IbrahimNcongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

産油国が、市民生活の生活レベル向上のために原油価格を上げたいのなら、OPECを使うべき

産油国が、市民生活の生活レベル向上のために原油価格を上げたいのなら、OPECを使うべき


産油国が、市民生活の生活レベル向上のために原油価格を上げたいのなら、OPECを使うべき
私はバーニーサンダースの支持者です。


[1]
戦争で原油価格を吊り上げようとするのは間違いだ。
産油国の中には考えを間違えている国もいる。
産油国が、市民生活の生活レベル向上のために原油価格を上げたいのなら、OPECを使うべき。
モノの値段は需要と供給で決まる。
昔は産油国もそう考えていた。

[Wikipedia]
OPEC
https://en.wikipedia.org/wiki/OPEC
OPECは石油輸出国の国際組織で13か国からなる。
OPECは1960年7月14日にバグダッドに最初の5か国(イラン・イラククウェートサウジアラビアベネズエラ)で設立された。1965年からはオーストリアのウィーンに本部がある。
2018年9月の時点で、OPEC構成国14か国は世界石油生産の44%を占め、確認埋蔵量では世界の81.5%を占める。
OPECが世界の原油価格形成に影響を与えるようになった。それ以前はセブンシスターズと呼ばれる多国籍原油企業が原油価格を決定していた。
OPECが宣言する使命は、「構成国の石油政策を調整し統一し、原油市場の安定化を確かなものとすること。それにより、効率的で経済的で安定した原油を消費者に供給することを保障し、生産者に安定した収入を保障し、石油産業に投資した人への公正な見返りを保障する」
現在のOPECメンバーは、アルジェリアアンゴラ赤道ギニアガボン・イラン*・イラク*・クウェート*・リビア・ナイジェリア・コンゴ共和国サウジアラビア(事実上のリーダー)・アラブ首長国連邦ベネズエラである。
エクアドルインドネシアカタールは、かつてメンバーであった。

加盟国
アルジェリアアンゴラコンゴ赤道ギニアガボン・イラン*・イラク*・クウェート*・リビア・ナイジェリア・サウジアラビア*・アラブ首長国連邦ベネズエラ*
*はOPEC設立メンバー

2 メンバー
2.1 現在の加盟国
2019年1月の時点で、OPECには13か国が加盟している:5か国が中東(西アジア)で、7か国がアフリカ、1か国が南米である。
新規に加盟するには、OPECメンバーの4分の3(設立時の5か国すべてを含む)の承認が必要である。
2015年10月に、スーダンが正式に加盟申請をしたが、まだメンバーではない。
カタールは1961年にOPECに加盟したが、天然ガス生産に集中することを理由に2019年1月1日に脱退した。カタールは世界最大のLNG(液化天然ガス)輸出国である。
エクアドルは「2020年1月1日にOPECを脱退する」と表明した。
エクアドルのエネルギーおよび非再生天然エネルギー相は2020年1月2日に、
エクアドルOPECを脱退した」
とする公式声明を発表した。
しかしOPECのウエブサイトでは2020年1月7日現在も、エクアドルはメンバーとして記されている。

2.2 かつてのメンバー国
加盟料の年会費200万ドルを払いたくない上に、OPECの割当量よりもたくさんの石油を生産したいと考え、当時のエクアドルは1992年12月にOPECを脱退した。
その後2007年10月に再加盟したが2020年1月にふたたび離脱した。
2008年5月にインドネシアは「その年の終わりにメンバーシップが失効するときにOPECを脱退する」と表明した。
原油の正味輸入国になったうえに、生産割当量を達成できなくなったからである。
インドネシアは2016年1月に再加盟したが、OPEC1が生産量の5%削減を要求したときに、年末に一時的に加盟を中断すると発表した。

2.3 オブザーバー会議参加国
1980年代以来、エジプト・メキシコ・ノルウェーオマーン・ロシアその他の石油輸出国は、多くのOPECの会議にオブザーバーとして参加している。
このやり方は、政策を調整するための非公式なメカニズムとして役立っている。
2008年にインドネシアは「その年の終わりにメンバーシップが失効するときにOPECを脱退する」と表明した。
原油の正味輸入国になったうえに、生産割当量を達成できなくなったからである。

2.4 ウイーングループ
多くの非OPECメンバー諸国は、種々の組織の、自発的な生産削減などのイニシアチブ(提案・構想)に参加している。
これにより、OPEC諸国と非OPEC諸国の政策をより強く結びつけようとしている。
この緩いグループのメンバーには、アゼルバイジャンバーレーンブルネイカザフスタン・マレーシア・メキシコ・オマーン・ロシア・スーダン南スーダンなどがある。


[2]
米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。

イギリスが「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を作った。
他方で、ソ連が崩壊した主要な原因は軍事費が巨額なことだ。
(私にはロシアを批判する気も支持する気もありません)

米国は「ゆりかごから墓場まで」の福祉制度を、米国で米国の99%のために作るべきだ。
(しかし、巨大な中央集権政府がその答えなのかどうかは、私にはわかりません)
(実際、現在の米国政府は、年に7000億ドルも軍事費を使う超巨大政府です)

だから。
米国は、米国で軽自動車を作り、それら軽自動車を全世界へ輸出する。

米国は、今すぐ、モンロー主義になれ!
米国は、今すぐ、全世界の外国から全ての米軍を引き上げろ!
米国の軍事費を、1年当たり1000億ドルにまで、今すぐ、下げろ。

米国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!
米国は、今すぐ、米国の金融を引き締める政策をしろ!米国は、今すぐ、米国の内需を縮小しろ!
米国は、今すぐ、貿易黒字と経常収支黒字を持て!
米国は、今すぐ、債券国になれ!
結果として、ドル高になる!