IbrahimNcongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

米国はイギリスを好きだ。しかし、とあるイギリス人は米国について何か言っているようだ。チャーリーチャップリン。

米国はイギリスを好きだ。しかし、とあるイギリス人は米国について何か言っているようだ。チャーリーチャップリン

 

 

米国はイギリスを好きだ。しかし、とあるイギリス人は米国について何か言っているようだ。チャーリーチャップリン

大学、マスコミ、こんにちの全ての米政治家は、無教養で恥知らずのバカ、に見えます。

 

* チャーリーチャップリンは、イギリスに生まれた。

米国では、チャップリンは、公に、共産主義者と批判された。

FBIによる調査が開始され、チャップリンは米国を強制的に追い出され、スイスに永住した。

FBIチャップリンを国外に追放したいと考え、1947年初頭に公式な調査を開始した。

1952年、チャップリンは米国から追放された。

チャップリンは、「私が、『あの憂鬱な国、米国』に再入国するかどうかは、私にとっては全く価値のない問題だ。『あのヘイトだらけの環境から早く追放されればされるほど、私にとっては良いことだ。米国の侮辱および米国の尊大さには、うんざりしている』と私は彼らに言いたい」と言った。

「強力な反動的保守的グループおよび米国の低俗で煽情的なマスコミにより、リベラルな思想を持つ個人が標的とされ迫害されるような不健康な環境が作り出された。チャップリンは、その強力な反動的保守的グループによる嘘とプロパガンダの対象とされた」とチャップリンは主張した。

実際、こののち、チャップリンは、米国で暮らすことは、1977年に死ぬまで二度となかった。

アカデミー賞の名誉賞を受賞するために、授賞式に1度入国しただけである。

このアカデミー名誉賞は、「米国が謝罪したい」という意思表示のあらわれであった。

 

* チャップリンは彼の映画に政治的メッセージを公然と取り込むようになった。

1936年の「モダンタイムス」では悲惨な状態にある工場労働者を取り上げた。1940年の「独裁者」ではヒットラーおよびムッソリーニをモノマネしパロディーにし、最後にナショナリズムに反対する演説をした。1947年の「殺人狂時代」では戦争および資本主義を批判した。1957年の「ニューヨークの王様」ではマッカーシズムを攻撃した。

チャップリンは彼の映画「殺人狂時代」の中で主人公で犯人のアンリ・ヴェルドゥを演じ、「戦争、紛争、 --- それらはすべてビジネスなのだ。一人を殺せば犯罪者だ。しかし数百万人を殺せば英雄だ。数が正当化するのだ。ねえ、君たちそうだろ!」と主人公に言わせた。

 

* 1971年、チャップリンは、カンヌ国際映画祭で、レジオンドヌール勲章を受章。

翌年、チャップリンは、ヴェネツィア国際映画祭で特別賞を受賞。

1972年、チャップリンは、映画芸術科学アカデミー(アカデミー賞)名誉賞を受賞。チャップリンの公式伝記作家ロビンソンによると「米国は謝罪したくなった」のだ。

米国は、他国がチャップリンを評価しているのを見て、初めて、他国の後から他国にくっついて、チャップリンを評価した。

米国はベトナム戦争で敗北して初めて、チャップリンに対して償いたくなった。

 

 

[1]

[Wikipedia]

チャーリーチャップリン

https://en.wikipedia.org/wiki/Charlie_Chaplin

FBIによる調査が開始され、チャップリンは米国を強制的に追い出され、スイスに永住した。

チャップリンの映画は、哀愁を伴うドタバタ喜劇で特徴づけられ、逆境の中で苦闘する放浪者で象徴化されている。

チャップリンの多くの作品は、自伝的要素であると同時に、社会的テーマおよび政治的テーマを含む。

チャップリンは、1972年にアカデミー賞で、「今世紀が生んだ芸術形態である映画の製作において計り知れない功績をもたらした」という理由で、名誉賞を受賞した。

チャップリンは高く評価され続けており、「黄金狂時代」「街の灯」「モダンタイムス」「独裁者」は「史上最高の映画the greatest films of all time」に常にランクインする。

 

1 生涯

 

1.1 1889年–1913: 青年時代

 

1.1.1 背景および困窮していた小児期

チャールズスペンサーチャップリンは、母ハンナチャップリン(旧姓ヒル)と父チャールズチャップリンシニアの間に、1889416日に生まれた。

チャップリンは、南ロンドンウォルワース東通りで生まれたと信じられているものの、公的な出生記録は無い。

 

1.5 1939年–1952: 論争および人気低下

 

1.5.1 映画「独裁者」

にもかかわらず、ウインストンチャーチルもフランクリンルーズベルトも映画「独裁者」を気に入った。チャーチルルーズベルトも公開前に内輪の上映会で鑑賞していた。

ルーズベルトはその後、1941年の就任演説でチャップリンを招き、「映画『独裁者』に出てくる最後の演説」をチャップリンにしてもらった。このルーズベルトの就任式で、チャップリンが「映画『独裁者』に出てくる最後の演説」をしたことは、大人気となった。

チャップリンは、第2次大戦中、この「映画『独裁者』に出てくる最後の演説」を読むために、その他の愛国的な役割に何度も呼ばれた。

映画『独裁者』は、最優秀作品賞、最優秀脚本賞、最優秀主演男優賞を含む5つの賞にノミネートされた。

 

1.5.3 映画「殺人狂時代」および共産主義者と批判されたこと

チャップリンは、映画「殺人狂時代」で、再び彼の政治的視点を声を上げて主張し、「資本主義」を批判し、「世界が戦争および大量破壊兵器を通じて大量殺戮を促進している」と批判した。

チャップリンは、公に、共産主義者と批判された。

FBIチャップリンを国外に追放したいと考え、1947年初頭に公式な調査を開始した。

 

1.5.4 「ライムライト」および米国からの追放

チャップリンは、映画「ライムライト」の舞台となったロンドンで、映画「ライムライト」のワールドプレミア(ライムライトの世界最初の試写会)を開くことにした。

チャップリンはロサンゼルスを去るときに、「米国へは二度と戻らないだろう」との予告を表明していた。

1952918日、ニューヨークで、家族とともに客船クイーンエリザベスに乗り込んだ。

翌日、米国司法長官General James P. McGraneryは、チャップリンの再入国許可を取り消し、「チャップリンが米国へ再入国するには、チャップリンの政治的見解およびチャップリンの道徳的行為についてのインタビューを、チャップリンは提出しなくてはならないだろう」と述べた。

McGraneryは「訴訟でチャップリンに勝てる」とマスコミに語ったが、作家のマランドは1980年代に公表されたFBIのファイルを読んで「チャップリンの再入国を阻止できる物的証拠を米政府は何も持っていなかった」と結論付けた。

しかし、チャップリンは海底電信(電報)でこのニュースを受け取った時、チャップリンはすでに米国との関係を断ち切ることを決断していた:

 

チャップリンは、「私が、『あの憂鬱な国、米国』に再入国するかどうかは、私にとっては全く価値のない問題だ。『あのヘイトだらけの環境から早く追放されればされるほど、私にとっては良いことだ。米国の侮辱および米国の尊大さには、うんざりしている』と私は彼らに言いたい」と言った。

 

1.6 1953年–1977: 欧州時代

強力な反動的保守的グループの影響力および米国の低俗で煽情的なマスコミが、リベラルな思想を持つ個人が標的とされ迫害されるような不健康な環境を作り出した。チャップリンは、その強力な反動的保守的グループによる嘘とプロパガンダの対象とされた。 - 「米国再入国はしない」と表明したチャップリンのプレスリリース。

 

1.6.1 スイスへの移住および映画「ニューヨークの王様」

チャップリンの米再入国許可が取り消されたのち、チャップリンは米国へ戻ろうとはせず、そのかわりに、彼の業務や私事や財産を解決すべく、妻を米国に送った。

チャップリン夫妻はスイスに居住することに決め、一家は19531月に終の棲家となる家へと引っ越した:レマン湖(Lake Geneva)を望むヴヴェイ郊外のコルシエ村(Corsier-sur-Vevey)の、14ヘクタール(35エーカー)のマノワールドバンManoir de Banである。

チャップリンは、3月にビバリーヒルズにある家とスタジオを売りに出し、4月には再入国許可賞を返却した。

翌年、チャップリンの妻は、米市民権を放棄し、英市民となった。

1950年代は、チャップリンは論争の的となるような存在であり続けた。特に、共産圏主導の世界平和会議から国際平和賞を受賞したのち、そして、周恩来およびニキータフルシチョフと会談したのちには、チャップリンは論争を呼んだ存在であり続けた。

チャップリン1954年に、欧州で最初となる映画「ニューヨークの王様」の作成を始めた。

チャップリン自身が、米国に庇護を求める亡命中の国王を演じた。

 

1.6.2 最後の作品群および再評価

1971年、チャップリンは、カンヌ国際映画祭で、レジオンドヌール勲章を受章。

翌年、チャップリンは、ヴェネツィア国際映画祭で特別賞を受賞。

1972年、チャップリンは、映画芸術科学アカデミー(アカデミー賞)名誉賞を受賞。チャップリンの公式伝記作家ロビンソンによると「米国は謝罪したくなった」のだ。

チャップリンは最初は躊躇したが、20年ぶりに初めて米国へ戻る決断をした。

チャップリンの訪米はマスコミの多大な注目を集め、アカデミー賞のガラでは、アカデミー賞の歴史の中で最長となる12分間のスタンディングオベーションを受けた。

チャップリンは明らかに感情的になりながら、「今世紀が生んだ芸術形態である映画、その映画製作において計り知れない功績をもたらした」という理由で、名誉賞を受賞した。

 

2 映画製作

2.3 スタイルおよびテーマ

チャップリンは彼の映画に政治的メッセージを公然と取り込むようになった。

1936年の「モダンタイムス」では悲惨な状態にある工場労働者を取り上げた。1940年の「独裁者」ではヒットラーおよびムッソリーニをモノマネしパロディーにし、最後にナショナリズムに反対する演説をした。1947年の「殺人狂時代」では戦争および資本主義を批判した。1957年の「ニューヨークの王様」ではマッカーシズムを攻撃した。

 

 

[2]

*イスラエルキブツを知らない米政治家は、反ユダヤ主義者だ。

*特に、米共和党および米右翼政治家は、反ユダヤ主義者だ。

*キブツイスラエルの共同体コミュニティー(collective community)

*キブツは、ユートピアなコミュニティーとして始められ、社会主義シオニズムの結合したものであった。

*最初に設立されたキブツは、1909年にイスラエル北部のDeganiaである。

*2010年には、イスラエルには270キブツがある。これらキブツの工場および農場の生産高は、イスラエルの工業生産の9%80億ドルに達し、イスラエルの農業生産の40%17億ドルに達する。

 

* 米国人は、ユネスコ事務局長を、1952年から1953年までと、1953年から1958年まで、務めた。

* 米国は、ロナルドレーガン時代の1984年に、初めて、ユネスコから離脱した。2003101日に米国はユネスコに再加盟した。

* アルバートアインシュタインおよびマリーキュリーは、国際連盟の新たに作られたInternational Committee on Intellectual Cooperation(国際知的協力委員会、のちのユネスコ)のメンバーとなった。

 

* 奴隷貿易とその廃止を記念する国際デー, International Day for the Remembrance of the Slave Trade and its Abolition」は、ユネスコが定めた国際デーで、毎年823日に、大西洋奴隷貿易(Atlantic slave trade)を記念する日である。

* この日は、1791822日から23日の夜にかけて、サン=ドマング(現在のハイチ)において、大西洋奴隷貿易の廃止の重要な要因となった反乱(ハイチ革命)が始まった、奴隷貿易の廃止において重要な日である。

 

* ロナルドレーガンが、1984ロサンゼルスオリンピックで、こんにちの、商業オリンピックを始めた。

 

* ヤーセルアラファト、イツハクラビン、シモンペレスは、オスロ合意を締結したことで、1994年にノーベル平和賞を受賞なさった。

* ヤーセルアラファトは、パレスチナの政治リーダー。ヤーセルアラファトは、ファタハの設立者で議長。ヤーセルアラファトは、パレスチナ解放機構(Palestine Liberation Organization, PLO)の議長。

* イツハクラビンおよびシモンペレスは、二人とも、イスラエル首相で、イスラエル労働党議長。

 

 

[3]

ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーが、こんにちの自由貿易を開始し推進した。

ロナルドレーガンが、「こんにちの自由貿易」「1979年から1991年までの冷戦」「競争社会」「軍拡」「経済格差」「福祉切り捨て」を始めた。

 

レーガンは、違法なコントラ戦争を、ニカラグアで起こした。

レーガンは、エルサルバドルで、死の暗殺部隊(デス・スクワッド, Death Squads)を支援し、多くの市民を殺した。

グアテマラでは、米国が支援した虐殺が起きた。

 

ネルソンマンデラは、1994年から1999年まで南アフリカ共和国大統領だったにもかかわらず、2008年まで米国のテロリスト監視リストに名前が載っていた。

もともとは、米大統領ロナルドレーガンが、1980年代に、アフリカ民族会議(African National Congress:ANC)をテロリスト監視リストに載せた。

ネルソンマンデラは、1991年から1997年まで、ANCの議長を務めた。

 

ネルソンマンデラは、アパルトヘイト相手に戦った。

その時の南アフリカ共和国政府は、ネルソンマンデラを投獄した。

米国大統領ロナルドレーガンおよび英国首相マーガレットサッチャーは、その時、南アフリカ共和国政府を支持した。

ネルソンマンデラは、ノーベル平和賞を受賞した。

ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーレイシストだ。

ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーの支持者もレイシストだ。

 

Black Lives Matter!ブラックライブズマター!Black Voters Matter!ブラックボーターズマター!

米国国防省・米国のメディア・ホワイトハウス・米国の政治家・米国の大学・米国のトップ1%・米国のセレブ・ハリウッド・ウォールストリートよりも、我々は左だ。

 

他方で、ドイツのファシズムは極右だ。ナチは極右だ。

 

今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガンの支持者だ。今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガン派だ。

ロナルドレーガンは極右だ。

日本および米国防省および米マスコミおよびウォールストリートおよびハリウッドが、ロナルドレーガンを育てたのだ。

 

我々アメリカ合衆国99%は、次の選挙で、米上院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!

我々アメリカ合衆国99%は、次の選挙で、米下院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!

 

 

[4]

米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。

 

イギリスが「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を作った。

他方で、ソ連が崩壊した主要な原因は軍事費が巨額なことだ。

(私にはロシアを批判する気も支持する気もありません)

 

米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。

(しかし、巨大な中央集権政府がその答えなのかどうかは、私にはわかりません)

(実際、現在の米国政府は、年に7000億ドルも軍事費を使う超巨大政府です)

 

だから。

米国は、米国で軽自動車を作り、それら軽自動車を全世界へ輸出する。

米国は、今すぐ、モンロー主義になれ!

米国は、今すぐ、全世界の外国から全ての米軍を引き上げろ!

米国の軍事費を、1年当たり100億ドルにまで、今すぐ、下げろ。

 

米国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!

米国は、今すぐ、米国の金融を引き締める政策をしろ!米国は、今すぐ、米国の内需を縮小しろ!

米国は、今すぐ、米国の貿易収支および米国の経常収支を、黒字にしろ!

米国は、今すぐ、債券国になれ!

結果として、ドル高になる!

 

金持ちに税金をかけろ!ウォールストリートに税金をかけろ!金持ちに増税しろ!ウォールストリートに増税しろ!

米国は、米国にプログレッシブを復活させろ。

 

アフリカ系米国人には、給料が良く安定しており労働組合のある仕事が必要だ。

アフリカ系米国人の99%は、「アフリカ系米国人の労働組合」が必要だ。アフリカ系米国人には、アフリカ系米国人のための労働組合が必要だ。

人権活動が低下した結果、労働組合活動も低下した。労働組合が弱体化した結果、人種差別も強まった。

人権および労働組合がないと、いくら国や会社が儲かったとしても、労働者の生活は向上しない。

その人権および労働組合の重要性を、今、全世界が証明している。

フォードがカネをくれたんじゃない。

フォードがT型フォードを量産しだしたとき、米労働運動および米労働組合も誕生し成長したから、米国労働者は生活が向上した。

労働組合の力により、米労働者は会社と交渉ができた。

だから米労働者は米国製品を喜んで買った

労働組合が強いから、米国製品が強かった。