レイシストのロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーが、こんにちの自由貿易を始めた。

レイシストのロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーが、こんにちの自由貿易を始めた。


レイシストのロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーが、こんにちの自由貿易を始めた。
ロナルドレーガンは、第32代カリフォルニア州州知事を「1967年からの1期目と1971年からの2期目」の2期務めた。
ヘリテージ財団Heritage Foundation」は、大統領ロナルドレーガンのとき保守的運動において主導的な役割を果たした。ロナルドレーガンの政策は、「ヘリテージ財団Heritage Foundation」の政策研究「リーダーシップの義務Mandate for Leadership」から採用したものだ。
自由貿易労働組合の敵だ。

我々米国の99%は、米国大統領に、間違えたリーダーシップを求めては、いない。
お前たちの言う「いわゆる『リーダーシップ』」は、民主主義を破壊し続けてきた。


[1]
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーが、こんにちの自由貿易を開始し推進した。
ロナルドレーガンが、「こんにちの自由貿易」「1979年から1991年までの冷戦」「競争社会」「軍拡」「経済格差」「福祉切り捨て」を始めた。

ネルソンマンデラは、アパルトヘイト相手に戦った。
その時の南アフリカ共和国政府は、ネルソンマンデラを投獄した。
米国大統領ロナルドレーガンおよび英国首相マーガレットサッチャーは、その時、南アフリカ共和国政府を支持した。
ネルソンマンデラは、ノーベル平和賞を受賞した。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーレイシストだ。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーの支持者もレイシストだ。

Black Lives Matter!ブラックライブズマター!Black Voters Matter!ブラックボーターズマター!
米国国防省・米国のメディア・ホワイトハウス・米国の政治家・米国の大学・米国のトップ1%・米国のセレブ・ハリウッド・ウォールストリートよりも、我々は左だ。

他方で、ドイツのファシズムは極右だ。ナチは極右だ。

今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガンの支持者だ。今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガン派だ。
ロナルドレーガンは極右だ。
日本および米国防省および米マスコミおよびウォールストリートおよびハリウッドが、ロナルドレーガンを育てたのだ。


[2]
[Wikipedia]
北米自由貿易協定North American Free Trade Agreement
https://en.wikipedia.org/wiki/North_American_Free_Trade_Agreement
北米自由貿易協定North American Free Trade Agreement (NAFTA)」は、カナダ・メキシコ・米国により調印された合意で、北米の貿易ブロックの3か国協定。
1994年1月1日にNAFTAの合意は施行され、1988年に米国とカナダの間で署名された「米加自由貿易協定Canada–United States Free Trade Agreement」に代わる新しい協定となった。

北米自由貿易圏推進は、大統領ロナルドレーガンの時に始まった。レーガンは、1980年の大統領選挙の時に「北米自由貿易圏」のアイデアを出したのだ。
1988年にレーガンが「米加自由貿易協定Canada–United States Free Trade Agreement」を調印したのち、米大統領ジョージブッシュ・メキシコ大統領カルロスサリナスデゴルタリ・カナダ首相ブライアンマルルーニーが、将来NAFTAとなる貿易協定について交渉を始めることに合意した。

1.3 批准
1.3.2 米国
クリントンは1993年12月8日に署名し法律として成立させた。この合意は、1994年1月1日から施行された。


[ヘリテージ財団Heritage Foundation]November 23, 1993
北米自由貿易協定North American Free Trade Agreement:ロナルドレーガンの構想が実現した
https://www.heritage.org/trade/report/the-north-american-free-trade-agreement-ronald-reagans-vision-realized
北米自由貿易協定North American Free Trade Agreement (NAFTA)」が議会に承認されたことは、「"退却"や"うぬぼれ"」に対する、「"戦い"や"競争"」の勝利なのだ。
NAFTAは、15年以上の期間にわたり、米国・カナダ・メキシコ間の「モノとサービス」に対する関税を撤廃する。
このNAFTAにより、世界最大の市場が誕生する:3億6000万人の人口で、1年あたりの経済産出量が6兆ドル以上の市場だ。
したがってNAFTAは、「米国労働者が世界一競争力ある状態を維持することを保障し」、「米国消費者が世界のもっともすぐれた"モノとサービス"にアクセスし続けることができることを保障する」、のだ。

大統領クリントンが「このNAFTA合意は『第一歩に過ぎない』のだ」と描写したのは正しい。
クリントンは、「米大陸という半球全体に自由貿易を広げる努力をすることで、他のラテンアメリカ諸国も巻き込む」と強調した。
そのクリントンの行動は、「"米大陸半球を自由貿易圏にする"という保守派の構想」により近づくことになる。

長年にわたる、「メキシコとの自由貿易」に対する支持。
ロナルドレーガンが最初に、「米国とメキシコとの間の自由貿易協定」を提案したのは、1980年の大統領選挙に立候補したときである。
それ以来、「ヘリテージ財団が『ロナルドレーガンの"ラテンアメリカおよび全世界に自由貿易圏を広げるという構想"』を広めることに大きな役割を果たしてきたこと」を、ヘリテージ財団は自慢にしている。

クリントン政権および議会主流派は、NAFTAを支持することで、「"保護貿易主義の政策に戻ろう"という呼びかけを拒否する」という賢い選択をしていることになるのだ。
保護貿易主義の政策」とは、例えば、「スムート・ホーリー関税法, 1930年関税法, Smoot-Hawley tariff laws」のようなもので、大恐慌を起こしたと言われている。
これら保護貿易の要求の多くは、労働組合であり、NAFTAが米国の古い産業の仕事を奪うだろうと心配している。

大統領クリントンは、自由貿易を、欧州およびアジアの米国のパートナーにも提案すべきだ。


[Wikipedia]
ヘリテージ財団Heritage Foundation
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Heritage_Foundation
ヘリテージ財団Heritage Foundation」(ヘリテージと略される)は、米国保守系シンクタンクで、本部はワシントンDCにあり、主に公共政策に焦点を当てている。
ヘリテージ財団Heritage Foundation」は、ロナルドレーガンが大統領だった期間中に保守的運動において主導的な役割を果たした。ロナルドレーガンの政策は、「ヘリテージ財団Heritage Foundation」の政策研究「リーダーシップの義務Mandate for Leadership」から採用したものだ。
それ以来ヘリテージ財団は、米国の公共政策立案にあたり大きな影響を与え続けており、「米国で最も影響力のある保守派公共政策組織の一つ」とみなされている。


[Wikipedia]
ロナルドレーガン
https://en.wikipedia.org/wiki/Ronald_Reagan
第33代カリフォルニア州州知事。任期:1967年1月2日-1975年1月6日
第40代米国大統領。任期:1981年1月20日-1989年1月20日


[Wikipedia]
ロナルドレーガン州知事時代
https://en.wikipedia.org/wiki/Governorship_of_Ronald_Reagan
ロナルドレーガンは、カリフォルニア州州知事を「1967年からの1期目と1971年からの2期目」の2期務めた。
ロナルドレーガンは、カリフォルニア州で、2機にわたり州知事だった。州知事。任期:1967年1月2日-1975年1月6日の州知事時代
1975年に、3期目は辞退し、州知事をやめた。
1 1966年の立候補と選挙
レーガンは、1964年にBarry Goldwaterが共和党大統領候補に立候補したときのキャンペーンで"いまこそ選択するときA Time for Choosing"という演説をしたが、
共和党は、そのとき、レーガンの保守的政治観およびカリスマに感銘を受けた。


[3]
[Wikipedia]
マーガレットサッチャー
https://en.wikipedia.org/wiki/Margaret_Thatcher
マーガレット・ヒルダ・サッチャー(1925年10月13日 – 2013年4月8日)は英国の政治家で、1979年から1990年まで英国首相をし、1975年から1990年まで保守党党首だった。
サッチャーの政治哲学および経済政策は、規制緩和(特に金融部門の)・流動性のある労働市場国営企業の民営化・労働組合の力および影響力をそぐこと、に重点をおいていた。


[Wikiquote]
マーガレットサッチャー
https://en.wikiquote.org/wiki/Margaret_Thatcher
1 引用
1.11 サッチャー回顧録-ダウニング街の日々The Downing Street Years (1993)
サッチャーは常に、自由貿易を、他のすべての野心的な試みよりも、はるかに重要だと考えていた。
サッチャーは常に、自由貿易を、他の「グローバルな経済政策のうち、非生産的な戦略」よりも、はるかに重要だと考えていた。
ここでいう、「グローバルな経済政策のうち、非生産的な戦略」とは、例えば、「たいていの場合、インフレを起こす政策である、連係し調和された種々の政策」のことである。
自由貿易は、貧しい国々に、「外貨を稼ぐ手段を提供し、その生活水準を引き上げる手段を提供する」、だけではない。
自由貿易は、平和と自由と政治的分権をもたらす力でもあるのだ:
国家間の経済リンクは、相互利益に対する相互の理解を強化するから、自由貿易は平和をもたらすのだ;
個々人間の取引は、国家組織を避けることができ、立案した企画者ではなく消費者に権力を分散させるから、自由貿易は自由をもたらすのだ;
「政治的単位の大きさ」は「市場の大きさ」によって決定されるものではなく、また、「市場の大きさ」は「政治的単位の大きさ」によって決定されるものでもないから、自由貿易は政治的分権をもたらすのだ。


[4]
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
イギリスが「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を作った。
他方で、ソ連が崩壊した主要な原因は軍事費が巨額なことだ。
(私にはロシアを批判する気も支持する気もありません)
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
(しかし、巨大な中央集権政府がその答えなのかどうかは、私にはわかりません)
(実際、現在の米国政府は、年に7000億ドルも軍事費を使う超巨大政府です)
だから。
米国は、米国で軽自動車を作り、それら軽自動車を全世界へ輸出する。
米国は、今すぐ、モンロー主義になれ!
米国は、今すぐ、全世界の外国から全ての米軍を引き揚げろ!
米国の軍事費を、1年当たり100億ドルにまで、今すぐ、下げろ。
米国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!
米国は、今すぐ、米国の金融を引き締める政策をしろ!米国は、今すぐ、米国の内需を縮小しろ!
米国は、今すぐ、米国の貿易収支および米国の経常収支を、黒字にしろ!
米国は、今すぐ、債券国になれ!
結果として、ドル高になる!


[Wikipedia]
スムート・ホーリー関税法
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E9%96%A2%E7%A8%8E%E6%B3%95
スムート・ホーリー関税法(Smoot-Hawley Tariff Act)は、ホーリー・スムート関税法(Hawley-Smoot Tariff Act)の名でも知られ、アメリカの1930年6月17日に成立した関税に関する法律であり、
20,000品目以上の輸入品に関するアメリカの関税を記録的な高さに引き上げた。
正式名称は1930年関税法(Tariff Act of 1930[注 1])。

[Wikipedia]
Smoot–Hawley Tariff Act
https://en.wikipedia.org/wiki/Smoot%E2%80%93Hawley_Tariff_Act
The Tariff Act of 1930 (codified at 19 U.S.C. ch. 4), commonly known as the Smoot–Hawley Tariff or Hawley–Smoot Tariff,[1] was a law that implemented protectionist trade policies in the United States.