IbrahimCongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

国際連合におけるキューバおよびベトナム。

国際連合におけるキューバおよびベトナム

 

 

国際連合におけるキューバおよびベトナム

国際連合にて、全世界のうち187か国が、「『米国によりキューバに対して課された禁輸処置』を終了させるべきだ」、という決議に賛成した。

国連総会は、この決議を28年間連続で可決している。

キューバおよびベトナムは、国際連合人権理事会のメンバーであり、国連安全保障理事会のメンバーである。

マイアミにおける調査で、キューバ系米国人の約半数は、「『対キューバ禁輸措置』撤回」を支持している。

 

[1]

[United Nations]7 November 2019

キューバ:国連加盟国は圧倒的多数で「米国による禁輸を停止すべき」と言う決議に賛成した。ブラジルは米国を支持。

Cuba: UN Members overwhelmingly support end of US embargo, as Brazil backs Washington

https://news.un.org/en/story/2019/11/1050891

国連総会は、今年で28年間連続で、

「『米国によりキューバに対して課されている、経済・商業・金融における禁輸処置』を終了させるべきだ」

という決議を可決した。

 

 

[AP]October 29, 2014

国連総会は「米国による対キューバ制裁」を糾弾した。

https://apnews.com/article/944e2248739941619523603eef8317df

国連総会は、今年で22年間連続で、「『米国によりキューバに対して課されている、経済・商業・金融における禁輸処置』を糾弾する決議」を採決した。

この象徴的となっている投票は、1882で、可決された。反対したのは米国およびイスラエルだけだった。

国連総会決意には強制力はないが、キューバが毎年「米国が対キューバ制裁の件で孤立している」ことを示す重要な機会となっている。

この禁輸処置は「1960年にキューバが米市民および米企業に属する資産を国有化した」ときに制定された。

制裁は、1962年に、ほぼ全面的な禁輸となって強化された。

 

しかし、米国の、この禁輸処置に対する姿勢は急速に変化しつつある。

国務長官ヒラリークリントンは、彼女の最近の著書「Hard Choices(厳しい選択)」において、

「禁輸措置も、共産主義の島キューバに変化を促すことも、米国の利益にとって、最早プラスではない」と発言し、

禁輸措置撤回を支持している。

最近マイアミで調査された「フロリダ国際大学Florida International University」の世論調査でも、キューバ系米国人の約半数は、禁輸措置撤回を支持している。

 

 

[2]

[APNews]February 24, 2021

トランプの時に脱退したが、米国は、バイデン政権では、国際連合人権理事会の理事国を目指す。

https://apnews.com/article/antony-blinken-israel-vladimir-putin-united-nations-general-assembly-united-nations-f1f202e8fecd2de59e834e9aae4c49a7

国務長官Antony Blinkenは、「米国は、国際連合人権理事会の理事国を目指す」と発言した。

トランプ政権では避けていた国連人権理事会だが、今回のこの発言は、米国の国連人権理事会への復帰を確固としたものにする。

国連人権理事会の本部は、スイスのジュネーブにある。

 

 

[3]

[Wikipedia]

国際連合人権理事会(United Nations Human Rights Council; UNHRC)

https://en.wikipedia.org/wiki/United_Nations_Human_Rights_Council

国際連合人権理事会(United Nations Human Rights Council; UNHRC)は、国連の組織で、「世界に人権を推進し世界で人権を守る」ことを使命としている。

国連人権理事会は、世界各地を地域ごとにグループに分け、その各グループから、交互にずれた3年の任期の代表47か国を選ぶようになっている。

国連人権理事会の本部はスイスのジュネーブにある。

 

1 組織

1.3 現在

期間 ラテンアメリカおよびカリブ諸国

2021年–2023キューバ

 

1.4 以前

期間 アジア太平洋諸国 ラテンアメリカおよびカリブ諸国

2017年–2019キューバ

2014年–2016ベトナム キューバ

2010年–2012キューバ

2006年–2009キューバ

 

 

[Wikipedia]

国際連合人権委員会(United Nations Commission on Human Rights; UNCHR)

https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_members_of_the_United_Nations_Commission_on_Human_Rights

国際連合人権委員会は国連の機能委員会の一つで、1946年から2006年まで存在した。2006年に、国際連合人権理事会に置き換えられた。

国際連合経済社会理事会(UN Economic and Social Council; ECOSOC)の機能委員会の一つで、世界各地を地域ごとにグループに分け、その各グループから代表を選ぶようになっていた。

 

 

[Wikipedia]

国際連合安全保障理事会理事国の一覧

https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_members_of_the_United_Nations_Security_Council

5 年数による安全保障理事会理事国の一覧

年数 国名 初めてなった年 最近なった年 地域グループ

6キューバ 1949 1991ラテンアメリカおよびカリブ海諸国

4ベトナム 2008 2021年 アジア太平洋

 

4 年ごとのメンバー

4.3 非常任理事国(1966年–現在)

年 アジア太平洋グループ ラテンアメリカおよびカリブ海諸国(GRULAC)

1990-1991キューバ

2008-2009ベトナム

2020-2021ベトナム

 

 

[4]

[Wikipedia]

コーデルハル

https://en.wikipedia.org/wiki/Cordell_Hull

コーデルハル (1871102日–1955723)テネシー州出身の米国の政治家で、米国務長官を最も長く務めた人である。

フランクリンデラノルーズベルト大統領の政権で、米国務長官1933年から1944年までの11年間務めた。第2次大戦の大半のあいだ米国務長官を務めた。

国務長官になる前は、米上院でテネシー州代表として2年間、米上院議員を務め、24年間、米下院議員を務めた。

コーデルハルは、1945年に、国連設立に果たした役割を評価され、ノーベル平和賞を受賞した。そしてルーズベルト大統領から、「国連の父」、と呼ばれた(1)

 

参考文献

(1) Hulen, Bertram D. (1946-10-25). "Charter Becomes 'Law of Nations', 29 Ratifying It". The New York Times. p. 1. Retrieved May 5, 2014.

 

 

[5]

ナチは人間じゃない。国連にもそう書いてある。したがってナチには、「選挙権は無い」し「言論の自由もない」。

ところが、共産主義者は人間だし、共産主義者には選挙権はある。

したがって、「言論の自由を守れ」というのなら、まずは共産主義者言論の自由を守るべき。

考えれば当たり前の話だ。

ベトナムキューバソ連も国連に議席もあるし投票権もある。「共産主義者の権利」を否定するやつらは、「国連を否定している」のと同じことだ。

他方で、ナチや日本は国連を叩きだされた。

 

 

[6]

ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーが、こんにちの自由貿易を開始し推進した。

ロナルドレーガンが、「こんにちの自由貿易」「1979年から1991年までの冷戦」「競争社会」「軍拡」「経済格差」「福祉切り捨て」を始めた。

 

レーガンは、違法なコントラ戦争を、ニカラグアで起こした。

レーガンは、エルサルバドルで、死の暗殺部隊(デス・スクワッド, Death Squads)を支援し、多くの市民を殺した。

グアテマラでは、米国が支援した虐殺が起きた。

 

ネルソンマンデラは、1994年から1999年まで南アフリカ共和国大統領だったにもかかわらず、2008年まで米国のテロリスト監視リストに名前が載っていた。

もともとは、米大統領ロナルドレーガンが、1980年代に、アフリカ民族会議(African National Congress:ANC)をテロリスト監視リストに載せた。

ネルソンマンデラは、1991年から1997年まで、ANCの議長を務めた。

 

ネルソンマンデラは、アパルトヘイト相手に戦った。

その時の南アフリカ共和国政府は、ネルソンマンデラを投獄した。

米国大統領ロナルドレーガンおよび英国首相マーガレットサッチャーは、その時、南アフリカ共和国政府を支持した。

ネルソンマンデラは、ノーベル平和賞を受賞した。

ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーレイシストだ。

ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーの支持者もレイシストだ。

 

Black Lives Matter!ブラックライブズマター!Black Voters Matter!ブラックボーターズマター!

米国国防省・米国のメディア・ホワイトハウス・米国の政治家・米国の大学・米国のトップ1%・米国のセレブ・ハリウッド・ウォールストリートよりも、我々は左だ。

 

他方で、ドイツのファシズムは極右だ。ナチは極右だ。

 

今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガンの支持者だ。今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガン派だ。

ロナルドレーガンは極右だ。

日本および米国防省および米マスコミおよびウォールストリートおよびハリウッドが、ロナルドレーガンを育てたのだ。

 

我々は、次の選挙で、米上院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!

我々は、次の選挙で、米下院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!

 

 

[7]

米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。

 

イギリスが「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を作った。

他方で、ソ連が崩壊した主要な原因は軍事費が巨額なことだ。

(私にはロシアを批判する気も支持する気もありません)

 

米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。

(しかし、巨大な中央集権政府がその答えなのかどうかは、私にはわかりません)

(実際、現在の米国政府は、年に7000億ドルも軍事費を使う超巨大政府です)

 

だから。

米国は、米国で軽自動車を作り、それら軽自動車を全世界へ輸出する。

 

米国は、今すぐ、モンロー主義になれ!

米国は、今すぐ、全世界の外国から全ての米軍を引き上げろ!

米国の軍事費を、1年当たり100億ドルにまで、今すぐ、下げろ。

 

米国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!

米国は、今すぐ、米国の金融を引き締める政策をしろ!米国は、今すぐ、米国の内需を縮小しろ!

米国は、今すぐ、米国の貿易収支および米国の経常収支を、黒字にしろ!

米国は、今すぐ、債券国になれ!

結果として、ドル高になる!

 

金持ちに税金をかけろ!ウォールストリートに税金をかけろ!金持ちに増税しろ!ウォールストリートに増税しろ!

米国は、米国にプログレッシブを復活させろ。

 

アフリカ系米国人には、給料の良い安定した仕事が必要だ。

アフリカ系米国人の99%は、「アフリカ系米国人の労働組合」が必要だ。アフリカ系米国人には、アフリカ系米国人のための労働組合が必要だ。

人権活動が低下した結果、労働組合活動も低下した。労働組合が弱体化した結果、人種差別も強まった。

人権および労働組合がないと、いくら国や会社が儲かったとしても、労働者の生活は向上しない。

その人権および労働組合の重要性を、今、全世界が証明している。

フォードがカネをくれたんじゃない。

フォードがT型フォードを量産しだしたとき、米労働運動および米労働組合も誕生し成長したから、米国労働者は生活が向上した。

労働組合の力により、米労働者は会社と交渉ができた。

だから米労働者は米国製品を喜んで買った

労働組合が強いから、米国製品が強かった。