IbrahimNcongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

ハリエットタブマン 3

ハリエットタブマン 3


ハリエットタブマン 3


[1]
[Wikipedia]
Harriet Tubman
https://en.wikipedia.org/wiki/Harriet_Tubman
ハリエットタブマン(生まれたときの名はアラミンタ・ロス.1822年3月 - 1913年3月10日)は、米国の奴隷廃止論者で政治活動家
奴隷として生まれ、逃亡し、その後13回にわたりおよそ70名の奴隷の方々を救出した。
この70名の中には、家族や友人もいた。地下鉄と呼ばれる、反奴隷制度活動家のネットワークおよびセーフハウスを活用した。
南北戦争の最中には、偵察員およびスパイとして北軍に仕えた。
後年、タブマンは、女性参政権のために苦闘する活動家となった。
1849年にタブマンは、フィラデルフィアへ逃亡した。その後すぐに、家族を救出するために、メリーランドに戻った。
ゆっくりと、一度に人グループずつ、タブマンは親せきの人たちを州の外へ連れ出した。そして最終的には、多数の奴隷の方々を自由へと導いた。
夜中に極秘に旅をしていたので、タブマン(あるいは、タブマンはモーゼとも呼ばれた)”けっしてその乗客を失わなかった。”
1850年に逃亡奴隷法(the Fugitive Slave Act of 1850)が成立し、奴隷州から自由州へ脱出しても強制送還されることが決まると、タブマンは、逃亡者の方々をさらに北の北米イギリス領まで送り届けるようになり、さらに、新たな仕事を見つけるのを手伝った。
南北戦争がはじまると、タブマンは北軍のために働いた。最初はコックや看護師として、その後は、武装偵察やスパイをなさった。
タブマンは、その後病気で倒れるまで女性参政権の活動をなさった。病気になると、タブマン自身が設立にかかわった、高齢のアフリカ系米国人のためのホームに入居した。
1913年にタブマンがなくなると、タブマンは、勇気と自由のアイコンとなった。


8 南北戦争
1861年南北戦争がはじまると、タブマンは「北部の勝利こそが奴隷制度廃止の重要なステップだ」と考えた。
例えばBenjamin Butler将軍は、バージニア州モンロー砦に逃れた沢山の逃亡奴隷の方々を支援した。
Butler将軍は、これら逃亡奴隷の方々を「コントラバンド」と宣言した。これは、戦時禁制品という意味である。
というのは、1850年逃亡奴隷法により元所有者が奴隷の返還を要求できてしまうから、禁制品として北部にとどめたのである。
そして、Butler将軍は彼らを、モンロー砦で、最初は無給で、働かせた。
タブマンも、彼女の専門知識およびスキルを北部のために提供したいと望み、サウスカロライナ州ヒルトンヘッドアイランドへ向かうボストンおよびフィラデルフィアの奴隷廃止論者グループに参加した。
タブマンは、そのキャンプで(特にサウスカロライナ州ポートロイヤルで)常連となり、避難民を援助した。

タブマンは、強力な奴隷制度廃止論者のDavid Hunter将軍に面会した。
David Hunter将軍は、ポートロイヤル地区のコントラバンド全員を自由民とし、元奴隷の方々を集めて黒人兵士の連隊を作ろうとした。
しかし、アブラハムリンカーン大統領は南部諸州に奴隷解放を強制する準備ができておらず、Hunter将軍のこの行動を非難した。
タブマンは、リンカーンのこの決定およびリンカーン奴隷制度廃止に対して積極的でないことを、道徳的見地および実用性の両面から批判した。
リンカーンが正しいことをなさるまでは、神はマスターリンカーンに南軍を叩きのめさせないでしょう」
とタブマンは語った。

タブマンは
「マスターリンカーンは、素晴らしいかたです。そして私は貧乏な黒人です」
「しかしその貧乏な黒人は、マスターリンカーンに、どうやってお金を節約するか、どうやって若者の命を救うかを教えることができます」
「黒人を解放すればよいのです」
「巨大な恐ろしい蛇が床にいるところを想像してみてください。かまれたとします。みんな、あなたが死ぬのではないかとおびえます。ヘビの毒を中和するために医者を呼びます」
「しかしヘビはまだそこにいます。医者が解毒している間にも、またもや蛇にかみつかれます」「医者はまたもや解毒します。しかしヘビはまたもや現れてかみつきます」
「あなたが蛇を殺すまで、ヘビはかみつき続けるでしょう」「これこそマスターリンカーンが理解しなくてはならないことです」

タブマンは、ポートロイヤルで看護師として働いた。植物から治療薬を作り、赤痢にかかった兵隊を看病した。
天然痘患者にも援助を提供した。タブマン自身は天然痘にかからなかったので、タブマンは神に祝福されているという噂がより一層広まることとなった。
当初タブマンは仕事に対する報酬として政府から配給を受けた。しかし新たに自由となり加わったアフリカ系のかたに特別待遇を受けていると誤解された。
そのためこれらの配給を受ける権利を辞退し、夜中に杯やらルートビア(植物の根から作るビール)を作って稼ぐこととなった。


8.1 偵察活動とCombahee川の襲撃
リンカーン1863年についに奴隷解放宣言をしたとき、タブマンはそのことを「すべての黒人の方々が奴隷制度から解放され自由になるという目標への重要な一歩だ」と考えた。
南部(アメリカ連合国)を倒すための助力を新にし、間もなくタブマンはポートロイヤルの土地一帯を偵察する偵察隊の一団を率いるようになった。
サウスカロライナの沼地と川は、メリーランドの東岸に似ていた。
したがって、南部の奴隷の方々を逃がすために地下鉄で働いていた時の偽りの旅行や欺瞞行為の経験が大いに役に立った。
タブマンのグループは、陸軍省長官のEdwin Stantonの下で働き、未知の地帯を地図に記し、住人を偵察した。
タブマンはその後James Montgomery大佐と共に働き、フロリダ州ジャクソンビルを奪取する手助けとなる重要な情報を提供した。

この年の終わりにタブマンは、南北戦争で初めて武装した襲撃を率いた女性となった。
Montgomeryと彼の部隊がCombahee川沿いのプランテーション群を襲撃するときに、タブマンは重要なアドバイザーとなってその襲撃に同行した。
1863年6月2日早朝、タブマンは、南軍が敷設した嫌いの中を3隻の蒸気船を岸まで誘導した。
浜辺につくと、北軍の兵隊たちはプランテーションに向かって発砲しだし、インフラを破壊し、何千ドル分もの食料や商品を奪取した。
これら蒸気船が汽笛を鳴らすと、そのエリアの奴隷の方々は、解放され自由になれるということを理解した。
タブマンは、奴隷の方々が蒸気船に向かって殺到するその光景を見た。
「そのような光景を見たことがありませんでした」
後にタブマンはそのカオスな光景をこう語っている。
「女性はまだ湯気を吹いているお米のツボを抱えて走り、鳴いている豚が入っているバッグを肩にかけ、赤ん坊は両親の首にぶる下がっていた」
それら奴隷の方々の所有者たちは、拳銃と鞭で武装し、この集団脱走を阻止しようとしたが、この混乱と暴動の中ではほぼ無意味であった。
南軍の兵隊が駆け付けてきたので、これらの蒸気船は奴隷の方々を満載してサウスカロライナ州ビューフォートに向かって出港した。

この「Combahee川の襲撃」で、750名以上の奴隷の方々が救出された。
新聞は、このタブマンの活躍を「愛国心、深い知性、エネルギー、能力」と絶賛した。
また、タブマンがリクルートしたことも賞賛した。―新たに救出され自由を得た人々の多くは北軍に参加したのだ―。
タブマンはその後、Wagner砦襲撃のときに、Robert Gould Shaw大佐と働いた。
Robert Gould Shaw大佐が亡くなる前の最後の食事を準備したと伝えられている。
タブマンは、その時の戦闘をこう語っている
「稲光を見た。それは銃によるものだった。さらに雷鳴を聞いた。それは大型の銃によるものだった。」
「雨音を聞いた。それは血しぶきが滴る音だった。作物のようなものを引き取った。それは死体だった」

ニューヨークへ列車で移動する際には、客室乗務員に喫煙者に映るように言われた。
政府の用役をしていることを伝え、タブマンは拒否した。
客室乗務員は、タブマンをののしると、腕をつかんだ。しかしタブマンは抵抗した。そこで客室乗務員は他の2人の乗客に手助けを求めた。
タブマンは手すりにつかまったが、彼らは力ずくで引き離した。その時にタブマンの腕が折れた。
彼らが喫煙者にタブマンを投げ込むと、その結果さらにタブマンはけがをした。
これらの出来事が起きている間、ほかの白人の乗客はタブマンをののしっており、客室乗務員にタブマンを列車から放り出すように叫んでいた。


[2]
我々アメリカの99%は、アメリカ合衆国国内におけるアメリカ合衆国国民のための民主主義を、今すぐ要求する!

アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!

我々アメリカの99%には、もう一度、リーマンショック(サブプライムショック)が必要だ。
2008年のリーマンショック(サブプライムショック)のとき、我々アメリカの99%は、チェンジ、するチャンスがあった。
しかし、我々アメリカの99%は、そのチャンスを無駄にしてしまった。
もう一度のリーマンショック(サブプライムショック)は、アメリカが抱えるすべての問題を解決できる。

アメリカの株価は、今すぐ暴落しろ!
S&Pは、今すぐ、300になるべきだ! Dowは、今すぐ、$3,000になるべきだ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、金融を引き締める政策をしろ!
だから、今すぐアメリカ合衆国は、ドル高にしろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、内需を縮小しろ!
今すぐ、アメリカ合衆国バブル経済は、クラッシュしろ!
アメリカ合衆国の経済成長率は、日本およびドイツの経済成長率よりも、低くなるべきだ!


オキュパイ・ウォール・ストリート
我々には、”オキュパイ・ウォール・ストリート”が必要だ!

この数年間を考えると、
アメリカの株価(S&Pとダウ)が高いことは、我々のアメリカにとって、悪い影響しかなかった!

 

日経225(日経平均)は、今すぐ、15万円になるべきだ。
日本が、日本の消費税を上げたときには、消費税増税の効果を打ち消すために、日経平均は30万円になるべきだ!

今すぐ、日本およびドイツで、バブル経済起きろ!
日本およびドイツは、製造業からサービス業へシフトすべきだ。
日本およびドイツの経済は、製造業基盤からサービス業基盤へとシフトすべきだ。
日本およびドイツは、今すぐ、金融を緩和する政策をしろ。
日本およびドイツは、今すぐ、内需を拡大しろ!

日本およびドイツ株価は、今すぐ、現在の10倍になるべきだ!
日本およびドイツの社会は、競争社会になるべきだ。

 

アメリカ合衆国は、今すぐ、アメリカ合衆国国内で、国民公的皆保険を実現しろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、アメリカ合衆国国内だけで、アメリカ合衆国国民のためだけの、労働組合を、復活させろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、アメリカ合衆国国内だけで、アメリカ合衆国国民のためだけに、独占禁止法を復活させろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、アメリカ合衆国国内だけで、アメリカ合衆国国民の間だけで、貧富の差を縮小しろ!

 

アメリカ合衆国は、今すぐ、アメリカ合衆国国内で、アメリカ合衆国小型自動車工業とアメリカ合衆国小型自動車製造業を復活させろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、歴史上世界最大の債権国になれ!
アメリカ合衆国アメリカ合衆国自動車製造企業は、今すぐ、世界中の小型自動車市場を独占支配しろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、世界の工場になれ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、全世界を、アメリカ合衆国製の小型自動車で埋め尽くせ!
アメリカ合衆国は、1年当たり5兆ドルの貿易黒字と1年当たり5兆ドルの経常収支黒字を持て。

 

アメリカ合衆国は、今すぐ、モンロー主義になれ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、NATO・ヨーロッパ・日本・韓国・アジア・シンガポールアフガニスタンパキスタンから、アメリカ軍を引き上げろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、アメリカ合衆国が、現在かかわっている、全ての戦争から、アメリカ軍を引き上げろ!
アメリカ合衆国の軍事費を、1年当たり1000億ドルにまで、今すぐ、下げろ。
さもなくば、アメリカ合衆国の軍事費を、アメリカのGDPの1%まで、今すぐ、下げろ。
リメンバー・パ-ル・ハーバー!

アメリカ合衆国は、今すぐ、モンロー主義になれ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!
我々はアメリカ合衆国の99%だ!
私は、アメリカ合衆国の99%およびアメリカ合衆国が大好きだ!