IbrahimCongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

お前たちは、いったい、何から何を守っているのだ?

お前たちは、いったい、何から何を守っているのだ?

 

 

お前たちは、いったい、何から何を守っているのだ?

(ウィスコンシン州イリノイ州インディアナ州ミシガン州オハイオ州ペンシルバニア州などの)北東部重工業地帯・UAW(自動車産業労働者組合)USW(米鉄鋼組合労働者組合)・米労働者が、2016年の大統領選挙および2020年大統領選挙を決したのだ。

だから、次の選挙で落選したくない米政治家は、(ウィスコンシン州イリノイ州インディアナ州ミシガン州オハイオ州ペンシルバニア州などの)北東部重工業地帯・UAW(自動車産業労働者組合)USW(米鉄鋼組合労働者組合)・米労働者を、無視すべきではない。

 

次の選挙は中間選挙だ。

次の選挙は2年後だ。

 

Black Lives Matter!ブラックライブズマター!Black Voters Matter!ブラックボーターズマター!

米国国防省・米国のメディア・ホワイトハウス・米国の政治家・米国の大学・米国のトップ1%・米国のセレブ・ハリウッド・ウォールストリートよりも、我々は左だ。

他方で、ドイツのファシズムは極右だ。ナチは極右だ。

 

 

[1]

民主主義とは「一人一票の原則」である。

 

他方で、国際通貨基金(IMF, International Monetary Fund)は「加重投票制度」を採用している。 つまり、ある国が金持ちであればあるほど、その国には力がある。

そして、米国は今や世界最大の債務国だ。米国は外国から最大の借金をしている国だ。米国は世界で最貧国だ。

 

[国連貿易開発会議UNITED NATIONS CONFERENCE ON TRADE AND DEVELOPMENT : UNCTAD]

IMFの投票制度改革:その必要性、機会、選択肢

https://unctad.org/system/files/official-document/gdsmdpbg2420077_en.pdf

要約

直接的にも間接的にも、国際通貨基金(IMF, International Monetary Fund)の経済的な「加重投票制度」は、政治的権力の大きな非対称性を生じさせ、深刻なほど制度的に無力になってしまっている現状を生じさせている。

 

 

[2]

米国のGDPが成長すればするほど、米国の貿易赤字は増大する。

米国の経済が成長すればするほど、米国の対外債務は増大する。

お前たちは、断じて、大学を卒業してはならない。

お前たちは、いったい、何から何を守っているのだ?

強い?グレート?

私には、お前たちの頭はとても弱いように見える。

 

[Wikipedia]

世界の債務国の正味対外債務

https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_debtor_nations_by_net_international_investment_position_per_capita

順位 国名 正味対外投資状態 (NIIPs)(米ドル)

1 米国 -8428億ドル

2 スペイン -9780億ドル

3 オーストラリア -7620億ドル

4 イギリス -6900億ドル

5 ブラジル -6570億ドル

6 インドネシア -4130億ドル

7 インド -3610億ドル

8 ギリシャ -2660億ドル

9 ポルトガル -2350億ドル

 

[Wikipedia]

世界の債権国の2015年の時点における正味対外債権

https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_creditor_nations_by_net_international_investment_position_per_capita

順位 国名 正味対外債権 (NIIPs)(米ドル)

1 日本 281254300万ドル

2 ドイツ 161578338万ドル

3 中国 159645301万ドル

4 香港 13092億ドル

5 台湾 1539億ドル

6 ノルウェー 7019億ドル

7 スイス 6077億ドル

8 サウジアラビア 6047億ドル

9 シンガポール 5968億ドル

10 オランダ 4466億ドル

11 韓国 3210億ドル

12 ロシア 3138億ドル

13 ベルギー 2757億ドル

14 イスラエル 1351億ドル

 

 

[3]

ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーが、こんにちの自由貿易を開始し推進した。

ロナルドレーガンが、「こんにちの自由貿易」「1979年から1991年までの冷戦」「競争社会」「軍拡」「経済格差」「福祉切り捨て」を始めた。

 

レーガンは、違法なコントラ戦争を、ニカラグアで起こした。

レーガンは、エルサルバドルで、死の暗殺部隊(デス・スクワッド, Death Squads)を支援し、多くの市民を殺した。

グアテマラでは、米国が支援した虐殺が起きた。

 

ネルソンマンデラは、1994年から1999年まで南アフリカ共和国大統領だったにもかかわらず、2008年まで米国のテロリスト監視リストに名前が載っていた。

もともとは、米大統領ロナルドレーガンが、1980年代に、アフリカ民族会議(African National Congress:ANC)をテロリスト監視リストに載せた。

ネルソンマンデラは、1991年から1997年まで、ANCの議長を務めた。

 

ネルソンマンデラは、アパルトヘイト相手に戦った。

その時の南アフリカ共和国政府は、ネルソンマンデラを投獄した。

米国大統領ロナルドレーガンおよび英国首相マーガレットサッチャーは、その時、南アフリカ共和国政府を支持した。

ネルソンマンデラは、ノーベル平和賞を受賞した。

ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーレイシストだ。

ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーの支持者もレイシストだ。

 

Black Lives Matter!ブラックライブズマター!Black Voters Matter!ブラックボーターズマター!

米国国防省・米国のメディア・ホワイトハウス・米国の政治家・米国の大学・米国のトップ1%・米国のセレブ・ハリウッド・ウォールストリートよりも、我々は左だ。

 

他方で、ドイツのファシズムは極右だ。ナチは極右だ。

 

今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガンの支持者だ。今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガン派だ。

ロナルドレーガンは極右だ。

日本および米国防省および米マスコミおよびウォールストリートおよびハリウッドが、ロナルドレーガンを育てたのだ。

 

我々 は、次の選挙で、米上院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!

我々は、次の選挙で、米下院軍事委員会メンバー議員に対し落選運動をすべきだ!

 

 

[4]

米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。

イギリスが「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を作った。

他方で、ソ連が崩壊した主要な原因は軍事費が巨額なことだ。

(私にはロシアを批判する気も支持する気もありません)

米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。

(しかし、巨大な中央集権政府がその答えなのかどうかは、私にはわかりません)

(実際、現在の米国政府は、年に7000億ドルも軍事費を使う超巨大政府です)

だから。

米国は、米国で軽自動車を作り、それら軽自動車を全世界へ輸出する。

米国は、今すぐ、モンロー主義になれ!

米国は、今すぐ、全世界の外国から全ての米軍を引き上げろ!

米国の軍事費を、1年当たり100億ドルにまで、今すぐ、下げろ。

米国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!

米国は、今すぐ、米国の金融を引き締める政策をしろ!米国は、今すぐ、米国の内需を縮小しろ!

米国は、今すぐ、米国の貿易収支および米国の経常収支を、黒字にしろ!

米国は、今すぐ、債券国になれ!

結果として、ドル高になる!