IbrahimCongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

ヤーセルアラファト、イツハクラビン、シモンペレスは、オスロ合意を締結したことで、1994年にノーベル平和賞を受賞なさった。

ヤーセルアラファト、イツハクラビン、シモンペレスは、オスロ合意を締結したことで、1994年にノーベル平和賞を受賞なさった。


ヤーセルアラファト、イツハクラビン、シモンペレスは、オスロ合意を締結したことで、1994年にノーベル平和賞を受賞なさった。

中東の平和を破壊したのは誰か?
イスラエルの極右活動家が、中東の平和を破壊した。

かつて我々は、中東和平会議(Madrid Conference of 1991, 1991年マドリッド会議)および1993年オスロ合意を締結した。
ヤーセルアラファトは、オスロ合意を締結したことで、イツハクラビン、シモンペレスとともに1994年にノーベル平和賞を受賞した。
1995年11月、イツハクラビンは、オスロ合意に反対しているイスラエルの極右過激派Yigal Amirに暗殺された。

ヤーセルアラファトは、パレスチナの政治リーダー。
イツハクラビンは、イスラエルの首相。
シモンペレスは、イスラエルの首相。

我々は中東を再び平和にできる。

パレスチナの平和・中東和平・世界平和は、米政治家のためのステージ・舞台ではない。
パレスチナの平和・中東和平・世界平和は、米共和党と米民主党の間の政治的駆け引きのためのステージ・舞台ではない。
パレスチナの平和・中東和平・世界平和は、ウォールストリートおよび軍需産業が金儲けするためのステージ・舞台ではない。
パレスチナの平和・中東和平・世界平和は、米軍内部での昇進のためのステージ・舞台ではない。


[1]
[Wikipedia]
ヤーセルアラファト
https://en.wikipedia.org/wiki/Yasser_Arafat
ヤーセルアラファトとして一般に知られる、Mohammed Yasser Abdel Rahman Abdel Raouf Arafat al-Qudwa al-Husseini(August 1929年8月–2004年11月11日)は、パレスチナの政治的リーダー。
1969年から2004年までパレスチナ解放機構(Palestine Liberation Organization; PLO)の議長で、1994年から2004年までパレスチナ自治政府(Palestinian National Authority; PNA) の大統領だった。

アラファトは1988年にイスラエル生存権を認め、イスラエル-パレスチナ紛争に対し、二国家解決(Two-state solution)(私による注:イスラエルパレスチナと言う2つの国を作るという案)を追求した。
1994年にパレスチナに戻りガザ市で暮らし、パレスチナ領域の自治を推進した。
イスラエルPLOの間の紛争を終わらせるために、アラファトイスラエル政府と一連の交渉をした。
中東和平会議(Madrid Conference of 1991, 1991年マドリッド会議)、1993年オスロ合意、2000年キャンプデービッド会談、などである。
アラファトは、オスロ合意を締結したことで、イツハクラビン、シモンペレスとともに1994年にノーベル平和賞を受賞した。


[Wikipedia]
イツハクラビン
https://en.wikipedia.org/wiki/Yitzhak_Rabin
イツハクラビン(1922年3月1日–1995年11月4日)はイスラエルの政治家で政治指導者で将軍である。
イスラエルの第5代首相で、「1974年から1977年まで」と「1992年から暗殺される1995年まで」の2期、首相を務めた。
1992年にラビンは、「イスラエル-パレスチナ和平プロセス」という政治要綱を掲げて首相に再選された。
ラビンは、オスロ合意の一部をなす、パレスチナ指導者とのいくつかの歴史的合意に調印した。
ヤーセルアラファト、長年の政治的ライバルだったシモンペレス、とともにイツハクラビンは1994年にノーベル平和賞を受賞した。
ラビンは、1994年に、ヨルダンとの和平条約にも調印した。
1995年11月に、イツハクラビンは、オスロ合意に反対しているイスラエルの極右過激派Yigal Amirに暗殺された。


[Wikipedia]
シモンペレス
https://en.wikipedia.org/wiki/Shimon_Peres
シモンペレス(1923年8月2日-2016年9月28日)は、イスラエルの政治家で、イスラエル第9代大統領(2007年-2014年)、イスラエルの首相(2回)、臨時首相、を1970年代から1990年代にかけて務めた。
70年にわたる政治家としての履歴の間に、12の内閣のメンバーとなり、5つの政党の代表となった。
イスラエル一院制議会であるクネセトに1959年11月に選出され、2006年初頭の3か月にわたる空白を除き、2007年に大統領に選出されるまでずっと内閣にいた。
2014年に引退時には、世界で最年長の元首で、イスラエル建国世代の最後の一人と考えられていた。
ペレスは最初、1977年に臨時首相としてイツハクラビンの後を継ぎ、その後、1984年から1986年まで首相となった。
ラビン内閣ではペレスは外務大臣を務め、1994年のイスラエル-ヨルダン和平条約を立案した。
また、ラビン内閣ではペレスは外務大臣を務め、パレスチナの指導者とオスロ合意の和平会談をし、ラビンおよびヤーセルアラファトとともに、1994年にノーベル平和賞を受賞した。

3 政治家としての経歴
3.3 オスロ合意、ヨルダンとの和平条約、ノーベル平和賞受賞。
首相イツハクラビンおよび外務大臣シモンペレスの主導により、1994年10月26日、ヨルダンとイスラエルイスラエル-ヨルダン和平条約に調印した。
この平和条約調印式典は、Eilatの北、ヨルダンの国境近くの、イスラエルのArava valleyで行われた。
首相ラビンおよび首相Abdelsalam al-Majaliが調印し、イスラエルの大統領Ezer Weizmanと国王Husseinが握手した。
米大統領ビルクリントンも、米国務長官Warren Christopherとともに参加した。
この条約により、イスラエルとヨルダンの間の46年にもわたる戦争が終了した。

「平和とは愛のようなものだ。それはロマンチックなプロセスだ。それと共に生活しなくてはならないし、それに投資もしないといけないし、それを信用しないといけない。愛を強制できないのと同様に、平和も強制はできないのだ」---シモンペレス、1997年。

https://en.wikipedia.org/wiki/Shimon_Peres#/media/File:Flickr_-_Government_Press_Office_(GPO)_-_THE_NOBEL_PEACE_PRIZE_LAUREATES_FOR_1994_IN_OSLO..jpg
イツハクラビン、シモンペレス、ヤーセルアラファトは、オスロ合意を締結したことで、ノーベル平和賞を受賞なさった。


[Wikipedia]
中東和平会議(Madrid Conference of 1991, 1991年マドリッド会議)
https://en.wikipedia.org/wiki/Madrid_Conference_of_1991
中東和平会議(Madrid Conference of 1991, 1991年マドリッド会議)は、平和会議であり、スペインが主催し、米国およびソ連の協賛で、1991年10月30日から1991年11月1日までスペインのマドリッドで開催された。
これは、国際社会が、イスラエルパレスチナの間の平和プロセスを、交渉により復活させようとする試みであり、イスラエルおよびパレスチナだけでなく、ヨルダンやレバノンやシリアといったアラブ諸国も招いた会議であった。


[Wikipedia]
1993年オスロ合意
https://en.wikipedia.org/wiki/Oslo_Accords
オスロ合意は、イスラエル政府とパレスチナ解放機構との間の2つの合意である:
オスロI合意は、1993年にワシントンDCで調印され、オスロII合意は1995年にエジプトの Tabaで調印された。
オスロプロセスとは、「国連安全保障理事会決議第242号および第338号に基づく平和条約締結」を目的とし、また、「パレスチナ人民の民族自決権を満たす」ことを目的とする、ものであり、
そのオスロプロセスは、オスロ合意により始まった。
オスロでの秘密交渉の後、オスロプロセスは始まった。
その結果、PLOによりイスラエル国家が承認され、イスラエルによりPLOが承認された。イスラエルは、PLOパレスチナ人民の代表政府として承認し、また交渉相手として承認した。

オスロ合意により、ガザ西岸の一部およびガザ地区での限定的な自治を目的としたパレスチナ政府が成立し、
さらに、「PLOが、残された問題についてのイスラエルの永続的な交渉相手であること」を認定した。
最も重要な課題は、「『イスラエルパレスチナの国境策定』、『イスラエルの入植者』、『エルサレムの地位』、『イスラエルパレスチナ政府を承認した後における、残された領域における、イスラエル軍の存在および支配について』、『パレスチナ人が帰還する権利』」である。
しかしオスロ合意では、パレスチナ国家の建設はしなかった。


[Wikipedia]
Yigal Amir
https://en.wikipedia.org/wiki/Yigal_Amir
Yigal Amir (1970年5月31日生まれ)は、イスラエルの首相イツハクラビンを暗殺した、イスラエルの極右過激派。


[2]
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーが、こんにちの自由貿易を開始し推進した。
ロナルドレーガンが、「こんにちの自由貿易」「1979年から1991年までの冷戦」「競争社会」「軍拡」「経済格差」「福祉切り捨て」を始めた。

レーガンは、違法なコントラ戦争を、ニカラグアで起こした。
レーガンは、エルサルバドルで、死の暗殺部隊(デス・スクワッド, Death Squads)を支援し、多くの市民を殺した。
グアテマラでは、米国が支援した虐殺が起きた。

ネルソンマンデラは、1994年から1999年まで南アフリカ共和国大統領だったにもかかわらず、2008年まで米国のテロリスト監視リストに名前が載っていた。
もともとは、米大統領ロナルドレーガンが、1980年代に、アフリカ民族会議(African National Congress:ANC)をテロリスト監視リストに載せた。
ネルソンマンデラは、1991年から1997年まで、ANCの議長を務めた。

ネルソンマンデラは、アパルトヘイト相手に戦った。
その時の南アフリカ共和国政府は、ネルソンマンデラを投獄した。
米国大統領ロナルドレーガンおよび英国首相マーガレットサッチャーは、その時、南アフリカ共和国政府を支持した。
ネルソンマンデラは、ノーベル平和賞を受賞した。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーレイシストだ。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーの支持者もレイシストだ。

Black Lives Matter!ブラックライブズマター!Black Voters Matter!ブラックボーターズマター!
米国国防省・米国のメディア・ホワイトハウス・米国の政治家・米国の大学・米国のトップ1%・米国のセレブ・ハリウッド・ウォールストリートよりも、我々は左だ。

他方で、ドイツのファシズムは極右だ。ナチは極右だ。

今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガンの支持者だ。今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガン派だ。
ロナルドレーガンは極右だ。
日本および米国防省および米マスコミおよびウォールストリートおよびハリウッドが、ロナルドレーガンを育てたのだ。

我々は、次の選挙で、米上院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!
我々は、次の選挙で、米下院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!


[3]
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。

イギリスが「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を作った。
他方で、ソ連が崩壊した主要な原因は軍事費が巨額なことだ。
(私にはロシアを批判する気も支持する気もありません)

米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
(しかし、巨大な中央集権政府がその答えなのかどうかは、私にはわかりません)
(実際、現在の米国政府は、年に7000億ドルも軍事費を使う超巨大政府です)

だから。
米国は、米国で軽自動車を作り、それら軽自動車を全世界へ輸出する。

米国は、今すぐ、モンロー主義になれ!
米国は、今すぐ、全世界の外国から全ての米軍を引き上げろ!
米国の軍事費を、1年当たり100億ドルにまで、今すぐ、下げろ。

米国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!
米国は、今すぐ、米国の金融を引き締める政策をしろ!米国は、今すぐ、米国の内需を縮小しろ!
米国は、今すぐ、米国の貿易収支および米国の経常収支を、黒字にしろ!
米国は、今すぐ、債券国になれ!
結果として、ドル高になる!

金持ちに税金をかけろ!ウォールストリートに税金をかけろ!金持ちに増税しろ!ウォールストリートに増税しろ!
米国は、米国にプログレッシブを復活させろ。

アフリカ系米国人には、給料の良い安定した仕事が必要だ。
アフリカ系米国人の99%は、「アフリカ系米国人の労働組合」が必要だ。アフリカ系米国人には、アフリカ系米国人のための労働組合が必要だ。
人権活動が低下した結果、労働組合活動も低下した。労働組合が弱体化した結果、人種差別も強まった。
人権および労働組合がないと、いくら国や会社が儲かったとしても、労働者の生活は向上しない。
その人権および労働組合の重要性を、今、全世界が証明している。
フォードがカネをくれたんじゃない。
フォードがT型フォードを量産しだしたとき、米労働運動および米労働組合も誕生し成長したから、米国労働者は生活が向上した。
労働組合の力により、米労働者は会社と交渉ができた。
だから米労働者は米国製品を喜んで買った
労働組合が強いから、米国製品が強かった。