IbrahimCongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

米国は1972年までは金本位制を維持していた。

米国は1972年までは金本位制を維持していた。
米国は、ドルの信頼性を維持するのに長いこと苦闘し続けている。

ドイツおよび日本は、悪の帝国だ!
ドイツ・日本は、今すぐ、ドイツおよび日本の金融政策を緩和しろ!
ドイツ・日本は、今すぐ、ドイツおよび日本の内需を拡大しろ!
ドイツおよび日本は、今すぐ、ドイツの貿易収支および日本の貿易収支およびドイツの経常収支および日本の経常収支を、赤字にしろ!
ドイツ・日本は、今すぐ、債務国になれ!

アメリカ合衆国は、今すぐ、アメリカ合衆国の金融を引き締めろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、アメリカ合衆国内需を縮小しろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、米国の貿易収支および米国の経常収支を、黒字にしろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、債券国になれ!

日本とドイツは、建設国債を大量に発行しろ!

結果として、ドル高になる!

アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制にもどれ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制をもう一度採用しろ!

アメリカ合衆国は、今すぐ、全てのアメリカ合衆国軍を全世界から撤退させろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、アメリカ合衆国の軍事予算を、1年当たり1,000億ドルに減らせ!


[1]
[Wikipedia]
法定通貨をめぐる裁判
https://en.wikipedia.org/wiki/Legal_Tender_Cases
法定通貨をめぐる裁判」とは、1871年に米国連邦最高裁判所の判決により確認された、非兌換紙幣の合憲性に関する2件の裁判である。
この2件の裁判とは「ノックス対リー裁判」および「パーカー対デイビス裁判」である。
連邦政府南北戦争の最中に「1861年法貨条例Legal Tender Act of 1861」の条項に従って、「合衆国紙幣United States Notes」として知られる紙幣を発行した。
1869年の「ヘップバーン対グリスウォルド裁判」では、
「”法貨条例Legal Tender Act”は、米国憲法修正第5条の”法の適正な手続きによらずに、生命、自由または財産を奪われることはない”という条項に違反している」
という判決を米国連邦最高裁判所は出した。
Salmon P. Chase最高裁判長は、判決への意見(his majority opinion)の中で、
「”議会には紙幣を発行する能力がない、という意見を支持はしなかった”が”南北戦争以前の借金の返済に、南北戦争時に発行された紙幣を法定通貨として使うことはできない”」
と判決を出した。
その後、米連邦最高裁判所法定通貨をめぐる裁判の中で「ヘップバーン対グリスウォルド裁判」の判決を覆し、米紙幣は南北戦争以前から存在する借金の返済にも使えるという判決を出した。

1 「1862年法貨条例Legal Tender Act of 1862」
この「法定通貨をめぐる裁判」には、
米国南北戦争中に制定された「合衆国会期別法令集(制定法全集)第12編345条( Legal Tender Act of 1862, 12 Stat. 345)」
の合憲性を問う問題が主に含まれていた。
1862年法貨条例Legal Tender Act of 1862」は、増税することなく南北戦争の戦費をまかなうために、紙幣(合衆国紙幣United States Notes)を発行することを認めていた。
この紙幣は、ゴールド(金)に対しての価値がどんどん下がっていき、それが議論を呼ぶこととなった。
というのは、南北戦争以前に契約された借金を、この安くなった紙幣で返済することができてしまうからである。
連邦裁判所裁判長Chaseは、これら一連の出来事を以下のようにあらわしている:

当時そして今現在、米国通貨の条件として、なにが定められたかを考えてみよう。
1861年7月および8月および1862年2月に、6000万ドル分の紙幣(合衆国紙幣United States Notes)の発行が、南北戦争に必要な物資購入に際し支払いに使える紙幣として、承認された。
「支払いにおいて使える」とされたが、1862年3月までは「法定通貨」とは宣言されていなかった。
1862年3月に「法定通貨」と宣言されたのは、受け取りキャンセルが増えたことにより死蔵されるようになり、市中に流通する紙幣(合衆国紙幣United States Notes)の発行が極端に減少していたからなのだ。
1862年および1863年には、4億5000万ドル分の紙幣(合衆国紙幣United States Notes)発行が、南北戦争に必要な物資購入に際し支払いには使えないとされたものの、承認された。
しかし、実際には、政府の都合により使えることとなった。
実際に支払いに使えないと制限されたのは、4億5000万ドル分とは別の、5000万ドル分だけであった。
これら紙幣(合衆国紙幣United States Notes)は、国債の支払いのために使えるとされ、米国に払うまたは米国からの受取にも使えるとされった。
他方で、関税の支払いおよび公債利子には使えないとされた。
そして法定通貨だと宣言された。
1863年3月に、5000万ドルを超えない範囲で紙幣(合衆国紙幣United States Notes)発行が承認された。
今回の紙幣は法定通貨とは宣言されなかったが、米連邦政府財務長官により定められた規則では兌換紙幣とされていた。

1863年2月に、国立銀行協会(national banking associations)による3億ドルの紙幣の発行が、承認された。。
この紙幣も合衆国紙幣と同様に支払いや受け取りに使えるとされ、同じ効用を持つとされた。
また、兌換紙幣としての能力も持つように規定されたが、しかし、法定通貨とは宣言されなかった。


[2]
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
イギリスが「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を作った。
他方で、ソ連が崩壊した主要な原因は軍事費が巨額なことだ。
(私にはロシアを批判する気も支持する気もありません)
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
(しかし、巨大な中央集権政府がその答えなのかどうかは、私にはわかりません)
(実際、現在の米国政府は、年に7000億ドルも軍事費を使う超巨大政府です)
だから。
米国は、米国で軽自動車を作り、それら軽自動車を全世界へ輸出する。
米国は、今すぐ、モンロー主義になれ!
米国は、今すぐ、全世界の外国から全ての米軍を引き上げろ!
米国の軍事費を、1年当たり1000億ドルにまで、今すぐ、下げろ。
米国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!
米国は、今すぐ、米国の金融を引き締める政策をしろ!米国は、今すぐ、米国の内需を縮小しろ!
米国は、今すぐ、米国の貿易収支および米国の経常収支を、黒字にしろ!
米国は、今すぐ、債券国になれ!
結果として、ドル高になる!