IbrahimCongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

あなたはユダヤの方々を危険にさらしている。

あなたはユダヤの方々を危険にさらしている。


あなたはイスラエルをすら理解していない。あなたはユダヤの方々を危険にさらしている。
さらに、あなたは聖書も理解していない。
(私にはエジプトに失礼なことを言うつもりはありません。実際、今日のエジプトはイスラム教国です)

非常に端的に言うと、モーゼがユダヤ教を作った。ユダヤ教聖典は「旧約聖書」。モーゼは人類で初めて奴隷解放をした。
だから世界中で多くの人々がモーゼを尊敬している。


[1]
[Wikipedia]
旧約聖書
https://en.wikipedia.org/wiki/Old_Testament
旧約聖書(略称OT)はキリスト教の聖書の最初のパートである。主に、ヘブライ語聖書(ユダヤの「聖書」、Tanakhタナハと呼ばれる)に基づいて書かれている。
古代ユダヤ人により書かれた古代の宗教著作の集合体であり、大半のクリスチャンおよび信仰のあるユダヤ人により、聖なる神の言葉として信じられている。
キリスト教の聖書の第2のパートは、新約聖書である。

旧約聖書という聖典まれているのだが、その聖書の各章(各書)は、キリスト教の各宗派でそれぞれ異なり、名前と名称もそれぞれ異なる。
カトリックの正典は46の各章(各書)からなり、カルケドン派東方正教会および非カルケドン派東方正教会の正典は49の各章(各書)からなり、プロテスタントの正典は最もメジャーなものは39の各章(各書)からなる。
この39の各章(各書)は、全てのキリスト教に共通しており、ヘブライ語聖書(ユダヤの「聖書」、Tanakhタナハと呼ばれる)の24の各章(各書)と対応している。いくつかの違いはあり順序も多少異なって入る。

旧約聖書は、種々の著者によって幾世紀にもわたって書かれた多くの独立した各章(各書)からなっている。
キリスト教徒は、伝統的に、旧約聖書を主に4つのセクションに分ける:
(1) 最初の5章(書)である、モーセの五書(トーラー)
(2) イスラエル民族の歴史を語る部分。カナンの占領から敗北とバビロン捕囚まで。
(3) 詩篇"Wisdom books"知識の書は、種々の形態があり、世界の善と悪についてのクエスチョンが書かれている。
(4) 預言者の章(書)で、神から離れることの結果を警告している。


[Wikipedia]
創世記
https://en.wikipedia.org/wiki/Book_of_Genesis
創世記は、ヘブライ語聖書及び旧約聖書の最初の章(書)で、ユダヤ教における世界誕生の説明およびユダヤ人の起源について書かれている。
原始の歴史の部分(1章から11章)と、族長時代の歴史の部分(12章から50章)の、2つのパートに分けることができる。
創世記は、エジプトにおけるイスラエルの記述で終了し、その後、モーゼの「出エジプト記」へ続く。

要約
神は6日間で世界を作った。7日目は休暇にささげた。
神は、最初の人類アダムとイブおよびすべての生物をエデンにを作った。善と悪の知識の木の実を食べないように言いつけた。
エバは2人の子供、カインとアベルをもうけた。
最初に神は、清く正しく生きていたノアとその家族に箱舟を作るように命じ、すべての生物のつがいを乗せるように命じた。清い動物は7つがいずつ、その他の動物は1つがいずつを乗せるように命じた。
神は、人類が協力して巨大な塔の都市バベルを作っているのを見た。そこで人類が種々の言葉を話すようにし、分断し混乱に陥れた。


[Wikipedia]
イスラムから見た聖書
https://en.wikipedia.org/wiki/Islamic_view_of_the_Bible
コーランには、トーラー(モーセの五書)、Zabur(詩篇)、インジール(ゴスペル、福音)についての記述があり、神により預言者モーゼ・預言者ダビデ預言者ジーザスにそれぞれ与えられた言葉とされている。
そして、この神の言葉の与え方は、ムハンマドコーランが与えているのと同じやり方だとされている。
イスラム教徒にとって、ムハンマドは、神の最後の預言者である。

トーラー(Tawrah)
Main articles: Tawrah and Torah
コーランは、トーラー(モーセの五書)について18回言及している。そして、トーラー(モーセの五書)が神の言葉であると確認している。

詩篇(Zabur)
Main articles: Zabur and Psalms
スーラ(コーランにおける114の章)のうちの第4番目の章「婦人」(176の節アーヤから成る)。
コーランのスーラ第4章「婦人」の第163節、では、「ダビデ詩編を与えた」とある。
したがって、イスラム教は、「詩篇の章(書)にあるダビデについて書かれた詩編は、神により与えられた」という考えを支持していることになる。
コーランは、詩篇(Zabur)について3回言及している(コーラン17章55節、コーラン 21章105節)

ゴスペル、福音(ゴスペル、インジール)
Main articles: Gospel in Islam and Gospel
コーランは福音(ゴスペル、インジール)について言及するとき、元々のオリジナルのジーザスクライストへの神の言葉についての章(書)について言及していると信じられている。