米政治家は、カースト制度に反対か賛成か、どっちだ。

米政治家は、カースト制度に反対か賛成か、どっちだ。

 

 

米政治家は、カースト制度に反対か賛成か、どっちだ。

インド憲法は、インド市民に、正義、平等、自由を保障している。

インド憲法は、「インドが、社会主義国であり、民主主義国である」と宣言している。

1948年に、カーストに基づく差別は法律により禁止され、さらに、インド憲法にもそう明記された。

ビームラーオ・アンベードカルは、インド憲法の主要な作成者と考えられている。

ビームラーオ・アンベードカルは、屠畜業者(マハール)カーストに生まれた。このカーストは、「賤民(untouchables, 不可触民 Dalit)」とされ、社会経済的差別を受けた。

インド憲法は米国よりも早くアファーマティブアクションを採用した。1949年にインドはアファーマティブアクションを採用。

 

インド・シリア・リビアイラク・エジプトは社会主義国だ。

こんにちの米国の政治家は、全員、ファシストだ。

実のところ、人類の大半は社会主義者なのだ。

 

米政治家は、「ロナルドレーガン時代」を再現しようとしているだけだ。

 

米国は、レーガン時代以降巨額の貿易赤字を抱え、ロナルドレーガン時代に債務国になった。

1985年に、米国は、対外債務国になった。1985年以降、米国は外国からカネを借りている。

1914年から1985年まで、米国は対外債権国だった。1914年から1985年まで、米国は外国にカネを貸していた。

 

1981年に、ロナルドレーガンは大統領になった。

1981年に、最初のスペースシャトルであるコロンビアが打ち上げられた。

1984年に、1984ロサンゼルスオリンピックが開催された。

1984年に、米国は、UNESCO(United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization, 国際連合教育科学文化機関)から脱退した。

こんにちの商業オリンピックは、1984ロサンゼルスオリンピックから始まった。

 

 

[1]

[Wikipedia]

ビームラーオ・アンベードカル, B. R. Ambedkar

https://en.wikipedia.org/wiki/B._R._Ambedkar

「ビームラーオ・アンベードカル, B. R. Ambedkar」は、 「Babasaheb Ambedkar」としても知られるが、インドの、法律家で、経済学者で、政治家で、社会改革者で、Dalit Buddhist movement(「『カースト制度において差別されている最下層のダリット』に置かれている人々は、ヒンズー教を捨て、仏教に改宗しよう」という運動。さらには仏教においても革新派)を起こし、「賤民(untouchables, 不可触民 Dalit)に対する社会的差別」に反対運動を起こした。

彼は、イギリス領インド(British India)のインド総督(Viceroy)の行政参事会(Executive Council)で労働大臣をし、憲法作成委員会のメンバーで、独立したインドの初代の司法省大臣で、インド憲法の主要な作成者と考えられている。

アンベードカルは、優秀な生徒で、コロンビア大学とロンドンスクールオブエコノミクスの両校で博士号を取り、法律・経済・政治学の研究で、学者としての名声を得た。

1956年に彼は仏教徒に改宗し、カースト制度最下層(ダリット)の人々の大規模な改宗を主導した。

1 Early life

アンベードカルは、屠畜業者(マハール)カーストに生まれた。このカーストは、「賤民(untouchables, 不可触民 Dalit)」とされ、社会経済的差別を受けた。

6 インド憲法の草案を作る

アンベードカルにより準備された草案では、憲法が、個々の市民に向け幅広い範囲で、信教の自由・不可触民の廃止・あらゆる形の差別の禁止などを含む、市民の自由のための保障および保護を提供している。

アンベードカルは、広大な範囲に及ぶ、女性のための経済的社会的権利を議論し、「指定カースト・指定部族・その他の下層階級のメンバーために、公務員・学校・大学における仕事の採用枠を設ける制度」を導入することについて、憲法制定会議の支持を得ることに成功した。これはアファーマティブアクションと同類のものである。

インドの議員たちは、これらの手段を通じて、インドの被抑圧階層のために、「社会経済的不平等を根絶し、機会が欠落していることをなくせる」、と希望していた。

この憲法は、19491126日に、憲法制定会議により採択された。

 

[Wikipedia]

インド憲法

https://en.wikipedia.org/wiki/Constitution_of_India

インド憲法は、「インドが、独立国であり、社会主義国であり、世俗的な国であり、民主主義国である」と宣言しており、さらに、インド憲法は、「インド市民に、正義、平等、自由を保障」しており、そして、インド憲法は友愛の促進に努める。

 

[Wikipedia]

インドのカースト制度

https://en.wikipedia.org/wiki/Caste_system_in_India

インドのカースト制度は、典型的な民族的カーストの例である。

インドのカースト制度は、古代インドに起源を持つが、中世・近代・現代の種々の支配エリートにより、とりわけムガール帝国およびイギリス植民地支配により、改変された。

こんにちのカースト制度は、「インドにおける、ムガール帝国の崩壊およびイギリス植民地政府の誕生の間、の進展の結果」、と考えられている。

ムガール帝国崩壊の時代は、国王や僧侶や修行者と提携している、力のある者たちが勃興し、法的および武力的なカースト制度を支持した。また、この時代には、カーストとは明らかに無縁だった社会グループを、分化したカースト制度の中に組み込んでいくことも起きた。

イギリス帝国植民地時代が、この進展をさらに加速し、強固なカースト組織を政府の中枢機構とした。

1860年から1920年の間に、英国は、「カースト制度を、英国による統治制度に組み込んで構築し」、「行政府の仕事や上級職を、キリスト教徒や特定のカーストの人々だけに制限した」。

1920年代の社会不安が、この政策に変化を呼び起こした。

その後、植民地政府は、「下層カーストの人々が政府の仕事に就けるように、採用枠を設ける」という政策を始めた。

1948年に、法律によりカーストに基づく差別は禁じられ、さらに、インドの憲法にも明記された;しかし、カースト制度は今でもインドの一部で残っている。

 

[Wikipedia]

ダリット(不可触民 Dalit)

https://en.wikipedia.org/wiki/Dalit

ダリットは、インドにおいて最下層カーストに属する人々のことで、「不可触民」と定義されている。

7 宗教

社会権の差別を撤廃する法律(Removal of Civil Disabilities Act (1938年法の第21Act 21 of 1938))」、「寺院に入場する際の、ダリットカーストおよびShanarカーストに対する差別を撤廃する1939年法(Temple Entry Authorization and Indemnity Act 1939 (1939年法の第22Act XXII of 1939) 」、さらに、不可触民という考え自体を違法としたインド憲法17条、により、差別は違法とされている。

 

[Wikipedia]

インド共和党

https://en.wikipedia.org/wiki/Republican_Party_of_India

インド共和党(Republican Party of India, RPI, 共和党あるいは単にリパブリカンとも呼ばれる)は、インドの政党。

ビームラーオ・アンベードカルによる「全インド指定カースト連合, Scheduled Castes Federation」が起源。

1 起源

1.1 独立労働党Independent Labour Party

独立労働党Independent Labour Party(ILP)」は、政治組織で、 ビームラーオ・アンベードカルのリーダーシップのもと、1936815日に設立された。

インドにおける「バラモン教の構造および資本主義の構造」に反対し、インドの労働者階級を支持し、カースト制度を廃止する、ことを追求した。

 

 

[2]

*イスラエルキブツを知らない米政治家は、反ユダヤ主義者だ。

*特に、米共和党および米右翼政治家は、反ユダヤ主義者だ。

*キブツイスラエルの共同体コミュニティー(collective community)

*キブツは、ユートピアなコミュニティーとして始められ、社会主義シオニズムの結合したものであった。

*最初に設立されたキブツは、1909年にイスラエル北部のDeganiaである。

*2010年には、イスラエルには270キブツがある。これらキブツの工場および農場の生産高は、イスラエルの工業生産の9%80億ドルに達し、イスラエルの農業生産の40%17億ドルに達する。

 

* 米国人は、ユネスコ事務局長を、1952年から1953年までと、1953年から1958年まで、務めた。

* 米国は、ロナルドレーガン時代の1984年に、初めて、ユネスコから離脱した。2003101日に米国はユネスコに再加盟した。

* アルバートアインシュタインおよびマリーキュリーは、国際連盟の新たに作られたInternational Committee on Intellectual Cooperation(国際知的協力委員会、のちのユネスコ)のメンバーとなった。

 

* 奴隷貿易とその廃止を記念する国際デー, International Day for the Remembrance of the Slave Trade and its Abolition」は、ユネスコが定めた国際デーで、毎年823日に、大西洋奴隷貿易(Atlantic slave trade)を記念する日である。

* この日は、1791822日から23日の夜にかけて、サン=ドマング(現在のハイチ)において、大西洋奴隷貿易の廃止の重要な要因となった反乱(ハイチ革命)が始まった、奴隷貿易の廃止において重要な日である。

 

* ロナルドレーガンが、1984ロサンゼルスオリンピックで、こんにちの、商業オリンピックを始めた。

 

* ヤーセルアラファト、イツハクラビン、シモンペレスは、オスロ合意を締結したことで、1994年にノーベル平和賞を受賞なさった。

* ヤーセルアラファトは、パレスチナの政治リーダー。

* イツハクラビンは、イスラエルの首相で、イスラエル労働党党首。

* シモンペレスは、イスラエルの首相で、イスラエル労働党党首。

 

 

[3]

ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーが、こんにちの自由貿易を開始し推進した。

ロナルドレーガンが、「こんにちの自由貿易」「1979年から1991年までの冷戦」「競争社会」「軍拡」「経済格差」「福祉切り捨て」を始めた。

 

レーガンは、違法なコントラ戦争を、ニカラグアで起こした。

レーガンは、エルサルバドルで、死の暗殺部隊(デス・スクワッド, Death Squads)を支援し、多くの市民を殺した。

グアテマラでは、米国が支援した虐殺が起きた。

 

ネルソンマンデラは、1994年から1999年まで南アフリカ共和国大統領だったにもかかわらず、2008年まで米国のテロリスト監視リストに名前が載っていた。

もともとは、米大統領ロナルドレーガンが、1980年代に、アフリカ民族会議(African National Congress:ANC)をテロリスト監視リストに載せた。

ネルソンマンデラは、1991年から1997年まで、ANCの議長を務めた。

 

ネルソンマンデラは、アパルトヘイト相手に戦った。

その時の南アフリカ共和国政府は、ネルソンマンデラを投獄した。

米国大統領ロナルドレーガンおよび英国首相マーガレットサッチャーは、その時、南アフリカ共和国政府を支持した。

ネルソンマンデラは、ノーベル平和賞を受賞した。

ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーレイシストだ。

ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーの支持者もレイシストだ。

 

Black Lives Matter!ブラックライブズマター!Black Voters Matter!ブラックボーターズマター!

米国国防省・米国のメディア・ホワイトハウス・米国の政治家・米国の大学・米国のトップ1%・米国のセレブ・ハリウッド・ウォールストリートよりも、我々は左だ。

 

他方で、ドイツのファシズムは極右だ。ナチは極右だ。

 

今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガンの支持者だ。今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガン派だ。

ロナルドレーガンは極右だ。

日本および米国防省および米マスコミおよびウォールストリートおよびハリウッドが、ロナルドレーガンを育てたのだ。

 

我々アメリカ合衆国99%は、次の選挙で、米上院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!

我々アメリカ合衆国99%は、次の選挙で、米下院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!

 

 

[4]

米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。

 

イギリスが「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を作った。

他方で、ソ連が崩壊した主要な原因は軍事費が巨額なことだ。

(私にはロシアを批判する気も支持する気もありません)

 

米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。

(しかし、巨大な中央集権政府がその答えなのかどうかは、私にはわかりません)

(実際、現在の米国政府は、年に7000億ドルも軍事費を使う超巨大政府です)

 

だから。

米国は、米国で軽自動車を作り、それら軽自動車を全世界へ輸出する。

 

米国は、今すぐ、モンロー主義になれ!

米国は、今すぐ、全世界の外国から全ての米軍を引き上げろ!

米国の軍事費を、1年当たり100億ドルにまで、今すぐ、下げろ。

 

米国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!

米国は、今すぐ、米国の金融を引き締める政策をしろ!米国は、今すぐ、米国の内需を縮小しろ!

米国は、今すぐ、米国の貿易収支および米国の経常収支を、黒字にしろ!

米国は、今すぐ、債券国になれ!

結果として、ドル高になる!

 

金持ちに税金をかけろ!ウォールストリートに税金をかけろ!金持ちに増税しろ!ウォールストリートに増税しろ!

米国は、米国にプログレッシブを復活させろ。

 

アフリカ系米国人には、給料の良い安定した仕事が必要だ。

アフリカ系米国人の99%は、「アフリカ系米国人の労働組合」が必要だ。アフリカ系米国人には、アフリカ系米国人のための労働組合が必要だ。

人権活動が低下した結果、労働組合活動も低下した。労働組合が弱体化した結果、人種差別も強まった。

人権および労働組合がないと、いくら国や会社が儲かったとしても、労働者の生活は向上しない。

その人権および労働組合の重要性を、今、全世界が証明している。

フォードがカネをくれたんじゃない。

フォードがT型フォードを量産しだしたとき、米労働運動および米労働組合も誕生し成長したから、米国労働者は生活が向上した。

労働組合の力により、米労働者は会社と交渉ができた。

だから米労働者は米国製品を喜んで買った

労働組合が強いから、米国製品が強かった。