法定通貨をめぐる裁判

法定通貨をめぐる裁判


法定通貨をめぐる裁判
米国は1972年までは金本位制度だった。
トランプはまたもや間違えている。
憲法修正第10条は、留保された権限について述べており「合衆国に委任されず人民に留保される権限、と同様に、州のみが実行できる権限」について述べている。


[Wikipedia]
法定通貨をめぐる裁判
https://en.wikipedia.org/wiki/Legal_Tender_Cases
法定通貨をめぐる裁判」とは、1871年に米国連邦最高裁判所の判決により確認された、非兌換紙幣の合憲性に関する2件の裁判である。
この2件の裁判とは「ノックス対リー裁判」および「パーカー対デイビス裁判」である。
連邦政府南北戦争の最中に「1861年法貨条例Legal Tender Act of 1861」の条項に従って、「合衆国紙幣United States Notes」として知られる紙幣を発行した。
1869年の「ヘップバーン対グリスウォルド裁判」では、
「”法貨条例Legal Tender Act”は、米国憲法修正第5条の”法の適正な手続きによらずに、生命、自由または財産を奪われることはない”という条項に違反している」
という判決を米国連邦最高裁判所は出した。
Salmon P. Chase最高裁判長は、判決への意見(his majority opinion)の中で、
「”議会には紙幣を発行する能力がない、という意見を支持はしなかった”が”南北戦争以前の借金の返済に、南北戦争時に発行された紙幣を法定通貨として使うことはできない”」
と判決を出した。
その後、米連邦最高裁判所法定通貨をめぐる裁判の中で「ヘップバーン対グリスウォルド裁判」の判決を覆し、米紙幣は南北戦争以前から存在する借金の返済にも使えるという判決を出した。

5 「紙幣の合憲性問題」の背景
米国憲法第1条10節は明確に、諸州が、紙幣("bills of credit"、promissory notes約束手形)を発行することを禁じている。
また、米国憲法第1条10節は明確に、諸州が、金貨および銀貨以外のものを法定通貨とすることを禁じている。
しかし同時に、憲法には「連邦政府がそれらのことをするのを禁じる」という条文は明白には存在しない。
あるいは、憲法には「連邦政府がそれらのことをするの許可する」という条文も明白には存在しない。
米国憲法改憲している条項のまとめである「憲法修正条項」には、
米国憲法修正第10条に、「"委任はされず引き続き人民に属する権利"および"州のみが行使できる権能"」が「留保された権限」として言及されている。
「"Concurrent powers"共通の権限(州政府と連邦政府の両方が各々独立に行使する政府の権限)」も存在し、これは各州または連邦政府によって行使される。
例えば「侵略を阻止する」などである。
ほかにも議論の余地があるものとして、「法定通貨の制定」が挙げられる(例えば連邦政府の直轄地とそれ以外の場所では扱いが異なる、という意味)。
米国憲法第1条8節では、連邦議会に次のような権限を与えている。
「米国の信用において借入をする」、
「貨幣を鋳造する権限、その鋳造した貨幣の価格および外国貨幣の価格を規制する権限、ならびに度量衝の基準を定める権限」
「州際間の通商を規制する権限」。
しかし、米国憲法第1条8節では、連邦議会に対し、「紙幣を印刷したりそれを法定通貨とする権限」は、はっきりと明白には与えなかった。
連邦政府は、南北戦争の資金を調達するために、1861年に初めて紙幣を発行した。
それ以前には、全ての米国の紙幣は、銀行が発行したものだった。
例えば、第一国立銀行により紙幣が発行されたが、この国立銀行は、連邦政府により公認された民間銀行であった。
議会は憲法制定以前にも、例えば米独立戦争(米革命戦争American RevolutionaryWar)時にコンチネンタルと呼ばれる紙幣の発行を、承認していた。
この「コンチネンタルと呼ばれる紙幣」は、「13植民地の相互友好同盟を定めた規約である"連合規約"」に基づいて各州および大陸会議の双方が発行した。
これらの条文は、その当時"信用証券"と呼ばれていた、法定通貨としての紙幣の発行を認めたものであった。
「ヘップバーン対グリスウォルド裁判」で、チェイス連邦最高裁判長は以下のように記している。
「、ここ数年、紙幣が法律により承認されてきた。これら法律について、誰も、一般的な合憲性については疑問を持たないであろう。そして恐らくは、この法律の一般的な便宜性について疑問に思うものもそうはいないであろう」
「問題は、"南北戦争以前から(つまりこれら紙幣が発行される以前から)存在する借金に対し、これら特定の種類の紙幣を法定通貨(として支払いに使えるの)だと宣言できるか権限があるかどうか"、である」

5.1 元々の意図および元々の意味
Robert Borkのようなオリジナリストは、憲法起草者たちが考えていたであろう「紙幣は禁止されるべきだ」という意図を強制することには反対していた:
彼はこういった。「学者たちは、憲法起草者たちが紙幣を禁じることを意図したという」
「しかし、こんにち、オリジナルな意図に立ち返るべきだと本気で信じている判事がいるのならば、それら判事は裁判官の椅子に座っているよりも、保護者と一緒にいるべきだ」
(米国法の文脈では、オリジナリストとは、「憲法制定当時の人々および当時の署名者の本来の解釈に基づいて、憲法で宣言されていることを全て解釈されるべきだ」という考え)
(米憲法は安定的な剛性憲法であり、解釈を変えられるのは米憲法5条の改憲の手続きを取った時のみだ、という考え)
(米憲法を制定するために1787年フィラデルフィア憲法制定会議に参加した55名の代議員を、一般にフレイマーズ(Framers:憲法起草者)と呼ぶ、)
法律学の教授Michael Stokes Paulsonによると、
「オリジナリズムへの批評のうち最も多いデマは、"法定通貨としての紙幣の発行は違憲で我々の経済を混乱状態に陥れる、と憲法が作られた当時のオリジナルの憲法では考えられていた"というものだ」

紙幣に関しては、憲法起草者の一人Nathaniel Gorhamナサニエルゴーラムは、フィラデルフィア憲法制定会議で、
「"議会は紙幣を発行する権力を持つ"と言う条文を削除することに賛成だ」
しかし同時に
「禁止するという文言を憲法に書くことにも反対だ」
と説明している。
これこそが、フィラデルフィア憲法制定会議で最終的に起きたことなのだ:
連邦政府法定通貨として紙幣を発行する権力を与える」という明示的な憲法の文言は、投票の結果9-2で削除された。
しかし、「紙幣を発行しても、それを法定通貨とすることは禁じる」という選択肢も決議されなかった。
憲法1条8節は、「合衆国の信用に基づいて借入をする」権限を議会に与えている。
そして、だからこそNathaniel Gorhamナサニエルゴーラムは、
「(例えば、約束手形の発行などの)権能は、それが必要で安全なものである限りは、上述の憲法にある"借入"に含まれる」
と考えたのだ。
紙幣(銀行券など)を発行する権能は、
憲法1条8節の必要かつ適切(Necessary and Proper Clause)項
(憲法1条8節:上述の諸権限、および、この憲法により"合衆国政府またはその部局もしくは職員"に付与されたすべての他の権限、を実施するために、必要かつ適切なすべての法律を制定する権限)
を、
前述の"借入"する権能などを含む列挙されているその他の権能と組み合わせて、
援用することで、正当化されてきた。
「信用証券を発行する権限」は、憲法中に明白に「州には禁じる行為」として述べられている。
ということは、とても重大な権限であるから、
憲法1条8節の必要かつ適切(Necessary and Proper Clause)項」から推論されるよりは、
明白に連邦政府に授けられる権限だろうと思われる。
もっとも実際には、憲法起草者たちがそうした考えを意図していたかどうかは明白ではないし、
法定通貨をめぐる裁判」および「その後」で最高裁判所がそうした考えを受け入れていたかも不明ではあるが。

アメリカ合衆国建国の父」とよばれ「アメリカ合衆国憲法の父」とみなされる1751年生まれのジェームズマディソンは、1787年フィラデルフィア憲法制定会議で、ノートをつけていた。
そのノートの脚注に、マディソンは、「憲法は、連邦政府に、紙幣を通貨としてあるいは法定通貨として用いることを許してはならない」と書いている。
しかし、このマディソンが書いた脚注の考えが、このフィラデルフィア憲法制定会議で、声に出して発せられたかどうかを示す記録は何も残っていない。

そのご、批准の時の討論で、雑誌フェデラリストの論文ナンバー44(マディソンが著者と推定されている)で、
「"信用証券を発行する権限"を州に対して禁じることは、全ての市民に喜びを与えることになるのだ」
「この喜びを市民が感じるかどうかは、その市民がどれだけ正義を愛しているか、に比例する」
「そして、また、この喜びを市民が感じるかどうかは、"共和国の繁栄に真の春をもたらすのは何か"ということに関して、その市民がどれだけ知識を持ち理解しているか、に比例する」
と述べられている。

マディソンはさらに、
「州政府が信用通貨を発行することは、"罪を積み重ねていく結果となる"」
「そして、その罪を償うのは、信用通貨を発行し続けてきた、その権限を持つ組織(この場合は州政府)の自発的な犠牲によってのみ、なされる」
と述べている。


[Wikipedia]
United States Note
https://en.wikipedia.org/wiki/United_States_Note#End_of_the_United_States_Note
A United States Note, also known as a Legal Tender Note, is a type of paper money that was issued from 1862 to 1971 in the U.S.
Having been current for 109 years, they were issued for longer than any other form of U.S. paper money.
They were known popularly as "greenbacks", a name inherited from the earlier greenbacks, the Demand Notes, that they replaced in 1862.
Often termed Legal Tender Notes, they were named United States Notes by the First Legal Tender Act, which authorized them as a form of fiat currency.
During the 1860s the so-called second obligation on the reverse of the notes stated:

This Note is a Legal Tender for All Debts Public and Private Except Duties On Imports And Interest On The Public Debt; And Is Redeemable In Payment Of All Loans Made To The United States.

They were originally issued directly into circulation by the U.S. Treasury to pay expenses incurred by the Union during the American Civil War.

 


[Wikipedia]
Concurrent powers
https://en.wikipedia.org/wiki/Concurrent_powers
Concurrent powers are powers of a federal system of government shared by both the federal government and each constituent political unit (such as a state or province).
These powers may be exercised simultaneously within the same territory, in relation to the same body of citizens, and regarding the same subject-matter.[1]
Concurrent powers are contrasted with reserved powers (not possessed by the federal government) and with exclusive federal powers (possession by the states is forbidden or requires federal permission).

Federal law is supreme, and therefore it may preempt to a state or provincial law in case of conflict.
Concurrent powers can therefore be divided into two kinds: those not generally subject to federal preemption (like the power to tax private citizens); and, other concurrent powers.[2]

In the United States, examples of the concurrent powers shared by both the federal and state governments include the power to tax, build roads, and to create lower courts.


[Wikipedia]
Early American currency
https://en.wikipedia.org/wiki/Early_American_currency#Continental_currency
Early American currency went through several stages of development during the colonial and post-Revolutionary history of the United States.
Since there were few coins minted in the Thirteen Colonies, that later became the United States, foreign coins like the Spanish dollar were widely circulated.
Colonial governments, at times, issued paper money to facilitate economic activities.
The British Parliament passed Currency Acts in 1751, 1764, and 1773, that regulated colonial paper money.

During the American Revolution, the Colonies became independent states.
Freed from the British imposed monetary regulations, the States began to issue paper money, to pay for military expenses.
The Continental Congress, also issued paper money during the Revolution—known as Continental currency—in order to fund the war effort.
Both, State and Continental currency depreciated rapidly, becoming, in effect, worthless by the end of the war.
This depreciation was caused by the government, stemming from the printing of large amounts of currency, in their effort to meet the monetary demands of the war.
Additionally, British counterfeit gangs contributed further to the decreased value.
By its conclusion, only a few counterfeiters had been caught and preemptively hanged, for the crime.
The war devastated the Colonial economy, incomprehensibly; especially, when compared to the economical status prior to King George III.

2 Continental currency
After the American Revolutionary War began in 1775, the Continental Congress began issuing paper money known as Continental currency, or Continentals.


[Wikipedia]
Originalism
https://en.wikipedia.org/wiki/Originalism
In the context of United States law, originalism is a concept regarding the interpretation of the Constitution that asserts that all statements in the constitution must be interpreted based on the original understanding of the authors or the people at the time it was ratified.
This concept views the Constitution as stable from the time of enactment, and that the meaning of its contents can be changed only by the steps set out in Article Five.


[Wikipedia]
フィラデルフィア憲法制定会議
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%A9%E3%83%87%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%A2%E6%86%B2%E6%B3%95%E5%88%B6%E5%AE%9A%E4%BC%9A%E8%AD%B0
フィラデルフィア憲法制定会議 (Philadelphia Convention、その他、Constitutional Convention, Federal Convention, Grand Convention at Philadelphia 等)とは、1787年5月25日から9月17日までの間にペンシルベニア州フィラデルフィアで開催され、イギリスからの独立後に連合規約下で運営されていたアメリカ合衆国を統治するための問題を討議した会議である。
当初は、連合規約の改定のみを意図していたとされるが


[Wikipedia]
フィラデルフィア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%A9%E3%83%87%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%A2
フィラデルフィア(英語: Philadelphia)は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州南東部にある都市。

1 歴史
1682年、クエーカー教徒のウィリアム・ペンが同志とアメリカに渡来、この地に居住区を建設したのが市の起源。
ペンはこの地を古代ギリシア語で「兄弟愛の市」を意味する(Φιλαδέλφεια、フィロス=愛、アデルフォス=兄弟、ア=都市名につく語尾形)「フィラデルフィア」と命名した。
こうして、フィラデルフィアペンシルベニア植民地の首都として成立した。


What Is a Majority Opinion: A Definition and Overview
https://www.thoughtco.com/majority-opinion-104786
How These Opinions Determine Cases
By Martin Kelly
Updated April 12, 2018
The majority opinion is an explanation of the reasoning behind the majority decision of a supreme court.
In terms of the United States Supreme Court, the majority opinion is written by a justice selected by either the Chief Justice or if he or she is not in the majority, then the senior justice who voted with the majority.
The majority opinion is often cited as precedent in arguments and decisions during other court cases.
Two additional opinions that justices of the US Supreme Court might issue include a concurring opinion and a dissenting opinion.

How Cases Reach the Supreme Court