IbrahimCongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

ハリエットタブマン2

ハリエットタブマン2


ハリエットタブマン2


[1]
[Wikipedia]
Harriet Tubman
https://en.wikipedia.org/wiki/Harriet_Tubman
ハリエットタブマン(生まれたときの名はアラミンタ・ロス.1822年3月 - 1913年3月10日)は、米国の奴隷廃止論者で政治活動家
奴隷として生まれ、逃亡し、その後13回にわたりおよそ70名の奴隷の方々を救出した。
この70名の中には、家族や友人もいた。地下鉄と呼ばれる、反奴隷制度活動家のネットワークおよびセーフハウスを活用した。
南北戦争の最中には、偵察員およびスパイとして北軍に仕えた。
後年、タブマンは、女性参政権のために苦闘する活動家となった。
1849年にタブマンは、フィラデルフィアへ逃亡した。その後すぐに、家族を救出するために、メリーランドに戻った。
ゆっくりと、一度に人グループずつ、タブマンは親せきの人たちを州の外へ連れ出した。そして最終的には、多数の奴隷の方々を自由へと導いた。
夜中に極秘に旅をしていたので、タブマン(あるいは、タブマンはモーゼとも呼ばれた)”けっしてその乗客を失わなかった。”
1850年に逃亡奴隷法(the Fugitive Slave Act of 1850)が成立し、奴隷州から自由州へ脱出しても強制送還されることが決まると、タブマンは、逃亡者の方々をさらに北の北米イギリス領まで送り届けるようになり、さらに、新たな仕事を見つけるのを手伝った。
南北戦争がはじまると、タブマンは北軍のために働いた。最初はコックや看護師として、その後は、武装偵察やスパイをなさった。
タブマンは、その後病気で倒れるまで女性参政権の活動をなさった。病気になると、タブマン自身が設立にかかわった、高齢のアフリカ系米国人のためのホームに入居した。
1913年にタブマンがなくなると、タブマンは、勇気と自由のアイコンとなった。


9 後年
南北戦争に何年も従軍したにもかかわらず、タブマンは給料が出なかったし、保障を受けることを長いこと否定された。
タブマンさんは非公式な立場であり、また、アフリカ系のかたに対する給与が不平等立ったこともあり、タブマンさんの貢献を実証するのは難しかった。
そして米政府も、タブマンさんにお世話になったことをなかなか認めようとはしなかった。
他方で、家族や以前奴隷だった方々への人道的支援活動を続けていたことにより、タブマンは常に貧困状態にあった。
そして、政府の年金を受け取るのが難しいということは、タブマンにとって非常な苦難となった。
タブマンは後年Auburnで過ごし、困窮しているタブマンの家族やそのほかの困窮している人々の面倒を見た。
年老いた両親を支えるために種々の仕事に就き、カネを工面するために下宿人を置いた。


9.1 婦人参政権論者として活動
タブマンは後年、女性参政権運動を推進するために活動した。
ある白人女性がタブマンに「女性は選挙権を持つべきだと思うか?」と尋ねると、タブマンは「女性は参政権を持つべきだと思う。私は散々苦労した」と答えた。
タブマンは、女性参政権団体の会合に参加するようになり、その後すぐにSusan B. AnthonyやEmily Howlandなどの女性とともに活動するようになった。

タブマンは、ニューヨークやボストンやワシントンDCへ行き、女性の参政権のために発言した。
タブマンは、タブマン自身の南北戦争中及びその後の活動を説明し、さらに、「現代における女性の無数の自己犠牲」を「女性が男性と対等であることの証明」として挙げた。
National Federation of Afro-American Women全米アフリカ系米国人女性連盟が1896年に設立されると、タブマンは最初の会合で基調講演者として登場した。

この女性参政権運動の波は、米国の新聞社の間にタブマンに対する賞賛の波を改めて生じさせた。
「Woman's Era女性の時代」という、初めてアフリカ系女性によりアフリカ系女性のために出版された雑誌で、「優れた女性」という記事が連載開始され、タブマンのプロフィールもそこに載った。
1897年には、ボストンで開かれている一連のタブマンおよびタブマンの一生をかけた米国への貢献をたたえた歓迎会を、女性参政権活動派の新聞が報じた。
しかし、タブマンは他者のために常に貢献し続けたためにタブマンは常に貧困であり、これらの歓迎会に参加するための列車のチケットを買うために、牛を売らなくてはならなかった。


9.2 アフリカ系メソジスト監督シオン教会、病気、そして死去
20世紀になるころには、タブマンは、Auburnのアフリカ系メソジスト監督シオン教会の活動に深くかかわるようになっていた。
1903年に、タブマンは所有する一区画の土地を教会に寄付し、「高齢の貧しい有色人種のためのホームを作るように」と寄付した。
このホームは5年たっても開園せず、さらに教会が入居者に入園料として100ドルを徴収するようになると、タブマンは失望した。
タブマンは
「100ドル持っていないと入居してはいけないというルールを彼らが作った。私としては、お金を少しでも持っていたら入居してはいけないというルールにして欲しかった」
タブマンはその新しいルールにいらだっていたが、そのホームが1908年6月23日に「高齢者のためのタブマンホーム」として開園すると、主賓として招かれた。

1911年までにタブマンの体はとても弱ってしまい、タブマンにちなんで名づけられたそのホームに入居することを受け入れた。
ニューヨークの新聞がタブマンを「病に臥せり貧困に」と描写し、寄付を募った。
友人や家族に囲まれて、タブマンは1913年に肺炎で亡くなった。
亡くなる直前に、部屋の人たちに向かってタブマンは「あなた方のための場所を作りに行く」と語った。
タブマンは、ニューヨーク州AuburnのFort Hill墓地に埋葬された。