IbrahimNcongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

アフリカ系米国人歴史月間

アフリカ系米国人歴史月間


アフリカ系米国人歴史月間


[1]
[Wikipedia]
黒人歴史月間
https://en.wikipedia.org/wiki/Black_History_Month
「黒人歴史月間」は米国誕生の年に一度の行事である。「アフリカ系米国人歴史月間」としても知られる。
米国およびカナダでは政府から公式に認定されている行事である。
近年では、アイルランド・オランダ・英国で非公式ではあるものの認められるようになった行事である。
アフリカ人の方々の海外への離散の歴史の中で、重要な人々や出来事を思い起こそうとする手段として始まった。
米国およびカナダでは2月に祝われるが、アイルランド・オランダ・英国では、10月に行われる。

1 歴史
1.1 アフリカ系歴史週間(1926)
「アフリカ系米国人歴史月間」に先立って、1926年に歴史家 Carter G. Woodsonおよびアフリカ系米国人の生活および歴史研究協会(Association for the Study of African American Life and History:ASALH)は、2月の第2週を「アフリカ系歴史週間」と名付けた。
この週が選ばれたのには理由があり、この週には、アブラハムリンカーンの誕生日である2月12日と、フレデリックダグラスの誕生日である2月14日があるからである。
アフリカ系の方々のコミュニティーでは、両方の日を19世紀以降お祝いしている。
「アフリカ系歴史週間」はこの問題の中心であった。
「アフリカ系歴史週間」成立の思考過程は記録されていないが、学者たちは2つの理由を挙げている:「認識」することと「重要性」である
Woodsonは、「少なくとも一週間あれば、一般の運動が、年に一度お祝いされる記念日になるだろう」と考えた。
また、10年もの長期間かけて成功裏に「アフリカ系の歴史のジャーナル」を完成したあと、Woodsonは、この問題がより多くの聴衆の間で共感を呼ぶに値することを理解したのだ。

このイベントの初期段階において、米国の公立学校においてアフリカ系米国人の歴史を組織的に教えるよう推進することが、まず第一に重視されていた。
第1回の「アフリカ系歴史週間」は、あまりぱっとしない反応であった。
ノースカロライナ州デラウエア州・ウエスバージニア州の教育省」および「バルチモア・ワシントンDCの市の学校局」が協賛した。
世界的な儀式からは程遠いものであったものの、Woodsonはこのイベントを「ASALH協会がなしえた今までで最も幸運なステップの一つ」と考え、年に一回開催するイベントとして継続的に繰り返すことを計画した。
「アフリカ系歴史週間」発足にあたりWoodsonは、
「アフリカ系の方々の歴史を教育することこそが、物理的および知性的にアフリカ系のかたがより広い社会の中で生き残るのを確実にするのに本質的で大事なことである」
と強く主張した。

もしもある人種に歴史がなかったらば、その人種には価値のある伝統もなく、世界の思想の中で無視されるような存在となり、根絶される危険な状態にあることになる。
ネイティブアメリカンには連続した記録がない。
伝統の価値を理解しなかった。彼らは今どこにいるだろう?
ヘブライ人は伝統の価値を鋭く理解している。彼らの伝統は聖書そのものにより保障されている。
だから、世界的に迫害を受けていても、彼らは我々の文明の中で大きな要素を占めているのだ。

1929年までに、「アフリカ系の歴史のジャーナル」には、
「たった2つの例外を除いて、アフリカ系人口の多い全ての州では、州の教育省が州の教師にこのイベントを周知させることに成功し、州の教育省がこのイベントに関する公式文書を配布することに成功した」
という記述ができるようになった。
この初期においては、教会も、この「アフリカ系歴史週間」に関する公式文書を配布するに当たって大きな役割を果たした。
アフリカ系のかたの出版社もその他の大手出版社も文書発行を手助けした。
「アフリカ系歴史週間」は熱狂的な反応を得た;アフリカ系歴史クラブの設立が増大し、教師の間で関心が増大し、プログレッシブな白人からも関心を持たれた。
「アフリカ系歴史週間」は、その後の数十年で一般的となった。米国中の市長が祝日として認定した。
2016年2月21日には、106歳のワシントンDCの住民であり学校ボランティアの Virginia McLaurin氏が、「アフリカ系米国人歴史月間」の一環として、ホワイトハウスを訪ねた。
なぜ彼女が来たのかを大統領に聞かれ、McLaurinは答えた。
「アフリカ系の大統領。アフリカ系の妻。そして私はアフリカ系の歴史を祝うためにここにいる。それこそが私がここに来た理由です」

1.2 米国:「アフリカ系米国人歴史月間」(1970)
「アフリカ系米国人歴史月間」は、最初、1969年2月に、ケント州立大学のアフリカ系教育者およびアフリカ系生徒により提案された。
最初の「アフリカ系米国人歴史月間」の祝祭は、1年後の1970年1月2日から1970年2月28日までケント州立大学でおこなわた。
6年後「アフリカ系米国人歴史月間」は、全米中の、大小を問わず、教育機関・アフリカ系文化センター・コミュニティーセンターなどで祝われるようになった。
これは、ジェラルドフォード大統領が、米国建国200年記念祝典の時に、「アフリカ系米国人歴史月間」を公認したときのことである。
ジェラルドフォード大統領は米国人に対し、
「我々の歴史において、アフリカ系米国人の努力により達成されたことが、あらゆる分野であまりにもしばしば無視されてきた」
「アフリカ系米国人の努力とそれにより達成された事に対し、アフリカ系米国人を称える機会を作るべきだ」
と訴えた。

1.3 英国(1987)
英国では、「アフリカ系歴史月間」は1987年に初めて祝われた。
ガーナ人アナリストのAkyaaba Addai-Seboのリーダーシップにより組織された。
Akyaaba Addai-Seboは、グレーター・ロンドン・カウンシル(GLC,ロンドン市の管轄を周辺部を含めた大きなものとする改革案)プロジェクトの実現のためのコーディネーターとして働いた。
最初はロンドンで祝われた。

1.4 カナダ(1995)
1995年には、オンタリオ州Etobicoke—Lakeshore選出の政治家Jean Augustineの提案により、カナダ下院は公式に2月を「アフリカ系歴史月間」とし、アフリカ系カナダ人を称えた。
2008年には、Donald Oliver上院議員が、上院が「アフリカ系歴史月間」を公式に認めるように提案し、全会一致で可決された。

1.5 アイルランド共和国(2010)
米国コネチカット州Quinnipiac大学のアイルランド大飢饉博物館によると:
「アフリカ系歴史月間」コーク市で2010年に始まった。
この場所はとても適切に見える。というのは、19世紀にこの町は奴隷制度廃止の中心地でリードする町だったからである。
そして、この町の奴隷制度に反対する男性・女性は、アフリカ系の奴隷制度反対論者を招いて講演してもらっていた。
この町を訪れた人の中には、Charles Lenox Remondや Frederick Douglassがいらっしゃる。

2 進展
初めて設立されたときには、「アフリカ系歴史月間」はいくらかの議論を呼んだ。
「アフリカ系歴史月間」が教育機関だけに限定されると考えるものにとっては、
アフリカ系の歴史を祝うことを1か月だけに限定してよいのか、どいう疑問があった。
アフリカ系の歴史を1年の残りの期間の教育にも取り入れるという考えに反していると考えたのだ。

そしてもう一つの議論があった。
というのは、当初、「アフリカ系歴史月間」の考えでは、
「米国の学校が、アフリカ系の歴史的人物を奴隷とか植民地時代の物体としてしか説明していない」
事に抗議して、その間違いを正すことにあった。
しかし現実にはそうした考えに反して、「アフリカ系歴史月間」は、複雑なアフリカ系の方々の姿を、過度に単純化した単なる英雄崇拝の話に単純化してしまっていたのだ。

他の批判としては、祝祭自体がレイシズムの形になっているというものだ。
俳優であり監督のモーガンフリーマンおよび女優の Stacey Dash は、たったひと月だけを「アフリカ系歴史月間」とすることを批判している。
モーガンフリーマンは「「アフリカ系歴史月間」を欲しいとは思わない。アフリカ系の歴史は米国人の歴史だ」
始まり以来、「アフリカ系歴史月間」は当初受け入れられた教育機関だけでなく、さらなる広がりを見せている。
2020年までに、「アフリカ系歴史月間」は学校以外にも注目されるようになった。
ウォールストリートジャーナルは
「劇場や図書館や博物館などの種々の文化組織で、”アフリカ系米国人の文化と貢献がセンターステージを占めるようになった時代”」
と表現している。
米国のビジネス業界からも注目を集めている。
2020年2月にフォーブスは、「コカ・コーラ、グーグル、ターゲット、メイシーズ、UPSアンダーアーマーなどの多くの米国企業が「アフリカ系歴史月間」をお祝いしている」と書いた。

[参考資料]
グレーター・ロンドン・カウンシル
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%AB
グレーター・ロンドン・カウンシル(Greater London Council, GLC, )とは、1963年ロンドン政府法に基づき1965年に設立され、1985年地方自治法(英語版)により、1986年に廃止された[1]:5、 イギリスの大ロンドン地域の地方自治体である。
大ロンドン議会とも訳される。
設立
1934年から労働党がロンドン市議会を握り、1950年代には選挙で圧倒的に労働党が有利だった。この頃のロンドン市議会の管轄する地域はロンドン中心部のみであり、保守党はロンドン全体を管轄する団体を提案した。
1957年に検討委員会が設立され、1960年には、52のロンドン行政区を設立し、市議会を、公共交通、道路、住宅供給、地域再生に限定した、権限の小さい自治体に変える提案がなされた。
政治
初めての選挙は1964年4月9日に行われ、各区が代表を選出した。保守党の思惑とは異なり、労働党が64議席、保守党が36議席を獲得した。
議長には保守党のビル・フィスケが就任した。1967年の第2回選挙では、国政への不満から保守党の大勝利となり、保守党が82議席労働党が18議席を獲得した。
これにより、33年ぶりに保守党の議長が誕生した。1970年も、議席は減らしたが保守党が勝利した。
1972年には小選挙区制に移行し、1973年の選挙では労働党が強力な社会主義を標榜し、57議席を獲得した。
保守党は33議席自由党は2議席を獲得した。1981年五月の選挙は、保守党サッチャー主義とマルクス主義労働党の政治思想が争点となった。
増税と大型事業の労働党が僅差で勝利した。議長には、労働党左派のケン・リヴィングストンが労働党右派のアンドリュー・マッキントッシュに勝利した。

グレーター・ロンドン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%B3
グレーター・ロンドン(英: Greater London)は、イギリスおよびイングランドの首都ロンドンの行政区画を形成するリージョンの1つであり、地方長官職を任官する目的で設置されるカウンティの1つでもある。
日本語では、大ロンドンとも称されることがある。32のロンドン区[注 1]およびシティ・オブ・ロンドン[注 2]で構成される、33の地方行政区画(英語版)に組織されている。
サザークに拠点を置く、ロンドン市長とロンドン議会から成るグレーター・ロンドンオーソリティー(大ロンドン庁)が、リージョン全体の戦略的な地方自治を担う。
シティ・オブ・ロンドンのみに関わる地方自治は、シティ・オブ・ロンドン・コーポレーション(英語版)が担う。
カウンティとしてのグレーター・ロンドンは、1963年ロンドン政府法 (London Government Act 1963) の施行により、1965年4月1日に設置された[2][3][4]。
行政上、グレーター・ロンドンは当初、グレーター・ロンドン・カウンシル(1963年 - 1986年)の下、スイ・ジェネリス (Sui generis) カウンシル地域として設置された。
この地域は1994年にリージョンとして再設置され、2000年にグレーター・ロンドンオーソリティーが発足した。

ジャガイモ飢饉
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%A2%E9%A3%A2%E9%A5%89
ジャガイモ飢饉とは、19世紀のアイルランドで主要食物のジャガイモが疫病により枯死したことで起こった飢饉を指す。
アイルランドにおいては歴史を飢餓前と飢餓後に分けるほど決定的な影響を与えたため、"Great Famine"(大飢饉)と呼ばれている。
発端
ジャガイモは通常、前年の塊茎を植えるという無性生殖による栽培法を用いる。
これを利用して、当時のヨーロッパでは収量の多い品種に偏った栽培が行われてゆき、遺伝的多様性がほとんど無かった。
そのため、菌の感染に耐え得るジャガイモが無く、ヨーロッパでは菌の感染がそれまでにないほど広がった。
これに対して、ジャガイモが主食作物であった原産地のアンデス地方では、1つの畑にいくつもの品種を混ぜて栽培する習慣が伝統的に存在し、
これが特定の病原菌の蔓延による飢饉を防いでいた。


[2]
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
イギリスが「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を作った。
他方で、ソ連が崩壊した主要な原因は軍事費が巨額なことだ。
(私にはロシアを批判する気も支持する気もありません)
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
(しかし、巨大な中央集権政府がその答えなのかどうかは、私にはわかりません)
(実際、現在の米国政府は、年に7000億ドルも軍事費を使う超巨大政府です)
だから。
米国は、米国で軽自動車を作り、それら軽自動車を全世界へ輸出する。
米国は、今すぐ、モンロー主義になれ!
米国は、今すぐ、全世界の外国から全ての米軍を引き上げろ!
米国の軍事費を、1年当たり1000億ドルにまで、今すぐ、下げろ。
米国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!
米国は、今すぐ、米国の金融を引き締める政策をしろ!米国は、今すぐ、米国の内需を縮小しろ!
米国は、今すぐ、貿易黒字と経常収支黒字を持て!
米国は、今すぐ、債券国になれ!
結果として、ドル高になる!