IbrahimCongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

フランツ・オマール・ファノン。

フランツ・オマール・ファノン。


フランツ・オマール・ファノン。
フランツ・ファノンは、汎アフリカ主義(パン・アフリカ主義)者でマルクス主義人道主義者。
ファノンは、植民地化の精神病理学、及び、脱植民地化の「人間、社会、文化的帰結」に関心を持つ、政治的急進派で汎アフリカ主義(パン・アフリカ主義)者でマルクス主義人道主義者であった。
フランスの有名な哲学者ジャン=ポール・サルトルは、ファノンの最後の著作「地に呪われたる者、The Wretched of the Earth」への前書きを書くことを快諾した。
1943年に、ファノンは自由フランス軍に参加した。
ファノンは1951年に精神科医として認定された。
1954年11月にアルジェリア独立戦争が勃発した。
ファノンは、1955年に、「アルジェリア民族解放戦線(Front de Liberation Nationale、FLN」に参加した。


[1]
[Wikipedia]
フランツ・オマール・ファノン
https://en.wikipedia.org/wiki/Frantz_Fanon
「フランツ・オマール・ファノン、Frantz Omar Fanon (1925年7月20日–1961年12月6日)」は、「イブラヒム・フランツ・ファノン、Ibrahim Frantz Fanon」としても知られ、フランス植民地マルティニーク島(現在ではフランスの県である)出身の、フランス西インド諸島精神科医で政治哲学者である。
ファノンの著作は、「ポストコロニアル理論、批判理論、マルクス主義」の研究分野において大きな影響を与えた。
ファノンは知識人というだけでなく、ファノンは、植民地化の精神病理学、及び、脱植民地化の「人間、社会、文化的帰結」に関心を持つ、急進的政治主義者であり、パン・アフリカ主義者であり、マルクス人道主義者であった。
医師及び精神科医としての彼の著作の中で、ファノンはアルジェリアがフランスから独立するアルジェリア独立戦争を支持し、ファノンは「アルジェリア民族解放戦線、Algerian National Liberation Front、FLN」のメンバーの一人となった。
50年以上に渡り、フランツファノンの人生及び著作は、「民族解放運動」及びその他「パレスチナスリランカ南アフリカ、米国における急進政治組織」に刺激を与え続けている。
ファノンは、フランソワ・トスケル及びジャン・ウリの下で「サンタルバン=シュル=リマニョル、Saint-Alban」で働いている間に、「制度論的精神療法、Institutional psychotherapy」を発見するのを手伝った。
ファノンは、「地に呪われたる者、The Wretched of the Earth(1961年)」などの多くの書物を発表した。
この著作は多大な影響力があり、「ファノンが信じるところの『植民地独立闘争を行うにあたって、活動家による暴力の不可欠な役割が何であるか』」に着目した著作である。


1 略歴
1.1 若年期
フランツ・ファノンは、カリブ諸国のマルティニークで生まれた。マルティニークは当時フランス植民地であり、現在は「フランス単一領土集体、Single territorial collectivity」である(訳者注:フランスの地方自治体は「州、地域圏、Region」であり州はいくつかの「県、Department」からなる。フランスの海外領土は海外県であったが、それがそのまま州と格上げされ、そのため州政府及び県庁を兼ねる)。
ファノンは1943年18歳のときに自由フランス軍に参加するためにマルティニークを離れた。

1.2 マルティニークと第2次大戦
1940年にフランスがナチにより陥落したあと、ヴィシーフランス海軍の部隊がマルティニークに封鎖された。
島に閉じ込められ、フランス水兵たちはマルティニークの人々から政府を奪って乗っ取り、対独協力で敵国協力のヴィシー政権を作った。
封鎖下で経済的苦境に陥り孤立し、ヴィシー政権は抑圧的な政権を作った;ファノンは彼らを「マスクを取り去り、正真正銘のレイシストのように振る舞っている」と描写した。
グランス海軍によるマルティニークの人々に対する虐待は、ファノンに影響を与え、ファノンの疎外感を強め、ファノンの植民地レイシズムに対する嫌悪感を強めた。
17歳のときにファノンは、「反体制派、dissident」(ド・ゴールの軍に参加するフランス人を指す言葉)としてマルティニークの島を逃れ、自由フランス軍に参加するためにドミニカへ行った。
3回目の挑戦でドミニカへ到達したものの、自由フランス軍に参加するには遅かった。
マルティニークの親ヴィシー政府であったRobert政権が1943年に追放されると、ファノンは、新たに設立された全員がアフリカ系の第5歩兵大隊に加わるために「フォール=ド=フランス、Fort-de-France」へ戻った。
ファノンは自由フランス軍に参加し、カサブランカへ向かう船団に加わった。
ファノンはその後、アルジェリアのKabylia海岸のベジャイアの基地へと転任した。
ファノンは、オランからアルジェリアを発ちフランスで従軍した。アルザスの戦いに参加したことが有名である。
1944年にファノンはコルマール(コミューン)で負傷し「Croix de guerre勲章」を受賞した。
1945年にファノンはマルティニークに戻った。
そこで彼は短期過ごした。
友人であり師匠であるエメ・セゼールの議会選挙運動のために働いた。「エメ・セゼールAime Cesaire」はファノンの人生に大きな影響を与えた。
セゼールは、「『フランス第4共和国時代のフランス第4共和国国会下院、first National Assembly of the Fourth Republic』への、『マルティニークからのマルティニーク代表団、parliamentary delegate』」に、フランス共産党から立候補した。
ファノンは大学を卒業したのち、フランスへ行き、薬学と精神医学を学んだ。
ファノンはリヨンで、文学、演劇、哲学を学び、ときにはメルロ=ポンティの授業にも出た。
ファノンは、1951年に精神科医として認定されたのち、「サンタルバン=シュル=リマニョル、Saint-Alban-sur-Limagnole」で、カタルーニャ人の精神科医「フランソワ・トスケル、Francois Tosquelles」のもとで精神医学の研修医をした。フランソワ・トスケルは、精神医学における文化の役割を強調することにより、ファノンの思想を活性化させた。

1.3 フランス
フランスで研修医を終えるまでに、ファノンは彼の最初の著作「黒い皮膚・白い仮面、Black Skin, White Masks、(1952年)」を発表した。アフリカ系の人々に対する植民地支配による支配の、負の精神的影響を分析した著作である。
元々は、「アフリカ系のかたの疎外をなくすことについての小論文、Essay on the Disalienation of the Black」というタイトルのリヨンで提出された博士論文の原稿であり、
リヨンの大学で精神医学及び薬学を学んでいる間にファノンが経験した人種差別に対する回答となっていた;学位論文としては却下されたので、ファノンは本として出版したのだ。

1.4 アルジェリア
研修医期間を終えたあと、ファノンはモンサンミシェル近くのポントルソンで1年間精神科を開業し、それから(1953年から)アルジェリアへ移った。
ファノンは、アルジェリアのブリダ=ジョワンヴィル精神病院のサービス責任者だった。
1957年1月に国外追放されるまでファノンはそこで働いた。

とりわけ、患者の文化的背景と繋がりを持つために社会心理学的治療法を始めることで、ファノンの治療方法は進化し始めた。
彼は、看護師や研修医のことも訓練した。
1954年11月にアルジェリア革命が始まると、1955年にブリダでPierre Chaulet医師に連絡を取り、「アルジェリア民族解放戦線、Front de Liberation Nationale、FLN」に参加した。
アルジェリアの病院で働いていたファノンは、「『反植民地運動をしている抵抗運動者を弾圧するために、拷問をしている、フランスの兵隊や将校たち』の心理的苦痛を治療する責任者」となった。
更にファノンは、アルジェリア拷問被害者の治療責任者ともなった。

ファノンは、アルジェリア人の文化的生活及び精神的生活を研究するために、主にカビール人の地域でアルジェリアを横断する広範囲の旅行をした。
彼の失われた研究である、「Slimaneのマラブー、marabout of Si Slimane」、がその例である。
これらの旅行は秘密の活動の手段でもあった。FLNの基地があったスキーリゾートで有名なChreaを訪問したことが有名である。

1.5 FLNへの参加とアルジェリアからの国外追放
1956年の夏までには、ファノンは、例え彼の病院勤務を通じての非直接的なものとはいえ、最早これ以上は決してフランスの植民地政策に加担できないと理解した。
11月にファノンは、弁理公使(訳者注:永住権などを管理する政府の代理の役人。外交使節で、大使、公使に次ぐ3番目の階級)に手紙を出した。のちにこの手紙は、反植民地主義車の間で、影響力のある有名な文書となった。

    黙していることが不正である、というときが来たのだ。
    個人の人生における主要な目的は、「最も一般的な価値基準に対し、永遠に攻撃を続けること」、ではない。
    長いこと、私の良心では、許しがたい議論がなされていた。
    そしてその議論の結論は、人間に絶望しない、ということであった。言い換えると、自分自身に絶望しない、である。
    私が到達した結論は、「どんな犠牲を払おうとも、なんのためにもならない偽りの理屈に、責任を抱え続けることはできない」、である。

その後まもなくファノンはアルジェリアから追放されチュニスに移った。チュニスでファノンはFLNに公然と参加した。
雑誌Al Moudjahidの共同編集者の一人となり、そこで死ぬまで書き続けた。
ファノンは「アルジェリア共和国暫定政権、Provisional Algerian Government (GPRA)」の駐ガーナ大使ともなった。
彼は、アクラ(訳者注:ガーナの首都)、コナクリ(訳者注:ギニア共和国の首都)、アディスアベバ(訳者注:エチオピアの首都)、レオポルドヴィル(訳者注:コンゴ民主共和国の首都、現キンシャサ)、カイロ、トリポリでの会議に参加した。
この時代に書かれた彼の短編著作の内の多くは、「アフリカ革命に向けて、Toward the African Revolution」という本に、彼の死後にまとめられている。

「第3戦線を開くためにサハラを縦断した、広範囲の旅行」ののち、ファノンがチュニスに戻ると、ファノンは白血病と診断された。
彼は治療のためにソ連に行き、そこで彼の病気はいくらかの回復を見せた。
ファノンはチュニスに戻ると、彼の最後の書である「地に呪われたる者、The Wretched of the Earth」を口述筆記した。
ファノンは、体の具合が良いときには、アルジェリア-チュニジア国境のGhardimaouの町で、「Armee de Liberation Nationale (ALN) 」(訳者注:FLNアルジェリア民族解放戦線武装部門)にレクチャーをしに行った。
ファノンは、ローマに、ジャン=ポール・サルトルとの3日間の会合をしに行った。サルトルはファノンの著作に大きな影響を与えていたのだ。
サルトルは、ファノンの最後の著作「地に呪われたる者、The Wretched of the Earth」の前書きを書くことに同意した。

 

1.6 死とその後

 

2 著作
2.1 「黒い皮膚・白い仮面、Black Skin, White Masks」
2.1.1 "The Negro and Language"
2.1.2 "The Fact of Blackness"
2.1.3 "The Negro and Psychopathology"
2.2 A Dying Colonialism
2.3 「地に呪われたる者、The Wretched of the Earth」

 

3 影響
ファノンは、ジャン=ポール・サルトルラカンネグリチュードマルクス主義などの、多様な思想家や伝統的知識人から影響を受けた。
エメ・セゼールはとりわけ大きな影響をファノンの人生に与えた。
セゼールは、ネグリチュード運動(Negritude movement、(訳者注:アフリカ系固有の文化を高揚し自覚を即す運動))のリーダーで、マルティニーク島ではファノンにとっての先生であり指導者であった。
ファノンは、マルティニークの高校(lycee)時代に初めてネグリチュードを知った。そのころ、セゼールがネグリチュードという単語を作り、
セゼールが彼の妻シュザンヌ・セゼールとともに編集した雑誌「熱帯 Tropiques」及び今では古典となった「帰郷ノート、Cahier d'un retour au pays natal (Journal of a Homecoming)」に、発表したのだ。
ファノンは彼の著作の中でセゼールの作品に言及している。
例えば、「黒い皮膚・白い仮面、Black Skin, White Masks」中の作品集エッセイ「The Lived Experience of the Black Man」で、セゼールを詳細に引用している。

 

4 遺産・伝承
ファノンは、反植民地主義及び民族解放運動に影響を与えた。
とりわけ、 「Les damnes de la terre)、Wretched of the Earth、地に呪われたるもの」は、イランのAli Shariati、南アフリカの「スティーヴ・ビコ、Steve Biko」、米国のマルコムXキューバエルネスト・チェ・ゲバラなどの革命のリーダーたちの成果に影響を与えた。
これら革命家のうちゲバラだけは、ファノンの理論のうち暴力の部分に主に関心があった;Shariati、ビコそしてゲバラは、主に、ファノンの言うところの、「新しい人、the new man」および「black consciousness、黒人意識運動」に関心があった。

米国における解放闘争に関して言えば、それはより一般には「ブラックパワー運動、Black Power Movement」として知られており、ファノンの作品は特に影響力があった。
「地に呪われたる者」は、1967年に出版されたストークリー・カーマイケル(Kwame Ture)とCharles Hamiltonの本「Black Power: The Politics of Liberation」の前書きに直接引用されている。この本の出版は、学生非暴力調整委員会(Student Non-violent Coordinating Committee, SNCC)をカーマイケルが離れた直後のことである。
さらには、「以前奴隷だった方々が米国で置かれている状況を、一つの国家内の植民地と定義する」ことから始まって、ファノンの植民地主義に関する理論の多くを、カーマイケルとHamiltonは彼ら自身の作品に取り入れた。
「別の言い方をすると、米国のアフリカ系の人々は別の国を作っているわけだから、"アメリカのジレンマ"などというものは存在しないのだ。そして、彼らを開放することは、宗主国の利益とはならないのだ(Ture Hamilton, 5)」。
もう一つ別の例は、アフリカ系中産階級、つまりはファノンの言うところの「宗主国に洗脳された宗主国を信奉する者たちである、"植民地化された知識人"」、による批判である。
ファノンは「先住民の知識人たちは、植民地世界に彼ら自身を同化させたいと思い、彼らの攻撃性を隠すのだ。そしてこの同化したいという思いをほとんど隠していない」と述べている。
第3の例は「ネイティブ(アフリカ系米国人)の人々は入植者により作られたシステムに参加するよりも、新しい社会システムを作るべきだ」という考えである。
TureとHamiltonは「アフリカ系の人々は、真似するよりも、想像すべきだ」と強く主張している。

ファノンに最も影響を受けたブラック・パワーグループは、ブラックパンサー党(Black Panther Party,BPP)である。
1970年にBPPの議長ボビー・シールは、投獄されている間に観察したことの記録を集めた「Seize the Time: The Story of the Black Panther Party and Huey P. Newton」という本を出版した。
この本は学術書ではないものの、BPP創設者の一人の目を通したBPPの歴史を年代記として記録した主要なソースである。
この本にはヒューイ・P・ニュートンとの初会合を描かれており、「一冊の『地に呪われたる者』を彼に渡した」とシールは記している。
「地に呪われたる者」に関する直接的な描写は他にも少なくとも3箇所あり、そのいずれにおいても、「どのようにこの本が影響力があるか」、「新規BPPメンバーに教育する課程にどのようにこの本を取り込むか」、について述べている。
単にこの本の文章を読むだけではなく、シールとBPPは著作の多くを政党の綱領に取り込んだ。
「パンサー党10カ条計画(Panther 10 Point Plan)」には、ファノンの著作のアイデアに直接あるいは間接的に言及した点が6箇所あり、それらには「白人による略奪を終わらせるべきだという主張」及び「我々の本当の歴史、および、こんにちの社会における我々の役割、を教える教育」が含まれる。

BPPにより採用された最も重要な要素の一つは、「ネイティブの人間性」を作るという要求だった。
ファノンは「『ネイティブが、彼ら自身が人間であると理解すること』が自由を得ようと強く求めることの始まりを示すこととなるだろう」と主張した。
BPPはこのアイデアを、彼らのコミュニティー・スクール(公立学校)及び無料朝食プログラムを通じて、採用した。

ボリビアのインディアニスト(訳者注:先住民族の文化伝統復興運動)であるFausto Reinagaもファノンに影響を受け、
彼の傑作「インド人による革命, La Revolucion India」の中で「地に呪われたる者」について言及し、「欧州の影響から、南米のネイティブの方々が独立しよう」と主張した。
2015年にRaul Zibechiは、「ラテンアメリカの左翼にとって、ファノンは重要人物となる」と議論した。
2021年にチリでは、ファノンの本「Voices of liberation」が、「チリ憲法制定会議Constitutional Convention of Chile」の新設された「多民族図書館plurinational library」に、Elisa Lonconにより所蔵された。

ファノンの影響は、パレスチナ解放運動、タミル人解放運動、アフリカ系米国人解放運動、その他の解放運動にも拡張された。
ファノンの著作は、特に「民族自決、暴力、ルンペンプロレタリアート」に関する考えが、BPPに重要な影響を与えた。
もっと最近では、南アフリカ貧困層の急進派運動、例えばAbahlali baseMjondolo(ズールー語で「掘っ立て小屋に住む人々」という意味)、がファノンの著作に影響を受けている。
ファノンの著作は、ブラジルの教育専門家「パウロフレイレPaulo Freire」にも大きな影響を与えた。

ファノンは、アフリカ現代文学にも大きく影響を与えた。
彼の作品は、ガーナのAyi Kwei Armah、セネガルのKen Bugul、セネガルのセンベーヌ・ウスマン、ジンバブエのTsitsi Dangarembga、ケニアグギ・ワ・ジオンゴなどの作家たちにとって重要な理論的解説となった。
グギ・ワ・ジオンゴは、「精神の植民地状態からの独立,Decolonizing the Mind (1992) 」で、ファノンの「地に呪われたる者」を読まずして「アフリカの著作に何が情報を与えているかを理解することは不可能だ」と更に進んだ議論をした。

「カリブ諸国哲学協会Caribbean Philosophical Association」は、「植民地独立及び人間の解放、に貢献した作品」に「フランツファノン賞」を提供している。

ファノンの著作「黒い皮膚・白い仮面、Black Skin, White Masks」におけるアフリカ系のかたの性についての記述は、多くの学者や同性愛理論の学者から批判を集めた。
アフリカ系の同性愛及びアフリカ系の男らしさの性質についてのファノンの視点を問いただすことで、同性愛理論の学者は、ファノンの言葉に対し多くの批評的な反応を示した。これにより、同性愛理論の学者は、ポストコロニアル研究におけるファノンの地位と、現代アフリカ同性愛理論の形成に対するファノンの影響の、均衡をとろうとしたのだ。

ファノンの遺業は、アフリカ系研究により拡張されていっただけでなく、より具体的には、ファノンの遺業は、「アフロ・ペシミズムAfro-pessimism(訳者注:人種差別、植民地化、奴隷貿易の歴史などにより現存する悪影響を描写するための批判的枠組みのことで、アフリカ系に生まれたと言うだけで社会から排斥されている現状を指す)」及び
「クリティカル理論Black Critical Theory(訳者注:社会哲学の批判理論の一つで、アフリカ系の方々が差別されているのは、個々人の意図的な差別意識によるものと言うよりも、社会的制度的に差別されている結果生じたものだ、という考え。人種差別は、生物学的なものに基づくわけでもなく、自然なものでもなく、弾圧し搾取するために社会的に作られたもの、という考え。『米国の法律自体には差別的記述はなく中立的』という考え方自体が、現実に存在する社会及び制度において人種差別のある現在の社会を維持してしまっている、という考え)」に拡張されていった。
Sylvia Wynter, David Marriott, Frank B. Wilderson III, Jared Sexton, Calvin Warren, Patrice Douglass, Zakkiyah Iman Jackson, Axelle Karera, Selamawit Terrefe
などの思想家は、反黒人主義に関する理論を開拓するために、「アフリカ系の方々及び存在しないことにされている人々」に対するファノンの「存在論的、現象論的、精神分析的分析」を取り上げている。
「クリティカル理論Black Critical Theory」の理論家達及び「アフロペシミズムAfropessimism」の理論家達は、Sylvia Wynter, Saidiya Hartman, Hortense Spillersなどの卓越した思想家と会話するにあたり、ファノンを話題とし、Charles Lam Markmannが翻訳した「黒い皮膚・白い仮面、Black Skin, White Masks」に主に注目することで、
「黒人であること、の事実」及び「黒人と精神病理学」の存在論的含意を真剣に理解することができる。そして「クリティカル理論Black Critical Theory」の理論家達及び「アフロペシミズムAfropessimism」の理論家達は、「黒人あるいは奴隷を、無関係な存在あるいは恐怖する存在、と考えている市民社会」を系統だてて説明している。

 

5 著作
5.1 ファノンの著作
ファノンの著作
* 「黒い皮膚・白い仮面、Black Skin, White Masks」 (1952年), (1967年 translation by Charles Lam Markmann: New York: Grove Press)
* A Dying Colonialism (1959年), (1965年 translation by Haakon Chevalier: New York, Grove Press)
* 「地に呪われたる者、The Wretched of the Earth」 (1961年), (1963 translation by Constance Farrington: New York: Grove Weidenfeld)
* 「アフリカ革命に向けて、Toward the African Revolution」 (1964年), (1969年 translation by Haakon Chevalier: New York: Grove Press)
* Alienation and Freedom (2018年), eds Jean Khalfa and Robert J.C. Young, revised edition (translation by Steve Corcoran: London: Bloomsbury)

 


[Wikipedia]
スティーヴ・ビコ、Steve Biko」
https://en.wikipedia.org/wiki/Steve_Biko
「バントゥー・スティーヴン・ビコ、Bantu Stephen Biko」(1946年12月18日 – 1977年9月12日)は、南アフリカ共和国の反アパルトヘイト活動家。
思想的にはアフリカ民族自決主義者でアフリカ社会主義者であり、1960年代後半から1970年代にかけ、「黒人意識運動Black Consciousness Movement」として知られる「反アパルトヘイト草の根運動」の最前線にいた。
ビコは、「善意の白人リベラルが、アフリカ系の方々の経験を理解しそこねており、往々にして家父長的・パターナリスティックな行動を取る」、と考えていた。
ビコは「白人による支配を避けるためにアフリカ系の人たちは独自に組織を作るべきだ」と考え、その目的のために1968年に「南アフリカ学生機構South African Students' Organisation (SASO)」設立リーダーとなった。
マルティニークの哲学者フランツファノン」及び「アフリカ系米国人のブラックパワー運動」に影響を受け、ビコ及びビコの同胞たちは「黒人意識運動Black Consciousness Movement」をSACOの公式イデオロギーとした。
この運動は、アパルトヘイトを終わらせ、また、南アフリカ共和国普通選挙及び社会主義に移行しよう、と運動していた。
「黒人共同体プログラムBlack Community Programmes (BCPs)」を設立し、アフリカ系の人々を精神的に力づけようとすることに焦点をおいていた。
ビコは、「アフリカ系の人々は、自分自身が人種的に劣っているという考えを捨てる必要がある」と考え、「ブラック イズ ビューティフル」というスローガンを世に広めることで表現した。
1972年、ビコは、より多くの人々に「黒人意識Black Consciousness」を推進するために、「黒人人民会議Black People's Convention(BPC)」の設立に携わった。
南アフリカ政府は、ビコを反体制的な脅威と考え、1973年にビコを「非合法化措置banning order」の下に置き、ビコの活動を厳しく制限した。
ビコは政治活動を続け、ギンズバーグに医療施設及び託児所を作るなど、BCPの設立を助けた。
「非合法化措置banning order」をされて以降、ビコは何度も匿名の脅迫を受け、いくつかのケースで国家警察に勾留された。
1977年8月に逮捕された後、ビコは国家警察の景観に殴られ死亡した。


[2]
以下の「正味対外投資状態"net international investment positions (billion dollar)" 」は、「一人あたり"per capita"」ではありません。
以下の「正味対外投資状態"net international investment positions (billion dollar)" 」は、各国の「正味資本収支(で、正味、債務状態)」。

[Wikipedia]
世界の債務国の正味対外債務
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_debtor_nations_by_net_international_investment_position_per_capita
順位 / 国名 / 正味対外債務
1 米国 -8兆428億ドル
2 スペイン -9780億ドル
3 オーストラリア -7620億ドル
4 英国 -6900億ドル
5 ブラジル -6570億ドル
6 インドネシア -4130億ドル
7 インド -3610億ドル
8 ギリシャ -2660億ドル
9 ポルトガル -2350億ドル
10 キプロス -290億ドル
11 フィリピン -290億ドル

以下の「正味対外投資状態"net international investment positions (billion dollar)" 」は、「一人あたり"per capita"」ではありません。
以下の「正味対外投資状態"net international investment positions (billion dollar)" 」は、各国の「正味資本収支(で、正味、他国にカネを貸している)」。

[Wikipedia]
世界の債権国の2015年の時点における正味対外債権
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_creditor_nations_by_net_international_investment_position_per_capita
順位 / 国名 / 正味対外債権
1 日本 2兆8125億ドル
2 ドイツ 1兆6157億ドル
3 中国 1兆5964億ドル
4 香港 1兆3092億ドル
5 台湾 1兆539億ドル


[3]
1オンス当たりの金(ゴールド)の価格。
1970年:35ドル
1980年:600ドル
2000年:280ドル
2017年:1260ドル
2020年:1770ドル
現在:1800ドル


[4]
自動車は、地産地消にすべきだ。自動車産業を「地産地消」にすべきだ。各国は、自国で自動車を製造すべきだ。
そうすれば、貿易収支は均衡し、債務国は存在しなくなる。

米国は、世界最大の人類史上最大の債務国である。
米国は、世界一外国からカネを借りており、歴史上最も外国からカネを借りている。
つまり、一言で言うと、中国、日本、ドイツは、財政的に米軍を支援しており、米軍に融資している。
もしも、中国、日本、ドイツが、米国国債を買わなければ、米国は米軍を維持できないのだ。

おそらく、我々は、米国を救うことができない、かもしれないだろう。
おそらく、米国は、我々が助けることは不可能であろう。
米白人及びキリスト教は、役に立たない。
すべての米政治家は、私腹を肥やしているだけの、単なるクズだ。
そして、米国のバカな行動により、世界は楽してカネを稼ぐことができるので、世界は米国の行動を正そうとしない。
しかし、我々は前に進まないといけないのだ。
ブラックライブズマター。Black Lives Matter.私はアフリカ系の99%の一人になりたい。私はイスラム教徒になりたい。私は自称イスラム教徒だ。私はキリスト教徒ではない。私は神社の信者ではない。
少なくとも宗教的観点から、少なくとも現在は、イスラム教を選択するのは、合理的答えだ。
米国を合法的に解体し、合法的にアフリカ系国家を作り、及び、合法的にイスラム系国家を作る、ことが、ひょっとすると答えなのかも知れない、と私は思う。

この40年を振り返ってみると、少なくとも今のところは、イスラムのみが世界を平和にできるような気が、私にはする。
例えば、インドネシアやイランは共和国だ。
アフリカ及びイスラムが世界を救える、と私は思う。


[5]
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーが、こんにちの自由貿易を開始し推進した。
ロナルドレーガンが、「こんにちの自由貿易」「1979年から1991年までの冷戦」「競争社会」「軍拡」「経済格差」「福祉切り捨て」を始めた。

レーガンは、違法なコントラ戦争を、ニカラグアで起こした。
レーガンは、エルサルバドルで、死の暗殺部隊(デス・スクワッド, Death Squads)を支援し、多くの市民を殺した。
グアテマラでは、米国が支援した虐殺が起きた。

ネルソンマンデラは、1994年から1999年まで南アフリカ共和国大統領だったにもかかわらず、2008年まで米国のテロリスト監視リストに名前が載っていた。
もともとは、米大統領ロナルドレーガンが、1980年代に、アフリカ民族会議(African National Congress:ANC)をテロリスト監視リストに載せた。
ネルソンマンデラは、1991年から1997年まで、ANCの議長を務めた。

ネルソンマンデラは、アパルトヘイト相手に戦った。
その時の南アフリカ共和国政府は、ネルソンマンデラを投獄した。
米国大統領ロナルドレーガンおよび英国首相マーガレットサッチャーは、その時、南アフリカ共和国政府を支持した。
ネルソンマンデラは、ノーベル平和賞を受賞した。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーレイシストだ。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーの支持者もレイシストだ。

Black Lives Matter!ブラックライブズマター!Black Voters Matter!ブラックボーターズマター!
米国国防省・米国のメディア・ホワイトハウス・米国の政治家・米国の大学・米国のトップ1%・米国のセレブ・ハリウッド・ウォールストリートよりも、我々は左だ。

他方で、ドイツのファシズムは極右だ。ナチは極右だ。

今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガンの支持者だ。今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガン派だ。
ロナルドレーガンは極右だ。
日本および米国防省および米マスコミおよびウォールストリートおよびハリウッドが、ロナルドレーガンを育てたのだ。

我々は、次の選挙で、米上院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!
我々は、次の選挙で、米下院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!


[6]
* 米国は、「国連総会を中心と考える主義、及び、人権を中心と考える主義」に戻るべきだ。
* 世界は、「国連総会を中心と考える主義、及び、人権を中心と考える主義」に戻るべきだ。
* 国連安全保障理事会常任理事国は、国連総会においては拒否権を持たない。
* 「国際連合総会決議377 United Nations General Assembly Resolution 377 (1950年平和のための結集 Uniting for Peace 決議)」は、安全保障理事会常任理事国のいかなる拒否権も覆すことができる仕組みを、国連総会に提供するもの、である。
* エレノアルーズベルトは、国連人権委員会(the U.N.Commission on Human Rights (CHR): 国連人権理事会の前身)の初代議長である。
* 国連総会は、「世界人権宣言Universal Declaration of Human Rights(1948年)」、「国際人権規約International Bill of Human Rights(1966年)」、「国際連合人権理事会(United Nations Human Rights Council」を採択した。
* だから、国際社会が米国で人権侵害を発見したときには、国連総会には米国に介入する権利と義務がある、
この結論は、国連はドイツのファシズムを倒すために設立されたことを思い起こすと、極めて自然な結論である。

* 米国人は、ユネスコ事務局長を、1952年から1953年までと、1953年から1958年まで、務めた。
* 米国は、ロナルドレーガン時代の1984年に、初めて、ユネスコから離脱した。2003年10月1日に米国はユネスコに再加盟した。
* アルバートアインシュタインおよびマリーキュリーは、国際連盟の新たに作られたInternational Committee on Intellectual Cooperation(国際知的協力委員会、のちのユネスコ)のメンバーとなった。

* 「奴隷貿易とその廃止を記念する国際デー, International Day for the Remembrance of the Slave Trade and its Abolition」は、ユネスコが定めた国際デーで、毎年8月23日に、大西洋奴隷貿易(Atlantic slave trade)を記念する日である。
* この日は、1791年8月22日から23日の夜にかけて、サン=ドマング(現在のハイチ)において、大西洋奴隷貿易の廃止の重要な要因となった反乱(ハイチ革命)が始まった、奴隷貿易の廃止において重要な日である。

* ロナルドレーガンが、1984ロサンゼルスオリンピックで、こんにちの、商業オリンピックを始めた。

* 国際連合社会主義
* 国連には、「UNCTADやUNICEFやSDR(Special Drawing Rights)」という、「所得再分配機能および富の再分配機能」がある。
* 国連には、UNCTADやUNICEFやSDR(Special Drawing Rights)という、カネのない国を援助する装置がある。(私は途上国に失礼なことを言うつもりはない)、
* UNICEF(国際連合児童基金)は、世界で最も広まり、世界で最も認知されている、社会福祉組織であり、192の国と地域で活動している。
ユニセフは「『全ての子供たち、特に差別と排斥の危機にさらされている子供たち、の福利厚生をサポートする社会的保護システム』を諸国で強化し広めること」を手助けしている。
「『国による資金援助プログラムの開発と拡大』をサポート」し「社会的保護システムの強化」することにより、たとえ人道的危機に直面していても、全ての家族が「医療、教育、社会福祉」にアクセスできるようにする。
「どこでどのように公的資金を使用するか」という各国政府の決める選択は、貧困のサイクルを止めるのに決定的な影響力がある。
今までの全ての7人のユニセフ事務局長は米国人。

* SDR(Special Drawing Rights, 特別引出権)の配分は、「流動性を確保」し「加盟国の公的準備金(引当金)を補う」役割を果たすことができる。

* UNCTAD(国連貿易開発会議)は、「発展途上国の抱く『国際市場、多国籍企業、先進国と発展途上国との巨大な格差』に対する懸念」に基づいて、1964年に設立された。

* 第一次国際連合緊急軍(first United Nations Emergency Force, UNEF)は、スエズ危機(1956年)終結を保障するために、国連総会により設立された。
国連安全保障理事会は、国際連合緊急軍(United Nations Emergency Force, UNEF)を設立しなかった。
国連安全保障理事会ではなく、国連総会が、二度の国際連合緊急軍(United Nations Emergency Force, UNEF)を設立した(1956年-1967年 および1973年-1979年)。
国連総会では、他の諸国と同様に(約200か国)、米国も1票を持つのみである。


[7]
いまや、米白人は、アフリカの人々よりも、人権を知らない。いまや、米白人は、後進国だ。
こんにち、ロシアも欧州評議会のメンバーである。

* こんにちの米軍、こんにちの米国防省及びこんにちのCIAこそが、米ユニラテラリズムの象徴だ。
* 米国は、「国連総会を中心と考える主義、及び、人権を中心と考える主義」に戻るべきだ。
* 世界は、「国連総会を中心と考える主義、及び、人権を中心と考える主義」に戻るべきだ。
* そもそも、国連決議で採択された合意の達成や平和の維持は、国連総会の仕事だ。
* 米軍は、国連総会のコントロール下になるべきだ。
そして、もちろん、米国人はそんな状況を望まない。
(あなたがたが軍の給料を払う。あなたがたが軍の装備を買いそろえる。あなたがたが軍のメンバーになる。そして、国連総会がその軍を指揮する。もちろん、あなたがたはそんな状況を望まない。)

つまり、米軍は役立たずだ。
もはや、我々には米軍は不要だ。

米国は、米国の軍事費を1年あたり100億ドルに今すぐ減らせ。

米国および米国マスコミはわざと真実を言わず嘘を報道している。
米大統領はもはやコマンダーインチーフ(最高司令官)ではない。
国連により戦争は禁止されている。

* 米軍、米軍需産業、米国にあるすべての軍事企業、全ての米軍事企業、米国防省およびCIAを今すぐ解体しろ。
* ドイツ、日本、中国からなる、米国債権を買うためのコンソーシアム(国際借款団)、を今すぐ解体しろ。

* 米軍の年金は、ユニバーサルヘルスケアに統一しろ。
米国の公的年金は統一すべきだ。
そうでないのなら、米軍は、いったい、毎年7000億ドルも浪費して、なにからなにを守っているのだ?

* 近い将来、ロナルドレーガン派(マスコミも含まれる)は、著名な政治家をすら、買収するだろう。著名な政治家はすぐに買収される。
政治家は、ただの操り人形に過ぎないのだ(ダイレクトな表現だが)。今や、私もルールを理解した。
だから、我々が反撃するためには、我々には、我々自身のロビイスト、我々自身の政治活動グループ、我々自身の市民権活動グループが必要だ。我々は、我々の起源を奪われた。我々は根無し草なので、我々を買収するのは困難だ。
ブラックライブズマター!Black Lives Matter!

* 米国は、歴史上、世界最大の債務国だ。
米国は、歴史上、外国からカネを最も借りている国だ。
つまり、米国は、歴史上世界一貧乏な国だ。
つまり、今や、米国は、この21世紀に、歴史上世界最大の奴隷制度国家なのだ。米国は、米国にいる移民および有色人種を搾取している。
金持ちにもっと増税しろ。ウォールストリートにもっと増税しろ。

* 一言で言うと、金本位制度の下では、政府が持つゴールドの量以上のカネを、政府は使えない。
金本位制度の下では、自動的に、総予算は制限され、インフレが止まる。
1944年ブレトンウッズ合意は金本位制度である。フランクリンルーズベルトが1944年ブレトンウッズ合意を開催した。
円/ドル相場だけに注目するのは無意味である。
例えば、米国が流通しているドル紙幣の量を2倍にしたとしても、日本も流通している円紙幣の量を2倍にすると、円/ドル相場は変わらない。
高い住宅価格などは、インフレである。ベトナム戦争アポロ計画などなど、のすべてが、住宅価格を引き上げたのだ。

金(ゴールド)の値段が上がったのではない。紙幣が金(ゴールド)に対して価値が下がったのだ。紙幣の価値が下がっているのだ。
ブレトンウッズ体制により、1944年から1971年まで、ドルは、金(ゴールド)1オンス当たり35ドルという固定価格で交換できた。そして、諸通貨の為替レートはドルに対し固定されていた。全ての通貨はドルにペッグしていた。
2020年、金(ゴールド)は1オンス1700ドルである。
つまり、1970年には、100ドルで約90グラムの金(ゴールド)が買えた。
2020年には、100ドルで、たった約2グラムの金(ゴールド)が買えるだけだ。