IbrahimCongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

お前たちは「条約法に関するウィーン条約Vienna Convention on the Law of Treaties」を破壊している。

お前たちは「条約法に関するウィーン条約Vienna Convention on the Law of Treaties」を破壊している。


お前たちは「条約法に関するウィーン条約Vienna Convention on the Law of Treaties」を破壊している。
お前たちは「信義誠実の原則」を破壊している。
冷戦が終わったのにもかかわらず、お前たちは依然としてロシアを敵視している。
お前たちはロシアを侵略している。
NATOを今すぐ解体すべきだ。
NATOを今すぐ解体しろ!
米上院軍事委員会を今すぐ解体しろ!
米下院軍事委員会を今すぐ解体しろ!
軍需産業を今すぐ解体しろ!

ブラック・ライブズ・マター!ブラック・ボーターズ・マター!Black Lives Matter! Black Voters Matter!


[1]
[Wikipedia]
条約法に関するウィーン条約Vienna Convention on the Law of Treaties (VCLT)
https://en.wikipedia.org/wiki/Vienna_Convention_on_the_Law_of_Treaties
「条約法に関するウィーン条約Vienna Convention on the Law of Treaties (VCLT)」は、国家(states)間の条約を規定する国際的合意・条約。
「条約に関する条約"treaty on treaties"」として知られ、「条約はいかにして、定義され・草稿され・改正され・解釈され・一般に運用されるか」に関して「包括的ルール・手続き・ガイドライン」を規定した。
VCLTは条約に関し、「国際慣習法、および、国の義務的行動state practice」を法典化したものと考えられている。
1969年5月23日に採択され、1980年1月27日に施行された。


[Wikisource]
条約法に関するウィーン条約
https://en.wikisource.org/wiki/Vienna_Convention_on_the_Law_of_Treaties
前文
この条約の当事国は、国際関係の歴史における条約の基本的な役割を考慮し、
条約が、国際法法源として、また、国(憲法体制及び社会体制のいかんを問わない。)の間の平和的協力を発展させるための手段として、引き続き重要性を増しつつあることを認め、
自由意思による同意の原則及び信義誠実の原則並びに「合意は守られなければならない」との規則が普遍的に認められていることに留意し、
条約に係る紛争が、他の国際紛争の場合におけると同様に、平和的手段により、かつ、正義の原則及び国際法の諸原則に従つて解決されなければならないことを確認し、
国際連合加盟国の国民が、正義と条約から生ずる義務の尊重とを維持するために必要な条件の確立を決意したことを想起し、
人民の同権及び自決の原則、すべての国の主権平等及び独立の原則、国内問題への不干渉の原則、武力による威嚇又は武力の行使の禁止の原則、すべての者の人権及び基本的自由の普遍的な尊重及び遵守の原則等、国際連合憲章に規定する国際法の諸原則を考慮し、
この条約において条約法の法典化及び漸進的発達が図られたことにより、国際連合憲章に定める国際連合の目的、すなわち、国際の平和及び安全の維持、諸国間の友好関係の発展並びに国際協力の達成が推進されることを確信し、
この条約により規律されない問題については、引き続き国際慣習法の諸規則により規律されることを確認して、
次のとおり協定した。


[2]
[Wikipedia]
1990年ロンドンサミット
https://en.wikipedia.org/wiki/1990_London_summit
1990年ロンドンサミットは、1949年に始まったNATOサミットの10回目のサミットである。
1990年7月5日6日に行われた。
このサミットの主要な結論は、北大西洋同盟の変容を宣言した「ロンドン宣言」にまとめられている。
さらに、この宣言では短距離核兵器の削減も要求している。
この宣言は、この宣言に先立って表明された「NATOワルシャワ条約機構をもはや敵とはみなさない」という声明を補強するものとなっており、
旧東側ブロック諸国とのコミュニケーション及び援助のチャンネルを開いている。

1 その他
1991年7月1日プラハワルシャワ条約機構は公式に解散した。
このサミットでその後、同月に、ミハイルゴルバチョフ大統領と大統領ブッシュが、米ソ戦略パートナーシップ宣言をし、冷戦終結を確定的なものとした。


[Wikipedia]
パリ憲章Paris Charter
https://en.wikipedia.org/wiki/Paris_Charter
「新たな欧州のためのパリ憲章(「パリ憲章」としても知られる)」は、1990年11月19日から21日に開催された、カナダ・米国・ソ連に加え、欧州各国政府の大半が集まる「サミット」で採択された。
実効的には、パリサミットは、冷戦についての平和会議であった:
ペレストロイカが、鉄のカーテンによるイデオロギー的・政治的分断に究極的な終了をもたらしたのだ。


[3]
[Wikipedia]
ロシアとNATOの関係Russia–NATO relations
https://en.wikipedia.org/wiki/Russia%E2%80%93NATO_relations
1 冷戦後の協調関係
1997年5月27日、フランスのパリのNATOサミットで、
NATOとロシアが協力協定(「相互関係・協調・安全に関する設立条約Founding Act on Mutual Relations, Cooperation and Security」)に調印した。
この宣言では、「NATO諸国及びロシアは、互いを敵対国とはみなさない」と宣言しており、また、
「各国元首などの高位のレベルで行われる永続的な政治的約束に基づいて、長期にわたる持続的で包括的な平和を、民主主義と協調的安全の原理に基づいて、欧州大西洋地域に共に築こう」と宣言している。


[4]
[Wikipedia]
ヘルシンキ合意Helsinki Accords
https://en.wikipedia.org/wiki/Helsinki_Accords
ヘルシンキ合意」あるいは「ヘルシンキ宣言」としても知られる「ヘルシンキ最終文書Helsinki Final Act」は、
ヘルシンキプロセスとして知られる2年にわたる交渉ののちに、
1975年7月30日から8月1日まで、フィンランドヘルシンキで開催された、
「全欧安全保障協力会議(Conference on Security and Cooperation in Europe:CSCE)」の第3フェーズの最終会議で調印された。
米国およびカナダおよび当時存在した全ての欧州の国々(親中国のアルバニアおよび半主権国のアンドラを除く)の35か国が参加し、
ソビエトブロックと西側の間のデタントをすすめようと試みて、
ヘルシンキ最終文書」に調印した。
しかし、「ヘルシンキ合意」は、「議会により承認されることが必要な『条約』」の「ステータス」を持っていなかったので、拘束力・強制力はなかった。

3 評判やインパク
ヘルシンキ合意」は、後年、1990年パリ憲章に基づき1995年に設立された「欧州安全保障協力機構Organization for Security and Cooperation in Europe (OSCE)」の土台となった。


[Wikipedia]
マルタサミットMalta Summit
https://en.wikipedia.org/wiki/Malta_Summit
マルタサミットは、1989年12月2日-3日という、ベルリンの壁崩壊の数週間後に開催されたサミットで、米国大統領ジョージブッシュと「ミハイルゴルバチョフソビエト書記長の間に持たれた会談である。
元々はこのサミットの本来の議論の話題だったわけでもなかったのだが、このサミットの間、ブッシュとゴルバチョフは冷戦終結を宣言することにした。
「マルタサミットは、『英ウインストンチャーチル首相』と『ソ連スターリン首相』と『米国フランクリンルーズベルト大統領』の間で戦後の計画について合意した1945年のヤルタ会談以来の、最も重要な会談だ」
と当時報道された。


[5]
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーが、こんにちの自由貿易を開始し推進した。
ロナルドレーガンが、「こんにちの自由貿易」「1979年から1991年までの冷戦」「競争社会」「軍拡」「経済格差」「福祉切り捨て」を始めた。

レーガンは、違法なコントラ戦争を、ニカラグアで起こした。
レーガンは、エルサルバドルで、死の暗殺部隊(デス・スクワッド, Death Squads)を支援し、多くの市民を殺した。
グアテマラでは、米国が支援した虐殺が起きた。

ネルソンマンデラは、1994年から1999年まで南アフリカ共和国大統領だったにもかかわらず、2008年まで米国のテロリスト監視リストに名前が載っていた。
もともとは、米大統領ロナルドレーガンが、1980年代に、アフリカ民族会議(African National Congress:ANC)をテロリスト監視リストに載せた。
ネルソンマンデラは、1991年から1997年まで、ANCの議長を務めた。

ネルソンマンデラは、アパルトヘイト相手に戦った。
その時の南アフリカ共和国政府は、ネルソンマンデラを投獄した。
米国大統領ロナルドレーガンおよび英国首相マーガレットサッチャーは、その時、南アフリカ共和国政府を支持した。
ネルソンマンデラは、ノーベル平和賞を受賞した。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーレイシストだ。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーの支持者もレイシストだ。

Black Lives Matter!ブラックライブズマター!Black Voters Matter!ブラックボーターズマター!
米国国防省・米国のメディア・ホワイトハウス・米国の政治家・米国の大学・米国のトップ1%・米国のセレブ・ハリウッド・ウォールストリートよりも、我々は左だ。

他方で、ドイツのファシズムは極右だ。ナチは極右だ。

今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガンの支持者だ。今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガン派だ。
ロナルドレーガンは極右だ。
日本および米国防省および米マスコミおよびウォールストリートおよびハリウッドが、ロナルドレーガンを育てたのだ。


[6]
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
イギリスが「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を作った。
他方で、ソ連が崩壊した主要な原因は軍事費が巨額なことだ。
(私にはロシアを批判する気も支持する気もありません)
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
(しかし、巨大な中央集権政府がその答えなのかどうかは、私にはわかりません)
(実際、現在の米国政府は、年に7000億ドルも軍事費を使う超巨大政府です)
だから。
米国は、米国で軽自動車を作り、それら軽自動車を全世界へ輸出する。
米国は、今すぐ、モンロー主義になれ!
米国は、今すぐ、全世界の外国から全ての米軍を引き上げろ!
米国の軍事費を、1年当たり100億ドルにまで、今すぐ、下げろ。
米国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!
米国は、今すぐ、米国の金融を引き締める政策をしろ!米国は、今すぐ、米国の内需を縮小しろ!
米国は、今すぐ、米国の貿易収支および米国の経常収支を、黒字にしろ!
米国は、今すぐ、債券国になれ!
結果として、ドル高になる!

 

[Oxford Public International Law]
State Practice
https://opil.ouplaw.com/view/10.1093/law:epil/9780199231690/law-9780199231690-e1107
The practice of States plays a number of important roles in international law.
This entry, however, is chiefly concerned with State practice as an element in the formation and identification of rules of customary international law, one of the principal sources of international law.
State practice is creative, or expressive, of customary international law, but only in so far as it is undertaken with a legal conviction (acceptance as law, or opinio iuris).
A rigid distinction between State practice and opinio iuris as two independent constituent elements of...