イスラエルのキブツを知らない米政治家は、反ユダヤ主義者だ。

イスラエルキブツを知らない米政治家は、反ユダヤ主義者だ。

特に、米共和党および米右翼政治家は、反ユダヤ主義者だ。

 

* キブツイスラエルの共同体コミュニティー(collective community)

* バーニーサンダースは、イスラエルキブツで数か月間ボランティアをした。

* バーニーサンダースは、ソ連に新婚旅行した。

* バーニーサンダースは、民主社会主義者

* バーニーサンダースは、ユダヤ系の労働者の家庭に生まれ、ニューヨークのブルックリンで育った。

 

* 米国人は、ユネスコ事務局長を、1952年から1953年までと、1953年から1958年まで、務めた。

* 米国は、ロナルドレーガン時代の1984年に、初めて、ユネスコから離脱した。2003101日に米国はユネスコに再加盟した。

* アルバートアインシュタインおよびマリーキュリーは、国際連盟の新たに作られたInternational Committee on Intellectual Cooperation(国際知的協力委員会、のちのユネスコ)のメンバーとなった。

* マリーキュリーはノーベル賞を受賞した最初の女性で、ノーベル賞2回受賞した唯一の女性で、2つの自然科学分野で受賞した唯一の人物である。

* イレーネジョリオ-キュリー(マリーキュリーの娘)ノーベル化学賞を受賞。

* 世界平和会議の第1代議長は、フランスの物理学者で活動家のフレデリックジョリオ-キュリー。

 

* 奴隷貿易とその廃止を記念する国際デー, International Day for the Remembrance of the Slave Trade and its Abolition」は、ユネスコが定めた国際デーで、毎年823日に、大西洋奴隷貿易(Atlantic slave trade)を記念する日である。

* この日は、1791822日から23日の夜にかけて、サン=ドマング(現在のハイチ)において、大西洋奴隷貿易の廃止の重要な要因となった反乱(ハイチ革命)が始まった、奴隷貿易の廃止において重要な日である。

 

* ヤーセルアラファト、イツハクラビン、シモンペレスは、オスロ合意を締結したことで、1994年にノーベル平和賞を受賞なさった。

* ヤーセルアラファトは、パレスチナの政治リーダー。

* イツハクラビンは、イスラエルの首相で、イスラエル労働党党首。

* シモンペレスは、イスラエルの首相で、イスラエル労働党党首。

 

* ロナルドレーガンが、こんにちの、商業オリンピックを始めた。

 

 

[1]

[Wikipedia]

キブツ

https://en.wikipedia.org/wiki/Kibbutz

キブツイスラエルの共同体コミュニティー(集産コミュニティーcollective community)で、伝統的に農業に基礎を置く。最初に設立されたキブツは、1909年にイスラエル北部のDeganiaである。

キブツは、ユートピアなコミュニティーとして始められ、社会主義シオニズムの結合したものであった。

2010年には、イスラエルには270キブツがある。これらキブツの工場および農場の生産高は、イスラエルの工業生産の9%80億ドルに達し、イスラエルの農業生産の40%17億ドルに達する。

 

 

[Wikipedia]

バーニーサンダース

https://en.wikipedia.org/wiki/Bernie_Sanders

しばしば米国で最も人気の政治家の一人と考えられており、サンダースは、自身のことを、民主社会主義者だと自認している。

バーニーサンダースは、ユダヤ系の労働者の家庭に生まれ、ニューヨークのブルックリンで育った。

 

10 人生

サンダースと、大学で出会ったDeborah Shiling Messingは、1963年に、イスラエルキブツSha'ar HaAmakimで数か月間ボランティアをした。

1988528日に、サンダースはJane O'Meara Driscoll (旧姓 Mary Jane O'Meara)と結婚した。Jane O'Meara Driscollはのちに、バーモント州バーリントンのBurlington College大学の学長になった。

結婚後、二人は、市長の立場で、公式代表団としてソ連を訪問した。[417][418]

10.4 宗教、立場、価値観

1963年、サンダースと最初の妻は、社会主義で左翼である「労働シオニズム」の青年運動Hashomer Hatzairに参加し、イスラエル北部のキブツSha'ar HaAmakimでボランティアをした。

シオニズムであるのと同様に、社会主義であることが、この旅に参加したサンダースの動機である。

14 参照

417 Cabaniss, Will (August 12, 2015). "George Will describes Bernie Sanders' Soviet Union honeymoon". PolitiFact.

418 Bershidsky, Leonid (February 11, 2016). "How Bernie Sanders Spent His Soviet 'Honeymoon'". Bloomberg View.

 

 

[Wikipedia]

ユネスコ

https://en.wikipedia.org/wiki/UNESCO

11 論争

11.6 米国の脱退

米国は1984年に、ユネスコから脱退した。

米国は2003101日にユネスコに再加盟した。

20171012日に米国は「20181231日から米国は再び脱退し、2019年からは会議参加者(オブザーバー)になる」と通告した。

 

9 運営機関

9.1 事務局長

名前 国 期間

Audrey Azoulay フランス 2017年–現在

Luther Evans 米国 1953年–58

John Wilkinson Taylor 米国 臨時代理 1952年–53

Jaime Torres Bodet メキシコ 1948年–52

Julian Huxley 英国 1946年–48

 

 

[2]

ユネスコ、女性の権利、マリーキュリー。米国の政治家は、ユネスコが何かも知らないし、マリーキュリーが誰かも知らない。

 

マリーキュリーは、ノーベル賞を受賞した最初の女性で、ノーベル賞2回受賞した初めての人物で、ノーベル賞2回受賞した唯一の女性で、2つの科学分野でノーベル賞を受賞した唯一の人物である。

マリーキュリーは、1906年に、女性として初めて、パリ大学の教授になった。

19228月、マリーキュリーは、国際連盟International Committee on Intellectual Cooperation(ICIC, 国際知的協力委員会, ユネスコの前身)のメンバーになった。

アインシュタインおよびマリーキュリーは、International Committee on Intellectual Cooperation(ICIC, 国際知的協力委員会, ユネスコの前身)のメンバーになった。

マリーキュリーは、科学的業績を達成するにあたり、生まれた国および移民した国の双方で、「女性だからという理由で彼女の行く手を阻む」種々の障壁を乗り越えなくてはならなかった。

 

夫とともに、ジョリオキュリーは、化学の分野でノーベル賞を受賞。

イレーネジョリオキュリーは、フランス政府で初の女性閣僚となった3人のうちの一人となった。1936年に、レオン・ブルムの人民戦線内閣(Popular Front)の科学担当国務次官となった。

ジョリオキュリーは、女性の教育推進に熱心に関与した。

 

世界平和会議の初代議長は、フランスの科学者で活動家の、フレデリックジョリオキュリー。

 

 

[3]

[Wikipedia]

マリーキュリー

https://en.wikipedia.org/wiki/Marie_Curie

 

[Wikipedia]

イレーネジョリオキュリー

https://en.wikipedia.org/wiki/Ir%C3%A8ne_Joliot-Curie

 

[Wikipedia]

国際知的協力委員会International Committee on Intellectual Cooperation

https://en.wikipedia.org/wiki/International_Committee_on_Intellectual_Cooperation

 

[Wikipedia]

世界平和評議会World Peace Council

https://en.wikipedia.org/wiki/World_Peace_Council

 

[Wikipedia]

奴隷貿易とその廃止を記念する国際デー(International Day for the Remembrance of the Slave Trade and its Abolition)

https://en.wikipedia.org/wiki/International_Day_for_the_Remembrance_of_the_Slave_Trade_and_its_Abolition

 

[Wikipedia]

ヤーセルアラファト

https://en.wikipedia.org/wiki/Yasser_Arafat

 

[Wikipedia]

イツハクラビン

https://en.wikipedia.org/wiki/Yitzhak_Rabin

 

[Wikipedia]

シモンペレス

https://en.wikipedia.org/wiki/Shimon_Peres

 

 

[4]

ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーが、こんにちの自由貿易を開始し推進した。

ロナルドレーガンが、「こんにちの自由貿易」「1979年から1991年までの冷戦」「競争社会」「軍拡」「経済格差」「福祉切り捨て」を始めた。

 

レーガンは、違法なコントラ戦争を、ニカラグアで起こした。

レーガンは、エルサルバドルで、死の暗殺部隊(デス・スクワッド, Death Squads)を支援し、多くの市民を殺した。

グアテマラでは、米国が支援した虐殺が起きた。

 

ネルソンマンデラは、1994年から1999年まで南アフリカ共和国大統領だったにもかかわらず、2008年まで米国のテロリスト監視リストに名前が載っていた。

もともとは、米大統領ロナルドレーガンが、1980年代に、アフリカ民族会議(African National Congress:ANC)をテロリスト監視リストに載せた。

ネルソンマンデラは、1991年から1997年まで、ANCの議長を務めた。

 

ネルソンマンデラは、アパルトヘイト相手に戦った。

その時の南アフリカ共和国政府は、ネルソンマンデラを投獄した。

米国大統領ロナルドレーガンおよび英国首相マーガレットサッチャーは、その時、南アフリカ共和国政府を支持した。

ネルソンマンデラは、ノーベル平和賞を受賞した。

ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーレイシストだ。

ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーの支持者もレイシストだ。

 

Black Lives Matter!ブラックライブズマター!Black Voters Matter!ブラックボーターズマター!

米国国防省・米国のメディア・ホワイトハウス・米国の政治家・米国の大学・米国のトップ1%・米国のセレブ・ハリウッド・ウォールストリートよりも、我々は左だ。

 

他方で、ドイツのファシズムは極右だ。ナチは極右だ。

 

今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガンの支持者だ。今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガン派だ。

ロナルドレーガンは極右だ。

日本および米国防省および米マスコミおよびウォールストリートおよびハリウッドが、ロナルドレーガンを育てたのだ。

 

我々アメリカ合衆国99%は、次の選挙で、米上院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!

我々アメリカ合衆国99%は、次の選挙で、米下院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!

 

 

[5]

米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。

 

イギリスが「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を作った。

他方で、ソ連が崩壊した主要な原因は軍事費が巨額なことだ。

(私にはロシアを批判する気も支持する気もありません)

 

米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。

(しかし、巨大な中央集権政府がその答えなのかどうかは、私にはわかりません)

(実際、現在の米国政府は、年に7000億ドルも軍事費を使う超巨大政府です)

 

だから。

米国は、米国で軽自動車を作り、それら軽自動車を全世界へ輸出する。

 

米国は、今すぐ、モンロー主義になれ!

米国は、今すぐ、全世界の外国から全ての米軍を引き上げろ!

米国の軍事費を、1年当たり100億ドルにまで、今すぐ、下げろ。

 

米国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!

米国は、今すぐ、米国の金融を引き締める政策をしろ!米国は、今すぐ、米国の内需を縮小しろ!

米国は、今すぐ、米国の貿易収支および米国の経常収支を、黒字にしろ!

米国は、今すぐ、債券国になれ!

結果として、ドル高になる!

 

金持ちに税金をかけろ!ウォールストリートに税金をかけろ!金持ちに増税しろ!ウォールストリートに増税しろ!

米国は、米国にプログレッシブを復活させろ。

 

アフリカ系米国人には、給料の良い安定した仕事が必要だ。

アフリカ系米国人の99%は、「アフリカ系米国人の労働組合」が必要だ。アフリカ系米国人には、アフリカ系米国人のための労働組合が必要だ。

人権活動が低下した結果、労働組合活動も低下した。労働組合が弱体化した結果、人種差別も強まった。

人権および労働組合がないと、いくら国や会社が儲かったとしても、労働者の生活は向上しない。

その人権および労働組合の重要性を、今、全世界が証明している。

フォードがカネをくれたんじゃない。

フォードがT型フォードを量産しだしたとき、米労働運動および米労働組合も誕生し成長したから、米国労働者は生活が向上した。

労働組合の力により、米労働者は会社と交渉ができた。

だから米労働者は米国製品を喜んで買った

労働組合が強いから、米国製品が強かった。