IbrahimNcongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

ストップ-アンド-フリスク:ニューヨーク市警察には人種差別が根強く残っている

ストップ-アンド-フリスクニューヨーク市警察には人種差別が根強く残っている


ストップ-アンド-フリスクニューヨーク市警察には人種差別が根強く残っている

Black Lives Matter!ブラックライブズマター!Black Voters Matter!ブラックボーターズマター!
米国国防省・米国のメディア・ホワイトハウス・米国の政治家・米国の大学・米国のトップ1%・米国のセレブ・ハリウッド・ウォールストリートよりも、我々は左だ。

他方で、ドイツのファシズムは極右だ。ナチは極右だ。


[1]
[憲法に保障された権利を守るためのセンターCenter for Constitutional Rights]December 16, 2019
ストップ-アンド-フリスクニューヨーク市警察には人種差別が根強く残っている
https://ccrjustice.org/home/press-center/press-releases/stop-and-frisk-report-nypd-racial-bias-persists
「連邦裁判所に任命された監察官」の最新の報告書によると、相変わらず警察は憲法を侵害している:Center for Constitutional Rightsからの報告

本日、歴史的な裁判であり「ストップ-アンド-フリスク」について行われた裁判である「フロイド対ニューヨーク市裁判Floyd v. City of New York」について、裁判所が任命した監察官により最新の状況報告書がリリースされた。
この報告書に対して、「Center for Constitutional Rights」は、上席弁護士Darius Charneyから以下の声明を発表する:

連邦裁判所が「ニューヨーク市警察の"ストップ-アンド-フリスク"という慣行は、人種差別的である」と判決を下して6年になるが、
ニューヨーク市警察がこの問題にきちんと取り組んでこなかったことが明らかになった。
「連邦裁判所に任命された監察官」の10番目の報告書によると、
人種間における格差が深刻なレベルで未だに存在し、
アフリカ系ニューヨーク市民およびラテン系ニューヨーク市民は、白人に比べ、違法な職務質問にさらされる確率が非常に高いことが分かった。

報告書にはさらに、
『「ニューヨーク市警察警察官が、レイシャルプロファイリングracial profiling(容疑者像の絞り込みに人種的要素を持ち込み、人種によって取締まりを差別すること)をしていた」、
という苦情に対するニューヨーク市警察の対処に、深刻な欠陥がある』
ことを指摘している。
苦情を申し立てた人・証人・警官たちは、たいていの場合、事情聴取すらされておらず、
手がかりも調査されておらず、
調査官も、たいていの場合、『「特定の警察官が行ったレイシャルプロファイリングracial profiling」に対する苦情』をノートに記録していなかったのだ。
のだ。

『「大統領から独立した、米国連邦政府の独立機関である、NYPD Inspector General」 により、昨年公表された、ニューヨーク市警察についての報告書』を読めば、これは全く驚くべきことではない。
この報告書では、過去4年間で2600件、レイシャルプロファイリングracial profilingだという苦情申し立てが、ニューヨーク市警察官に対しなされたが、
その2600件のうち、NYPD 内部調査官internal investigatorが「警察官の行動に根拠があった」とみなしたケースは、一つもなかったのだ。

この報告書で判明した、これらやその他の欠陥は、上述の裁判で示されたように、
憲法違反である人種差別の核心に迫る、深刻でシステマティックで現在も進行中の問題であり、」
警察のパトロールの手引書を改訂したぐらいでは治せないし、「心の中の差別をなくすトレーニング」ぐらいでは治せないレベルなのだ。


[2]
[Center for Constitutional Rights]June 23, 2014
「フロイド対ニューヨーク市裁判」における「共同是正プロセスJoint Remedial Process」:とは何か。
https://ccrjustice.org/home/get-involved/tools-resources/fact-sheets-and-faqs/timeline-floyd-v-city-new-york
「フロイド対ニューヨーク市裁判」における「共同是正プロセスJoint Remedial Process」の時系列
概観:
2013年8月、連邦裁判所は、
ニューヨーク市警察(NYPD)が、違憲で人種差別である「ストップ-アンド-フリスク」を幅広く慣行的に行っていた』と認定し、
『NYPDの「ストップ-アンド-フリスク」が憲法を順守したものになる一助となるような一連の改革を成し遂げるために、協力して「共同是正プロセスJoint Remedial Process(JRP)」を行うよう』に命令した。

JRPは、
さらなる改革のためのアイデアを、「ストップ-アンド-フリスク」による影響を最も受けているコミュニティーから募ることを想定している。
地元コミュニティーという関係者だけでなく、ニューヨーク市警察のメンバー・地元議員・警察活動に関する専門家の組織・原告を代理する刑事司法の弁護士も参加している。
このJRPプロセスは、オハイオ州シンシナティで実行され成功しているようなプロセスに賛同して、同様に行おうとするものである。
オハイオ州シンシナティでは、「システマティックな虐待をする警察の慣行およびバイアスのかかった差別的な警察の慣行」に取り組んだのだ。
JRPは、
『ニューヨークの将来の「ストップ-アンド-フリスク」を形作るうえで、
こらら「ストップ-アンド-フリスク」等の慣行に直接的な影響を受けているコミュニティーが、直接インプットできることを確実にする』
ようにデザインされている。

「共同是正プロセスJoint Remedial Process」とは何か?
2013年8月、9週間の裁判ののち、裁判所は、
『NYPDが慣行的に行っている「ストップ-アンド-フリスク」は違憲で人種差別であると認定し』、
『NYPDが「共同是正プロセスJoint Remedial Process」をするように』
命令した。
裁判所は判決で、『意義のある永続的な改革には、「ストップ-アンド-フリスク」の影響を最も受けている住民の参加と支持が必要だ』と特に述べた。

裁判所が強調したように:
NYPDが「ストップ-アンド-フリスク」をすることで最も影響を受けているコミュニティこそが、改革を成し遂げるのに最も重要な、注目されるべき視点を持っているのだ。
法律の専門家や警察の専門家がどんなに束になっても、『「自由と安全に対して、改革がもたらすであろう実際の結果」に対するコミュニティーの理解』を代替することはできない。
もしも「ストップ-アンド-フリスク」に対する改革が、最も影響を受けるそうしたコミュニティーに、適切だと認められないのならば、その改革は恐らく成功しないであろう。
独立機関による監察も、市政も、この裁判所でさえも、
NYPDの「ストップ-アンド-フリスク」により影響を最も受けるコミュニティーの代わりに、代弁することはできないのである。

JRPの目的は、裁判所が述べたように、
『NYPDの人種差別的な「ストップ-アンド-フリスク」慣行により最も影響を受けている人々からのダイレクトなインプットと共に、一連の改革を実行すること』
である。
これらの改革は、『原告・NYPD・「フロイド対ニューヨーク市裁判」において裁判所に任命された監察官』によりなされる『政策・訓練・監督・規律・監視』を補助することを目的としている。


[3]
[Wikipedia]
ニューヨーク市におけるストップ-アンド-フリスク
https://en.wikipedia.org/wiki/Stop-and-frisk_in_New_York_City
ニューヨーク市における「ストップクエスチョン-アンド-フリスク プログラム」あるいは「ストップ-アンド-フリスク」とは、
ニューヨーク市警察が、
一時的に、
勾留したり、質問したり、あるいは路上で武器その他の禁制品を持っている市民や容疑者を探しているとき、
に行う慣行である。
米国の他の地域では、テリーストップTerry stopと呼ばれている。


[FOX]February 11, 2020
「ストップ-アンド-フリスク」とは何か?批判を呼んでいる警察の手法についての説明
https://www.foxnews.com/us/what-is-stop-and-frisk
「ストップ-アンド-フリスク」とは、批判されている警察の慣習であり、ニューヨーク市で行われていることで注目されるようになった。
「ストップ-アンド-フリスク」の支持者は、「町から武器をなくすことで市民の生命を守っている」というが、
反対派は「この手段はマイノリティーを不当にターゲットにしている」と批判している。


[Wikipedia]
米国政府の独立機関
https://en.wikipedia.org/wiki/Independent_agencies_of_the_United_States_government
「米国政府の独立機関」とは、「米国連邦政府の行政府の省庁(これらの省庁は、内閣閣僚である長官がトップを務めている)、および、大統領府」の外に位置する機関である。
より狭義には、憲法上は行政府により管理されるものの、大統領のコントロールからは独立している機関を指すこともある。
このとき、大統領のコントロールから独立していると言われるのは、ふつうは、その機関の長官やメンバーを解雇する大統領の権力が制限されているからである。
議会により制定された、独立した法律により設立され、
権限を付与する各法律が、「あるとするならばだが、その機関が実質的に規則制定権をもつ分野」および「その機関がすべき目的」を定義する。
これらの期間が作る法律は、実施されたらば、連邦法としての効力を持つ。


[Wikipedia]
Office of Inspector General監察官(米国)
https://en.wikipedia.org/wiki/Office_of_Inspector_General_(United_States)
米国では、Office of Inspector General(OIG, 監察官)とは、
『、「連邦政府機関あるいは州政府機関」が非効率な活動あるいは違法な活動をしないように、監視する部局』を表す総称である。
これらのOIGは、「州政府に対して、および、地方自治体に対して」取り付けられているだけでなく、「多くの連邦政府の行政組織(省庁)に対して、および、独立した連邦政府機関に対して」も取り付けられている。
各OIGには、監察官inspector general (or I.G.)および職員がおり、
あらゆる種類の行政府内部における、「不正・浪費・乱用・横領・不適切な管理」を「特定し・会計監査し・調査する」責任を負っている。


[4]
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
イギリスが「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を作った。
他方で、ソ連が崩壊した主要な原因は軍事費が巨額なことだ。
(私にはロシアを批判する気も支持する気もありません)
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
(しかし、巨大な中央集権政府がその答えなのかどうかは、私にはわかりません)
(実際、現在の米国政府は、年に7000億ドルも軍事費を使う超巨大政府です)
だから。
米国は、米国で軽自動車を作り、それら軽自動車を全世界へ輸出する。
米国は、今すぐ、モンロー主義になれ!
米国は、今すぐ、全世界の外国から全ての米軍を引き上げろ!
米国の軍事費を、1年当たり100億ドルにまで、今すぐ、下げろ。
米国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!
米国は、今すぐ、米国の金融を引き締める政策をしろ!米国は、今すぐ、米国の内需を縮小しろ!
米国は、今すぐ、米国の貿易収支および米国の経常収支を、黒字にしろ!
米国は、今すぐ、債券国になれ!
結果として、ドル高になる!

[Wikipedia]
アメリカ合衆国連邦政府の独立機関
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD%E9%80%A3%E9%82%A6%E6%94%BF%E5%BA%9C%E3%81%AE%E7%8B%AC%E7%AB%8B%E6%A9%9F%E9%96%A2
アメリカ合衆国連邦政府の独立機関(Independent agencies of the United States federal government)は、アメリカ合衆国連邦行政部(アメリカ合衆国大統領顧問団)とアメリカ合衆国大統領行政府の外部に存在する政府機関である[1]。
独立機関の語は、憲法上行政府により管理されているが機関の長または職員の解任についての大統領の権限が制限されており大統領の影響下より独立している機関にも使用されている。

[Wikipedia]
Inspector general
https://en.wikipedia.org/wiki/Inspector_general#United_States
In the United States, an inspector general leads an organization charged with examining the actions of a government agency, military organization, or military contractor
as a general auditor of their operations to ensure they are operating in compliance with generally established policies of the government,
to audit the effectiveness of security procedures, or to discover the possibility of misconduct, waste, fraud, theft, or certain types of criminal activity by individuals or groups related to the agency's operation,
usually involving some misuse of the organization's funds or credit.


[probatestars]September 20, 2019
Court Monitors in Florida Guardianship
https://probatestars.com/court-monitors-in-florida-guardianship/
Court monitors in Florida guardianship can help monitor perceived problems in a guardianship without the need for full blown litigation.

What is a Court Monitor?
A Court Monitor is a person appointed by the Florida guardianship court to investigate and report on certain activities and events. Florida guardianship statute Section 744.107 provides as follows:

The monitor may investigate, seek information, examine documents, or interview the ward and shall report to the court his or her findings. The report shall be verified and shall be served on the guardian, the ward, and such other persons as the court may determine.

Normally, the guardianship court will issue, in its order appointing the monitor, the specific reasons for the appointment. For example, if there is concern that the guardian is institutionalizing the ward where there are more appropriate and less restrictive living arrangements, a monitor could be asked to investigate and report. If the healthcare that the guardian is directing might be causing the ward more harm than good, the monitor could investigate.
The monitor could even be allowed to hire an independent medical expert to assist in reviewing the healthcare of the ward.

If the guardian is spending money inappropriately, the monitor could investigate before the annual accounting is filed.

What Happens After the Court Monitor’s Report is Submitted to the Guardianship Court?
After the Court Monitor submits his or her report, the Florida Guardianship Code directs the guardianship court to take action:

If it appears from the monitor’s report that further action by the court to protect the interests of the ward are necessary, the court shall, after a hearing with notice, enter any order necessary to protect the ward or the ward’s estate, including amending the plan, requiring an accounting, ordering production of assets, freezing assets, suspending a guardian, or initiating proceedings to remove a guardian.


[Cleveland.com]Jul 13, 2020
Report blasts former Cleveland Public Safety Director Michael McGrath for being lenient with problem police officers
https://www.cleveland.com/court-justice/2020/07/report-blasts-former-cleveland-public-safety-director-michael-mcgrath-for-being-lenient-with-problem-police-officers.html
CLEVELAND, Ohio —
The monitor overseeing the process to reform Cleveland police sharply criticized the city’s former safety director, Michael McGrath, for failing to provide consistent discipline to officers who committed misconduct, according to a report filed Monday in U.S. District Court.


[San Francisco Chronicle]March 20, 2019
Oakland police lose ground on reforms in court monitor’s new report
https://www.sfchronicle.com/crime/article/Oakland-police-lose-ground-on-reforms-in-court-13704186.php
A court monitor has found Oakland police are losing ground in their 16-year struggle to comply with dozens of reforms, dealing a major setback to the department’s goal of finally emerging from federal oversight.