ネルソンマンデラ:CIAの極秘情報提供により、ネルソンマンデラが1962年にダーバンで逮捕されたことが判明

ネルソンマンデラ:CIAの極秘情報提供により、ネルソンマンデラが1962年にダーバンで逮捕されたことが判明


ネルソンマンデラ:CIAの極秘情報提供により、ネルソンマンデラが1962年にダーバンで逮捕されたことが判明
ネルソンマンデラは、1994年から1999年まで南アフリカ共和国大統領だったにもかかわらず、2008年まで米国のテロリスト監視リストに名前が載っていた。
もともとは、米大統領ロナルドレーガンが、1980年代に、アフリカ民族会議(African National Congress:ANC)をテロリスト監視リストに載せた。
ネルソンマンデラは、1991年から1997年まで、ANCの議長を務めた。
ANCの広報担当Zizi Kodwa氏は、
「このニュースは驚くべきことではない。我々が知っていたことが明らかにされただけだ。彼らは、私たちを潰すために働いている。今でもそうだ」
「これは、巷によくある類の陰謀論ではない。"今に始まったことではなく、ずっと昔から行われていたことだ"、ということが確認されたのだ」
「未だにCIAは南アフリカ共和国の問題に干渉している。CIAは、"我々の現体制"を倒そうとしている連中と共謀しているのだ」
と語る。


[1]
[BBC]15 May 2016
ネルソンマンデラ:CIAの極秘情報提供により、ネルソンマンデラが1962年にダーバンで逮捕されたことが判明
https://www.bbc.com/news/world-africa-36296551
1962年にネルソンマンデラは逮捕されたが、それは、CIAのスパイが極秘情報を提供した結果だということが分かった。
このニュースはサンデータイムズ新聞に公表されたが、「CIAの元スパイDonald Rickardに、その死の直前にインタビューしたもの」に基づいているそうだ。

ネルソンマンデラは、「少数白人による支配」に抵抗したことで27年間刑務所に入れられ、1990年に釈放された。
その後、マンデラは、南アフリカ共和国初のアフリカ系大統領に選出された。

Donald Rickardは今年初めに死んだが、公式にはCIAで働いたことはなく、1970年代末に引退するまで南アフリカ共和国で外交官として働いたことになっている。

「このインタビューは、イギリスの映画監督John Irvinによってなされた。John Irvinは、『マンデラの銃Mandela's Gun』という、武装反乱軍としてのマンデラの経歴を映画にした」とサンデータイムズは伝えている。


はっきりしない事件:Karen Allen、BBC南アフリカ共和国特派員、ヨハネスブルグ
ダーバン近郊で1962年の暗い夜にネルソンマンデラ逮捕に至ったこの事件の真相は、長いこと闇に包まれていた。
当時は冷戦時代の国際政治の時代であり、「アフリカ民族会議ANC」の武力闘争部門のリーダーだったマンデラは、テロリストとみなされ、西側への脅威とみなされていた。
Donald Rickardが言うように、「マンデラは、ソ連以外では、最も危険な共産主義者とみなされていた。マンデラ自身は、常に、共産党のメンバーであることは否定していたが」
「CIAがマンデラを追尾していた」と長いこと噂されていたが、「『マンデラ逮捕にCIAは関与した』という疑いを調査する試み」にはCIAは反対していた。
今回Donald Rickardが関与を認めたことで、「当時の機密資料を公開しろ」という圧力が再び高まるだろう。
ANCの広報担当Zizi Kodwa氏は、「未だにCIAは南アフリカ共和国の問題に干渉している。CIAは、"我々の現体制"を倒そうとしている連中と共謀しているのだ」と語る。


マンデラは将来南アフリカ共和国大統領となるが、当時は、非合法化されたANCの武装抵抗運動を指揮していた。
そして、逮捕された当時は、南アフリカ共和国で最重要指名手配の一人だった。
しかしマンデラは警備の目を逃れ続け、その能力から「黒いピンパネール、紅ハコベ」とあだ名されるに至った。
1962年、マンデラは東部の市ダーバンで運転手のふりをしていたが、警察の検問で止められ、拘留された。
「Donald Rickardは、『マンデラが、いつ来るか、どのように来るか、を我々は知っていた。(中略)。私が関与したのはその部分で、そこでマンデラは捕まった』と言った」、と伝えられている。

ANCの広報担当Zizi Kodwa氏は、
「このニュースは驚くべきことではない。我々が知っていたことが明らかにされただけだ。彼らは、私たちを潰すために働いている。今でもそうだ」
「これは、巷によくある類の陰謀論ではない。"今に始まったことではなく、ずっと昔から行われていたことだ"、ということが確認されたのだ」
と語る。

ネルソンマンデラは、1994年から1999年まで南アフリカ共和国大統領だったにもかかわらず、2008年まで米国のテロリスト監視リストに名前が載っていた。

アパルトヘイト政策をしていた、以前の南アフリカ共和国政府」により、「ANCはテロリスト組織と指定されていた」ために、
それ以前は、他の元ANC指導者たちと同様に、マンデラは、米国務長官の特別許可がないと米国を訪問できなかったのだ。

マンデラを米国テロリスト監視リストから外す」という法案が、米下院外交委員会議長のHoward Bermanにより提案された。
Howard Bermanは、「こうした一切の侮辱的な処置を、すべて廃止する」と約束した。

もともとは、米大統領ロナルドレーガンが、1980年代に、アフリカ民族会議(African National Congress:ANC)をテロリスト監視リストに載せた。


[2]
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーが、こんにちの自由貿易を開始し推進した。
ロナルドレーガンが、「こんにちの自由貿易」「1979年から1991年までの冷戦」「競争社会」「軍拡」「経済格差」「福祉切り捨て」を始めた。

ネルソンマンデラは、アパルトヘイト相手に戦った。
その時の南アフリカ共和国政府は、ネルソンマンデラを投獄した。
米国大統領ロナルドレーガンおよび英国首相マーガレットサッチャーは、その時、南アフリカ共和国政府を支持した。
ネルソンマンデラは、ノーベル平和賞を受賞した。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーレイシストだ。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーの支持者もレイシストだ。

Black Lives Matter!ブラックライブズマター!Black Voters Matter!ブラックボーターズマター!
米国国防省・米国のメディア・ホワイトハウス・米国の政治家・米国の大学・米国のトップ1%・米国のセレブ・ハリウッド・ウォールストリートよりも、我々は左だ。

他方で、ドイツのファシズムは極右だ。ナチは極右だ。

今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガンの支持者だ。今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガン派だ。
ロナルドレーガンは極右だ。
日本および米国防省および米マスコミおよびウォールストリートおよびハリウッドが、ロナルドレーガンを育てたのだ。


[3]
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。

イギリスが「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を作った。
他方で、ソ連が崩壊した主要な原因は軍事費が巨額なことだ。
(私にはロシアを批判する気も支持する気もありません)

米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
(しかし、巨大な中央集権政府がその答えなのかどうかは、私にはわかりません)
(実際、現在の米国政府は、年に7000億ドルも軍事費を使う超巨大政府です)

だから。
米国は、米国で軽自動車を作り、それら軽自動車を全世界へ輸出する。

米国は、今すぐ、モンロー主義になれ!
米国は、今すぐ、全世界の外国から全ての米軍を引き上げろ!
米国の軍事費を、1年当たり100億ドルにまで、今すぐ、下げろ。

米国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!
米国は、今すぐ、米国の金融を引き締める政策をしろ!米国は、今すぐ、米国の内需を縮小しろ!
米国は、今すぐ、米国の貿易収支および米国の経常収支を、黒字にしろ!
米国は、今すぐ、債券国になれ!
結果として、ドル高になる!