「中国手洗い洗濯同盟Chinese Hand Laundry Alliance」の歴史

「中国手洗い洗濯同盟Chinese Hand Laundry Alliance」の歴史


「中国手洗い洗濯同盟Chinese Hand Laundry Alliance」の歴史

米国の政治家は、「"中国手洗い洗濯同盟Chinese Hand Laundry Alliance"の歴史」を知っているはずだし、知っているべきだ。
米国の政治家は、わざと、米市民を間違えた方向に誘導しようとしている。
だから、こんにちの国防省・こんにちの米軍・こんにちの米政治家は、ファシストだ。

私には、こんにちの中国を支持するつもりも否定するつもりもない。

もちろん、お前たちは「こんにちの中国と1930年代の中国は異なる」と言うことができる。
しかし、お前たちの視点でも、日本・ドイツ・ファシストこそが、「こんにちの中国と1930年代の中国」を混同させることで、利益を得られる連中なのだ。


[1]
[Wikipedia]
中国手洗い洗濯同盟Chinese Hand Laundry Alliance
https://en.wikipedia.org/wiki/Chinese_Hand_Laundry_Alliance
「中国手洗い洗濯同盟Chinese Hand Laundry Alliance (CHLA) 」は、労働組合で、1933年に、
「北米に住む中国系市民の人権を守るために」、そして、「クリーニング業界労働者が米国社会で孤立している状況を打破するのを手助けする」ために設立された。
公然の左翼団体で、日本の満州侵略に対抗するために、種々の手段------「中国を救い、我々自身を救う」「日本に抵抗し中国を救う」等の種々のスローガンを含む------を講じた。

1 背景
19世紀末から20世紀初頭、米国およびカナダでは、洗濯屋で働く人は、中国系米国人とみなされていた。
中国系米国人のステレオタイプとして、クリーニング屋、が挙げられるほどだったのだ。
人種差別・英語スキル不足・資本金不足により、もっと望ましい職業に就くことを妨げられていたのだ。
20世紀初頭、米国の中国人の4人に1人は、クリーニング屋で働いていた。
労働条件はひどく、毎日10時間から16時間働いた。

2 「ニューヨーク市」および「中国手洗い洗濯同盟Chinese Hand Laundry Alliance (CHLA) 結成」
大恐慌が始まった時、ニューヨーク市にはおよそ3550の中国系クリーニング店があった。

中国系のクリーニング店は、手作業に依存している。全ての中国系クリーニング店の入り口には次のような2単語が大きく赤い字で書いてある。「手洗いクリーニングHand Laundry」。
これは、全てのアイロンがけは手作業でなされる、という意味だ。
ニューヨークでは、おそらく、10人中7人の中国系のかたは、中国系「手洗いクリーニング店Hand Laundry」で働くことで生活しているだろう。
ほぼすべての住宅地区のブロックやら住宅地区の路地の突き当りには、中国系クリーニング店がある。
中国系クリーニング店は、たいていテーブル5つ分のスペースぐらいの狭い店で、「アイロン板」と「洗濯されアイロンがけされた後パックされた服を、すぐに持っていけるよう、かけておくための棚」だけで成り立っている。

洗濯(クリーニング)業に従事する米白人の支持を受け、1933年にニューヨーク市議会は「中国系のかたの洗濯業を廃業させることを目的とした法律」を成立させた。
中国系のクリーニング店は、他のクリーニング店に比べ料金が安かったので、
この法律により、「ニューヨーク市にあるクリーニング店は米国市民により操業される」ことを義務付け、また、「1000ドルの保証証券を収める」ことを義務付けた。
在米の「中華会館Chinese Consolidated Benevolent Association、中華系組合」がこの法案に反対したものの失敗に終わると、
「中華系社会組織」であり左翼団体である「中国手洗い洗濯同盟Chinese Hand Laundry Alliance」が結成された。
「中華会館Chinese Consolidated Benevolent Association、中華系組合」が失敗したので、
「中国手洗い洗濯同盟Chinese Hand Laundry Alliance」は、ユダヤ系でポーランドからの移民の息子である弁護士Julius Bezozoを雇った。
Bezozoは、ニューヨーク市議会にロビー活動をし、東洋人は「ニューヨーク市にあるクリーニング店は米国市民により操業される」という義務が免除される事となった。
また、義務付けられていた「収める保証証券」の額を100ドルに減額することに成功した。
これにより、何千人もの中華系クリーニング労働者の生活が守られた。
この成功後、「中国手洗い洗濯同盟Chinese Hand Laundry Alliance」は、北米の中華系市民の市民権を主張していくこととなった。

3 満州侵略に対する抗議
「中国手洗い洗濯同盟Chinese Hand Laundry Alliance」は、1931年の日本による満州侵略にも強く抗議した。
他の多くの海外にいる中国人と同様に、「中国手洗い洗濯同盟Chinese Hand Laundry Alliance」は、「蒋介石率いる中国国民党」が日本の侵略に対し無抵抗なことに抗議した。
そして、「中国手洗い洗濯同盟Chinese Hand Laundry Alliance」は、積極的に「中国を救えキャンペーン」に関与し、「満州の中国人がする、反日抵抗運動」のための募金を集めた。
「中国手洗い洗濯同盟Chinese Hand Laundry Alliance」は、手紙や電報を米政治家に送り、「中国による抵抗運動を支持するよう」に訴え、「反日の立場をとるように」訴えた。
「中国手洗い洗濯同盟Chinese Hand Laundry Alliance」は、ニューヨークエリアの彼らの顧客にも直接アピールし、記事を投稿したりもした。
例えば、1937年度版の雑誌「中国前衛Chinese Vanguard 」に乗せられた記事(原文は中国語)があげられる。
そこには、彼らの努力が細かく書かれている:
「中国手洗い洗濯同盟Chinese Hand Laundry Alliance」は、中国を救うために、「日本の侵略に抵抗する抵抗運動」にとても貢献している。
「盧溝橋事件Marco Polo Bridge incident」の直後、「中国手洗い洗濯同盟Chinese Hand Laundry Alliance」は、中国への募金を集めるキャンペーンを組織した。
日本製品ボイコットを呼びかける、英語で書かれた冊子を配布することで、大きな貢献をすることにも成功した。
さらに、10月31日午後4時には、「中国手洗い洗濯同盟Chinese Hand Laundry Alliance」は、「反日広報会議」の会議のスポンサーとなり、本部での会議を開催した。
この会議に、「太平洋学者会議Pacific Scholars' Conference」への中国代表である、Chi Chao教授を講演者として招待した。
ニューヨーク市長は、「中国手洗い洗濯同盟Chinese Hand Laundry Alliance」の活動を積極的に支持し、市議会議長のEsser氏を市長代理として会議に送った。


[2]
Black Lives Matter!ブラックライブズマター!Black Voters Matter!ブラックボーターズマター!
米国国防省・米国のメディア・ホワイトハウス・米国の政治家・米国の大学・米国のトップ1%・米国のセレブ・ハリウッド・ウォールストリートよりも、我々は左だ。

他方で、ドイツのファシズムは極右だ。ナチは極右だ。

今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガンの支持者だ。今日の西側の政治家は全員、ロナルドレーガン派だ。
ロナルドレーガンは極右だ。
日本および米国防省および米マスコミおよびウォールストリートおよびハリウッドが、ロナルドレーガンを育てたのだ。

ネルソンマンデラは、アパルトヘイト相手に戦った。
その時の南アフリカ共和国政府は、ネルソンマンデラを投獄した。
米国大統領ロナルドレーガンおよび英国首相マーガレットサッチャーは、その時、南アフリカ共和国政府を支持した。
ネルソンマンデラは、ノーベル平和賞を受賞した。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーレイシストだ。
ロナルドレーガンおよびマーガレットサッチャーの支持者もレイシストだ。


[3]
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
イギリスが「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を作った。
他方で、ソ連が崩壊した主要な原因は軍事費が巨額なことだ。
(私にはロシアを批判する気も支持する気もありません)
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
(しかし、巨大な中央集権政府がその答えなのかどうかは、私にはわかりません)
(実際、現在の米国政府は、年に7000億ドルも軍事費を使う超巨大政府です)
だから。
米国は、米国で軽自動車を作り、それら軽自動車を全世界へ輸出する。
米国は、今すぐ、モンロー主義になれ!
米国は、今すぐ、全世界の外国から全ての米軍を引き揚げろ!
米国の軍事費を、1年当たり100億ドルにまで、今すぐ、下げろ。
米国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!
米国は、今すぐ、米国の金融を引き締める政策をしろ!米国は、今すぐ、米国の内需を縮小しろ!
米国は、今すぐ、米国の貿易収支および米国の経常収支を、黒字にしろ!
米国は、今すぐ、債券国になれ!
結果として、ドル高になる!