IbrahimCongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

金本位制度は左派の政策であり、ブレトンウッズ会議でも採用された

金本位制度は左派の政策であり、ブレトンウッズ会議でも採用された


金本位制度は左派の政策であり、ブレトンウッズ会議でも採用された


金本位制度は左派の政策であり、ブレトンウッズ会議でも採用された
金本位制度こそが貿易収支を均衡させる答えだ。
金本位制度は、真進の正しい貿易政策の答えだ。


[1]
[Wikipedia]
金本位制
https://en.wikipedia.org/wiki/Gold_standard#Bretton_Woods
金本位制度とは、通貨制度の一つであり、経済の標準的な勘定単位が、一定の量の金と結びつけられている制度である。
金本位制度は、19世紀および20世紀初頭に広く用いられた。
今でも多くの国々がかなりの量の金を正貨として準備して保有しているものの、20世紀のいずれかの時点で多くの国々は金本位制度を通貨制度の基本とすることをやめた。

2.2 ブレトンウッズ
第2次大戦後、金本位制度に似た制度がブレトンウッズ合意で設立された。この制度は金為替本位制とも呼ばれることがある。
この制度の下では、多くの国々は米ドルに対し自国の通貨の為替レートを固定し、各国の中央銀行は公的レートの金1オンス35ドルで保有するドルを金に変えることができた。
この交換する権利は、企業や個人にはなく、中央銀行だけである。
全ての国はドルにペッグするように(ドルに対し為替レートが一定になるように固定されている)なっており、その結果、金で測ったときに一定の価値を持つようになっていた。

[Wikipedia]
ブレトンウッズ会議
https://en.wikipedia.org/wiki/Bretton_Woods_Conference
ブレトンウッズ会議は、正式には「国際連合通貨金融会議」としても知られるが、
44か国から730名の代表を集め、米国ニューハンプシャーブレトンウッズのマウントワシントンホテルで開催された、
第2次大戦後の国際間の通貨金融秩序を規制するための会合である。
1944年7月1日から22日まで開催された。

2 会議の合意内容
ブレトンウッズ会議は2つの主要な結果を得た。
(1) IMFを設立するという合意文書。IMFは為替レートおよび資金の流れを安定させること。
(2) IBRDを設立するという合意文書。IBRDの目的は、第2次大戦後の復興を加速し、経済開発を発展させること。特にインフラ建設を通じて行う。
(3) 国際的な経済的協力のためのその他の提案。ブレトンウッズ会議の最終的合意書は、これらの合意や提案を含んだものとなる。

最終的な決議において、会議参加者の目から見て最も重要な部分で、さらに今後の世界経済の運営にとって最も重要な部分は、IMFに関する合意である。
その主要な特徴は、
外国為替市場において、ドルに対し為替レートが一定になるように固定されている、調節可能なペッグ制度である。
為替相場は金に対し固定されている。
各国政府は、「基本的な不均衡」を訂正するためだけにのみ、為替レートを変更することが許されている。


[2]
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
イギリスが「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を作った。
他方で、ソ連が崩壊した主要な原因は軍事費が巨額なことだ。
(私にはロシアを批判する気も支持する気もありません)
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
(しかし、巨大な中央集権政府がその答えなのかどうかは、私にはわかりません)
(実際、現在の米国政府は、年に7000億ドルも軍事費を使う超巨大政府です)
だから。
米国は、米国で軽自動車を作り、それら軽自動車を全世界へ輸出する。
米国は、今すぐ、モンロー主義になれ!
米国は、今すぐ、全世界の外国から全ての米軍を引き上げろ!
米国の軍事費を、1年当たり1000億ドルにまで、今すぐ、下げろ。
米国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!
米国は、今すぐ、米国の金融を引き締める政策をしろ!米国は、今すぐ、米国の内需を縮小しろ!
米国は、今すぐ、貿易黒字と経常収支黒字を持て!
米国は、今すぐ、債券国になれ!
結果として、ドル高になる!