IbrahimCongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

バプティスト・ウォー

バプティスト・ウォー


バプティスト・ウォー
今日のアメリカおよびアメリカの政治家は、いわば、ミリタリークラシーだ。
今では、アメリカおよびアメリカの政治家は、プラントクラシーおよびミリタリークラシーを採用している。
そして、これらプラントクラシーおよびミリタリークラシーは、米憲法に反している。


[1]
[Wikipedia]
バプティスト・ウォー
https://en.wikipedia.org/wiki/Baptist_War
バプティスト・ウォー」は、「クリスマスの反乱」・「クリスマスの蜂起」・「1831-1832ジャマイカ奴隷大反乱」としても知られるが、
ジャマイカ1831年12月25日に始まった11日間の反乱であり、6万人から30万人の奴隷の方々が参加した。
この反乱は、アフリカ系のバプティスト牧師サミュエルシャープによって率いられ、サミュエルの信者によって遂行された。


1. イデオロギー
宣教師教育を受けた反乱者たちは、ロンドンにおける奴隷解放運動の進捗に従ったものであった。反乱者たちは、平和的なゼネラルストライキを呼び掛けていた。
長老派教会やメソジスト教会モラヴィア兄弟団に所属するの奴隷の方々に比べ、バプティスト派の奴隷の方々はより行動する準備ができていた。
これはおそらくは、バプティストの白人牧師が、ほとんど行動しないことに対する反動であろうと思われる。
キリスト教助祭をなさっていたアフリカ系のかたが比較的独立して活動できたので、奴隷の方々が宗教信仰生活を大いに自分たちのものにすることができた。
ジャマイカのモンテゴ・ベイの牧師Thomas Burchellは、クリスマス休暇でイギリスから帰国した。
多くのバプティストの牧師は、Thomas Burchellが、キングウィリアム4世からの奴隷解放宣言書を携えて帰国すると期待していた。

ジャマイカ総督が奴隷解放宣言はなかったと発表したとき、
多くのバプティストの牧師達は、「国王の部隊は支配を強化するだろう」と予想し、奴隷の方々の間で不満がエスカレートした。


2 ストライキと蜂起
”ネイティブ”のバプティスト牧師サミュエルシャープに率いられ、奴隷にされていたアフリカ系労働者たちは「より多くの自由」および「世間平均の賃金の半額」を要求した。
プランテーションのオーナーに、彼らの要求が受け入れられるまでは、仕事につかないことを宣誓した。
奴隷にされていた方々は、ストライキが彼らの目的を達成できるだろうと考えていただけだった-力に訴えることは、ストライキに対し暴力的に対応された場合にしか、考えていなかった。
30万人いらしたジャマイカの奴隷の方々のうち6万人が参加したイギリス西インド諸島で最も大きな反乱となった。


3 鎮圧と死亡者数
反乱軍は、イギリス軍により迅速に鎮圧された。
ジャマイカ政府およびプランテーションを推進する政官財、による報復はもっとはるかに残忍なものであった。
反乱の期間中に、およそ500名の奴隷のかたが殺され、そのうち207名は無抵抗で殺された。
この反乱後には、310名から340名のかたが、時には極めて微罪で(記録にあるものとしては、豚を1匹盗んだとか、牛を1頭盗んだことによるものがある)「種々の形の司法による死刑」で殺された。

1853年のHenry Blebyの報告書によると、裁判所が3・4人のかたを同時にどうやって処刑したかが記されている;
矯正センターに追いやられたアフリカ系のかたが、夜間に死体を運び去り町の外の共同墓地に埋葬するまで、死体は積み上げられたままだった。

プランテーション経営者たちは、牧師が反乱をあおったのではないかと疑った。
何人かは、、例えばWilliam Knibbは、逮捕されたが、のちに解放された。
アフリカ系キリスト教の会衆の方々を住まわせていた教会が、白人入植者グループにより破壊された。


4 その後
バプティストウォーの結果、数百人の奴隷の方々が、捕まって再び奴隷にされることを恐れCockpit Country郡に逃亡した。
マルーン(奴隷が逃亡し、山中で武装し、自給自足の生活を送った集団)は、今回のこれら逃亡奴隷の方々を少数捕まえることに成功した。
イギリス議会が1833年奴隷制度を廃止したときまで、多くの逃亡者たちは自由のままでいられた。
今回の反乱において、政官財が癒着したプランテーション制度が残虐行為を働いたため、イギリスにおいて奴隷解放成立が加速する契機となったと考えられている。

初期の対策として、1834年に始まるように、奴隷廃止法を1833年に成立させた。
その後、1834年に部分的に奴隷解放がされ(6歳以下は完全禁止。それ以外の年齢では、6年間の見習い制度)、
さらに、奴隷を所有財産であるとにすることを禁じる完全な奴隷解放が、1838年に成立した。


[Wikipedia]
プラントクラシー
https://en.wikipedia.org/wiki/Plantocracy
プラントクラシーは、スレイブクラシーとしても知られるが、
支配者層で・政治秩序で・プランテーションオーナーにより構成される(あるいは多数派を占める)政府のことである。
新大陸における沢山のヨーロッパ植民地は、初期のころはほぼすべてプラントクラシーであった。
一般に、少数のヨーロッパ人が主に西アフリカの奴隷人口に依存していた(と同時に、少数の元ヨーロッパおよび元非ヨーロッパ人の年季奉公人もいた)。
その後、解放奴隷の方々および貧困層の白人の方々が、小作人として労働した。
これらプラントクラシーが、反奴隷解放運動の主要な原動力であったことが明らかになった。

多くのプラントクラシーを代表するもっとも有名な組織の一つは、"West India Interest"であり、イギリス議会でロビー活動をしていた。
この組織は、「奴隷貿易廃止が1790年代に起きるのを1806年から1809年に実施されるまでに遅らせる」、という形勢を形づくるのに、大きなな役割を果たした。
さらに、同様に、1820年代に奴隷解放が主張される見通しだったのを、1834年から1838年まで遅らせた。
(奴隷解放の代わりに、1823年から1833年にかけ、「改善"Amelioration" 」として知られる政策が実施された)


[Wikipedia]
西インドインタレストWest India Interest
https://en.wikipedia.org/wiki/West_India_Interest
西インドインタレストは、18世紀末にイギリスカリブ諸島の砂糖貿易を代表しロビー活動をしていた。
17世紀初頭に、カリブ海の植民地はカネを払ってロビイストを雇った。
これらロビイストは、植民地のエージェントと呼ばれ、植民地の政治家の代理活動をした。
これら現地の政治家は、植民地におけるプランテーション経営者層の利益を代表していた。
プランテーション経営者層の利益を擁護するためにロビー活動をしていたこれらエージェントは、しばしばイギリス議会のメンバーであった。
Lillian Pensonは、三つの異なる利益グループがあったことを示した。これらは共同で活動していた:
西インド諸島植民地のエージェント、植民地と交易する商人、ロンドンに居住するプランテーションオーナー、の三つであった。
このグループは、糖蜜法1733年の成立を支持した。この糖蜜法は、非イギリス領のカリブ諸国からニューイングランドに輸出される糖蜜に税金をかけようとするものであった。
この税金は、米国市民から徴税されることになる。
1776年の米革命戦争(American Revolutionary War)に至る数年間、米13植民地とイギリス本国の対立が高まると、西インド諸島は、英本国側の味方をした。
1780年代、カリブのプランテーションオーナーたちは「米国の船がカリブ植民地に入港することを禁じたかった」が、英議会はこれと反対の行動をした。
アングロフレンチ戦争の間、イギリスがカリブの奴隷たちを武装させると、エージェントと議会の関係は、1790年代にはさらに悪化した。
1820年代に砂糖の価格が下落すると、金銭的な影響力が低下し、このグループの影響力も減少した。
このグループの影響力をそいだほかの出来事としては、反奴隷制度のホイッグ党が伸びたこと、および、1832年の改革法令、があげられる。
彼らは、彼らの経済的問題が拡大すると、奴隷制度廃止論者を批判した。そして、1833年奴隷制度廃止法が通過するまで”保障”を要求した。