IbrahimNcongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

バーニーサンダースこそが、アフリカ系および米労働者のために戦う真の本当の闘士だ。2

バーニーサンダースこそが、アフリカ系および米労働者のために戦う真の本当の闘士だ。

バーニーサンダースこそが、アフリカ系および米労働者のために戦う真の本当の闘士だ。
ブラック・ライブズ・マター!Black Lives Matter!
私はバーニーサンダースの支持者です。

シカゴ大学では、サンダースは、「アフリカ系米国人の市民権団体であるCongress of Racial Equality(人種的平等のための会議)(CORE)の議長をしていた」。このCOREという団体は主要な市民権団体の一つである。

1962年に大学で「抗議の座り込みスト」をしている生徒の前で、サンダースが演説をしている写真について質問があったのだ。
1960年代初頭、イングルウッドのエリアで、人種隔離政策という人種差別に対する抗議が起きていたが、
"Willis Wagons"と名付けられた移動教室に対して、物凄い抗議が起きた。
シカゴの当時の学校の最高責任者であったBenjamin Willisに由来して名付けられたものである。
抗議者たちは、「バスがアフリカ系の子供たちを白人地区の学校に送らずに、その代わりに、アフリカ系の子供たちをバスの中に閉じ込めたままにしていた」、ことを糾弾している。

サンダースは1963年8月12日に逮捕され、逮捕に抵抗したという罪で起訴された。
この抗議活動についてのトリビューンの記事によると、サンダースは有罪となり罰金25ドルを払った。


[1]
[Chicago Tribune]FEB 22, 2016
若き活動家バーニーサンダースが人権活動中に逮捕されたときの映像が、シカゴトリビューンのアーカイブから見つかる
https://www.chicagotribune.com/news/ct-bernie-sanders-1963-chicago-arrest-20160219-story.html
シカゴ警察が、抗議活動中のバーニーサンダース21歳を1963年8月に、ウエスト73通りサウスロウアベニューの市民権デモの現場から、警察のワゴンに連行するところ。
サンダースは逮捕され、逮捕に抵抗した罪に問われ、有罪となり、罰金25ドルを課された。
この時サンダースはシカゴ大学の生徒だった。(Tom Kinahan / Chicago Tribune)

シカゴトリビューンのアーカイブにある、1963年抗議活動で逮捕された若い活動家の写真は、民主党の有望な大統領候補バーニーサンダースであることを、彼のキャンペーン事務局が確認した。
市民権活動家としてのサンダース候補の実績をより強く物語るものである。

写真には21歳のサンダースが映っている。この時シカゴ大学の学生であり、シカゴ警察に警察車両へと連行されている。
シカゴトリビューンの写真編集者Marianne Matherは「写真のネガがトリビューンのアーカイブから見つかった」と言う。

サンダースは写真のデジタルイメージを見たあと、「バーニーは、この写真が彼自身だと確認しました」と選挙事務所のシニアアドバイザーTad Devineは言う。
「彼はその写真を見て-実際その時彼は彼のお財布にシカゴ大学の学生証を持っていたのです-そして彼は言いました。"うん、これは私だ"」
バーモント州上院議員であるサンダースは、ネバダ州の民主党党員集会のある前夜の金曜日に、ネバダ州リノ近郊に来ていたのだ。

サンダースのシカゴ大学における活動家としての経歴が最近ニュースになった。
1962年に大学で「抗議の座り込みスト」をしている生徒の前で、サンダースが演説をしている写真について質問があったのだ。
シカゴ大学の図書館の特別研究センターによると、当初、幾人かの卒業生は別の人だと考えていたそうだ。
しかしその人物はすでに他界していた。

しかしながら、「この写真を撮った写真家Danny Lyonがこの研究センターに連絡し、この時の写真をもっと提供した結果、サンダースと確認できた」とセンターは言う。
Devineは「これら抗議の座り込みストの写真についての質問は、アンフェアで根拠がない」と言う。
「彼の活動主義と、彼が学生の時に起きたこの事件が、彼の人生の方向を動かし始めたのです」とDevinは言う。
この1962年の写真が明るみに出た後、写真家Brian Nguyenと彼の母は、シカゴトリビューン新聞ののアーカイブを調べ、サンダースとみられる写真のネガをいくつか発見した。

写真が誰を撮影したものかはネガには書いてなかったものの、ネガとともに保存されていた資料からは、この逮捕写真が1963年8月にサウス73ストリート・ロウアベニュー近くでとられたものだということが書かれていた。
これはイングルウッドの近くである。

この時逮捕された人々の裁判が1964年に行われたが、それについてのトリビューンの記事からバーニーサンダースだとわかった。
ネガがスキャンされ、その映像が金曜日にサンダースの選挙事務所に送られた。
土曜日にサンダースの選挙事務所は、2つ目の写真もサンダースであることを確認した。

1960年代初頭、イングルウッドのエリアで、人種隔離政策という人種差別に対する抗議が起きていたが、
"Willis Wagons"と名付けられた移動教室に対して、物凄い抗議が起きた。
シカゴの当時の学校の最高責任者であったBenjamin Willisに由来して名付けられたものである。
抗議者たちは、「バスがアフリカ系の子供たちを白人地区の学校に送らずに、その代わりに、アフリカ系の子供たちをバスの中に閉じ込めたままにしていた」、ことを糾弾している。

サンダースは1963年8月12日に逮捕され、逮捕に抵抗したという罪で起訴された。
この抗議活動についてのトリビューンの記事によると、サンダースは有罪となり罰金25ドルを払った。

大学の広報担当Jeremy Manierによっると「サンダースは1960年10月3日にシカゴ大学に入学し、1964年6月に政治家学で人文の学位を取り卒業した」。

Manier によると、「サンダースはシカゴ大学に入学する前には、ブルックリンカレッジに入学していた」

シカゴ大学では、サンダースは、「アフリカ系米国人の市民権団体であるCongress of Racial Equality(人種的平等のための会議)(CORE)の議長をしていた」。このCOREという団体は主要な市民権団体の一つである。

この時代のニュースを見て、サンダースは人種的不平等に対する抗議行動を指導するようになったのだ。


[2]
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
イギリスが「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を作った。
他方で、ソ連が崩壊した主要な原因は軍事費が巨額なことだ。
(私にはロシアを批判する気も支持する気もありません)
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
(しかし、巨大な中央集権政府がその答えなのかどうかは、私にはわかりません)
(実際、現在の米国政府は、年に7000億ドルも軍事費を使う超巨大政府です)
だから。
米国は、米国で軽自動車を作り、それら軽自動車を全世界へ輸出する。
米国は、今すぐ、モンロー主義になれ!
米国は、今すぐ、全世界の外国から全ての米軍を引き上げろ!
米国の軍事費を、1年当たり1000億ドルにまで、今すぐ、下げろ。
米国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!
米国は、今すぐ、米国の金融を引き締める政策をしろ!米国は、今すぐ、米国の内需を縮小しろ!
米国は、今すぐ、貿易黒字と経常収支黒字を持て!
米国は、今すぐ、債券国になれ!
結果として、ドル高になる!