IbrahimNcongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

ユネスコ、女性の権利、マリーキュリー

ユネスコ、女性の権利、マリーキュリー

米国の政治家は、ユネスコが何かも知らないし、マリーキュリーが誰かも知らない。

 

 

マリーキュリーは、ノーベル賞を受賞した最初の女性で、ノーベル賞2回受賞した初めての人物で、ノーベル賞2回受賞した唯一の女性で、2つの科学分野でノーベル賞を受賞した唯一の人物である。

マリーキュリーは、1906年に、女性として初めて、パリ大学の教授になった。

19228月、マリーキュリーは、国際連盟International Committee on Intellectual Cooperation(ICIC, 国際知的協力委員会, ユネスコの前身)のメンバーになった。

アインシュタインおよびマリーキュリーは、International Committee on Intellectual Cooperation(ICIC, 国際知的協力委員会, ユネスコの前身)のメンバーになった。

マリーキュリーは、科学的業績を達成するにあたり、生まれた国および移民した国の双方で、「女性だからという理由で彼女の行く手を阻む」種々の障壁を乗り越えなくてはならなかった。

 

夫とともに、ジョリオキュリーは、化学の分野でノーベル賞を受賞。

イレーネジョリオキュリーは、フランス政府で初の女性閣僚となった3人のうちの一人となった。1936年に、レオン・ブルムの人民戦線内閣(Popular Front)の科学担当国務次官となった。

ジョリオキュリーは、女性の教育推進に熱心に関与した。

 

世界平和会議の初代議長は、フランスの科学者で活動家の、フレデリックジョリオキュリー。

 

あなた方は以下のことを知らない。米国の大学は役立たずだ。

 

 

[1]

[Wikipedia]

マリーキュリー

https://en.wikipedia.org/wiki/Marie_Curie

 

生誕 マリア・サロメア・スクウォドフスカ=キュリー, 1867117, ワルシャワ, ポーランド議会Congress Poland, ロシア帝国

市民権 ポーランド (生まれ), フランス (婚姻による)

子供 イレーネジョリオキュリー (1897年–1956)

受賞 ノーベル物理学賞 (1903), ノーベル化学賞 (1911)

 

マリー・スクウォドフスカ=キュリー(1867117-193474)は、ポーランド生まれでフランスに帰化した、物理学者で化学者で、放射線の研究の先駆者である。

キュリー一家でノーベル賞を受賞した人は5人いるが、その最初の一人で、

マリーキュリーは、ノーベル賞を受賞した最初の女性で、ノーベル賞2回受賞した初めての人物で、ノーベル賞2回受賞した唯一の女性で、2つの科学分野でノーベル賞を受賞した唯一の人物である。

マリーキュリーは、1906年に、女性として初めて、パリ大学の教授になった。

 

1 一生

1.4 ノーベル賞

1910年、キュリーはラジウムを単体で分離することに成功した;さらに、放射能の「基準となる国際単位」を定義した。最終的にその単位は、彼女とピエールにちなんでキュリーと名付けられた。

にもかかわらず、フランス科学アカデミーは、1票か2票差で、彼女をアカデミーメンバーに選出することに失敗した。

代わりに選挙で選ばれたのはEdouard Branlyで、Guglielmo Marconiが無線機を開発するのを手伝った発明家である。

フランス科学アカデミーに初めて女性が選出されたのは、半世紀もたった後の、1962年のことで、キュリーの博士課程の生徒Marguerite Pereyである。

フランスのために科学者として働くキュリーの名声にもかかわらず、フランス大衆の姿勢は「外国人嫌い」のままであり、

---まさに、ドレフュス事件につながったのと同じものである---

そしてその結果、キュリーはユダヤ人だという間違えた疑いまで大きく噂がたった。

フランス科学アカデミーの選挙中、彼女は、右翼の新聞から、「外国人で無神論者だ」と中傷された。

のちに彼女の娘は、

「フランスの勲章にノミネートされたときは、マリーキュリーのことを価値のない外国人と描写し」

ノーベル賞などの外国の賞を受賞したときは、フランスのヒロインと描写した」

とフランスの新聞社の偽善を指摘している。

 

1.6 1次大戦戦後

1921年に米国大統領ウォレンハーディングは、ラジウム1グラムをプレゼントするために、キュリーをホワイトハウスに迎えた。

「優れた専門家で、良き妻、の例である」、とハーディング夫人は、キュリーをほめたたえた。

この会合前に、「キュリーの名声が海外で上昇している」ことを認識し、さらに、「公の場で身に着ける、フランスの公式な賞をキュリーが持っていない」という事実を恥じ入り、

フランス政府は、キュリーにレジオンドヌール勲章を授与しようとしたが、キュリーはそれを断った。

19228月、マリーキュリーは、国際連盟International Committee on Intellectual Cooperation(ICIC, 国際知的協力委員会, ユネスコの前身)のメンバーになった。

キュリーは1934年まで委員会に所属し、国際連盟が他の著名な研究者---例えば、アルベルトアインシュタイン、ヘンドリックローレンツ、アンリベルクソンなどである---と科学的連携をするのに貢献した。

 

2 遺産

もしもキュリーの業績が、物理や化学の分野において既に確立されている概念をひっくり返すのに役立ったとしたら、

キュリーの業績は、社会に関する領域でも、等しく、特筆すべき影響をもたらした。

マリーキュリーは、科学的業績を達成するにあたり、生まれた国および移民した国の双方で、「女性だからという理由で彼女の行く手を阻む」種々の障壁を乗り越えなくてはならなかった。

キュリーの人生と経歴におけるこの観点は、「フランソワーズジルーFrancoise Giroud」の「マリーキュリー:その人生、Marie Curie: A Life」に、キュリーの役割をフェミニストの先駆者として、強調されている。

 

キュリーは、正直であり、また、中庸な暮らしぶり・ライフスタイルで知られている。

1893年に小さな奨学金を受け、生活費を稼げるようになるとすぐに、1897年にそれを返済した。

最初のノーベル賞の賞金を、友人、家族、生徒、研究員に、プレゼントした。

他に例のない異例の決断をし、科学界で研究が妨げられることがないように、キュリーはわざと、ラジウム単体分離過程の特許を取らなかった。

「金銭の贈与や賞が、キュリー個人に送られるよりも、キュリーが加盟している科学組織に送られるように」、と、キュリーは主張した。

キュリーとキュリーの夫は、しばしば、賞やメダルを辞退した。

「『恐らくは、キュリーは、名声を得ても堕落しない唯一の人物である』とアルベルトアインシュタインは述べた」、と伝えられている。

 

3 勲章・表彰

マリーキュリーは、ノーベル賞を受賞した最初の女性で、ノーベル賞2回受賞した初めての人物で、ノーベル賞2回受賞した唯一の女性で、複数の科学分野でノーベル賞を受賞した唯一の人物である。

受賞した賞の例:

*ノーベル物理学賞 (1903, 夫ピエールキュリーおよびアンリベクレルとともに受賞)

*ノーベル化学賞 (1911)

 

マリーキュリーを記念してるけられた物:

*キュリー(記号Ci)放射線の単位。マリーキュリーおよびピエールキュリーを記念して名付けられた。

(委員会は、キュリーの単位が、マリーに基づいたのか、ピエールに基づいたのか、両者なのか、については明言していない)

 

 

[Wikipedia]

国際知的協力委員会International Committee on Intellectual Cooperation

https://en.wikipedia.org/wiki/International_Committee_on_Intellectual_Cooperation

際知的協力委員会International Committee on Intellectual Cooperation (国際連盟知的協力委員会League of Nations Committee on Intellectual Cooperationとも言う) は、

国際連盟の諮問委員会で、科学者・研究者・教師・芸術家・知識人の国際的な交流を促進することを目的としている。

この委員会はユネスコの前身組織で、この委員会の全ての資産は1946年にユネスコに移管された。

 

 

[Wikip edia]

イレーネジョリオキュリー

https://en.wikipedia.org/wiki/Ir%C3%A8ne_Joliot-Curie

イレーネジョリオキュリー (1897912日 – 1956317)は、フランスの科学者で物理学者で政治家で、先祖にポーランド系のかたがおり、マリーキュリーとピエールキュリーの長女で、フレデリックジョリオ-キュリーの妻。

夫とともに、ジョリオキュリーは、人工放射性物質を発見したことで、1935年にノーベル化学賞を受賞した。

この結果、キュリー一家は、これまでのところ、もっともノーベル賞を受賞した家族となっている。

イレーネジョリオキュリーは、フランス政府で初の女性閣僚となった3人のうちの一人となった。1936年に、レオン・ブルムの人民戦線内閣(Popular Front)の科学担当国務次官となった。

 

1.4 政治的立場

ジョリオキュリー夫妻は、ファシストがどんどん伸長していることに気が付いた。

ジョリオキュリー夫妻は、ファシストの考えに反対し、1934年に社会党に所属し、1年後には「反ファシズム知識人監視委員会Comite de vigilance des intellectuels antifascistes」に参加し、1936年にはスペイン内戦で左派の人民戦線政府(共和国派)を積極的に支持した。

同年、ジョリオキュリーは、レオン・ブルムの人民戦線内閣(Popular Front)の科学担当国務次官となり、「フランス国立科学研究センターCentre National de la Recherche Scientifique」設立に尽力した。

 

フレデリックとイレーネは、ロシア科学アカデミー220周年記念に参加するためにモスクワを訪れ、ロシアの研究者たちと共感した。

フレデリック共産党と親密な関係にあったため、のちにイレーネが、「合同反ファシスト難民委員会Joint Antifascist Refugee Committee」の招待で、スペイン避難民支援の講演をするために、米国を3度目に訪問した際に、イレーネはエリス島で拘留されることとなった。

 

ジョリオキュリーは、女性の教育推進に熱心に関与し、「National Committee of the Union of French Women (Comite National de l'Union des Femmes Francaises、フランス女性同盟委員会)」および「World Peace Council世界平和評議会」で働いた。

 

1.5 生涯

イレーネとフレデリックは、1926年に結婚したのち、彼らの苗字をハイフンでつないで、ジョリオ-キュリーという新しい苗字を作った。

2次大戦中の1941年から1943年まで、結核にかかり、スイスで療養生活を送ることになった。

彼女自身の健康問題、夫が反ドイツ軍のレジスタンス活動に参加していることの不安、子供たちは占領下のフランスで生活していること、などは、彼女には厳しい困難であった。

イレーネは、彼女の個人的見解を主張することで、これらの困難と闘った。

彼女は、フェミニスト運動の情熱的なメンバーで、特に科学について主張し、さらに、平和についても主張した。

彼女は、落とされるとわかっていながら、エリート科学組織であるフランス科学アカデミーに何度も継続的に応募した、

「フランス科学アカデミーは女性を受け入れない組織である」という事実に注目を集めるためにそうしたのだ。

イレーネはさらに、例えば「国際女性デーInternational Women's Day」などの、多くの講演会に参加した。

彼女はさらに、世界平和運動を推進する「世界平和防衛会議World Congress of Intellectuals for Peace」において、フランス代表団として大きな役割を果たした。

1948年の石炭炭鉱夫などを含むストライキの際には、ジョリオキュリーは、パリのニュースレター出版社に働きかけ、ストライキの間、石炭炭鉱夫の子供たちを預かるよう、各家庭に訴えかけた。

ジョリオキュリーは、このストライキの間、2人の少女を預かった。

ジョリオキュリーは、無神論者で反戦だった。

フランス政府が彼女の国葬をしたとき、イレーネの家族は、国葬において、「宗教的儀式の部分および軍事的儀式の部分」を省くように要求した。

 

 

[Wikipedia]

世界平和評議会World Peace Council

https://en.wikipedia.org/wiki/World_Peace_Council

「世界平和評議会World Peace Council, WPC」は、「世界軍縮、主権を持ち独立し平和的な共存」を主張し、「帝国主義大量破壊兵器、あらゆる種類の差別」に反対する、国際的組織である。

「戦争を挑発し、戦争を商売にし、戦争のことばかり考えているwarmongering」米国に反対するために、世界中で平和キャンペーンを推進しようとしたソビエト連邦共産党の政策から誕生し、1950年に設立された。

初代議長は、フランスの物理学者で活動家の、フレデリックジョリオキュリー。

 

1 歴史

1.1 起源

1.1.1 ヴロツワフWroclaw 1948年。ニューヨーク 1949年。

「世界平和防衛会議World Congress of Intellectuals for Peace」は、194886日に、「ヴロツワフWroclaw(私による注:ポーランド)」で開催された。

ユネスコ事務局長Julian Huxleyが、冷戦対立終結を願ってこの会議の議長を務めたが、のちに、「一般的な意味での議論はなかった」と語っている。

この政策に合わせ、19493月にニューヨーク市のウォルドルフ=アストリアホテルで、「世界平和のための文化科学会議Cultural and Scientific Conference for World Peace」が、「全米芸術科学専門家評議会National Council of Arts, Sciences and Professions」の協賛により、開催された。

 

 

[Wikipedia]

ユネスコ

https://en.wikipedia.org/wiki/UNESCO

11 論争

11.6 米国の脱退

米国は1984年に、ユネスコから脱退した。

米国は2003101日にユネスコに再加盟した。

20171012日に米国は「20181231日から米国は再び脱退し、2019年からは会議参加者(オブザーバー)になる」と通告した。

 

9 運営機関

9.1 事務局長

名前 国 期間

Audrey Azoulay フランス 2017年–現在

Luther Evans 米国 1953年–58

John Wilkinson Taylor 米国 臨時代理 1952年–53

Jaime Torres Bodet メキシコ 1948年–52

Julian Huxley 英国 1946年–48

 

 

[2]

ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーが、こんにちの自由貿易を開始し推進した。

ロナルドレーガンが、「こんにちの自由貿易」「1979年から1991年までの冷戦」「競争社会」「軍拡」「経済格差」「福祉切り捨て」を始めた。

 

レーガンは、違法なコントラ戦争を、ニカラグアで起こした。

レーガンは、エルサルバドルで、死の暗殺部隊(デス・スクワッド, Death Squads)を支援し、多くの市民を殺した。

グアテマラでは、米国が支援した虐殺が起きた。

 

ネルソンマンデラは、1994年から1999年まで南アフリカ共和国大統領だったにもかかわらず、2008年まで米国のテロリスト監視リストに名前が載っていた。

もともとは、米大統領ロナルドレーガンが、1980年代に、アフリカ民族会議(African National Congress:ANC)をテロリスト監視リストに載せた。

ネルソンマンデラは、1991年から1997年まで、ANCの議長を務めた。

 

ネルソンマンデラは、アパルトヘイト相手に戦った。

その時の南アフリカ共和国政府は、ネルソンマンデラを投獄した。

米国大統領ロナルドレーガンおよび英国首相マーガレットサッチャーは、その時、南アフリカ共和国政府を支持した。

ネルソンマンデラは、ノーベル平和賞を受賞した。

ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーレイシストだ。

ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーの支持者もレイシストだ。

 

Black Lives Matter!ブラックライブズマター!Black Voters Matter!ブラックボーターズマター!

米国国防省・米国のメディア・ホワイトハウス・米国の政治家・米国の大学・米国のトップ1%・米国のセレブ・ハリウッド・ウォールストリートよりも、我々は左だ。

 

他方で、ドイツのファシズムは極右だ。ナチは極右だ。

 

今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガンの支持者だ。今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガン派だ。

ロナルドレーガンは極右だ。

日本および米国防省および米マスコミおよびウォールストリートおよびハリウッドが、ロナルドレーガンを育てたのだ。

 

我々アメリカ合衆国99%は、次の選挙で、米上院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!

我々アメリカ合衆国99%は、次の選挙で、米下院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!

 

 

[3]

米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。

 

イギリスが「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を作った。

他方で、ソ連が崩壊した主要な原因は軍事費が巨額なことだ。

(私にはロシアを批判する気も支持する気もありません)

 

米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。

(しかし、巨大な中央集権政府がその答えなのかどうかは、私にはわかりません)

(実際、現在の米国政府は、年に7000億ドルも軍事費を使う超巨大政府です)

 

だから。

米国は、米国で軽自動車を作り、それら軽自動車を全世界へ輸出する。

 

米国は、今すぐ、モンロー主義になれ!

米国は、今すぐ、全世界の外国から全ての米軍を引き上げろ!

米国の軍事費を、1年当たり100億ドルにまで、今すぐ、下げろ。

 

米国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!

米国は、今すぐ、米国の金融を引き締める政策をしろ!米国は、今すぐ、米国の内需を縮小しろ!

米国は、今すぐ、米国の貿易収支および米国の経常収支を、黒字にしろ!

米国は、今すぐ、債券国になれ!

結果として、ドル高になる!

 

金持ちに税金をかけろ!ウォールストリートに税金をかけろ!金持ちに増税しろ!ウォールストリートに増税しろ!

米国は、米国にプログレッシブを復活させろ。

 

アフリカ系米国人には、給料の良い安定した仕事が必要だ。

アフリカ系米国人の99%は、「アフリカ系米国人の労働組合」が必要だ。アフリカ系米国人には、アフリカ系米国人のための労働組合が必要だ。

人権活動が低下した結果、労働組合活動も低下した。労働組合が弱体化した結果、人種差別も強まった。

人権および労働組合がないと、いくら国や会社が儲かったとしても、労働者の生活は向上しない。

その人権および労働組合の重要性を、今、全世界が証明している。

フォードがカネをくれたんじゃない。

フォードがT型フォードを量産しだしたとき、米労働運動および米労働組合も誕生し成長したから、米国労働者は生活が向上した。

労働組合の力により、米労働者は会社と交渉ができた。

だから米労働者は米国製品を喜んで買った

労働組合が強いから、米国製品が強かった。

 

 

 

[世界史の窓]

ドレフュス事件

https://www.y-history.net/appendix/wh1401-076.html

フランス第三共和政下での反ユダヤ主義による陰謀事件。

1894年、ユダヤ系軍人がドイツのスパイとして告発されたが、無罪を主張。

裁判で背後の軍部・教会の反ユダヤ主義が批判され、結局1906年に無罪となった。

それによってフランスは共和政体と基本的人権、民主主義が守られた。

 

1894年10月、第三共和政のフランスで、ユダヤ系のドレフュス大尉がドイツのスパイの嫌疑をかけられ、本人は無罪を訴えたが、軍法会議で有罪となり、無期流刑となった。

この裁判をめぐってフランスは国論が二分され、判決にユダヤ人に対する差別があるとして再審を求める共和派と、判決を支持する軍部・教会などの王党派が激しく議論を戦わした。

中でも作家エミール=ゾラが1898年に『私は弾劾する』を発表してドレフュスを弁護した。

ようやく1899年に再審となったが、再び有罪を宣告され、大統領特赦で出獄した。

結局、1906年、ドレフュスは無罪となった。

19世紀末のフランスにおいても、反ユダヤ主義が根強く存在することを示した事件でもあった。 

 

ドレフュス事件の意義

ドレフュス事件は、フランスの第三共和政の共和政治を脅かす事件であった。

当時フランスは、1889年のブーランジェ事件、1892年のパナマ事件などが続き、共和政治に対する不信が強まり、一方で普仏戦争の敗北でドイツに奪われたアルザス・ロレーヌの奪回を叫ぶ国家主義の声も強まっていた。

そのような中で軍部によって無実のユダヤ系軍人がドイツのスパイであるとして、正義と自由、平等が踏みにじられたのがドレフュス事件であった。10年以上の年月を要したがドレフュスの無罪は確定し、フランスの共和政は守られることとなった。

政教分離の実現 同時に軍部とカトリック教会の反ユダヤ主義が事件の原因としてあぶり出されることとなり、特に中世以来、フランスのカトリック教会が国家と結びつき、フランス革命で一時分離したものの、ナポレオンのコンコルダートによって復活して国家の保護のもと人権を抑圧していることに対する批判が強まった。

そのためドレフュス事件の経過とともにクレマンソーらが結成した急進社会党が台頭し、社会主義政党であるフランス社会党と協力して、1905年に議会で政教分離法を成立させ、カトリック教会と国家を分離する原則が確立した。

 

 

[Wikipedia]

ファシズム知識人監視委員会

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8D%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%B7%E3%82%BA%E3%83%A0%E7%9F%A5%E8%AD%98%E4%BA%BA%E7%9B%A3%E8%A6%96%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A

ファシズム知識人監視委員会(Comite de vigilance des intellectuels antifascistesCVIA)は、193435日にフランスの左派知識人によって結成された反ファシズム団体。

民族学者のポール・リヴェ(フランス語版)が会長、哲学者・作家のアランと物理学者のポール・ランジュヴァンが副会長を務めた。

分裂していた左派の連携を促し、同年714日、社会党共産党、急進社会党が結成した人民連合全国委員会、労働総同盟、人権連盟とともに「パンと平和と自由」をスローガンにパリに集結。

ファシズム勢力に対抗する人民戦線の結成につながった。