IbrahimNcongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

先日、米民主党でさえも、軍事費だらけの予算案を承認した。

先日、米民主党でさえも、軍事費だらけの予算案を承認した。

 
 
先日、米民主党でさえも、軍事費だらけの予算案を承認した。
トランプも民主党共和党も、間違えている。
私はバーニーサンダースの支持者です。
ブラックライブズマター!Black Voters Matter!

 
「米国防権限法National Defense Authorization Act」は、7400億ドルの予算案だ。
米国は、この20年間、1年あたり7000億ドルの軍事予算を、毎年毎年、使い続けている。
それこそが本当の問題だ。

 
マスコミは、この予算について報道しろ。
マスコミは、どの政治家がこの予算案を支持したか書け。


 
 
[1]
我々アメリカ合衆国の99%は、次の選挙でこれらの議員に対し落選運動をすべきだ!

 
我々アメリカ合衆国の99%は、「アメリカ合衆国の軍事費を増やすこと」に反対する!
我々アメリカ合衆国の99%は、「アメリカ合衆国の軍事費を減らすこと」に賛成する!

 
我々アメリカ合衆国の99%は、我々のアメリカ合衆国が民主主義であることを示さなくてはならない!


我々アメリカ合衆国の99%は、どの上院議員が「アメリカ合衆国の軍事費を増やすこと」に賛成したかをチェックすべきだ。
我々アメリカ合衆国の99%は、どの下院議員が「アメリカ合衆国の軍事費を増やすこと」に賛成したかをチェックすべきだ。
そして、我々アメリカ合衆国の99%は、次の選挙でこれらの議員に対し落選運動をすべきだ!


我々アメリカ合衆国の99%は、どの上院議員が「アメリカ合衆国の軍事費を減らすこと」に反対したかをチェックすべきだ。
我々アメリカ合衆国の99%は、どの下院議員が「アメリカ合衆国の軍事費を減らすこと」に反対したかをチェックすべきだ。
そして、我々アメリカ合衆国の99%は、次の選挙でこれらの議員に対し落選運動をすべきだ!


我々アメリカ合衆国の99%は、こうした政治家が選出されることを阻まなくてはならない。
なぜなら我々アメリカ合衆国の99%は、こうした政治家は政治家として不適切だと考えるからだ。
我々のアメリカ合衆国が民主主義なのだ!



 
[2]
[United States Senate米上院]
点呼投票Roll Call Vote 第116回議会 - 第2期
投票結果
議題: On the Conference Report (Conference Report to Accompany H.R. 6395 )
投票番号: 264
投票日: December 11, 2020, 12:30 PM
過半数に必要な票数Required For Majority: 半数以上の投票1/2Vote 
結果: 賛成された
法案番号: H.R. 6395 (2021年度米国防権限法National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2021 )
投票結果:
賛成84票
反対13票
棄権3票
上院議員の名前(アルファベット順)
バーニーサンダース(無所属-バーモント州), 反対・否
 


[United Styates House of Representatives米下院]
点呼投票Roll Call 238 | 法案番号: H. R. 6395
2020年12月8日, 06:25 PM | 第116回議会第2期
投票議題: William M. (Mac) Thornberry米国防権限法の会議報告書への賛否を問う。
投票形式: 賛成-反対
投票結果
賛成: 335票
反対: 78票
白票: 1
棄権: 16票
代議員   所属する党 州  投票(賛否)
オカシオコルテス 民主党 ニューヨーク 反対・否
イルハンオマール 民主党 ミネソタ 反対・否
シーダタリブ 民主党 ミシガン 反対・否


 
「William M. (Mac) Thornberry2021年度米国防権限法案、William M. (Mac) Thornberry National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2021」
立法経緯
2020年12月3日の上下両院合同委員会の会議に提議され; 2020年12月8日に下院で(355対78で)可決され、2020年12月11日に上院で(84対13で)可決。


「William M. (Mac) Thornberry米国防権限法案(2021年度米国防権限法案(法案番号H.R. 6395))」は米国連邦法で、2021年の米国防省の「予算・支出・政策」を決定する法律である。
類似の法律である「米国防権限法案NDAA」はこの59年間にわたり、毎年採決され続けている。
今回のこの法律は、下院議員Mac Thornberryを称えて名づけられたものである。
Mac Thornberryは、下院軍事委員会の委員長(訳者注:多数派の党がなる)や少数党の長(訳者注:少数派の党がなる)を長年務めた人である。
Mac Thornberryは、今回の会期終了時に下院議員を退任した。
この予算は7400億ドルの軍事予算であり、米兵の給料・装備近代化費用・ドイツおよびアフガニスタンから米軍が撤退する前の精査の準備費用が含まれている。

 
1 立法経緯
1.1 可決
上院は、バーニーサンダース上院議員(無所属-バーモント州)の「軍事費を740億ドル減らせ」という提案を23対77で否決した(6)。


4 参考文献
6 Gould, Joe (2020年7月23日). 「軍事費をカットしようとする革新派の試みは二度にわたり議会で否決された」"Progressive effort to cut defense fails twice in Congress". Defense News. Retrieved 2020年7月24日.


 
 
[Defense News]July 22
革新派の、軍事費をカットしようとする努力が議会で2回目の失敗をした。
議会は、軍事費を740億ドルカットし国内に使おうというバーニーサンダース氏の提案を、却下した。これで議会は、2度にわたり、軍事費を740億ドル減らそうという案を叩き潰したことになる。
バーニーサンダース氏の修正案を、上院は23対77で却下し、7405億ドルの軍事予算が成立した。



 
米国防権限法
米国防権限法(National Defense Authorization Act: NDAA)は、毎年毎年、米国防省の予算および支出を決定する米連邦法の、各年のそれぞれにつけられる名前である。
最初のNDAAは1961年に成立した。
米議会は、主に2つの毎年成立する法律により、国防予算を監督する:それらは「国防権限法NDAA」と「歳出予算案法defense appropriations bills」である。
「権限法authorization bill」は、国防に責任ある役所を決定し、推奨される予算レベルを決定し、予算の使い方を決める政策を設定する。
「歳出予算案法appropriations bill」は、資金を提供する。



 
[3]
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーが、こんにちの自由貿易を開始し推進した。
ロナルドレーガンが、「こんにちの自由貿易」「1979年から1991年までの冷戦」「競争社会」「軍拡」「経済格差」「福祉切り捨て」を始めた。

 
レーガンは、違法なコントラ戦争を、ニカラグアで起こした。
レーガンは、エルサルバドルで、死の暗殺部隊(デス・スクワッド, Death Squads)を支援し、多くの市民を殺した。
グアテマラでは、米国が支援した虐殺が起きた。

 
ネルソンマンデラは、1994年から1999年まで南アフリカ共和国大統領だったにもかかわらず、2008年まで米国のテロリスト監視リストに名前が載っていた。
もともとは、米大統領ロナルドレーガンが、1980年代に、アフリカ民族会議(African National Congress:ANC)をテロリスト監視リストに載せた。
ネルソンマンデラは、1991年から1997年まで、ANCの議長を務めた。

 
ネルソンマンデラは、アパルトヘイト相手に戦った。
その時の南アフリカ共和国政府は、ネルソンマンデラを投獄した。
米国大統領ロナルドレーガンおよび英国首相マーガレットサッチャーは、その時、南アフリカ共和国政府を支持した。
ネルソンマンデラは、ノーベル平和賞を受賞した。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーレイシストだ。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーの支持者もレイシストだ。

 
Black Lives Matter!ブラックライブズマター!Black Voters Matter!ブラックボーターズマター!
米国国防省・米国のメディア・ホワイトハウス・米国の政治家・米国の大学・米国のトップ1%・米国のセレブ・ハリウッド・ウォールストリートよりも、我々は左だ。

 
他方で、ドイツのファシズムは極右だ。ナチは極右だ。

 
今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガンの支持者だ。今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガン派だ。
ロナルドレーガンは極右だ。
日本および米国防省および米マスコミおよびウォールストリートおよびハリウッドが、ロナルドレーガンを育てたのだ。

 
我々アメリカ合衆国の99%は、次の選挙で、米上院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!
我々アメリカ合衆国の99%は、次の選挙で、米下院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!
 



[4]
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
 
イギリスが「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を作った。
他方で、ソ連が崩壊した主要な原因は軍事費が巨額なことだ。
(私にはロシアを批判する気も支持する気もありません)
 
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
(しかし、巨大な中央集権政府がその答えなのかどうかは、私にはわかりません)
(実際、現在の米国政府は、年に7000億ドルも軍事費を使う超巨大政府です)
 
だから。
米国は、米国で軽自動車を作り、それら軽自動車を全世界へ輸出する。
 
米国は、今すぐ、モンロー主義になれ!
米国は、今すぐ、全世界の外国から全ての米軍を引き上げろ!
米国の軍事費を、1年当たり100億ドルにまで、今すぐ、下げろ。
 
米国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!
米国は、今すぐ、米国の金融を引き締める政策をしろ!米国は、今すぐ、米国の内需を縮小しろ!
米国は、今すぐ、米国の貿易収支および米国の経常収支を、黒字にしろ!
米国は、今すぐ、債券国になれ!
結果として、ドル高になる!
金持ちに税金をかけろ!ウォールストリートに税金をかけろ!金持ちに増税しろ!ウォールストリートに増税しろ!