IbrahimCongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

「植民地と人民に独立を付与する宣言Declaration on the Granting of Independence to Colonial Countries and Peoples」

「植民地と人民に独立を付与する宣言Declaration on the Granting of Independence to Colonial Countries and Peoples」


「植民地と人民に独立を付与する宣言Declaration on the Granting of Independence to Colonial Countries and Peoples」


* 60年ほど前、国連総会は、「植民地と人民に独立を付与する宣言Declaration on the Granting of Independence to Colonial Countries and Peoples」という宣言を採択した。
政治面、経済面、社会面、教育面での準備が不足していることを、決して、独立承認を遅らせることの言い訳としては、ならない。
この決議では、国連は、人権こそが最上位であると宣言した。

* 以下の参考資料を読む限り、エチオピアエリトリアは、イタリアにより分割された。
イタリアのファシズムは、さらにもう一度エチオピアエリトリアを分割した。
西ヨーロッパ諸国がアフリカを分割した。
したがって、アフリカの方同士が互いに戦うのは間違いだ。

* 「植民地と人民に独立を付与する宣言Declaration on the Granting of Independence to Colonial Countries and Peoples」
1960年12月14日、国際連合総会決議第1514号(XV)。
1. 「外国による征服、支配、搾取に対し、人民が服従させられること」は、「基本的人権の否定であり、国連憲章に反しており、世界平和及び世界協調の推進に対する障害となっている」。
2. すべての人民は、自決の権利を持つ。この権利により人民は自身の政治的立場を自由に決定することができ、この権利により人民は自身の経済的、社会的、文化的発展を追求することができる。
3. 政治面、経済面、社会面、教育面での準備が不足していることを、決して、独立承認を遅らせることの言い訳としては、ならない。
4. 従属下の人民が平和的に自由に独立を達成する権利を行使できるように、従属下の人民に対するあらゆる武力行動やあらゆる弾圧手段は中止されるべきである。また、彼ら人民の国の領土の保全は尊重されるべきである。
6. 国の国民的統一および領土保全に対する破壊を狙ったいかなる行為も、部分的なものであれ全面的なものであれ、国連憲章の目的及び原理と相容れない。
国連植民地独立付与宣言は、同時に、あらゆる形の人種差別を国際協定により廃絶することを、目標としている。

* アフリカの植民地状態からの独立。
アフリカの独立は1950年代中盤および後半から1970年代に起き、植民地政府から独立国家へ急進的に政権交代した。


[1]
[Wikisource]
国際連合総会決議第1514号United Nations General Assembly Resolution 1514」
https://en.wikisource.org/wiki/United_Nations_General_Assembly_Resolution_1514
「植民地と人民に独立を付与する宣言Declaration on the Granting of Independence to Colonial Countries and Peoples」
1960年12月14日、国際連合総会決議第1514号(XV)。
国際連合総会は、

基本的人権、人間の尊厳と価値、人類の平等な権利、大国も小国も平等な権利を持つ」ことを再確認し、より自由な環境で社会的進歩およびより良い生活水準を推進するために、世界の人民により国連憲章に宣言された決意を心に留め、
「全ての人類の平等な権利の原理及び全ての人類の自己決定権の原理の尊重に基づいた、『安定と良い生活環境と平和と有効的な関係な状態』を創造すること」の必要性を理解し、「人種、性別、言語、宗教に関し差別することなく、全ての人類の人権及び基本的自由」の普遍的な尊重及び遵守を理解し、
全ての従属下の人民が熱烈に自由を切望していることを理解し、そうした従属下の人民が独立を達成するにはそうした従属下の人民が決定的な役割を果たすことを理解し、
そうした人民が自由を求めようとしているのに、それが否定されたり妨害されている結果、紛争が増大し、世界平和実現への深刻な脅威となっている、ことを認識し、
信託統治領および非自治地域における立運動を国連が手助けするという、国連の役割の重要性を考慮し、
世界の人々があらゆる表現で「植民地主義が終了することを熱烈に望んでいる」と主張していることを認め、
植民地主義が存続することは、「国際的な経済協調を阻害し」、「従属下の人民の社会的発展、文化的発展、経済的発展を妨げ」、「世界平和という国連の理想を妨害する」ものである、ということを確信し、
人民は、彼ら自身の目的のために、相互利益の原則及び国際法に基づいて、国際経済協調から生じるいかなる義務に対しても、先入観なしに自由に彼らの天然資源を配分することができる、ということを確認し、
解放運動の過程は止められないものでありまた不可逆なものであると信じ、さらに、深刻な危機を避けるために、植民地主義及びそれらに関係する全ての隔離政策や差別は終わらせられるべきである、と信じ、
近年、多くの属領が、自由で独立した国々になったことを歓迎し、まだ独立を達成していない属領においても自由への強力な傾向が増大していることを認識し、
全ての人民には、「自由を得る、主権の行使、国土の保全」という不可侵な権利がある、ということを確信し、

あらゆる形態及び表現の植民地主義を、迅速で無条件に終焉させることが必要であることを、厳粛に宣言する。

そして、この目的達成のために以下のことを宣言する。
1. 「外国による征服、支配、搾取に対し、人民が服従させられること」は、「基本的人権の否定であり、国連憲章に反しており、世界平和及び世界協調の推進に対する障害となっている」。
2. すべての人民は、自決の権利を持つ。この権利により人民は自身の政治的立場を自由に決定することができ、この権利により人民は自身の経済的、社会的、文化的発展を追求することができる。
3. 政治面、経済面、社会面、教育面での準備が不足していることを、決して、独立承認を遅らせることの言い訳としては、ならない。
4. 従属下の人民が平和的に自由に独立を達成する権利を行使できるように、従属下の人民に対するあらゆる武力行動やあらゆる弾圧手段は中止されるべきである。また、彼ら人民の国の領土の保全は尊重されるべきである。
5. 信託統治領、非自治地域、あるいは未だ独立を獲得していないその他の地域において、これらの地域の人民が完全な独立と自由を享受できるように、いかなる前提条件も留保もなしに、彼らが自由に表明した意思及び希望にそって、人種、心情、肌の色に関していかなる差別もなしに、全ての権力をこれらの地域の人民へ移譲する、即座の行動が取られるべきである。
6. 国の国民的統一および領土保全に対する破壊を狙ったいかなる行為も、部分的なものであれ全面的なものであれ、国連憲章の目的及び原理と相容れない。
7. 全ての国々は、誠実にかつ厳密に、「平等、あらゆる国の国内問題に対する不介入、全ての人民の主権的権利および領土保全の尊重」を基礎として、「国連憲章の条項、世界人権宣言の条項、この宣言の条項」を遵守しなくてはならない。

[Wikipedia]
「植民地と人民に独立を付与する宣言Declaration on the Granting of Independence to Colonial Countries and Peoples」
https://en.wikipedia.org/wiki/Declaration_on_the_Granting_of_Independence_to_Colonial_Countries_and_Peoples
「植民地と人民に独立を付与する宣言Declaration on the Granting of Independence to Colonial Countries and Peoples」は国連総会決議第1514号とも呼ばれ、第15回国連総会中の決議であり、第15回国連総会では「『植民地にされている国々や人民の独立を付与する』ための準備も、この宣言が提供する」ことを確認している。
この宣言は、「外国による支配」を「人権侵害」と特徴づけており、「自己決定の権利」を確認しており、「植民地支配の終了」を訴えている。
1960年12月14日に国連総会で採択された。
89カ国が賛成し、反対はゼロ、オーストラリア、ベルギー、ドミニカ共和国、フランス、ポルトガル、スペイン、南アフリカ連邦、英国、米国の9カ国が棄権した。
ドミニカ共和国を除くと、これらの国々は植民地を所有する国々である。
この宣言は、「あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約International Convention on the Elimination of All Forms of Racial Discrimination(人種差別撤廃条約)」にも引用されている。

1 背景
植民地独立に関する宣言は、最初、ソ連によって提案された。この提案では、残る植民地の急速な独立を主張していた。
しかし多くの国が「急速な植民地独立はこれら元植民地の地域でカオスとなるだろう」と考え、迅速な解決をするために国連総会に持ち込んで解決した。
43のアジア及びアフリカの国々がこの「即座に新たな段階を取るべき」という折衷案の宣言を推進した。この「即座に新たな段階を取るべき」はいろいろな意味に解釈が可能であるが、「植民地独立を即座にするべき」という点は明確であった。
米国は長いこと植民地独立を支持してきたので、植民地独立を支持すると思われたが、英国からの圧力により棄権した。
多くの国々は米国に失望した。
多くの欧州諸国及びNATOはこの宣言に賛成したので、「広義の西側の立場」というものはなかった。
英国は最も植民地を保持していた国であり、この宣言は英国批判が暗示されていると考え、また、「独立には、適切な長さの準備期間が必要」と考えていた。
英国は他の国への影響力は限られていたが、米国に対しては英国の見解が米国の投票に影響を与え、大統領アイゼンハワーの最終決定を悪化させた。
米国大使James Wadsworthは彼の演説で、「全般的な目的には賛成だが、『言葉及び思想に困難があり』種々の技術的問題を提起した」と説明した。
議員のWayne Morse は、「米国務省は、宣言文を不正確に読み取るために、全力を尽くした」と一言で簡潔に特徴づけた。

2 遺産
この宣言は、植民地独立の家庭における画期的出来事となった。
2000年に、国連総会決議1514号の40周年式典にて、国連総会は、「2001年-2010年を第2の国際植民地廃絶のための10年」と宣言する決議55/146を採択した。
これは、1990年-2000年を、国際植民地廃絶のための10年、としたことに続くものである。

[Wikipedia]
「アフリカの独立Decolonization of Africa」
https://en.wikipedia.org/wiki/Decolonisation_of_Africa
アフリカの独立は1950年代中盤および後半から1970年代に起き、植民地政府から独立国家へ急進的に政権交代した。
8 時系列
以下の表では、独立した日が早い順に書かれている。58カ国が植民地状態から独立した。
順番    国名                                    宗主国                                                    独立した日
1        リベリア
2        南アフリカ                                英国                                                    1910年5月31日
3        エジプト                                英国                                                    1922年2月28日
4        エチオピア帝国                            イタリア王国 / 英国                                         1942年1月31日 / 1944年12月19日
4        エリトリア                                イタリア                                                1947年2月10日
5        キレナイカ首長国Emirate of Cyrenaica    英国軍政                                                1949年3月1日
5        リビア王国                                英国, フランス第四共和政, キレナイカ首長国
5        リビア                                    イタリア, 英国                                            1951年12月24日
6        スーダン                                英国, エジプト共和国                                    1956年1月1日
7        南スーダン                                英国, エジプト共和国                                    1956年1月1日
8        チュニジア                                フランス, 英国                                            1956年3月20日
9        モロッコ                                フランス / スペイン / 米国                                1956年3月2日 / 1956年4月7日, 1958年4月10日, 1969年1月4日
10        ガーナ                                    英国                                                    1957年3月6日
11        ギニア                                    フランス                                                1958年10月2日
12        カメルーン                                ドイツ / フランス, 英国                                    1916年3月4日 / 1960年1月1日, 1961年10月1日
13        トーゴ                                    フランス                                                1960年4月27日
14        マリ                                    フランス                                                1960年6月20日
15        セネガル                                フランス                                                1960年6月20日
16        マダガスカル                            フランス                                                1960年6月26日
17        コンゴ民主共和国                        ベルギー                                                1960年6月30日
18        ソマリア                                英国, イタリア                                            1960年6月26日, 1960年7月1日 / 1991年5月18日
19        ダホメ共和国                            フランス第五共和政, ポルトガル共和国                    1960年8月1日, 1961年7月31日
19        ベナン                                    フランス                                                1960年8月1日
20        ニジェール                                フランス                                                1960年8月3日
21        ブルキナファソ                            フランス                                                1960年8月5日
22        コートジボワール                        フランス                                                1960年8月7日
23        チャド                                    フランス                                                1960年8月11日-12日
24        中央アフリカ共和国                        フランス                                                1960年8月13日
25        コンゴ共和国                            フランス                                                1960年8月14日-15日
26        ガボン                                    フランス                                                1960年8月16日-17日
27        ナイジェリア                            英国                                                    1960年10月1日, 1961年6月1日, 1961年10月1日
28        モーリタニア                            フランス                                                1960年11月28日
29        シエラレオネ                            英国                                                    1961年4月27日
30        タンガニーカ                            英国                                                    1961年12月9日
31        ブルンジ                                ドイツ / ベルギー                                        1919年7月1日 / 1962年7月1日
32        ルワンダ                                ドイツ / ベルギー                                        1919年7月1日 / 1962年7月1日
33        アルジェリア                            フランス                                                1962年7月5日
34        ウガンダ                                英国                                                    1962年10月9日
35        ケニア                                    英国                                                    1963年12月12日
36        ザンジバル・スルターン国                英国                                                    1963年12月10日
37        マラウ                                    英国                                                    1964年7月6日
38        ザンビア                                英国                                                    1964年10月24日
39        ガンビア                                英国                                                    1965年2月18日
40        ローデシア / ジンバブエ                    英国                                                    1965年1月11日 / 1980年4月17日
41        ボツワナ                                英国                                                    1960年 – 1966年9月30日
42        レソト                                    英国                                                    1966年10月4日
43        モーリシャス                            英国                                                    1968年3月12日
44        エスワティニ                            英国                                                    1968年9月6日
45        赤道ギニア                                スペイン                                                1968年10月12日
46        ギニアビサウ                            ポルトガル                                                1973年9月24日, 1974年9月10日 (承認), 1975年7月5日
47        モザンビーク                            ポルトガル                                                1975年6月1日25
48        カーボベルデ                            ポルトガル                                                1975年7月5日
49        コモロ                                    フランス                                                1975年7月6日
50        サントメ・プリンシペ                    ポルトガル                                                1975年7月12日
51        アンゴラ                                ポルトガル                                                1975年11月11日
52        セーシェル                                英国                                                    1976年6月29日
53        ジブチ                                    フランス                                                1977年6月27日
54        サハラ・アラブ民主共和国                スペイン, モロッコ, モーリタニア・イスラム共和国, 米国    1976年2月27日 (独立はまだ実効的ではない)
55        ナミビア                                南アフリカ                                                1966年10月27日(法的に) - 1990年3月21日
56        ローデシア・ニヤサランド連邦            英国                                                    1923年10月1日, 1953年8月1日, 1964年7月6日, 1964年10月24日, 1965年11月11日, 1979年6月1日, 1980年4月18日

8.1 年表についての注記

[Wikipedia]
新植民地主義Neocolonialism
https://en.wikipedia.org/wiki/Neocolonialism

[Wikipedia]
アスマラAsmara」
https://en.wikipedia.org/wiki/Asmara
アスマラAsmaraあるいはAsmera」は、エリトリアで最も人口の多い都市であり、エリトリアの中心部にある。
2017年にアスマラは、その「よく保存された現代建築」から、「ユネスコ世界遺産」とされた。
1 歴史
1.1 イタリア領アスマラ
アスマラは19世紀には小さな村だったが、1889年にイタリアに占領されてから、急速に拡大しだした。
イタリア人の巨大なコミュニティがアスマラに作られた。
1939年の国勢調査によると、アスマラの人口は9万8千人で、そのうち5万3千人はイタリア人であった。
エリトリア全土には7万5千人のイタリア人がいただけであり、首都アスマラのみを圧倒的にイタリア人が最大のセンターとしていた。
アスマラはイタリア建築の外観となった。
1930年代末までに、アスマラは、ピッコラ ローマ(リトル ローマ)と呼ばれるようになった。

4 建築
アスマラの街は、その20世紀初頭の建築で知られている。アール・デコ(Art Deco)の「帝国劇場Cinema Impero」(1937年開場。専門家からはアールデコスタイルのビルの最も優れた例の一つとみなされている)、「キュビズム派のアフリカンペンションCubist Africa Pension」、「キリスト教eclectic正教(Eclectic Orthodoxy,折衷派正教)」の「Enda Mariam大聖堂」とその前身のオペラハウス、未来派建築のフィアット ティグリロビル、ネオロマネスク建築の「アスマラ、ロザリオと大聖堂の聖母教会Church of Our Lady of the Rosary」、新古典主義建築の総督の宮殿、などが挙げられる。
アスマラ中心部の大半は、1935年から1941年にかけて建設されたので、イタリア人はアスマラ市ほぼ全体を6年間で効率的に管理して作り上げたことになる。
このとき、独裁者ベネト ムッソリーニは、第2のローマ帝国のための巨大な計画をアフリカに持っていた。
戦争によりこの計画は断たれたが、 ムッソリーニが資金を注入したことで、こんにちのアスマラが作られた。こんにちのアスマラは、この時代の「ファシズムによる植民地」の象徴と考えられている。

[BBC]19 June 2005
Sunday Feature
https://www.bbc.co.uk/radio3/sundayfeature/pip/kg9k6/
アフリカ - アスマラ再建
1930年代、ムッソリーニの帝国計画では、アフリカにおける計画では、エリトリアの首都アスマラで巨大な再建計画を立てていた。
カネに糸目をつけなかった --- 才能のある若いイタリア人建築家達が、アスマラを、原型を留めないほどに現代風に作り変えだ。

[Wikipedia]
エリトリア
https://en.wikipedia.org/wiki/Eritrea
こんにちのエリトリアは、はっきりと独立国であった王国の数々(例えば、「ミドゥリ・バリMedri Bahri」や「オーッサ・スルタン国Sultanate of Aussa」など)を併合した結果、最終的にイタリア領エリトリアとして成立したものである。
植民地を支配していたイタリア軍が1942年に敗北すると、1952年までエリトリアは英軍軍政下に置かれた。
1952年の国連総会のあと、エリトリアエリトリア自治政府により自治することとなった。しかし、外交と軍事に関しては、エリトリアエチオピアの連邦となった。この状態は10年続いた。
しかし1962年に、エチオピア政府は、エリトリア議会を無効とし、エリトリアを正式に併合した。
エリトリアの分離独立主義者は、1961年にエリトリア解放戦線を結成し、1991年にエリトリアが事実上の独立を達成するまで、エリトリア独立戦争を始めた。
エリトリアは、エリトリア独立を問う国民投票により、1993年に法的に独立を達成した。


[2]
自動車は、地産地消にすべきだ。自動車産業を「地産地消」にすべきだ。各国は、自国で自動車を製造すべきだ。
そうすれば、貿易収支は均衡し、債務国は存在しなくなる。

米国は、世界最大の人類史上最大の債務国である。
米国は、世界一外国からカネを借りており、歴史上最も外国からカネを借りている。
つまり、一言で言うと、中国、日本、ドイツは、財政的に米軍を支援しており、米軍に融資している。
もしも、中国、日本、ドイツが、米国国債を買わなければ、米国は米軍を維持できないのだ。

おそらく、我々は、米国を救うことができない、かもしれないだろう。
おそらく、米国は、我々が助けることは不可能であろう。
米白人及びキリスト教は、役に立たない。
すべての米政治家は、私腹を肥やしているだけの、単なるクズだ。
そして、米国のバカな行動により、世界は楽してカネを稼ぐことができるので、世界は米国の行動を正そうとしない。
しかし、我々は前に進まないといけないのだ。
ブラックライブズマター。Black Lives Matter.私はアフリカ系の99%の一人になりたい。私はイスラム教徒になりたい。私は自称イスラム教徒だ。私はキリスト教徒ではない。私は神社の信者ではない。
少なくとも宗教的観点から、少なくとも現在は、イスラム教を選択するのは、合理的答えだ。
米国を合法的に解体し、合法的にアフリカ系国家を作り、及び、合法的にイスラム系国家を作る、ことが、ひょっとすると答えなのかも知れない、と私は思う。

この40年を振り返ってみると、少なくとも今のところは、イスラムのみが世界を平和にできるような気が、私にはする。
例えば、インドネシアやイランは共和国だ。
アフリカ及びイスラムが世界を救える、と私は思う。


[3]
アフリカ系米国人には、給料の良い安定した仕事が必要だ。
アフリカ系米国人には、給料が良く安定しており労働組合のある仕事が必要だ。
アフリカ系米国人の99%は、「アフリカ系米国人の労働組合」が必要だ。アフリカ系米国人には、アフリカ系米国人のための労働組合が必要だ。
レーガン政権により軍拡が進み、アフリカ系のかたが労働組合からいなくなった。
今の米国は、1950年代・1960年代よりも、プログレッシブが極端に弱まっている。 今の米国は、1950年代・1960年代よりも、退化している。
マルチンルーサーキングジュニアは、大統領リンドンジョンソンに対し反戦運動を開始した。リンドンジョンソンは、ベトナム戦争と人権法案を抱き合わせにした。

なぜ、アフリカ系米国人には、軍隊の仕事・音楽の仕事・スポーツの仕事しかないように見えるのか?
アフリカ系米国人の10万人に一人は、ミュージシャンかスポーツ選手になれる。
その他のアフリカ系米国人は、「貧困少数民族グループ」に強制的に閉じ込められる。
米国は、アフリカ系米国人ミュージシャンおよびアフリカ系米国人スポーツ選手を人間の広告塔として悪用することで、米国には人種差別がないようなふりをする。
米国は、米国の貧富の差を拡大するために、アフリカ系米国人ミュージシャンおよびアフリカ系米国人スポーツ選手を人間の広告塔として悪用している。

この現状こそが差別だ。

アフリカ系米国人は、米保健福祉省長官になるべきだ。
アフリカ系米国人は、国防省長官になってはいけない。

私には、いかなるアフリカ系米国人のかたにも失礼なことを申し上げるつもりはありません。

数年前、アフリカ系米国人の会計士が、その警官の主張によると、偶発的に警官に射殺された。
おそらく、そのアフリカ系米国人の会計士は金持ちだったろう、そして警察官は金持ちではない。
この、貧富の差は、米政治家により作られたものだ。
このようにして、貧富の差を正当化するために、アフリカ系米国人は悪用される。
これこそ差別と呼ばれるべきだ。
さらに悲惨なことには、この貧富の差は、ロナルドレーガンが作ったのだ。
そして、米警官はロナルドレーガンを支持している。
民主党でさえも、ロナルドレーガンを支持している。


[4]
米国では、アフリカ系米国人は差別され続け、米軍しか就職先がなかった。
そして、米国のトップ1%が社会主義国だとレッテルを張った国々に、米国のトップ1%は定期的に戦争を仕掛けている。
アフリカ系米国人は徴兵され、「本来ならばアフリカ系米国人の友人となるはずの人権活動家」と戦わされている。
これら米政府の汚いやり口により、米政府は、アフリカ系米国人から、アフリカ系米国人が人権活動するチャンスを奪っている。

ベトナム戦争(1955年-1975年)・米国によるグレナダ侵攻(1983年)・米国によるニカラグア侵略(1981年-1990年)・米国によるグアテマラ侵略(1960年-1996年)・米国によるホンジュラス侵略(1988年)・米国によるエルサルバドル侵略(1981年-1988年)を思い出すべきだ。
ロナルドレーガンが1981年から1989年まで大統領だった。ジョージブッシュが1981年から1989年まで副大統領だった。

公民権運動(Civil-rights movement)は、左翼の運動だ。
警察が公民権運動を弾圧する。世界では、警察は右翼と分類されている。
ところで、警察は「警察は軍隊よりも左翼だ」と主張する。
だから、米政府は「アフリカ系米国人を、軍隊へと、わざと間違えた方向へ」誘導し、警察がアフリカ系米国人を弾圧しやすいようにしている。
米国では、アフリカ系米国人は、差別され続けており、軍隊しか仕事がない状態にされている。


[5]
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。

イギリスが「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を作った。
他方で、ソ連が崩壊した主要な原因は軍事費が巨額なことだ。
(私にはロシアを批判する気も支持する気もありません)

米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
(しかし、巨大な中央集権政府がその答えなのかどうかは、私にはわかりません)
(実際、現在の米国政府は、年に7000億ドルも軍事費を使う超巨大政府です)

金持ちに税金をかけろ!ウォールストリートに税金をかけろ!金持ちに増税しろ!ウォールストリートに増税しろ!
米国は、米国にプログレッシブを復活させろ。

人権活動が低下した結果、労働組合活動も低下した。労働組合が弱体化した結果、人種差別も強まった。
人権および労働組合がないと、いくら国や会社が儲かったとしても、労働者の生活は向上しない。
その人権および労働組合の重要性を、今、全世界が証明している。
米労働運動および米労働組合も誕生し成長したから、米国労働者は生活が向上した。
労働組合の力により、米労働者は会社と交渉ができた。


[6]
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーが、こんにちの自由貿易を開始し推進した。
ロナルドレーガンが、「こんにちの自由貿易」「1979年から1991年までの冷戦」「競争社会」「軍拡」「経済格差」「福祉切り捨て」を始めた。

レーガンは、違法なコントラ戦争を、ニカラグアで起こした。
レーガンは、エルサルバドルで、死の暗殺部隊(デス・スクワッド, Death Squads)を支援し、多くの市民を殺した。
グアテマラでは、米国が支援した虐殺が起きた。

ネルソンマンデラは、1994年から1999年まで南アフリカ共和国大統領だったにもかかわらず、2008年まで米国のテロリスト監視リストに名前が載っていた。
もともとは、米大統領ロナルドレーガンが、1980年代に、アフリカ民族会議(African National Congress:ANC)をテロリスト監視リストに載せた。
ネルソンマンデラは、1991年から1997年まで、ANCの議長を務めた。

ネルソンマンデラは、アパルトヘイト相手に戦った。
その時の南アフリカ共和国政府は、ネルソンマンデラを投獄した。
米国大統領ロナルドレーガンおよび英国首相マーガレットサッチャーは、その時、南アフリカ共和国政府を支持した。
ネルソンマンデラは、ノーベル平和賞を受賞した。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーレイシストだ。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーの支持者もレイシストだ。

Black Lives Matter!ブラックライブズマター!Black Voters Matter!ブラックボーターズマター!
米国国防省・米国のメディア・ホワイトハウス・米国の政治家・米国の大学・米国のトップ1%・米国のセレブ・ハリウッド・ウォールストリートよりも、我々は左だ。

他方で、ドイツのファシズムは極右だ。ナチは極右だ。

今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガンの支持者だ。今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガン派だ。
ロナルドレーガンは極右だ。
日本および米国防省および米マスコミおよびウォールストリートおよびハリウッドが、ロナルドレーガンを育てたのだ。

我々は、次の選挙で、米上院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!
我々は、次の選挙で、米下院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!


[7]
* 米国は、「国連総会を中心と考える主義、及び、人権を中心と考える主義」に戻るべきだ。
* 世界は、「国連総会を中心と考える主義、及び、人権を中心と考える主義」に戻るべきだ。
* 国連安全保障理事会常任理事国は、国連総会においては拒否権を持たない。
* 「国際連合総会決議377 United Nations General Assembly Resolution 377 (1950年平和のための結集 Uniting for Peace 決議)」は、安全保障理事会常任理事国のいかなる拒否権も覆すことができる仕組みを、国連総会に提供するもの、である。
* エレノアルーズベルトは、国連人権委員会(the U.N.Commission on Human Rights (CHR): 国連人権理事会の前身)の初代議長である。
* 国連総会は、「世界人権宣言Universal Declaration of Human Rights(1948年)」、「国際人権規約International Bill of Human Rights(1966年)」、「国際連合人権理事会(United Nations Human Rights Council」を採択した。
* だから、国際社会が米国で人権侵害を発見したときには、国連総会には米国に介入する権利と義務がある、
この結論は、国連はドイツのファシズムを倒すために設立されたことを思い起こすと、極めて自然な結論である。

* 米国人は、ユネスコ事務局長を、1952年から1953年までと、1953年から1958年まで、務めた。
* 米国は、ロナルドレーガン時代の1984年に、初めて、ユネスコから離脱した。2003年10月1日に米国はユネスコに再加盟した。
* アルバートアインシュタインおよびマリーキュリーは、国際連盟の新たに作られたInternational Committee on Intellectual Cooperation(国際知的協力委員会、のちのユネスコ)のメンバーとなった。

* 「奴隷貿易とその廃止を記念する国際デー, International Day for the Remembrance of the Slave Trade and its Abolition」は、ユネスコが定めた国際デーで、毎年8月23日に、大西洋奴隷貿易(Atlantic slave trade)を記念する日である。
* この日は、1791年8月22日から23日の夜にかけて、サン=ドマング(現在のハイチ)において、大西洋奴隷貿易の廃止の重要な要因となった反乱(ハイチ革命)が始まった、奴隷貿易の廃止において重要な日である。

* ロナルドレーガンが、1984ロサンゼルスオリンピックで、こんにちの、商業オリンピックを始めた。

* 国際連合社会主義
* 国連には、「UNCTADやUNICEFやSDR(Special Drawing Rights)」という、「所得再分配機能および富の再分配機能」がある。
* 国連には、UNCTADやUNICEFやSDR(Special Drawing Rights)という、カネのない国を援助する装置がある。(私は途上国に失礼なことを言うつもりはない)、
* UNICEF(国際連合児童基金)は、世界で最も広まり、世界で最も認知されている、社会福祉組織であり、192の国と地域で活動している。
ユニセフは「『全ての子供たち、特に差別と排斥の危機にさらされている子供たち、の福利厚生をサポートする社会的保護システム』を諸国で強化し広めること」を手助けしている。
「『国による資金援助プログラムの開発と拡大』をサポート」し「社会的保護システムの強化」することにより、たとえ人道的危機に直面していても、全ての家族が「医療、教育、社会福祉」にアクセスできるようにする。
「どこでどのように公的資金を使用するか」という各国政府の決める選択は、貧困のサイクルを止めるのに決定的な影響力がある。
今までの全ての7人のユニセフ事務局長は米国人。

* SDR(Special Drawing Rights, 特別引出権)の配分は、「流動性を確保」し「加盟国の公的準備金(引当金)を補う」役割を果たすことができる。

* UNCTAD(国連貿易開発会議)は、「発展途上国の抱く『国際市場、多国籍企業、先進国と発展途上国との巨大な格差』に対する懸念」に基づいて、1964年に設立された。

* 第一次国際連合緊急軍(first United Nations Emergency Force, UNEF)は、スエズ危機(1956年)終結を保障するために、国連総会により設立された。
国連安全保障理事会は、国際連合緊急軍(United Nations Emergency Force, UNEF)を設立しなかった。
国連安全保障理事会ではなく、国連総会が、二度の国際連合緊急軍(United Nations Emergency Force, UNEF)を設立した(1956年-1967年 および1973年-1979年)。
国連総会では、他の諸国と同様に(約200か国)、米国も1票を持つのみである。


[8]
* イスラエルキブツを知らない米政治家は、反ユダヤ主義者だ。
* 特に、米共和党および米右翼政治家は、反ユダヤ主義者だ。
* キブツイスラエルの共同体コミュニティー(collective community)。
* キブツは、ユートピアなコミュニティーとして始められ、社会主義シオニズムの結合したものであった。
* 最初に設立されたキブツは、1909年にイスラエル北部のDeganiaである。
* 2010年には、イスラエルには270のキブツがある。これらキブツの工場および農場の生産高は、イスラエルの工業生産の9%、80億ドルに達し、イスラエルの農業生産の40%、17億ドルに達する。

* ヤーセルアラファト、イツハクラビン、シモンペレスは、オスロ合意を締結したことで、1994年にノーベル平和賞を受賞なさった。
* ヤーセルアラファトは、パレスチナの政治リーダー。ヤーセルアラファトは、ファタハの設立者で議長。ヤーセルアラファトは、パレスチナ解放機構(Palestine Liberation Organization, PLO)の議長。
* イツハクラビンおよびシモンペレスは、二人とも、イスラエル首相で、イスラエル労働党議長。

* イスラエル労働党ファタハも、「社会主義インターナショナル」および「欧州​社会党」のメンバーである。

* イスラエル国会にはアラブ系イスラエル人の政治家も存在する。
* イスラエルには、社会主義政党共産主義政党、アラブ人政党が存在する。
* イスラエルは、単一民族国家ではない。
* イスラエルには、アラブ人の政治家すら存在する。

* ナフタリベネットおよびハマスは極右だ。


[9]
1オンス当たりの金(ゴールド)の価格。
1970年:35ドル
1980年:600ドル
2000年:280ドル
2017年:1260ドル
2020年:1770ドル
現在:1800ドル

[Wikipedia]
世界の債務国の正味対外債務
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_debtor_nations_by_net_international_investment_position_per_capita
順位 / 国名 / 正味対外投資状態 (NIIPs)(米ドル)
1 米国 -8兆428億ドル
2 スペイン -9780億ドル

[Wikipedia]
世界の債権国の2015年の時点における正味対外債権
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_creditor_nations_by_net_international_investment_position_per_capita
順位 / 国名 / 正味対外債権
1 日本 2兆8125億ドル
2 ドイツ 1兆6157億ドル
3 中国 1兆5964億ドル
4 香港 1兆3092億ドル
5 台湾 1兆539億ドル


[10]
いまや、米白人は、アフリカの人々よりも、人権を知らない。いまや、米白人は、後進国だ。
こんにち、ロシアも欧州評議会のメンバーである。

* こんにちの米軍、こんにちの米国防省及びこんにちのCIAこそが、米ユニラテラリズムの象徴だ。
* 米国は、「国連総会を中心と考える主義、及び、人権を中心と考える主義」に戻るべきだ。
* 世界は、「国連総会を中心と考える主義、及び、人権を中心と考える主義」に戻るべきだ。
* そもそも、国連決議で採択された合意の達成や平和の維持は、国連総会の仕事だ。
* 米軍は、国連総会のコントロール下になるべきだ。
そして、もちろん、米国人はそんな状況を望まない。
(あなたがたが軍の給料を払う。あなたがたが軍の装備を買いそろえる。あなたがたが軍のメンバーになる。そして、国連総会がその軍を指揮する。もちろん、あなたがたはそんな状況を望まない。)

つまり、米軍は役立たずだ。
もはや、我々には米軍は不要だ。

米国は、米国の軍事費を1年あたり100億ドルに今すぐ減らせ。

米国および米国マスコミはわざと真実を言わず嘘を報道している。
米大統領はもはやコマンダーインチーフ(最高司令官)ではない。
国連により戦争は禁止されている。

* 米軍、米軍需産業、米国にあるすべての軍事企業、全ての米軍事企業、米国防省およびCIAを今すぐ解体しろ。
* ドイツ、日本、中国からなる、米国債権を買うためのコンソーシアム(国際借款団)、を今すぐ解体しろ。

* 米軍の年金は、ユニバーサルヘルスケアに統一しろ。
米国の公的年金は統一すべきだ。
そうでないのなら、米軍は、いったい、毎年7000億ドルも浪費して、なにからなにを守っているのだ?

* 近い将来、ロナルドレーガン派(マスコミも含まれる)は、著名な政治家をすら、買収するだろう。著名な政治家はすぐに買収される。
政治家は、ただの操り人形に過ぎないのだ(ダイレクトな表現だが)。今や、私もルールを理解した。
だから、我々が反撃するためには、我々には、我々自身のロビイスト、我々自身の政治活動グループ、我々自身の市民権活動グループが必要だ。我々は、我々の起源を奪われた。我々は根無し草なので、我々を買収するのは困難だ。
ブラックライブズマター!Black Lives Matter!

* 米国は、歴史上、世界最大の債務国だ。
米国は、歴史上、外国からカネを最も借りている国だ。
つまり、米国は、歴史上世界一貧乏な国だ。
つまり、今や、米国は、この21世紀に、歴史上世界最大の奴隷制度国家なのだ。米国は、米国にいる移民および有色人種を搾取している。
金持ちにもっと増税しろ。ウォールストリートにもっと増税しろ。

* 一言で言うと、金本位制度の下では、政府が持つゴールドの量以上のカネを、政府は使えない。
金本位制度の下では、自動的に、総予算は制限され、インフレが止まる。
1944年ブレトンウッズ合意は金本位制度である。フランクリンルーズベルトが1944年ブレトンウッズ合意を開催した。
円/ドル相場だけに注目するのは無意味である。
例えば、米国が流通しているドル紙幣の量を2倍にしたとしても、日本も流通している円紙幣の量を2倍にすると、円/ドル相場は変わらない。
高い住宅価格などは、インフレである。ベトナム戦争アポロ計画などなど、のすべてが、住宅価格を引き上げたのだ。

金(ゴールド)の値段が上がったのではない。紙幣が金(ゴールド)に対して価値が下がったのだ。紙幣の価値が下がっているのだ。
ブレトンウッズ体制により、1944年から1971年まで、ドルは、金(ゴールド)1オンス当たり35ドルという固定価格で交換できた。そして、諸通貨の為替レートはドルに対し固定されていた。全ての通貨はドルにペッグしていた。
2020年、金(ゴールド)は1オンス1700ドルである。
つまり、1970年には、100ドルで約90グラムの金(ゴールド)が買えた。
2020年には、100ドルで、たった約2グラムの金(ゴールド)が買えるだけだ。