が追いついていないと感じていた。
グアドループ及びマルティニークでは、フランスの大都市よりも、基本作物の価格や主食の価格が遥かに高かった。
最初のゼネラル・ストライキの原因ともなったのだが、グアドループの失業率及び貧困率はフランス大都市の2倍であるにも関わらず、グアドループの平均給与はフランス大都市よりも低かった。
両島ともフランス政府の補助金支援を受けていた。
フランスの4つの海外県は、2007年、EU内で最も高い失業率だった:その4つの海外券とは、レユニオン、グアドループマルティニークフランス領ギアナである。
さらにはグアドループは、「15歳から24歳という若年層」の失業率がEU内で最も高い55.7%である。

1.1 人種
フランス領カリブの経済構造は、植民地時代の遺産であり、2009年危機を複雑なものとした。
グアドループ及びマルティニークの最大の土地や最大のビジネスの殆どは、「『ベケ, bekes』と呼ばれる」両島に居住する欧州白人の子孫が支配している。
ベケの子孫は両島の「植民者,入植者,植民地主義者」で奴隷所有者であった。
グアドループ及びマルティニークの人々の大半は、アフリカ系の子孫あるいはミックスの子孫であり、ベケに比べて貧しい生活をしている。
例えば、ベケはマルティニークの人口40万1000人のうち1%にすぎないが、マルティニーク島の産業のほぼ全てを支配下においている。
グアドループ及びマルティニークの住民は全員、完全な権利を持つフランス市民とみなされている。
両島ではユーロが公式通貨である。
フランス政府も、両島に影響を与える日々の決定も、数千マイル彼方のパリでなされる。
勤労者世帯、とりわけ低所得世帯は、生活費が高くて基本的生活必需品を買うのも困難だと訴えている。
グアドループ最大の都市「ポワンタピートルPointe-a-Pitr」の住民の70%は、現在、公営住宅で暮らしている。

3 マルティニーク
3.1 マルティニークにおける人種間の緊張
マルティニークにおける抗議活動は、経済的圧力の影響で、人種差別及び階級格差に挑戦し始めた。
欧州フランス人入植者の子孫であるベケは、マルティニークの工業力の大半を保有し続けていた。
2月第1週に「マルティニークの最後の支配者, last masters of Martinique (フランス語タイトル: Les derniers maitres de la Martinique)」というタイトルの1時間のドキュメンタリー番組がフランスのテレビ局で放送されたあと、緊張が高まった。
マルティニークの歴史ではずっと、フランス白人社会がマルティニークの経済を支配している」というのがそのテレビ番組の前提であった。
フランス人ビジネスマンのAlain Huygues-Despointesの「奴隷制度のポジティブな面を歴史家は調査すべきだ」「マルティニークの混血家族には人の和・調和が欠けている」という主張を引用したとき、緊張は特に燃え上がった。
2009年2月13日の金曜日、約2000人の抗議者たちが「マルティニークのベケ」に反対するスローガンを叫びながら行進した。
行進した人たちは主にアフリカ系の子孫であり、「マルティニークは我々のものだ。奴らのものではない!」と叫びながら行進した。

6 フランスにおける他の抗議活動
グアドループ及びマルティニークから何千マイルも離れたインド洋にあるフランス海外県のレユニオン」の労働組合連合は、「今回のカリブのストライキを支持するために、2009年3月5日に自分たちもゼネラルストライキをする」とアナウンスした。
「南米に位置するフランス領ギアナ」の労働組合連合も、「我々の労働者もグアドループ及びマルティニークの労働者と同様に、低賃金にあえぎ、生活の質が低いことに苦しんでいる」と主張し、ストライキ決行を警告した。
社会党党首マルティーヌ・オブリー,Martine Aubry」は、「ル・パリジャンLe Parisien」とのインタビューで、「今回の抗議がフランス本土にも広がる可能性がある」というリスクを訴えた。
調停がストライキを終わらせたあと、フランス本土の労働組合は「グアドループで起きたことをフランス本土でも行おうとする、という考えを拒否した」と伝えられた。
しかし、「極左の党の党首オリヴィエ・ブザンスノOlivier Besancenot」は、「じっくり検討し、同様のストライキをすべきだ」とグアドループストライキを讃えた。


[Conversation]January 25, 2016
暴動から10年、フランスは植民地主義だったフランスの歴史を書き換えた。
https://theconversation.com/amp/a-decade-after-the-riots-france-has-rewritten-its-colonial-history-50499
2005年にフランスで暴動が起きて10年が経ったが、「炎上する車、不満を抱く若者、都市部の世紀末的様相」という暴動のときからどれだけフランスは進んだか、という議論が多く聞かれるようになった。
当時この暴動はフランスの停滞のサインとして起きたものであり、フランスの無視された郊外の、社会に疎外され周縁化されたコミュニティーの窮状を表したものだった。
そして、近年に対する評価の大半は、「それ以来、大きくは変わっていない」、である。
かんたんに忘れ去られてしまうのだが、
この2005年の暴動は「『フランスが植民地時代の遺産を、どう捉え、どう子供に教えるか』についてのより大きな議論の一部だ」ということだ。この「フランスが植民地時代の遺産を、どう捉え、どう子供に教えるか」という問題は、フランスの歴史の教科書の書き換えという問題を引き起こした。
この「『植民地支配の記憶』に関する議論」の集大成は、「2005年の新法『フランスへの本国送還者の、フランス国家への貢献を、フランス国家が認識していることを示す、法』、より一般には『植民地主義の記憶に関する法』として知られているが、」に対する激しい反発であった。
この法律は、フランスの植民地支配時代の過去とフランスとの複雑な関係を示している。
1962年にアルジェリアが独立を達成した後、100万人近くの元植民地入植者がアルジェリアを去った---その多くは嫌々ながら---が、彼ら「ピエ・ノワールpieds-noir」のグループが強力にロビー活動した結果が、これなのだ。
この法律は、この活動の結果なのだ。
これは、「ピエ・ノワールに金銭的利益を与えることを通じて、フランスがピエ・ノワールを選挙民として評価していることを示している(1960年代から金銭的利益を得ている)」だけでなく、「記念碑の建築を通じて、や、『1960年代に政治的亡命の影響を"被った"と主張している』植民地独立に反対する主義者である元『OAS,Organisation de l'armee secrete秘密軍事組織』に対する補償を通じて、フランスがピエ・ノワールを選挙民として評価している」ことを示している。
当初この法律は全く知られていなかったが、「『海外を植民地にした海外でのフランス---あるいはフランスの植民地主義主義---の存在のポジティブな側面』を強調するよう学校教育課程に要求」している、この法律の第4条の存在のために、この法律に対する批判が高まった。


[Wikipedia]
2017年フランス領ギアナでの暴動
https://en.wikipedia.org/wiki/2017_social_unrest_in_French_Guiana
「2017年フランス領ギアナでの暴動」とは、「500人の団結した兄弟Collective of 500 Brothers」により率いられた一連の抗議活動及びストライキであり、フランス領ギアナにおける「不安定な要素やインフラの問題」に焦点を当てさせるために起こしたものである。
2017年3月20日に始まり、数日でフランス領ギアナ全土に広がった。
1 背景
フランス領ギアナには、経済危機および不安定な要素の急増だけでなく、多くの異なるコミュニティ(先住民族、アフリカ系奴隷の子孫のかた、「ブラジル、スリナム、ハイチ、欧州」からの移民)間の緊張がたくさんある。
人口一人当たりの収入1万5千ユーロは、フランス本土よりも低い;失業率は23%で、18歳から25歳の年齢層に限って言えば失業率は40%を超える;
「大半の物資を輸入に頼っているため」、また、「フランス領ギアナの隣国であるブラジル及びスリナムに、EUが制裁し関税をかけているため」、生活費はフランス本土よりも高い;
2 ストライキ
このストライキは、目出し帽をかぶったグループ「500人の団結した兄弟Collective of 500 Brothers」により率いられた。
不安定の急増、医療サービスへのアクセスが困難になったこと、砂金鉱山の違法採掘の急増を暴露するために、このストライキは起こされた。
このストライキは、2017年3月20日にクールー(Kourou)で、赤十字により運営される病院の民営化に反対して起こり、また、不安定の急増に反対して起こった。


[Wikipedia]
2005年フランス暴動
https://en.wikipedia.org/wiki/2005_French_riots
「2005年フランス暴動」は、パリ郊外およびその他のフランス都市で2005年10月及び11月に3週間にわたり続いた暴動。
これらの暴動では、若者が暴力的攻撃をし、車や公共施設が炎上した。
暴動は10月27日に「クリシー=ス=ボワ Clichy-sous-Bois」で始まった。このとき、建設現場への不法侵入という通報を受けた警察が調査しているとき、尋問を避けようとした地元の若者のグループが散り散りに逃走したのだ。
彼らのうちの3名は変電所に隠れたが、そのうち2名が感電死し、その結果、停電が起きた。
(警察は、これらの若者を容疑者としていたのか、ほかのグループを容疑者としていたのかははっきりしていない。別々に起訴しようとしていたのかもはっきりしていない)
「若年層失業率」及び「より貧困な住宅団地における警察のハラスメント」についての緊張に火をつけ高め、フランス全土で3週間にわたる暴動が起きた。
11月8日に非常事態宣言が出され、その後3週間延長された。
3 背景
BBCは「『フランス社会のイスラム教徒のかたに対する否定的な受け止め方、及び、フランス社会の移民のかたに対する社会的差別』が、フランスのムスリムの方との関係を悪化させ、この暴動の原因となったのだろう」と報道した。
「フランス都市の郊外では、多くのフランスムスリムのかたや北アフリカからの移民のかたが、不満を抱き、疎外感を感じている」と報道された。
5 反応
5.1 あらましの申し立てと、ニコラサルコジのコメント
この時内務省大臣だったニコラサルコジは、暴動4日目の夜に、都市部での暴力に対し"ゼロ容認"政策を打ち出し、「17の『フランス共和国保安機動隊companies of riot police (CRS)』及び7つの『国家憲兵隊escadrons de gendarmerie mobile』を、暴動の起きているパリ近郊に駐留させる」と発表した。
亡くなった2名の家族はサルコジと面会することを拒否し、その後ドミニク・ドビルパン首相と面会した。
「昇進機会の平等promotion of equal opportunity」大臣のAzouz Begagは、サルコジの「いい加減で、攻撃的な、語義の」用法を批判した。他方で、フランス共産党の書記長Marie-George Buffetは、「対立をあおる戦略は受け入れがたい」「フランスの若者をギャング呼ばわりするとは許しがたい」と批判した*1
5.2 非常事態宣言及び移民政策に対する手段
2005年11月20日、ドミニク・ドビルパン首相は移民に対するコントロールを引き締めると発表した:フランス政府は「10年の居住許可あるいはフランス市民権を求める移民は、フランス語を習得しフランス社会に統合する」ことを要求する法律を増加させる。
反人種差別活動グループは、「強力な政府による移民に対する監視社会は、人種差別及び人種差別的行動を巻き起こすだけだ」と主張し、さらに、「予算は、非常にマイノリティーな詐欺師を追跡するために使うよりも、もっとほかの用途に使うほうがベストだ」と主張し、この手段に反対した。


[Wikipedia]
エメ・セゼール
https://en.wikipedia.org/wiki/Aim%C3%A9_C%C3%A9saire
「エメ・フェルナン・ダヴィッド・セゼールAime Fernand David Cesaire」(1913年6月26日–2008年4月17日) は、フランスの詩人、作家、政治家。
セゼールは、「フランス語で書かれた文学Francophone literature」においてネグリチュード創始者のひとりであり、ネグリチュードというフランス語を発明したかたである。
セゼールの作品には、本の長さの詩である「帰郷ノートCahier d'un retour au pays natal (1939年)」、シェイクスピアテンペストの脚色劇である「テンペストUne Tempet」、植民地主義帝国主義者と、非植民地民の間の衝突を描いたエッセイである「植民地主義論 Discours sur le colonialisme(Discourse on Colonialism)」などがある。
セゼールの作品は多数の言語に翻訳されている。
3 政治的経歴
1945年にフランス共産党の支持も得て、セゼールは「フォール=ド=フランスFort-de-France」市長に選出され、また、「『フランス共和国国会下院、French National Assembly』への、『マルティニークからのマルティニーク代表団、deputy』」に、選出された。
1946年3月19日にマルティニークを海外県とする法律を全会一致で成立させた。
1930年代および1940年代の多くのフランス知識人の左翼と同様に、セゼールも、「進歩、美徳、人権」の源としてソ連に期待していた。
1958年にセゼールは、「マルティニーク民進歩党Parti Progressiste Martiniquais」を設立した。
20世紀後半、「マルティニーク民進歩党Parti Progressiste Martiniquais」とともに、セゼールはマルティニーク島の政治を主導した。
この時期のセゼールの著作は、セゼ-ルの市民的関与及び社会参加に対する情熱を反映している。
欧州の人種差別、欧州の堕落、欧州の偽善を糾弾した作品である「植民地主義論 Discours sur le colonialisme(Discourse on Colonialism)」は1955年にフランスの評論誌「アフリカの存在 Presence Africaine」に再掲された(1957年に英訳された)。
1960年、セゼールは、ハイチの革命家の人生に基づいた著作「トゥーサン・ルヴェルチュール」を発表。
1969年、アフリカ系視聴者のためにシェイクスピアテンペストを大胆に脚色した「テンペスト Une Tempete」の最初のバージョンを発表した。
4 後年
2006年「国民運動連合Union for a Popular Movement (UMP)」党首ニコラサルコジとの面会を拒絶した。
国民運動連合が「2005年植民地主義に関するフランス法, 2005 French law on colonialism」に賛成票を投じたためである。ニコラサルコジは2007年大統領選挙の候補者であった。
この法律「2005年植民地主義に関するフランス法2005 French law on colonialism」は、「特に、フランスが海外、とりわけアフリカ北部、に展開していたことのポジティブな役割を知らしめ認識させること」を教師及び教科書に要求している。「この法律は、植民地主義及びアルジェリア独立戦争中のフランスの行動を賛美している」、と多くの人々に考えられている。
大統領ジャック・シラクは、この論争の的となっている法律を最終的に廃案にした。


[Wikipedia]
マルティニーク
https://en.wikipedia.org/wiki/Martinique
2 歴史
2.4 20世紀–21世紀
第2次大戦中、ナチに協力するヴィシー政権がフランス人のGeorges Robert提督により、マルティニークを支配した。
自由フランス軍が1943年の7月14日「バスチーユデイBastille Day」にマルティニークを奪取した。
1946年、「フランス共和国国会下院、French National Assembly」は、全会一致で「マルティニーク植民地」を「フランス海外県」へと転換することを可決した。
その一方で、「戦後時代post-war period」には、完全独立を求める運動が急増した;「完全独立を求める運動」の有名な主唱者としては、1950年代に「マルティニーク進歩党 Progressive Party of Martinique」を結成したエメセゼールがあげられる。
1959年12月に、2人の自動車運転者の間で人種問題を引き起こすような口論が起きたことで、暴動が勃発し、結果として3名が亡くなり、緊張が激化した。
1962年、この暴動の結果、及び、世界が反植民地運動へと変化したことで、
独立を強く求める「マルティニーク反植民地青年組織, OJAM (Organisation de la jeunesse anticolonialiste de le Martinique)」が結成された。
OJAMのリーダーたちはフランス政府により逮捕された。
しかしのちに彼らは無罪となった。
1974年、憲兵が2人のストライキをしているバナナ農園労働者を射殺したとき、再び緊張が高まった。
しかし、1970年代にマルティニークの経済が停滞したとき独立運動は活気を失った。そして海外への移民が増加した。
1979年から1980年にかけてのハリケーンが農産物の算出に深刻な影響を与え、経済をより低迷させた。
1970年代から1980年代にかけ、フランス政府により大きな自治権マルティニークに認められた。

2009年、マルティニークは、フランスカリブ諸国ゼネラルストライキにより激しく揺さぶられた。
当初は生活費の問題に焦点が当てられていたが、ストライキ参加者たちが「フランス人の欧州からの入植者の子孫であるベケが経済を支配し続けている」ことに対し抗議したことで、すぐに、人種問題の面に焦点があてられるようになった。
大統領ニコラサルコジは、のちにマルティニーク島を訪れ改革を約束した。
サルコジは「完全な独立はフランスもマルティニークもどちらも望んでいない」と主張しマルティニークの完全な独立を否定したものの、「マルティニークの、将来の立場と自治のレベル、に関して住民投票をする」とマルティニークの人々に提案した。


[Wikipedia]
フランツ・ファノン
https://en.wikipedia.org/wiki/Frantz_Fanon
「フランツ・オマール・ファノン、Frantz Omar Fanon (1925年7月20日–1961年12月6日)」は、「イブラヒム・フランツ・ファノン、Ibrahim Frantz Fanon」としても知られ、フランス植民地マルティニーク島(現在ではフランスの県である)出身の、フランス西インド諸島精神科医で政治哲学者である。
1 略歴
1.2 マルティニークと第2次大戦
ファノンは自由フランス軍に参加し、カサブランカへ向かう船団に加わった。
ファノンはその後、アルジェリアのKabylia海岸のベジャイアの基地へと転任した。
ファノンは、オランからアルジェリアを発ちフランスで従軍した。アルザスの戦いに参加したことが有名である。
1944年にファノンはコルマール(コミューン)で負傷し「Croix de guerre勲章」を受賞した。

友人であり師匠であるエメ・セゼールの議会選挙運動のために働いた。「エメ・セゼールAime Cesaire」はファノンの人生に大きな影響を与えた。
セゼールは、「『フランス第4共和国時代のフランス第4共和国国会下院、first National Assembly of the Fourth Republic』への、『マルティニークからのマルティニーク代表団、parliamentary delegate』」に、フランス共産党から立候補した。
1.5 FLNへの参加とアルジェリアからの国外追放
ファノンは、ローマに、ジャン=ポール・サルトルとの3日間の会合をしに行った。サルトルはファノンの著作に大きな影響を与えていたのだ。
サルトルは、ファノンの最後の著作「地に呪われたる者、The Wretched of the Earth」の前書きを書くことに同意した。
3 影響
ファノンは、ジャン=ポール・サルトルラカンネグリチュードマルクス主義などの、多様な思想家や伝統的知識人から影響を受けた。
エメ・セゼールはとりわけ大きな影響をファノンの人生に与えた。
セゼールは、ネグリチュード運動(Negritude movement、(訳者注:アフリカ系固有の文化を高揚し自覚を即す運動))のリーダーで、マルティニーク島ではファノンにとっての先生であり指導者であった。
4 遺産・伝承
ファノンは、反植民地主義及び民族解放運動に影響を与えた。
とりわけ、 「Les damnes de la terre)、Wretched of the Earth、地に呪われたるもの」は、イランのAli Shariati、南アフリカの「スティーヴ・ビコ、Steve Biko」、米国のマルコムXキューバエルネスト・チェ・ゲバラなどの革命のリーダーたちの成果に影響を与えた。
これら革命家のうちゲバラだけは、ファノンの理論のうち暴力の部分に主に関心があった;Shariati、ビコそしてゲバラは、主に、ファノンの言うところの、「新しい人、the new man」および「black consciousness、黒人意識運動」に関心があった。


[Wikipedia]
NATO
https://en.wikipedia.org/wiki/NATO
北大西洋条約機構, North Atlantic Treaty Organization (NATO)」は「北大西洋同盟, North Atlantic Alliance」とも呼ばれ、欧州28カ国、北米2カ国、アジア1カ国からなる国際軍事同盟である。
1 歴史
2007年フランス大統領選挙においてニコラ・サルコジが選出された結果、フランスの軍事的立場の大きな改革が起こり、2009年4月4日にNATOに完全復帰するという結果となった。これにはフランスが「NATO軍事司令機構, NATO Military Command Structure」に再加盟することも含まれている。しかし独立した核抑止は維持する。
3 加盟国
ニコラ・サルコジは、2009年に、「統合軍事司令部, integrated military command」及び「防衛計画委員会, Defence Planning Committee」へのフランスの復帰を交渉した。「防衛計画委員会, Defence Planning Committee」は翌年解散した。
5 構造
2008年まで「NATO軍事委員会, Military Committee」はフランスを除外していた。フランスは1966年に「NATO軍事司令機構, NATO Military Command Structure」から離脱していたからだ。フランスは「NATO軍事委員会, Military Committee」には1995年から再加盟している。
フランスがNATOに再加盟するまで、「防衛計画委員会, Defence Planning Committee」にフランスは代表団を送っておらず、それが原因でフランスとNATO加盟国の間で衝突が起きていた。


[二ューヨーク, 近代美術館MOMA]
パブロピカソ, Pablo Picasso
失われた身体, Corps perdu, Lost Body
著者 エメセゼール
1949年, 1950年発表
https://www.moma.org/collection/works/29817
ピカソと詩人のエメセゼール(1913年-2008年)は、1948年にポーランドヴロツワフ(Wroclaw)で共産主義者が主導する「平和のための知識人世界会議World Congress of Intellectuals for Peace」で出会った。
セゼールは1930年代フランスでネグリチュード運動の看板であった。ネグリチュードとは、「離散してしまったアフリカ人、そのアフリカ人すべての伝統を分かち合おう」という意識を育てることを目標とする作家の集団であり、西側植民地帝国主義の観点に反対し、アフリカ人すべてのアイデンティティーを再び主張する集団である。
ピカソもセゼールも、彼らそれぞれの伝達手段の慣習に挑戦し新しくしようとした。そしてピカソとセゼールは彼らの共産主義政策及びアフリカ芸術における興味を共有しただけでなく、ピカソとセゼールは「夢、無意識の力、非理性と不合理」におけるシュールレアリスムの興味をも共有した。
セゼールの文章は「残酷にも、アフリカ系のかたを半人半獣と決めつける」社会を探求し、ピカソの絵は男性と女性の生殖器を植物にインスピレーションを受けた形に融合した。


*******************************************************************************
*******************************************************************************
*******************************************************************************


[Weiblio]
https://www.weblio.jp/content/%E3%83%8D%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%89
デジタル大辞泉 
ネグリチュード【(フランス)negritude】
アフリカ黒人の文化の独創性を主張し、それを誇りとする立場。サンゴールやセゼールらが主張して運動を展開した。

[コトバンク]
https://kotobank.jp/word/%E3%83%8D%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%89-111190
百科事典マイペディア「ネグリチュード」の解説
ネグリチュード
アフリカ黒人の精神的風土や文化の特質をさす語。
おもに仏語圏アフリカで用いられる。
1930年代前半セゼール,サンゴールらが初めて用い,被抑圧民族である黒人固有の文化を高揚する運動を展開。
アフリカ,北米,カリブなどの黒人知識人に大きな影響を与えた。

世界大百科事典 第2版「ネグリチュード」の解説
ネグリチュード【negritude】
黒人であること,黒人的特性,黒人精神などの訳語があてられる。
〈黒人がわれわれの辞書にもたらした数少ない寄与の一つ〉(サルトル)であるが,定義は難しい。
いずれにしろ,1930年代のパリでセゼール,サンゴールら,フランス領の西インド諸島,アフリカ出身の開化黒人詩人たちが起こした文学運動の思想的・芸術的基盤がこの名で呼ばれる。
彼らは,黒人には独特な内的世界,宇宙認識論,芸術創造力,美的感覚などがあるとし,〈アフリカ〉〈ニグロ〉にまつわる過去の汚辱を払拭し,民族的価値の復権,人種の誇りを主張した。


*******************************************************************************
*******************************************************************************
*******************************************************************************


[2]
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーが、こんにちの自由貿易を開始し推進した。
ロナルドレーガンが、「こんにちの自由貿易」「1979年から1991年までの冷戦」「競争社会」「軍拡」「経済格差」「福祉切り捨て」を始めた。

レーガンは、違法なコントラ戦争を、ニカラグアで起こした。
レーガンは、エルサルバドルで、死の暗殺部隊(デス・スクワッド, Death Squads)を支援し、多くの市民を殺した。
グアテマラでは、米国が支援した虐殺が起きた。

ネルソンマンデラは、1994年から1999年まで南アフリカ共和国大統領だったにもかかわらず、2008年まで米国のテロリスト監視リストに名前が載っていた。
もともとは、米大統領ロナルドレーガンが、1980年代に、アフリカ民族会議(African National Congress:ANC)をテロリスト監視リストに載せた。
ネルソンマンデラは、1991年から1997年まで、ANCの議長を務めた。

ネルソンマンデラは、アパルトヘイト相手に戦った。
その時の南アフリカ共和国政府は、ネルソンマンデラを投獄した。
米国大統領ロナルドレーガンおよび英国首相マーガレットサッチャーは、その時、南アフリカ共和国政府を支持した。
ネルソンマンデラは、ノーベル平和賞を受賞した。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーレイシストだ。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーの支持者もレイシストだ。

Black Lives Matter!ブラックライブズマター!Black Voters Matter!ブラックボーターズマター!
米国国防省・米国のメディア・ホワイトハウス・米国の政治家・米国の大学・米国のトップ1%・米国のセレブ・ハリウッド・ウォールストリートよりも、我々は左だ。

他方で、ドイツのファシズムは極右だ。ナチは極右だ。

今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガンの支持者だ。今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガン派だ。
ロナルドレーガンは極右だ。
日本および米国防省および米マスコミおよびウォールストリートおよびハリウッドが、ロナルドレーガンを育てたのだ。

我々は、次の選挙で、米上院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!
我々は、次の選挙で、米下院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!


[3]
いまや、米白人は、アフリカの人々よりも、人権を知らない。いまや、米白人は、後進国だ。
こんにち、ロシアも欧州評議会のメンバーである。

* こんにちの米軍、こんにちの米国防省及びこんにちのCIAこそが、米ユニラテラリズムの象徴だ。
* 米国は、「国連総会を中心と考える主義、及び、人権を中心と考える主義」に戻るべきだ。
* 世界は、「国連総会を中心と考える主義、及び、人権を中心と考える主義」に戻るべきだ。
* そもそも、国連決議で採択された合意の達成や平和の維持は、国連総会の仕事だ。
* 米軍は、国連総会のコントロール下になるべきだ。
そして、もちろん、米国人はそんな状況を望まない。
(あなたがたが軍の給料を払う。あなたがたが軍の装備を買いそろえる。あなたがたが軍のメンバーになる。そして、国連総会がその軍を指揮する。もちろん、あなたがたはそんな状況を望まない。)

つまり、米軍は役立たずだ。
もはや、我々には米軍は不要だ。

米国は、米国の軍事費を1年あたり100億ドルに今すぐ減らせ。

米国および米国マスコミはわざと真実を言わず嘘を報道している。
米大統領はもはやコマンダーインチーフ(最高司令官)ではない。
国連により戦争は禁止されている。

* 米軍、米軍需産業、米国にあるすべての軍事企業、全ての米軍事企業、米国防省およびCIAを今すぐ解体しろ。
* ドイツ、日本、中国からなる、米国債権を買うためのコンソーシアム(国際借款団)、を今すぐ解体しろ。

* 米軍の年金は、ユニバーサルヘルスケアに統一しろ。
米国の公的年金は統一すべきだ。
そうでないのなら、米軍は、いったい、毎年7000億ドルも浪費して、なにからなにを守っているのだ?

* 近い将来、ロナルドレーガン派(マスコミも含まれる)は、著名な政治家をすら、買収するだろう。著名な政治家はすぐに買収される。
政治家は、ただの操り人形に過ぎないのだ(ダイレクトな表現だが)。今や、私もルールを理解した。
だから、我々が反撃するためには、我々には、我々自身のロビイスト、我々自身の政治活動グループ、我々自身の市民権活動グループが必要だ。我々は、我々の起源を奪われた。我々は根無し草なので、我々を買収するのは困難だ。
ブラックライブズマター!Black Lives Matter!

* 米国は、歴史上、世界最大の債務国だ。
米国は、歴史上、外国からカネを最も借りている国だ。
つまり、米国は、歴史上世界一貧乏な国だ。
つまり、今や、米国は、この21世紀に、歴史上世界最大の奴隷制度国家なのだ。米国は、米国にいる移民および有色人種を搾取している。
金持ちにもっと増税しろ。ウォールストリートにもっと増税しろ。

* 一言で言うと、金本位制度の下では、政府が持つゴールドの量以上のカネを、政府は使えない。
金本位制度の下では、自動的に、総予算は制限され、インフレが止まる。
1944年ブレトンウッズ合意は金本位制度である。フランクリンルーズベルトが1944年ブレトンウッズ合意を開催した。
円/ドル相場だけに注目するのは無意味である。
例えば、米国が流通しているドル紙幣の量を2倍にしたとしても、日本も流通している円紙幣の量を2倍にすると、円/ドル相場は変わらない。
高い住宅価格などは、インフレである。ベトナム戦争アポロ計画などなど、のすべてが、住宅価格を引き上げたのだ。

金(ゴールド)の値段が上がったのではない。紙幣が金(ゴールド)に対して価値が下がったのだ。紙幣の価値が下がっているのだ。
ブレトンウッズ体制により、1944年から1971年まで、ドルは、金(ゴールド)1オンス当たり35ドルという固定価格で交換できた。そして、諸通貨の為替レートはドルに対し固定されていた。全ての通貨はドルにペッグしていた。
2020年、金(ゴールド)は1オンス1700ドルである。
つまり、1970年には、100ドルで約90グラムの金(ゴールド)が買えた。
2020年には、100ドルで、たった約2グラムの金(ゴールド)が買えるだけだ。


[4]
自動車は、地産地消にすべきだ。自動車産業を「地産地消」にすべきだ。各国は、自国で自動車を製造すべきだ。
そうすれば、貿易収支は均衡し、債務国は存在しなくなる。

米国は、世界最大の人類史上最大の債務国である。
米国は、世界一外国からカネを借りており、歴史上最も外国からカネを借りている。
つまり、一言で言うと、中国、日本、ドイツは、財政的に米軍を支援しており、米軍に融資している。
もしも、中国、日本、ドイツが、米国国債を買わなければ、米国は米軍を維持できないのだ。

おそらく、我々は、米国を救うことができない、かもしれないだろう。
おそらく、米国は、我々が助けることは不可能であろう。
米白人及びキリスト教は、役に立たない。
すべての米政治家は、私腹を肥やしているだけの、単なるクズだ。
そして、米国のバカな行動により、世界は楽してカネを稼ぐことができるので、世界は米国の行動を正そうとしない。
しかし、我々は前に進まないといけないのだ。
ブラックライブズマター。Black Lives Matter.私はアフリカ系の99%の一人になりたい。私はイスラム教徒になりたい。私は自称イスラム教徒だ。私はキリスト教徒ではない。私は神社の信者ではない。
少なくとも宗教的観点から、少なくとも現在は、イスラム教を選択するのは、合理的答えだ。
米国を合法的に解体し、合法的にアフリカ系国家を作り、及び、合法的にイスラム系国家を作る、ことが、ひょっとすると答えなのかも知れない、と私は思う。

この40年を振り返ってみると、少なくとも今のところは、イスラムのみが世界を平和にできるような気が、私にはする。
例えば、インドネシアやイランは共和国だ。
アフリカ及びイスラムが世界を救える、と私は思う。


[5]
以下の「正味対外投資状態"net international investment positions (billion dollar)" 」は、「一人あたり"per capita"」ではありません。
以下の「正味対外投資状態"net international investment positions (billion dollar)" 」は、各国の「正味資本収支(で、正味、債務状態)」。

[Wikipedia]
世界の債務国の正味対外債務
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_debtor_nations_by_net_international_investment_position_per_capita
順位 / 国名 / 正味対外債務
1 米国 -8兆428億ドル
2 スペイン -9780億ドル
3 オーストラリア -7620億ドル
4 英国 -6900億ドル
5 ブラジル -6570億ドル
6 インドネシア -4130億ドル
7 インド -3610億ドル
8 ギリシャ -2660億ドル
9 ポルトガル -2350億ドル
10 キプロス -290億ドル
11 フィリピン -290億ドル

以下の「正味対外投資状態"net international investment positions (billion dollar)" 」は、「一人あたり"per capita"」ではありません。
以下の「正味対外投資状態"net international investment positions (billion dollar)" 」は、各国の「正味資本収支(で、正味、他国にカネを貸している)」。

[Wikipedia]
世界の債権国の2015年の時点における正味対外債権
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_creditor_nations_by_net_international_investment_position_per_capita
順位 / 国名 / 正味対外債権
1 日本 2兆8125億ドル
2 ドイツ 1兆6157億ドル
3 中国 1兆5964億ドル
4 香港 1兆3092億ドル
5 台湾 1兆539億ドル


[6]
1オンス当たりの金(ゴールド)の価格。
1970年:35ドル
1980年:600ドル
2000年:280ドル
2017年:1260ドル
2020年:1770ドル
現在:1800ドル


[7]
* 米国は、「国連総会を中心と考える主義、及び、人権を中心と考える主義」に戻るべきだ。
* 世界は、「国連総会を中心と考える主義、及び、人権を中心と考える主義」に戻るべきだ。
* 国連安全保障理事会常任理事国は、国連総会においては拒否権を持たない。
* 「国際連合総会決議377 United Nations General Assembly Resolution 377 (1950年平和のための結集 Uniting for Peace 決議)」は、安全保障理事会常任理事国のいかなる拒否権も覆すことができる仕組みを、国連総会に提供するもの、である。
* 国連総会は、「世界人権宣言Universal Declaration of Human Rights(1948年)」、「国際人権規約International Bill of Human Rights(1966年)」、「国際連合人権理事会(United Nations Human Rights Council」を採択した。
* だから、国際社会が米国で人権侵害を発見したときには、国連総会には米国に介入する権利と義務がある、
この結論は、国連はドイツのファシズムを倒すために設立されたことを思い起こすと、極めて自然な結論である。

* 米国は、ロナルドレーガン時代の1984年に、初めて、ユネスコから離脱した。2003年10月1日に米国はユネスコに再加盟した。
* アルバートアインシュタインおよびマリーキュリーは、国際連盟の新たに作られたInternational Committee on Intellectual Cooperation(国際知的協力委員会、のちのユネスコ)のメンバーとなった。

* 「奴隷貿易とその廃止を記念する国際デー, International Day for the Remembrance of the Slave Trade and its Abolition」は、ユネスコが定めた国際デーで、毎年8月23日に、大西洋奴隷貿易(Atlantic slave trade)を記念する日である。
* この日は、1791年8月22日から23日の夜にかけて、サン=ドマング(現在のハイチ)において、大西洋奴隷貿易の廃止の重要な要因となった反乱(ハイチ革命)が始まった、奴隷貿易の廃止において重要な日である。

* ロナルドレーガンが、1984ロサンゼルスオリンピックで、こんにちの、商業オリンピックを始めた。

* 国際連合社会主義
* 国連には、「UNCTADやUNICEFやSDR(Special Drawing Rights)」という、「所得再分配機能および富の再分配機能」がある。
* 国連には、UNCTADやUNICEFやSDR(Special Drawing Rights)という、カネのない国を援助する装置がある。(私は途上国に失礼なことを言うつもりはない)、
* UNICEF(国際連合児童基金)は、世界で最も広まり、世界で最も認知されている、社会福祉組織であり、192の国と地域で活動している。
ユニセフは「『全ての子供たち、特に差別と排斥の危機にさらされている子供たち、の福利厚生をサポートする社会的保護システム』を諸国で強化し広めること」を手助けしている。
「『国による資金援助プログラムの開発と拡大』をサポート」し「社会的保護システムの強化」することにより、たとえ人道的危機に直面していても、全ての家族が「医療、教育、社会福祉」にアクセスできるようにする。
「どこでどのように公的資金を使用するか」という各国政府の決める選択は、貧困のサイクルを止めるのに決定的な影響力がある。

* SDR(Special Drawing Rights, 特別引出権)の配分は、「流動性を確保」し「加盟国の公的準備金(引当金)を補う」役割を果たすことができる。

* UNCTAD(国連貿易開発会議)は、「発展途上国の抱く『国際市場、多国籍企業、先進国と発展途上国との巨大な格差』に対する懸念」に基づいて、1964年に設立された。

* 第一次国際連合緊急軍(first United Nations Emergency Force, UNEF)は、スエズ危機(1956年)終結を保障するために、国連総会により設立された。
国連安全保障理事会は、国際連合緊急軍(United Nations Emergency Force, UNEF)を設立しなかった。
国連安全保障理事会ではなく、国連総会が、二度の国際連合緊急軍(United Nations Emergency Force, UNEF)を設立した(1956年-1967年 および1973年-1979年)。
国連総会では、他の諸国と同様に(約200か国)、米国も1票を持つのみである。

 

 

 

*1:フランス語の言語ではracaille((※訳者注)のけ者とか暴徒という意味)であり、人種的および民族的な意味を暗に抱かせるとみなす人々もいる、ような単語