IbrahimNcongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

米政治家は、「ユネスコ」も「奴隷貿易とその廃止を記念する国際デー」も知らない。

米政治家は、「ユネスコ」も「奴隷貿易とその廃止を記念する国際デー」も知らない。

 

 

米政治家は、「ユネスコ」も「奴隷貿易とその廃止を記念する国際デー」も知らない。

奴隷貿易とその廃止を記念する国際デー, International Day for the Remembrance of the Slave Trade and its Abolition」は、ユネスコが定めた国際デーで、毎年823日に、大西洋奴隷貿易(Atlantic slave trade)を記念する日である。

この日は、1791822日から23日の夜にかけて、サン=ドマング(現在のハイチ)において、大西洋奴隷貿易の廃止の重要な要因となった反乱(ハイチ革命)が始まった、奴隷貿易の廃止において重要な日である。

 

ハイチは、世界初の自由黒人による共和国である。

ハイチは、カリブ海諸国で初めての独立国である。

ハイチは、西半球で2番目の独立国である。

ハイチは、西半球で2番目に古い共和国である。

 

フランス革命はフランス領サン=ドマングにも影響を及ぼした。

アフリカ系のトゥーサン=ルヴェルチュールは、もっとも傑出した現地の反乱軍の指導者の一人だった。

ナポレオンは第一統領として権力を握ったのち、ナポレオンは奴隷制を復活させるために、大規模なフランスの兵隊の遠征軍および艦船をサン=ドマングに派遣した。

のちにトゥーサン=ルヴェルチュールは騙されてフランス軍に捕らえられ、本国に送られた。Jura MountainsFort-de-Joux の刑務所内で、数か月後に亡くなった。

フランスが奴隷制度の復活を目指していることが明白になると(実際、Guadeloupe奴隷制を復活させようとした)1802年の夏にアフリカ系の農民の方々は反乱を起こした。

ジャン=ジャックデサリーヌは、180411日に公式に、元植民地の独立を宣言し、ハイチと名付けた。

 

 

[1]

[Wikipedia]

奴隷貿易とその廃止を記念する国際デー(International Day for the Remembrance of the Slave Trade and its Abolition)

https://en.wikipedia.org/wiki/International_Day_for_the_Remembrance_of_the_Slave_Trade_and_its_Abolition

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B4%E9%9A%B7%E8%B2%BF%E6%98%93%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E5%BB%83%E6%AD%A2%E3%82%92%E8%A8%98%E5%BF%B5%E3%81%99%E3%82%8B%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E3%83%87%E3%83%BC

奴隷貿易とその廃止を記念する国際デー(英:International Day for the Remembrance of the Slave Trade and its Abolition)は、ユネスコが定めた国際デーで、毎年823日に、大西洋奴隷貿易(Atlantic slave trade)を記念する日である。

823日という日付は、第29回総会の決議40(29 C/40)ユネスコ執行委員会で承認されたことによる。

 

1998729日の事務局長からの配布文CL/3494により、各国の文化担当大臣にこの国際デーの推進が懇請された。

この日は、1791822日から23日の夜にかけて、サン=ドマング(現在のハイチ)において、大西洋奴隷貿易の廃止の重要な要因となった反乱(ハイチ革命)が始まった、奴隷貿易の廃止において重要な日である。

 

ユネスコ加盟国は毎年同日に、青少年や教育者、芸術家、知識人を招いての催しを開催している。

ユネスコの文化越境プロジェクト、「奴隷の道」(The Slave Route)プロジェクトの一環として、奴隷制の「史的要因・制度・状況」について共同で認識し、注目する機会となっている。

そのほかに、アフリカ・ヨーロッパ・アメリカ州西インド諸島のあいだで行われた人間の大西洋貿易を引き起こした交渉についての分析と対話を行う場も設けている。

 

1 諸国での活動

奴隷貿易とその廃止を記念する国際デー, International Day for the Remembrance of the Slave Trade and its Abolition」は、当初いくつかの国々でまず祝われた。

特に、1998823日にはハイチで、1999823日にはセネガルで祝われた。

多くの文化的催しや議論が催された。

 

1.1 フランス

2001年に、フランスのミュルーズにある「ミュルーズプリント生地博物館, Museum of Printed Textiles, Musee de l'impression sur etoffes」が、

"Indiennes de Traite"(インド諸島での貿易)」という名前の織物について、のワークショップ(学術会議)を開いた。

"Indiennes de Traite"は、「更紗キャラコの一種」で、このアフリカ系のかたの貿易において、通貨として使われていた。

 

1.2 英国

1.2.1 リバプール

リバプール国立美術館」および「リバプールのアフリカ系のかたのコミュニティ」は、1999年以来、「奴隷貿易とその廃止を記念する国際デー」を記念して催しを開催している。

この催しを開催する組織を先導するために、「リバプール奴隷制度廃止記念イニシャティブLiverpool Slavery Remembrance Initiative」が2006年に設立された。

この「リバプール奴隷制度廃止記念イニシャティブLiverpool Slavery Remembrance Initiative」は、

リバプール国立美術館リバプールのアフリカ系のかたのコミュニティの個々人の方々、リバプール市議会、リバプール文化カンパニー(私による注:リバプール2008年の欧州文化首都としてEUに選定された後に設立された)、マージ―パートナーシップMersey Partnership(政府機関)

の共同事業である。

リバプールにある「国際奴隷制度博物館International Slavery Museum」は2007823日に開館した。

Walk of Remembrance追悼の歩み」は2011年に始まり、2013年以降はDr Gee Walkerが率いている。

この「歩み」のコースは、奴隷船が係留され修理されていたOld Dockを通り、マルチンルーサーキングジュニアビルまで歩く。

Albert Dockでの献酒式でこの「歩み」は終了する。

 

1.2.2 ロンドン

Slavery Remembrance National Memorial Service奴隷制度全国追悼式」の開会式は、2016821日にトラファルガー広場で開かれた。

グリニッチの「National Maritime Museum国立航海博物館」は、毎年823日に記念式典を開催し、テムズ川の土手で黙とうをささげて終了する。

 

 

[Wikipedia]

ハイチ革命

https://en.wikipedia.org/wiki/Haitian_Revolution

ハイチ革命は、フランス領サン=ドマングにおける、自力で自由を得た奴隷のかたがたの、フランス植民地支配に対する反乱で、成功した。サン=ドマングは現在、独立国ハイチとなっている。

反乱は、179182日に始まり、1804年に植民地が独立、という形で終了した。

この反乱には、アフリカ系、ムラート(私による注:ヨーロッパ系白人とアフリカ系との混血)、フランス人、スペイン人、イギリス人が参加した。そして、元奴隷のトゥーサンルベルチュールがハイチの最もカリスマ的ヒーローとして登場した。

この革命は、「奴隷制度から自由になった(強制労働はまだなくなってはいなかったが)奴隷反乱」で、なおかつ、「『非白人および元捕虜』により統治される国の建国に成功した」、唯一の奴隷反乱である。奴隷解放に成功し、非白人が支配する国を作った、唯一の例である。

今では、ハイチ革命は、大西洋世界の歴史において、決定的な瞬間であると、幅広く世界にみなされている。

 

ハイチ革命が奴隷制度に与えた影響は、アメリカ大陸中に広まった。

フランス植民地においてフランス統治が終了しそして奴隷制度が廃止され、その後、彼らが勝ち取った勝利を守ることにも成功し、さらには、有色人種自由人の協力のもと、「白人欧州人からの独立」を守ることにも成功した。

ハイチ革命は、

およそ1900年前にローマ共和国に対して蜂起し失敗に終わった「スパルタカスの反乱」以来の最大の奴隷反乱であり、また、

欧州人の持っていた「『アフリカ系のかたは劣っている』という偏見、および、『奴隷のかたは彼ら自身の自由を勝ち取れないし維持もできない』という考え」をひっくり返すものであった。

この反乱の、抑圧下における組織的能力および不屈さは、西半球の奴隷所有者たちに衝撃および恐怖を呼び起こした。

 

2 1789年の状況

2.1 社会的層化

1789年には、サンドマングは、世界の60%のコーヒーおよび世界の40%の砂糖を算出し、フランスおよびイギリスに輸出していた。

サンドマング植民地は、フランス植民地帝国にとって最も利益の出る所有物である、だけでなく、カリブ海地域においてももっとも豊かで有望な植民地であった。

サンドマング植民地における白人人口は4万人、ムラートおよび自由黒人は28千人、そしてアフリカ系の奴隷のかたが452千人と推定されている。

これは、1789年にはおよそ100万人いたと推定されているカリブ地域の奴隷の内、およそ半分にあたる。

奴隷にされたアフリカ系のかたは、植民地の社会において最下層とみなされていたが、白人および有色人種自由人に対し、およそ81の割合で、人数が上回っていた。

奴隷のかたの3分の2はアフリカ生まれで、彼らは、アメリカ大陸生まれで奴隷社会で育てられた奴隷のかたよりも、従順ではなかった。

カリブ地域での死亡率は出生率を上回っていたので、プランテーションの作業維持に要する人数を維持するために、アフリカ人を輸入することが必要とされた。

奴隷のかたの人口は、過重な労働、不十分な食事および住居、不十分な衣服および医療、男性が多く女性が少ないという男女比の不均衡、により、年2%から5%美割合で減少していた。

奴隷のかたの中には、都市部や家庭内で働く、クリオールのエリートクラスの奴隷のかたもいた。彼らは、大農園主の豪邸の周りで、コック、召使、職人として働いた。

この比較的優遇された階層は主に米大陸で生まれた方々であり、他方で、アフリカ生まれの下層の方々は、重労働をさせられ、さらには、しばしば虐待され残虐な状態に置かれた。

 

3 フランス革命の影響

フランス第一共和政設立後、国民議会はフランスの法律を急激に変化させ、さらに、1789826日、フランス人権宣言(人間と市民の権利の宣言)を発表し、「全ての人間は自由で平等だ」と宣言した。

この宣言は、「女性、奴隷、植民地の市民にも平等に適用されるのか」についてはあいまいであり、サンドマングでの自由と平等に対する要求に影響を与えた。

白人農園主たちは、フランス革命をフランスから独立するチャンスと見ていた。「フランスから独立すれば、島を完全に支配下に置けるし、貿易を管理し彼ら自身の富と権力をさらに増やせる」と考えたからである。

しかし、ハイチ革命は、急速に、新たに誕生したフランス共和国に対するテスト・試練となった。ハイチ革命が、奴隷制度に対する疑問をクローズアップし、フランスのリーダーたちに、「彼らが宣言したイデオロギーの本当の意味をはっきりさせること」を迫ったからだ。

 

サンドマングのアフリカ系の方々は、農園主たちの独立運動を聞いた。農園主たちは、「サンドマングの対外貿易・海外貿易を、フランスが制限している」ことを不愉快に思っていたのだ。

サンドマングのアフリカ系の方々の多くは、王党派やイギリスと同盟を結んでいた。なぜなら、「もしもサンドマングが、奴隷主である白人の指導の下に独立したら、アフリカ系の人々は、もっと厳しい扱いを受け、不正な扱いを受けるだろう」、とサンドマングのアフリカ系の方々の多くは理解していたからだ。

そうなったら、プランテーションの農園主たちは、フランス貴族に対する現状の最低限の説明責任すら無くなり、奴隷制度を自由に運営できるようになるだろう。

 

サンドマングの有色人種の自由人たちは、Julien Raimondが最も有名であるが、1780年代以降、白人との完全な平等をフランス本国に積極的に訴えていた。

ジュリアンレイモンはフランス革命を利用して、フランス国民議会にこのことを植民地の主要な問題であると投げかけた。

179010月、別の富裕な有色人種の自由人であるVincent Ogeが、フランス人権宣言に基づき、投票する権利を要求した。

植民地総督がヴァンサンオジェの要求を拒絶すると、ヴァンサンオジェは、およそ300人を率いてLe Capの周りで反乱を起こし、この地域の人種差別をなくそうと戦った。

オジェは1791年初頭にとらえられ、首をはねられる前に、「車裂きの刑」にされ、残虐に処刑された。

オジェは奴隷制度に反対して戦ったわけではなかったが、この処置が奴隷達に17918月の蜂起と植民地人との契約に対する抵抗を決断させる要因の一つとなったと、後に奴隷反乱者達によって証言された。

この時点までの紛争は白人の党派間、あるいは白人と自由黒人の間のものであり、黒人奴隷は傍観者の立場にあった

 

4 ハイチ革命

4.1 革命の開始

Guillaume Raynalは彼の歴史書European colonization」の1780年度版で、奴隷制度を批判した。

彼はさらに、全面的な奴隷反乱がコロニーで起きると予想しており、「『差し迫った嵐』がある」と発言している。

Raynalの予想は、1791821日の夜にサンドマングの奴隷の方々が決起したときに現実のものとなった;

何千人もの奴隷の方々が、熱帯の嵐が来ると同時に、秘密のブードゥー教の儀式に参加し、---稲光と雷は幸先の良い前兆とみなされた---、その夜遅く、奴隷の方々は彼らの主人を殺し始め、この植民地を内戦状態にした。

1792年までに、反乱奴隷の方々は島の3分の1支配下に置いた。

この反乱の成功により、フランス国民議会は自分たちが恐ろしい状況に直面していることを理解した。

17923月に、フランス国民議会は、植民地の有色人種の自由人たちの市民的権利および政治的権利を認めた。

米国と同様に欧州中の国々も、この決定にショックを受けたが、フランス国民議会は反乱を止めることを決意したのだ。

有色人種の権利を認めた一方で、国民議会は6000名のフランス兵を島に送り込んだ。

パリから送り込まれた新しい総督 Leger-Felicite Sonthonaxは、サンドマング北部州の奴隷制度を廃止し、農園所有者と敵対した。総督は、農園所有者を王党派と考えたのだ。

 

4.3 フランスは奴隷制度廃止を宣言

イギリス・スペイン・フランス王党派と個別に、あるいはそれらの同盟と、対立しているフランスは、

軍事的な悲劇を防ぎフランス共和国のために植民地の安全を守るために、

Leger-Felicite Sonthonax および Etienne Polverelは、1793829日の奴隷解放宣言で、サンドマングの奴隷の方々を解放した。

Sonthonaxは、17941月末ごろに、国民公会奴隷解放に賛成の署名をするように、入植者Louis Duffay、自由黒人の軍士官Jean-Baptiste Belley、有色人種自由人Jean-Baptiste Mills 、の三人の代理を送った。

17942月、Dufay国民公会で「奴隷制度廃止こそが植民地をフランスのコントロール下に置き続ける唯一の方法で」「元奴隷の人たちは、喜んで植民地回復のために働くだろう」と演説した。

国民公会代理人たちは賛成し、

「全ての植民地においてアフリカ系奴隷は廃止される」;結果として、「植民地に生活する全ての人は、その肌の色による区別なしに、フランス市民であり、憲法により保障されたすべての権利を享受できる」

という劇的な布告がなされた。

この布告により、フランスおよびその全ての植民地において法により奴隷制度が廃止され、植民地のすべてのアフリカ系のかたに市民の権利と政治的権利が保障された。

1793年フランス憲法」および「1795年フランス憲法」の両方に奴隷制度の廃止が書かれている。

1793年フランス憲法」は発効しなかったが「1795年フランス憲法」は効力を持った:

この憲法は、ナポレオンボナパルトのときに、統領の憲法および皇帝の憲法に置き換えられるまで続いた。

サンドマングでの人種間の緊張にもかかわらず、当時のフランス革命政府は、理想主義と楽観主義で、奴隷制度廃止を歓迎した。

他国からは、米国革命が多くの解放運動の最初のものとしてみなされるのと同様に、奴隷解放はリバティーの一例とみなされた、

国民公会の会合に参加していたGeorges Dantonは、心情を以下の様に表明している:

 

「フランス人民の代表者たちへ:」

「つい今まで、我々の自由の宣言は、利己的で、自分たち自身のためのものでしかなかった」

「しかし、今日、我々は、我々の自由の宣言を、全世界に向けて主張する。将来の世代は、この宣言を誇りとするであろう;我々は、普遍的な自由を主張したのだ・・・」

「我々は将来の世代のために働いているのだ;自由を植民地にももたらそう;今日、イギリスは死んだ」

 

上述の引用の後半にあるように、国家レベルの観点から見ても、奴隷制度の廃止は、フランスに、イギリスに対しての道徳的な勝利ももたらした。

しかし、トゥーサン=ルヴェルチュールは、フランスのことを疑っていたので、しばらくの間、スペイン軍と協働することをやめなかった。

 

5 ルベルチュールの指揮

5.1 トゥーサン=ルヴェルチュール

黒人の最も成功した指揮官の一人がトゥーサン・ルーヴェルチュールであり、独学で学んだ元家事奴隷であった。

1801年、トゥーサンはサン=ドマングの憲法を布告し、「トゥーサン自身が終身総督になること、アフリカ系のかたの自治政府を作ること、アフリカ系のかたの独立国家を作ること」、を定めた

それに対し、ナポレオンはフランスによる支配を復活させるために、ナポレオンの義弟のシャルル・ルクレール率いる大規模なフランスの兵隊の遠征軍および艦船をサン=ドマングに派遣した。

彼らは密かに、島の少なくとも以前スペインが領有していた地域で、奴隷制度を復活させるよう指示を受けていた。

ナポレオンは、「フランス軍が設置されるまではトゥーサンを丁重に扱う」;「フランス軍が到着したら、トゥーサンをLe Capに召喚し逮捕する」;

「もしもトゥーサンが現れなかったら、ルクレルクは容赦なく"皆殺し戦争"をし、トゥーサンに従っていたものは捕まえたら射殺する」ようにと命令した。

これがなされたら、奴隷制度は完全に復活するだろう。

 

5.2 ナポレオンによるハイチ侵略

180222日にフランス軍が、ルクレルクに「Le Capをフランスに返すよう」命令されたハイチ人のHenri Christopheの指揮下で、Le Capに到着した。

 

5.3 ハイチ人の抵抗と焦土作戦

 

5.5 捕らえられたトゥーサン=ルヴェルチュール

のちにトゥーサン=ルヴェルチュールは騙されてフランス軍に捕らえられ、本国に送られた。Jura MountainsFort-de-Joux の刑務所内で、数か月後に亡くなった。

 

6 独立戦争

6.1 奴隷制度再導入に対する反乱

数か月の間は、ナポレオンの支配下でこの島は静かだった。しかしフランスが奴隷制度の復活を目指していることが明白になると(実際、Guadeloupe奴隷制を復活させようとした)1802年の夏にアフリカ系の農民の方々は反乱を起こした。

 

6.4 ハイチの勝利

ジャン=ジャックデサリーヌは、Gonaives市で、公式に、元植民地の独立を宣言し、ハイチと名付けた。アメリカ先住民アラワク族にちなんで名づけたものである。

 

 

[Wikisource]

英語への翻訳:人間と市民の権利の宣言(フランス人権宣言)

https://en.wikisource.org/wiki/Translation:Declaration_of_the_Rights_of_Man_and_of_the_Citizen

フランス人民の代表者たちは、国民会議を構成し、人権の無知、忘却あるいは軽視が、公衆の不幸及び政府の堕落の唯一の原因であると考え、厳粛な宣言において、人の不可譲かつ神聖不可侵の、自然権を、断固として述べた。

この宣言が、社会的集団の全構成員の心に絶えずあり続け、その権利およびその義務を絶え間なく想起させ続けるように。

また、立法権および行政権の行為が、すべての政治制度の目的と絶えず比較され、より一層尊重されるように。

また、市民の要求が、今後、簡潔かつ明白な原理に基づくことによって、常に憲法の維持および全体の幸福に向かうように。

こうして、国民会議は、創造主の前で、かつ、その創造主の庇護の下、以下の人間および市民の諸権利を、承認し、かつ宣言した。

 

 

[Wikipedia]

人間と市民の権利の宣言

https://en.wikipedia.org/wiki/Declaration_of_the_Rights_of_Man_and_of_the_Citizen

人間と市民の権利の宣言」は「憲法制定国民議会」により1789年に制定されたもので、フランス革命時に人権及び市民権をうたった文書である。

 

自然権”のドクトリンが影響を与えており、「人権は普遍的で不可侵なものとみなされるべきである、つまり、いつの時代でもどこの世界でも成立し、人間そのものに付随する権利である」と宣言している。

「自由な個々人が平等に法により保護されている国」の基礎理念となっている。

フランス第4共和国の憲法(1946)およびフランス第5共和国の憲法(1958)にもこの宣言は含まれており、現在も有効な宣言である。

啓蒙哲学者から発想を得、この宣言はフランス革命の価値の核となる宣言となっており、欧州および全世界の自由と民主主義の発展に大きな影響を及ぼした。

1789年のこの宣言は、1215年のマグナカルタ1689年の英国権利の章典1776年の米国独立宣言・1789年の米国権利の章典とともに、1948年の国連の世界人権宣言に大きな影響を与えている。

 

 

[Wikipedia]

Liverpool Culture Company

https://en.wikipedia.org/wiki/Liverpool_Culture_Company

From Wikipedia, the free encyclopedia

Jump to navigationJump to search

The Liverpool Culture Company is an organisation that is responsible for the development of cultural programmes in the city of Liverpool, England.

Set up by Liverpool City Council in 2004 after the city was announced as the European Capital of Culture in 2008, the Liverpool Culture Company was given the remit to 'deliver the culture programme up to and beyond 2008'.

 

 

[Wikipedia]

欧州文化首都

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AC%A7%E5%B7%9E%E6%96%87%E5%8C%96%E9%A6%96%E9%83%BD

欧州文化首都(European Capital of Culture、仏: capitale europeenne de la culture)は、欧州連合 (EU) が指定した都市で、一年間にわたり集中的に各種の文化行事を展開する事業。

 

 

[2]

ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーが、こんにちの自由貿易を開始し推進した。

ロナルドレーガンが、「こんにちの自由貿易」「1979年から1991年までの冷戦」「競争社会」「軍拡」「経済格差」「福祉切り捨て」を始めた。

 

レーガンは、違法なコントラ戦争を、ニカラグアで起こした。

レーガンは、エルサルバドルで、死の暗殺部隊(デス・スクワッド, Death Squads)を支援し、多くの市民を殺した。

グアテマラでは、米国が支援した虐殺が起きた。

 

ネルソンマンデラは、1994年から1999年まで南アフリカ共和国大統領だったにもかかわらず、2008年まで米国のテロリスト監視リストに名前が載っていた。

もともとは、米大統領ロナルドレーガンが、1980年代に、アフリカ民族会議(African National Congress:ANC)をテロリスト監視リストに載せた。

ネルソンマンデラは、1991年から1997年まで、ANCの議長を務めた。

 

ネルソンマンデラは、アパルトヘイト相手に戦った。

その時の南アフリカ共和国政府は、ネルソンマンデラを投獄した。

米国大統領ロナルドレーガンおよび英国首相マーガレットサッチャーは、その時、南アフリカ共和国政府を支持した。

ネルソンマンデラは、ノーベル平和賞を受賞した。

ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーレイシストだ。

ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーの支持者もレイシストだ。

 

Black Lives Matter!ブラックライブズマター!Black Voters Matter!ブラックボーターズマター!

米国国防省・米国のメディア・ホワイトハウス・米国の政治家・米国の大学・米国のトップ1%・米国のセレブ・ハリウッド・ウォールストリートよりも、我々は左だ。

 

他方で、ドイツのファシズムは極右だ。ナチは極右だ。

 

今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガンの支持者だ。今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガン派だ。

ロナルドレーガンは極右だ。

日本および米国防省および米マスコミおよびウォールストリートおよびハリウッドが、ロナルドレーガンを育てたのだ。

 

我々アメリカ合衆国99%は、次の選挙で、米上院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!

我々アメリカ合衆国99%は、次の選挙で、米下院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!

 

 

[3]

米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。

 

イギリスが「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を作った。

他方で、ソ連が崩壊した主要な原因は軍事費が巨額なことだ。

(私にはロシアを批判する気も支持する気もありません)

 

米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。

(しかし、巨大な中央集権政府がその答えなのかどうかは、私にはわかりません)

(実際、現在の米国政府は、年に7000億ドルも軍事費を使う超巨大政府です)

 

だから。

米国は、米国で軽自動車を作り、それら軽自動車を全世界へ輸出する。

 

米国は、今すぐ、モンロー主義になれ!

米国は、今すぐ、全世界の外国から全ての米軍を引き上げろ!

米国の軍事費を、1年当たり100億ドルにまで、今すぐ、下げろ。

 

米国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!

米国は、今すぐ、米国の金融を引き締める政策をしろ!米国は、今すぐ、米国の内需を縮小しろ!

米国は、今すぐ、米国の貿易収支および米国の経常収支を、黒字にしろ!

米国は、今すぐ、債券国になれ!

結果として、ドル高になる!

 

金持ちに税金をかけろ!ウォールストリートに税金をかけろ!金持ちに増税しろ!ウォールストリートに増税しろ!

米国は、米国にプログレッシブを復活させろ。

 

アフリカ系米国人には、給料の良い安定した仕事が必要だ。

アフリカ系米国人の99%は、「アフリカ系米国人の労働組合」が必要だ。アフリカ系米国人には、アフリカ系米国人のための労働組合が必要だ。

人権活動が低下した結果、労働組合活動も低下した。労働組合が弱体化した結果、人種差別も強まった。

人権および労働組合がないと、いくら国や会社が儲かったとしても、労働者の生活は向上しない。

その人権および労働組合の重要性を、今、全世界が証明している。

フォードがカネをくれたんじゃない。

フォードがT型フォードを量産しだしたとき、米労働運動および米労働組合も誕生し成長したから、米国労働者は生活が向上した。

労働組合の力により、米労働者は会社と交渉ができた。

だから米労働者は米国製品を喜んで買った

労働組合が強いから、米国製品が強かった。