IbrahimCongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

1942年:連合国宣言、連合国共同宣言、国際連合宣言、Declaration of The United Nations

1942年:連合国宣言、連合国共同宣言、国際連合宣言、Declaration of The United Nations


1942年:連合国宣言、国際連合宣言、Declaration of The United Nations

ファシストは全人類の敵だ。
米国でさえ、1941年に、ファシストを倒すために、ソ連と同盟を結んだ。
お前たちは、「1942年、連合国宣言、連合国共同宣言、国際連合宣言、Declaration of The United Nations」、「1943年テヘラン会談」、「1945年ヤルタ会談」、「1945年ポツダム宣言」、など、を読むべきだ。

テンノウヒロヒト(1925年から)のとき、1936年に、日本はドイツと、同盟を結んだ(Anti-Comintern Pact;Agreement against the Communist International、反共産主義同盟;反"第三インターナショナル"合意)。
そして、だから、ファシズム・ドイツ・日本は、極右だ。

近い将来、お前たちは、「共産主義でさえ、ファシズムよりは良いものだ」、と考えるようになるだろう。

Black Lives Matter!ブラックライブズマター!Black Voters Matter!ブラックボーターズマター!
米国国防省・米国のメディア・ホワイトハウス・米国の政治家・米国の大学・米国のトップ1%・米国のセレブ・ハリウッド・ウォールストリートよりも、我々は左だ。

他方で、ドイツのファシズムは極右だ。ナチは極右だ。


[1]
[Wikipedia]
連合国宣言、連合国共同宣言、国際連合宣言、Declaration by United Nations
https://en.wikipedia.org/wiki/Declaration_by_United_Nations
連合国宣言(連合国共同宣言、国際連合宣言、Declaration by United Nations)は、第2次世界大戦の連合国を正式に規定した主要な条約である;
この宣言は、1942年から1945年までの間に47か国中央政府により調印された。
1942年1月1日、アルカディア会談にて、
同盟「4大国」(米国、英国、ソビエト社会主義共和国連邦、中国)が、短い文書に署名した。この文書はのちに、連合国宣言(連合国共同宣言、国際連合宣言 the United Nations Declaration)として知られるようになる。
翌日、その他22か国の代表が署名した。
翌日(1942年1月2日)に署名した22か国は:
4つの英連邦自治領(オーストラリア、カナダ、ニュージーランド南アフリカ);
8か国の欧州亡命政権(ベルギー、チェコスロバキアギリシャルクセンブルグ、オランダ、ノルウェイポーランドユーゴスラビア);
9か国の米大陸諸国(コスタリカキューバドミニカ共和国エルサルバドルグアテマラ、ハイチ、ホンジュラスニカラグアパナマ);
1つの非独立政府で英国により任命されたインド政府、
である。


[国際連合United Nations]
https://www.un.org/en/sections/history-united-nations-charter/1942-declaration-united-nations/index.html
1942年:連合国宣言、連合国共同宣言、国際連合宣言、Declaration of The United Nations
ローマ・ベルリン・東京枢軸(the Rome-Berlin-Tokyo Axis)と戦う26か国の代表が、国際的な連合により、宣言に調印することで、「ファシストと戦うこと」に対する支持を確固としたものとすることを決定した。
1942年1月1日、ルーズベルト大統領、チャーチル首相、ソ連代表のマキシムリトヴィノフ、中国の宋子文代表が、のちに連合国宣言として知られることとなる文書に調印した。

国連宣言に署名した最初のオリジナルの国々、Original UN Declaration Signatories
最初のオリジナルの26か国:
米国、英国、ソビエト社会主義共和国連邦、 中国、 オーストラリア、
ベルギー、 カナダ、 コスタリカキューバチェコスロバキア
ドミニカ共和国エルサルバドルギリシャグアテマラ、ハイチ、
ホンジュラス、インド、ルクセンブルグ、オランダ、ニュージーランド
ニカラグアノルウェイパナマポーランド南アフリカ連邦
ユーゴスラビア

その後参加した署名国
その後、宣言を支持した国々(署名なさった順に):
メキシコ、フィリピン、エチオピアイラク、ブラジル、
ボリビア、イラン、コロンビア、リベリア、フランス、
エクアドル、ペルー、チリ、パラグアイベネズエラ
ウルグアイ、トルコ、エジプト、サウジアラビア、シリア、
レバノン


[2]
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
イギリスが「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を作った。
他方で、ソ連が崩壊した主要な原因は軍事費が巨額なことだ。
(私にはロシアを批判する気も支持する気もありません)
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
(しかし、巨大な中央集権政府がその答えなのかどうかは、私にはわかりません)
(実際、現在の米国政府は、年に7000億ドルも軍事費を使う超巨大政府です)
だから。
米国は、米国で軽自動車を作り、それら軽自動車を全世界へ輸出する。
米国は、今すぐ、モンロー主義になれ!
米国は、今すぐ、全世界の外国から全ての米軍を引き揚げろ!
米国の軍事費を、1年当たり100億ドルにまで、今すぐ、下げろ。
米国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!
米国は、今すぐ、米国の金融を引き締める政策をしろ!米国は、今すぐ、米国の内需を縮小しろ!
米国は、今すぐ、米国の貿易収支および米国の経常収支を、黒字にしろ!
米国は、今すぐ、債券国になれ!
結果として、ドル高になる!