IbrahimCongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

バーニーサンダースこそが、アフリカ系および米労働者のために戦う真の本当の闘士だ。

バーニーサンダースこそが、アフリカ系および米労働者のために戦う真の本当の闘士だ。

私はバーニーサンダースの支持者です。
バーニーサンダースこそが、アフリカ系および米労働者のために戦う真の本当の闘士だ。
ブラック・ライブズ・マター!Black Lives Matter!


[1]
[CNBC]Sep 25 2019 Updated Sep 25 2019
バーニーサンダースは、GM労働組合メンバーが”企業の強欲”と戦ったことに対し、組合メンバーに感謝した。
https://www.cnbc.com/2019/09/25/sanders-thanks-striking-gm-union-members-for-fighting-corporate-greed.html
デトロイトGM工場を訪問した際、バーニーサンダースは、自動車メーカーおよびその他の巨大企業のビジネス習慣を批判した。
バーニーサンダースは、デトロイトの工場でストライキをしている全米自動車労働組合(UAW)メンバーとともにピケットライン(スト破りやストに対する妨害を防ぐために設ける監視線のこと)を歩いた。
将来大統領候補になるかもしれない人たちとともに、サンダースはストライキをしているUAWメンバーを訪ねた。

バーニーサンダース米大統領候補は、水曜日、GMおよびその他の巨大企業の強欲なビジネス習慣を批判した。
とりわけ、「管理職でない平社員・一般組合員のためのヘルスケアをカットしている一方で、経営陣が高額な給与を得ている」ことについて大声を上げた。

バーモント州上院議員で、民主党にも共和党にも所属しない独立系候補で、民主党大統領候補にノミネートした、バーニーサンダースは、
デトロイト-ハムトラムク組み立て工場の外でストライキをしているUAWメンバーとともに、ピケットラインを歩いた。

工場労働者には4万8000名のUAWメンバーがおり、9月14日に労働契約が切れる前に暫定的合意に達しなかったので、9月16日以来ストライキをしている。


[2]
[Guardian]Mon 24 Jul 2017 Last modified on Mon 31 Jul 2017
ミシシッピ州ニッサンの労働者は、この14年間戦い続けてきた「労働組合結成という夢」を実現できそうである
https://www.theguardian.com/us-news/2017/jul/24/mississippi-nissan-workers-union-bernie-sanders-civil-rights
「今までこれほどの規模の労働運動キャンペーンを見たことがない」と、ベテラン市民権活動家のFrank Figgersはおっしゃった。
ミシシッピ州における奴隷制度の悪影響を克服する歴史的な戦いだ」

ミシシッピ州カントンで8月2日から3日にかけ行われる4000名のニッサン労働者のための歴史的な労働組合結成を問う選挙に先駆けて、
Figgersは100名のニッサン労働者と教会でミーティングをした。

この選挙は、このミシシッピ州にあるニッサンの工場で労働組合を組織しようとする14年間の戦いの集大成なのだ。集大成
このミシシッピ州にある日産工場では、労働者の80%はアフリカ系米国人の方々なのだ。
そして、南部の州に製造業が増えるのにあわせ、南部の州に労働組合を普及させようとしている労働組合にとっても、試される試練となっているのだ。

長年にわたって、全くのところ、多くの労働者の方々は、労働組合設立を問う選挙のために、十分な支援を受けられるかどうか、ずっと懐疑的だった。
しかし、5000名以上の方々が、春に、ニッサン労働組合を設立するための「ミシシッピ州での行進」に応援に駆け付け、
(その中には、前回の大統領候補バーニーサンダースや俳優のダニーグローバーも含まれる)、
たことで、
労働組合設立を求める運動は、勢いを得たという印象を新たにした。
もしも労働組合設立を求める選挙が成功すれば、労働組合にとっては、ミズーリ州において、親の世代よりも前から以来の、大きな勝利となる。
カントンで成功すれば、南部全体にわたり、労働運動を盛り上げる巨大なエネルギーとなるだろう。

しかし、カントンの労働者は、ニッサンからの頑固な反対に直面しており、
また、
南部諸州では、
今年初めのサウスカロライナ州チャールストンボーイング工場、および、2014年のテネシー州Chattanoogaフォルクスワーゲン工場などのように、
長いこと、労働組合結成を求める投票は失敗してきた。
(UAWはその後、より規模を小さくし、160名のメンテナンス労働者の組合設立には成功した)

労働者たちは孤立していないことを示すために、
UAWは、
全米黒人地位向上協会(NAACP)・コミュニティーグループ・300名以上のミシシッピ州の聖職者とともに、
Mississippi Alliance for Fairness at Nissan(日産における公正さを求めるミシシッピ州アライアンス)を設立した。
Figgersが共同議長をなさっている。


[3]
[Washington Post]August 4, 2017
バーニーサンダースと民主党全国委員会Tom Perezは「ニッサンミシシッピ州で反労働組合運動をしている」と批判した
https://www.washingtonpost.com/news/powerpost/wp/2017/08/03/bernie-sanders-and-dnc-chair-tom-perez-attack-nissan-for-anti-union-campaign-in-mississippi/
バーニーサンダース上院議員(バーモント州独立系。民主党でも共和党でもない)と民主党全国委員会Tom Perezは
ミシシッピ州カントンのニッサン工場で労働組合を結成するための選挙を応援するために、最後にもう一度駆け付けた。
この選挙は恐らくは、反労働組合運動のせいで失敗するだろうと予想されている。

「管理職の連中が、組み立てラインにいる労働者を一人ひとり呼びつけ、1対1で尋問している」
労働組合反対を訴えるビデオが、従業員の休憩室で、延々と放映され続けている」
「労働者のグループが公聴会・円卓会議に呼ばれ、管理職の連中がUAW労働者を侮辱するのを聞かされる」
ニッサンは、地元のテレビ局やラジオを、反労働組合プロパガンダのコマーシャルで埋め尽くしている」
サンダースは、英国の新聞ガーディアンのコラムにそう書いた。