IbrahimNcongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

シカゴ大学座り込み抗議事件

シカゴ大学座り込み抗議事件


シカゴ大学座り込み抗議事件


[1]
[Wikipedia]
シカゴ大学座り込み抗議事件
https://en.wikipedia.org/wiki/University_of_Chicago_sit-ins
シカゴ大学座り込み抗議事件」とは、1962年イリノイ州シカゴのシカゴ大学で起きた、一連の非暴力の抗議行動を指す。
「大学がキャンパス外に所有する施設で、大学が人種差別をしている」のをやめろと要求する抗議行動であった。

1 出来事
1.1 協議・対話
シカゴ大学の学生新聞シカゴマルーンの編集長Avima Ruderによると、この学生新聞のあるスタッフが大学予算のコピーを見つけた。
「そこには、"シカゴ大学が、人種によって分けられた(人種差別的な)アパートビルを沢山保有している"とあった」
「これは非常に奇妙なことであった」
「と言うのは、そのころ我々学生のはほとんどは白人であったのだが、」
「しかし人種によって分けられてなどいなかったし、アフリカ系米国人だけを隔離する学生寮などなかったからだ」
「-だから、もしも誰かがそんな話をしたとしても、みんな信じられずにびっくりしただろう」
当初はシカゴ大学学生新聞も上述のように報道したが、その後編集者たちはシカゴ大学学生自治会に、上述のアパートの住所を教えた。
シカゴ大学学生自治会が、「人種的平等のための会議(Congress of Racial Equality:CORE)」のシカゴ大学支部
「"アフリカ系米国人だけを隔離する学生寮において、アフリカ系米国人が学生寮の運営保全をしようとしたものの失敗した"とされる6つのケースについて調査するように」
訴えたからだ。

学生自治会」と「人種的平等のための会議」は、学長George Wells Beadleに、「これらの発見を突き付け」さらに「これらのアパートにおける人種的隔離政策をやめるように迫った」。
1962年1月17日に、学生新聞マルーンは、新聞のトップページに、この話題を「学校の寮で人種隔離政策をとっていたことを大学当局が認める」とタイトルをつけて載せた。
学長Beadleは、学生新聞に寄稿し
シカゴ大学が人種隔離政策をとることは問題であることを認めた」
ものの、
シカゴ大学は人種差別的政策はとってない」
ことを強調した。
また、
「大学が所有する商業的な居住施設は、現存する人種隔離政策をとっているが、シカゴ大学学内寮はすべての人にオープンであり、」
「したがって、大学が所有する民営の居住施設と、シカゴ大学学内寮とは、異なる」
ことを強調した。
「この問題について、議論の余地があるような意見の相違があるとすると、それは、」
「唯一あるのは、得るものよりも失うものが大きくなることのないようにしつつ、合意した目的に向かって動くことが可能となるようなペースはどのくらいかということだ」
とBeadleは書いた。

1.2 抗議活動
Beadleの「計画的で、安定した、人種統合政策、とやら」に業を煮やしたCOREの活動家たちは、
シカゴ大学の管理棟で大決起集会を開き、
学長George Wells Beadleの大学学生寮政策に対し抗議したのだ。
このときバーニーサンダースもCOREのメンバーで参加していたのだ。
「"大学が所有するアパートメントではアフリカ系学生と白人学生が共同生活をできない、という状況には耐えられない"、と我々は感じたのだ」
とサンダースはこの時に主張している。
サンダースと32人の学生活動家は管理等へと交信していき、学長のオフィスの外に立てこもった。
1月23日から2月5日まで、サンダースと市民権抗議活動家たちは
「差別を調査する委員会を立ち上げるよう」
に、Beadleおよび大学に圧力をかけた。
Beadleは、のちに、Ida Noyes Hall公会堂で300名の学生たちと会い、
「これ以上の座り込みは禁止する」
「COREが訴えた、大学所有の建物における人種差別について調査する委員会を立ち上げる」
とアナウンスした。


[2]
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
イギリスが「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を作った。
他方で、ソ連が崩壊した主要な原因は軍事費が巨額なことだ。
(私にはロシアを批判する気も支持する気もありません)
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
(しかし、巨大な中央集権政府がその答えなのかどうかは、私にはわかりません)
(実際、現在の米国政府は、年に7000億ドルも軍事費を使う超巨大政府です)
だから。
米国は、米国で軽自動車を作り、それら軽自動車を全世界へ輸出する。
米国は、今すぐ、モンロー主義になれ!
米国は、今すぐ、全世界の外国から全ての米軍を引き上げろ!
米国の軍事費を、1年当たり1000億ドルにまで、今すぐ、下げろ。
米国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!
米国は、今すぐ、米国の金融を引き締める政策をしろ!米国は、今すぐ、米国の内需を縮小しろ!
米国は、今すぐ、貿易黒字と経常収支黒字を持て!
米国は、今すぐ、債券国になれ!
結果として、ドル高になる!