IbrahimNcongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

金本位制度。

金本位制度。


金本位制度。
お前たちはイギリスを崇め奉る。ところで、そのイギリスが金本位制度を発明した。
産業革命がイギリスを発展させた。
他方で、お前たち米白人はバカなので、お前たち米白人はトウモロコシおよび小麦粉を輸出しようとする。


[1]
[Wikipedia]
金本位制
https://en.wikipedia.org/wiki/Gold_standard
1 歴史
1.1 起源
近代・現代では、英領西インド諸島が、世界で最初に金本位制度(金貨本位制度)を採用した領域の一つである。
1704年アン女王の宣言により、英領西インド諸島金本位制度に移行するが、
英領西インド諸島金本位制度は、事実上、スペインのダブルーン金貨(Spanish gold doubloon)に基づいた金本位制度であった。

1717年に、(万有引力の法則で有名な)アイザックニュートンは「新英国王立造幣局(Royal Mint)」の「Master(マスター、総裁)」であったが、
そのアイザックニュートン1717年に、金と銀の交換比率を新たに変更した。
これの効果により、イギリスでは銀が流通しなくなり、イギリスは金本位制度となったのである。

金貨を用いた金本位制度は、公式には1821年に初めて誕生した。
「ロンドン市中心部の金融街のはずれのタワーヒル」にある「新英国王立造幣局(Royal Mint)」が、1816年にソブリン金貨を作り導入したのち、金本位制度(金貨本位制度)を採用したのだ。
Province of Canada(カナダ州、英国領カナダ)では1865年に、米国およびドイツ(de jure法律上は)では、1873年金本位制度(金貨本位制度)を採用した。
米国では単位として、イーグル(eagle)という呼称を採用した。

1.2 銀
1750年から1870年まで、「欧州における戦争が続いたことと、中国(中国は、欧州に輸出はするが、欧州製品をほとんど輸入しなかった)に対する貿易赤字」により、
西ヨーロッパおよび米国の経済から、銀が流出した。
銀貨はどんどん小さく鋳造されるようになり、銀行券および債権がおカネとして流通するようになった。

英国
1790年代、英国は銀不足に陥った。
英国は、額面が高額な銀貨を鋳造することをやめ、代わりに、銀貨との「引換券」を発行するようになり、さらには、「新たに銀貨を鋳造するのをやめ、外国の銀貨を打ちなおして自国の通貨とする」ようになった。
ナポレオン戦争が終わると、イングランド銀行は、「Great Recoinage of 1816」と呼ばれる貨幣改鋳を始め、ソブリン金貨を作り、クラウン銀貨・半クラウン銀貨を流通させ、しまいにはファージング銅貨という銅貨まで1821年に流通させるようになった。

長いこと貨幣鋳造をしなかったあとで、改鋳貨幣を発行したので、大量に硬貨を発行することとなった。
英国は、1816年から1820年までの間に、1700万の半クラウン銀貨および、130万のクラウン銀貨を含む、4000万シリングの貨幣改鋳を行った。

ピール法
1819年ピール条例(金本位制度再開条例、1819 Act for the Resumption of Cash Payments)は、1823年を金と銀行券の兌換再開の期限としていた。
この目標は1821年に達成された。
1844年ピール銀行法(Peel Banking Act of 1844)により、イングランド銀行券は完全に金との交換を保障されつこととなり、それが法的基準となった。
厳密な解釈からは、「この1844年の法律こそにより、英国の通貨が完全に金本位制度を設立した」、とされている。


[Wikipedia]
地金委員会Bullion Committee
https://en.wikipedia.org/wiki/Bullion_Committee
地金委員会は、「英国に金本位制度を導入できるか、どうやって導入するか」を研究するために設置された委員会である。
ロバートピールRobert Peelが、この委員会の議長であった。
スターリング・ポンド金本位制度の通過とし、目標の2年前に達成した。
この委員会の他のメンバーには、デヴィッドリカードおよびJeremiah Harmanもいた。


[Wikipedia]
イングランド銀行制限条例Bank Restriction Act 1797
https://en.wikipedia.org/wiki/Bank_Restriction_Act_1797
イングランド銀行制限条例Bank Restriction Act 1797は、英国議会の法令(ジョージ3世の37年目の45番目の法律、37 Geo. III. c. 45) で、
イングランド銀行が、イングランド銀行券を金と兌換する義務、を負っていた」のを、免除した法令である。
この時代は、1821年に金との兌換が再導入されたときまで続いた。
この1797年から1821年までの期間は、「制限時代Restriction period」、と呼ばれる。

1 制限した理由
銀行券を金に交換する人がどんどん増加していた。
銀行券を発行しすぎたために、イングランド銀行は、金(Gold)が不足していた。
そして、金本位制度のために、各銀行券の価値は減少していた。
このときは、第一次対仏大同盟のときで、1797年2月22日から24日まで、フランス革命軍がイギリスウェールズのフィッシュガードに上陸したときだった。
この事件は、フィッシュガードの戦い(Battle of Fishguard)として今日知られているが、この事件のニュースがロンドンに伝わると、
より大きな取り付け騒ぎが起こるのではないかと恐れられ、
金(gold)の準備が極端に減っているこの時に、沢山の人が銀行券を金(gold)に変えるだろうと予想された。
しかし、流通している銀行券の額面価値は、金保有量のほぼ2倍だったために、(銀行券10,865,050ポンドに対し、金goldは5,322,010ポンド)、この取り付け騒ぎが起きたら銀行は破綻するだろうと予想された。
そこで議会は、即座に「銀行券と金goldの兌換」を停止した;この停止措置は1821年まで毎年更新された。

2 紙幣を過剰に発行しすぎた理由
1793年にフランス革命政府に対し宣戦布告をしたのち、ウィリアムピット(小ピット)内閣により、イングランド銀行券が過剰に発行された。
イングランド銀行制限条例Bank Restriction Act」が議会で成立し、「金と兌換可能な銀行券が、大量に金と兌換される」という恐れから政府は解放され、
また、ナポレオン戦争終結の1814年までに、銀行券は額面価値で2840万ポンドが流通しているのに対し、金保有量は220万ポンドに過ぎなかった。
しかし、1821年までに、ロバートピール(地金委員会Bullion Committee議長で、のちに首相になった)により推進された過激な経済政策により、この状態は逆転し、
銀行券は2,295,360ポンドが流通しているのに対し、金保有量は11,233,390ポンドになったことで、
イギリス政府は1821年5月1日に金と銀行券の兌換を再開した(経過うよりも2年早かった)。

3 大衆文化におけるこの件の扱い
イングランド銀行制限条例Bank Restriction Act 1797」が成立後、劇作化で政治家のリチャード・ブリンズリー・シェリダンは、
イングランド銀行がウィリアムピット(小ピット)の影響下に落ちたこの状態を嘆き、
この制度を「ロンドンの大金を持つ立派な年配の女性が、不幸なことに、悪い会社のわなに掛かった」と表現した。
さらにこの件は、風刺画家ジェームズギルレイにより、「政治的暴行;あるいは、ロンドン銀行通り(Threadneedle Street)の年配の女性が危機に」というタイトルの有名な風刺画になった。
この風刺画では、「ウィリアムピット(小ピット)が、年配の女性として描かれたイングランド銀行を誘惑しており」、「この年配の女性は、彼女の財産を奪われ、代わりに1ポンド紙幣と2ポンド紙幣でできた服を着ている」。
この風刺画はイングランド銀行のニックネームの起源であり、今でも「ロンドン銀行通り(Threadneedle Street)の年配の女性」として使われているニックネームである。


[Wikipedia]
スペインドルSpanish dollar
https://en.wikipedia.org/wiki/Spanish_dollar
スペインドル(ピースオブエイト、スペイン銀貨としても知られる。スペイン語で、Real de a ocho, Peso duro, Peso fuerte or Peso)は、
およそ直径38mm(1.5インチ)の銀貨で、スペインの当時のレアル硬貨の8倍の価値があった。
1497年の通貨改革ののち、スペイン帝国で鋳造された。
画一的で基準として用いやすく、加工しやすい特性から、世界初の国際通貨として幅広く使われた。
いくつかの国々では、スペインドルに副署し自国の刻印をし、自国の通貨として使用していた。
もともとのオリジナルの米国のドルは、スペインドルに基づいて発行されており、したがって、米国では、1857年に「貨幣法Coinage Act of 1857」が手切るまで、法定通貨(公式に流通可能な通貨)であった。、
欧州・米大陸・極東で幅広く使われていたために、スペインドルは18世紀末までに世界初の世界通貨となった。


[Wikipedia]
イギリス西インド諸島の通貨
https://en.wikipedia.org/wiki/Currencies_of_the_British_West_Indies
イギリス西インド諸島として知られる地域には、ケイマン諸島・タークスカイコス諸島の他に南米本土の英領ギアナ・中央アメリカの英領ホンジュラスバミューダバハマ・ジャマイカが含まれる。
そのほか、トリニダードトバゴの東カリブ諸国・バルバドス・ウィンドワード諸島リーワード諸島が含まれる。

19世紀初頭から20世紀後半まで、ポンドの他にドルも会計では幅広く使われていたものの、この地域は一般に、スターリングポンド貨幣を使用していた。

1 初期の歴史
アン女王の1704年の宣言により金本位制度がイギリス西インド諸島に導入された。
金本位制度という観点からは、東インド諸島に比べると200年進んでいたことになる。
にもかかわらず、「1873年米国貨幣法Coinage Act of 1873」で1873年に銀の価値が大規模に下がるまで、「スペイン銀貨ピースオブエイト」が流通している通貨のうちの大きな部分を占めていた。
スペイン銀貨およびダブルーン金(スペイン金貨)に加え、英政府は、
モーリシャス」および「ジャマイカを除くイギリス西インド諸島」で使用するために、1822年に、外貨準備"Anchor dollars"として、1/4・1/8・1/16という「分数の通貨」を発行した。

植民地にイギリスポンドの銀を導入しようという最初の動きは、1825年の枢密院による命令imperial order in councilによるものだった。
この動きにはいくつかの要因がある。
この時までに英国は、1816年に導入されたソブリン金貨による金本位制度が非常に成功しており、この制度を植民地にも拡大しようとしていたのだ。
これに加え、スペインドルの大半が鋳造されていたラテンアメリカで革命が起きた結果、スペインドルの供給(ピースオブエイト)が断ち切られたのだ。
最後のスペインドルは、1825年にジャマイカポトシで鋳造された。


[2]
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーが、こんにちの自由貿易を開始し推進した。
ロナルドレーガンが、「こんにちの自由貿易」「1979年から1991年までの冷戦」「競争社会」「軍拡」「経済格差」「福祉切り捨て」を始めた。

ネルソンマンデラは、アパルトヘイト相手に戦った。
その時の南アフリカ共和国政府は、ネルソンマンデラを投獄した。
米国大統領ロナルドレーガンおよび英国首相マーガレットサッチャーは、その時、南アフリカ共和国政府を支持した。
ネルソンマンデラは、ノーベル平和賞を受賞した。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーレイシストだ。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーの支持者もレイシストだ。

Black Lives Matter!ブラックライブズマター!Black Voters Matter!ブラックボーターズマター!
米国国防省・米国のメディア・ホワイトハウス・米国の政治家・米国の大学・米国のトップ1%・米国のセレブ・ハリウッド・ウォールストリートよりも、我々は左だ。

他方で、ドイツのファシズムは極右だ。ナチは極右だ。

今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガンの支持者だ。今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガン派だ。
ロナルドレーガンは極右だ。
日本および米国防省および米マスコミおよびウォールストリートおよびハリウッドが、ロナルドレーガンを育てたのだ。


[3]
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
イギリスが「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を作った。
他方で、ソ連が崩壊した主要な原因は軍事費が巨額なことだ。
(私にはロシアを批判する気も支持する気もありません)
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
(しかし、巨大な中央集権政府がその答えなのかどうかは、私にはわかりません)
(実際、現在の米国政府は、年に7000億ドルも軍事費を使う超巨大政府です)
だから。
米国は、米国で軽自動車を作り、それら軽自動車を全世界へ輸出する。
米国は、今すぐ、モンロー主義になれ!
米国は、今すぐ、全世界の外国から全ての米軍を引き上げろ!
米国の軍事費を、1年当たり100億ドルにまで、今すぐ、下げろ。
米国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!
米国は、今すぐ、米国の金融を引き締める政策をしろ!米国は、今すぐ、米国の内需を縮小しろ!
米国は、今すぐ、米国の貿易収支および米国の経常収支を、黒字にしろ!
米国は、今すぐ、債券国になれ!
結果として、ドル高になる!


[Wikipedia]
Bank of England
https://en.wikipedia.org/wiki/Bank_of_England


地金委員会


[Wikipedia]
イングランド銀行
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E9%8A%80%E8%A1%8C
2 近代
2.1 ユグノー金融と三角貿易
1694年、軍事費を調達する目的で創設[注釈 3]。スコットランド人のウィリアム・パターソン[注釈 4]と財務府長官のチャールズ・モンタギューによる。
1695年10月にジョン・ロックが銀貨の改鋳について建議した。ロック案は閣議決定されて、12月17日に法案となった。ロックは27日にFurther Considerations Concerning Raising the Value of Money という論文を発表した。翌年1月に法案は裁可も得て成立した。
1786年、大臣がおかれない減債委員会(Commissioners for the Reduction of the National Debt)が発足した。
1797年、イングランド銀行制限法により兌換停止。対仏大同盟に基づいた活動により正貨が流出して、前年から恐慌がおきていた。
イギリスの銀行はこの年270行であったが、1810年には783行となる。1810年の地金委員会による調査で、このときの兌換停止は金高騰と為替相場下落の原因と指摘された。

2.2 国際金融家ロスチャイルド
1825年、イングランド銀行から欧州まで恐慌の波が及んだ。ラテンアメリカ投機の一部について株価の暴落したことが引き金となった[注釈 9]。
フランス銀行に正貨の供給を受けた[注釈 10]おかげで、破綻寸前で踏みとどまった[注釈 11]。
この惨事は社会運動に発展し、紡績工場法が修正されたり、労働組合が承認されたりした。


[Wikipedia]
Coinage Act of 1873
https://en.wikipedia.org/wiki/Coinage_Act_of_1873
The Coinage Act of 1873 or Mint Act of 1873, 17 Stat. 424, was a general revision of the laws relating to the Mint of the United States.
In abolishing the right of holders of silver bullion to have their metal struck into fully legal tender dollar coins, it ended bimetallism in the United States, placing the nation firmly on the gold standard.
Because of this, the act became contentious in later years, and was denounced by some as the "Crime of '73".