IbrahimCongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

ハリエットタブマン

ハリエットタブマン

ハリエットタブマン


[1]
[Wikipedia]
ハリエットタブマン
https://en.wikipedia.org/wiki/Harriet_Tubman
ハリエットタブマン(生まれたときの名はアラミンタ・ロス.1822年3月 - 1913年3月10日)は、米国の奴隷廃止論者で政治活動家
奴隷として生まれ、逃亡し、その後13回にわたりおよそ70名の奴隷の方々を救出した。
この70名の中には、家族や友人もいた。地下鉄と呼ばれる、反奴隷制度活動家のネットワークおよびセーフハウスを活用した。
タブマンは後に、奴隷解放論者John BrownがHarpers Ferryを襲撃するために人集めするのを手助けした。
南北戦争の最中には、偵察員およびスパイとして北軍に仕えた。
後年、タブマンは、女性参政権のために苦闘する活動家となった。

タブマンは、メリーランド州Dorchester郡に奴隷として生まれ、子供のころは、何人もの仕えた主人に殴られたり鞭打たれたりした。
人生の初期に、タブマンは頭に大きな外傷を負った。激怒した奴隷所有者が、ほかの奴隷のかたに重い金属を投げつけた時に、狙いが外れ彼女に当たったのだ。
この外傷外相により、めまい・痛み・過眠症に一生悩まされた。
この怪我の後、タブマンは、奇妙な幻視や鮮明な夢を見るようになった。タブマンはそれを神からの予兆だと考えた。
これらの経験と、メソジストなキリスト教徒として育てられたことと相まって、タブマンは信心深くなった。

1849年にタブマンは、フィラデルフィアへ逃亡した。その後すぐに、家族を救出するために、メリーランドに戻った。
ゆっくりと、一度に人グループずつ、タブマンは親せきの人たちを州の外へ連れ出した。そして最終的には、多数の奴隷の方々を自由へと導いた。
夜中に極秘に旅をしていたので、タブマン(あるいは、タブマンはモーゼとも呼ばれた)”けっしてそのじょうきゃくを失わなかった。”
1850年に逃亡奴隷法(the Fugitive Slave Act of 1850)が成立し、奴隷州から自由州へ脱出しても強制送還されることが決まると、タブマンは、逃亡者の方々をさらに北の北米イギリス領まで送り届けるようになり、さらに、新たな仕事を見つけるのを手伝った。
1858年にジョンブラウンに出会うと、ジョンブラウンが1859年にHarpers Ferryを襲撃する計画およびそのための人集を手伝った。

南北戦争がはじまると、タブマンは北軍のために働いた。最初はコックや看護師として、その後は、武装偵察やスパイをなさった。
南北戦争で初めて軍勢を率いた女性となったタブマンは、サウスカロライナ州Combahee川のフェリーを襲撃し、700名以上の奴隷のかたを解放した。
南北戦争後、タブマンは、ニューヨーク州オーバーンに1859年に購入した家族とともに住む家に帰った。ここで両親の介護もした。
タブマンは、その後病気で倒れるまで女性参政権の活動をなさった。病気になると、タブマン自身が設立にかかわった、高齢のアフリカ系米国人のためのホームに入居した。
1913年にタブマンがなくなると、タブマンは、勇気と自由のアイコンとなった。


5. "モーゼ"とニックネームがつく
フィラデルフィアにつくとタブマンは家族のことを考えた。
「私は見知らぬ土地で、よそ者だった」とタブマンは後に語っている。
「父・母・兄弟・姉妹・友人はメリーランドに残っていた。しかし私は自由を得ていた。彼らも自由を得るべきだ」
タブマンは種々の雑用をしてカネをためた。
その間、米議会は1850年に逃亡奴隷法(the Fugitive Slave Act of 1850)を成立させた。
これは逃亡をほう助したものを厳しく罰する法律であり、法執行機関の当局者に-たとえ奴隷制度が違法の州であっても-逃亡をほう助したものを捕まえるのを手伝うことを強制するものであった。
この法律により逃亡奴隷の方々の危険が増した結果、逃亡奴隷の方々は、奴隷制度が廃止されていた英国の領土であったオンタリオ州南部(当時は英植民地カナダの州)を目指すようになった。
フィラデルフィアでは、仕事をめぐって、自由黒人のかたと何度にもわたり移民してきた貧しいアイルランド系移民のかたとの間の人種的緊張も高まっていた。

タブマンは1850年12月に、姪Kessiahおよび2人の子供(6歳のJames Alfredおよび幼児のAraminta)がケンブリッジで売り飛ばされようとしている、という警告を受けた。
タブマンはバルチモアへ行き、その売買まで、、義理の兄のTomのもとにかくまってもらった。
姪Kessiahの夫で、自由黒人のJohn Bowleyが、彼の妻を買い取ることに成功した。
その後、競売人が昼食のために離れると、JohnおよびKessiahおよび彼らの子供たちは近くのセーフハウスに逃げ込んだ。
夜になるとJohn Bowleyは、バルチモアへ向け60マイルの道を家族をカヌーに乗せて出港した。
バルチモアでタブマンに合流すると、家族はフィラデルフィアへ向かった。

次の年の春、タブマンはメリーランドに戻り他の家族の脱出を助けようとした。
タブマンの2度目の旅では、タブマンの兄弟のモーゼおよび2人の男性を救助した。
タブマンは、奴隷廃止論者のThomas Garrettとともに活動したようである。Thomas Garrettはデラウエア州 Wilmingtonで働くクェーカー教徒である。
タブマンの活躍の知らせは家族を励ました。伝記作家も「タブマンがメリーランド州に何度も救出活動に向かうたび、タブマンはどんどん自信を抱くようになった」と伝えている。

1851年秋、タブマンは自身の脱出後初めてDorchester郡へと戻った。今回は夫のJohnを探すためである。
タブマンは種々の仕事をしてカネをため、Johnに合うスーツを購入し、南へと向かった。
しかしJohnは、別の女性Carolineと再婚していた。
タブマンは、Johnに合流するように求めたが、Johnは現在の状態に残りたいといった。
タブマンは最初Johnの家に向かい何とか説得しようとしたが、そうした問題を起こす価値がないと決断した。
タブマンは怒りを抑えると、自由を求めている奴隷の方々を他に探し、その方々をフィラデルフィアへと連れて行った。
JohnとCarolineは、家族として暮らし子育てをした。16年後、道端でRobert Vincentという白人とケンカし命を落とした。

逃亡奴隷法(the Fugitive Slave Act of 1850)により、米国北部は逃亡奴隷のかたが居残るにはより危険な場所となったので、多くの逃亡奴隷の方々はカナダのオンタリオ州南部に移住するようになった。
1851年12月に、タブマンは11名の避難民からなるグループを北方へと導いた。恐らくは前述のJohn Bowleyを含む以前に救助した方々を、北方へといざなった。
元奴隷で、奴隷制度廃止論者のFrederick Douglassの家に、タブマンおよびタブマンの率いるグループが立ち寄ったという記録が残っている。
Frederick Douglassは3冊目の自叙伝で以下のように述べている。
「ある時には11名の避難民を私の家に受け入れた。彼らをカナダに送り届けるのに十分な金を私が集めるまで、彼らは私の家にとどまるしかなかった」
「11名というのは私の家に滞在した人数では最大のものだった。これほどたくさんの人数に食料や住むところを提供するのは多少なりとも困難だった」
「人数と時期から考えて、恐らくはタブマンのグループだったのだろう」
Frederick Douglassとタブマンは、どちらも奴隷制度に反対して苦闘しており、互いを深く尊敬していた。
タブマンについての半生記が1868年に準備されたとき、Douglassはタブマンをたたえるために寄せ書きをした。Douglassは自身の努力をタブマンと比べてこう書いた。
「我々の間の違いはとても際立っている。」
「私が、奴隷制度廃止という我々の理念のために尽くしてきたことおよび被ったことはパブリックで、その過程過程において多くの励ましを受け取った」
「他方で、タブマンさんは、個人的なやり方で尽力なさっている。私は昼間働く。あなたは夜中に働く・・・」
「夜空と静かな星々が、あなたのフリーダムへの献身とあなたのヒロイズムの証人だ。」
「John Brown-尊い犠牲となったかただ-を除くと、タブマンさんほど自発的に、奴隷の方々を救うために、危険と困難に立ち向かったかたはいない」

11年にわたり、タブマンは、メリーランド州東海岸へと繰り返しおもむき、13回の遠征で約70人の奴隷の方々を救出した。
その中には、タブマンの兄弟のヘンリー・ベン・ロバート、それから彼らの妻子が含まれている。
タブマンは他にも、北への脱出する50から60の避難民に、具体的な指導をしている。
タブマンはこれらの努力により、「モーゼ」とあだ名されるようになった。ヘブライ人を率いてエジプトから脱出した、エクソダス出エジプト記預言者を意味してのことだ。
タブマンの最後のミッションの一つは、メリーランドに行き老いた両親を救出する、というものだった。
タブマンの父ベンは、タブマンの母Ritを1855年にEliza Brodessから20ドルで買い取っていた。
しかし両者ともが自由になった後でさえも、彼らが住む場所は彼らの存在にとって危険なものとなっていた。
2年後タブマンは「彼の父が、8人の脱出した奴隷の方々をかくまったことで、逮捕される危険にさらされている」という連絡を受けた。
タブマンは東海岸へ赴くと、彼らを北方のオンタリオ州 St. Catharinesへと導いた。
ここでは、以前奴隷だった方々(タブマンの兄弟や親類縁者や友人を含む)がコミュニティーを作って生活なさっていた。