IbrahimNcongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

日本は極右のファシズム国家だ。

日本は極右のファシズム国家だ。


日本は極右のファシズム国家だ。

ロナルドレーガンおよびサッチャーレイシストだ。

レーガンレイシスト戦争犯罪者だ。
そのレーガンとヤスヒロナカソネの仲が良いことを、日本は自慢している。
ヤスヒロナカソネは、自由民主党の党首で首相で、日本で最大の勲章および貴族の称号をテンノーからもらっている。
テンノーは日本最大の勲章および貴族の称号をナカソネヤスヒロにやった。

日本およびドイツは悪の枢軸だ!


[1]
[Wikipedia]
ヤスヒロナカソネ
https://en.wikipedia.org/wiki/Yasuhiro_Nakasone
ヤスヒロナカソネは日本の政治家で、1982年から1987年まで、日本の首相をし、自由民主党の党首をした。
日本の下院議員を50年以上した。

2 首相任期中
ナカソネは、米国大統領のロナルドレーガンとの密接な関係で最もよく知られている。一般に、「ロン-ヤス」と呼ばれる友好関係である。
中曽根は米国とのもっと対等な関係を追求し、
「大統領レーガンはピッチャーで、私はキャッチャー。ピッチャーがサインを出したら私はすぐに協働する。しかしピッチャーであるレーガンが、頻繁に、キャッチャーである私のサインに従わないのなら、ゲームに勝てない」
と言った。

5 勲章
大勲位菊花大綬章Grand Cordon of the Order of the Chrysanthemum (1997年4月29日)
大勲位菊花章頸飾Collar of the Order of the Chrysanthemum (2019年11月29日;死後)
従一位Junior First Rank (2019年11月29日;死後)

[Wikipedia]
菊花章Order of the Chrysanthemum
https://en.wikipedia.org/wiki/Order_of_the_Chrysanthemum
The Supreme Order of the Chrysanthemum 大勲位菊花賞は日本で最高の勲章。
1876年に、メイジテンノーにより、日本の勲章が設立された。 the collar of the Order頸飾は、1888年1月4日に追加された。
テンノー一家を除くと、頸飾を生きている間に受賞したのは6人で、最後は1928年のサイオンジキンモチ。
頸飾を8人が死後に受賞していて、最後に受賞したのは、2019年で、元首相のヤスヒロナカソネ。
The grand cordon大勲位菊花賞は生きている間に日本人が受賞できる最高位の勲章。


[2]
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーが、こんにちの自由貿易を開始し推進した。
ロナルドレーガンが、「こんにちの自由貿易」「1979年から1991年までの冷戦」「競争社会」「軍拡」「経済格差」「福祉切り捨て」を始めた。

レーガンは、違法なコントラ戦争を、ニカラグアで起こした。
レーガンは、エルサルバドルで、死の暗殺部隊(デス・スクワッド, Death Squads)を支援し、多くの市民を殺した。
グアテマラでは、米国が支援した虐殺が起きた。

ネルソンマンデラは、1994年から1999年まで南アフリカ共和国大統領だったにもかかわらず、2008年まで米国のテロリスト監視リストに名前が載っていた。
もともとは、米大統領ロナルドレーガンが、1980年代に、アフリカ民族会議(African National Congress:ANC)をテロリスト監視リストに載せた。
ネルソンマンデラは、1991年から1997年まで、ANCの議長を務めた。

ネルソンマンデラは、アパルトヘイト相手に戦った。
その時の南アフリカ共和国政府は、ネルソンマンデラを投獄した。
米国大統領ロナルドレーガンおよび英国首相マーガレットサッチャーは、その時、南アフリカ共和国政府を支持した。
ネルソンマンデラは、ノーベル平和賞を受賞した。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーレイシストだ。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーの支持者もレイシストだ。

Black Lives Matter!ブラックライブズマター!Black Voters Matter!ブラックボーターズマター!
米国国防省・米国のメディア・ホワイトハウス・米国の政治家・米国の大学・米国のトップ1%・米国のセレブ・ハリウッド・ウォールストリートよりも、我々は左だ。

他方で、ドイツのファシズムは極右だ。ナチは極右だ。

今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガンの支持者だ。今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガン派だ。
ロナルドレーガンは極右だ。
日本および米国防省および米マスコミおよびウォールストリートおよびハリウッドが、ロナルドレーガンを育てたのだ。


[3]
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
イギリスが「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を作った。
他方で、ソ連が崩壊した主要な原因は軍事費が巨額なことだ。
(私にはロシアを批判する気も支持する気もありません)
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
(しかし、巨大な中央集権政府がその答えなのかどうかは、私にはわかりません)
(実際、現在の米国政府は、年に7000億ドルも軍事費を使う超巨大政府です)
だから。
米国は、米国で軽自動車を作り、それら軽自動車を全世界へ輸出する。
米国は、今すぐ、モンロー主義になれ!
米国は、今すぐ、全世界の外国から全ての米軍を引き上げろ!
米国の軍事費を、1年当たり100億ドルにまで、今すぐ、下げろ。
米国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!
米国は、今すぐ、米国の金融を引き締める政策をしろ!米国は、今すぐ、米国の内需を縮小しろ!
米国は、今すぐ、米国の貿易収支および米国の経常収支を、黒字にしろ!
米国は、今すぐ、債券国になれ!
結果として、ドル高になる!