地下鉄道 (秘密結社)

地下鉄道 (秘密結社)

地下鉄道 (秘密結社)


[1]
[Wikipedia]
地下鉄道 (秘密結社)
https://en.wikipedia.org/wiki/Underground_Railroad
地下鉄道とは、米国で1800年代初頭から半ばまで、アメリカの黒人奴隷たちにより設立され利用された、秘密ルートや隠れ家のネットワークで、
奴隷制廃止論者や北部諸州の市民たちの組織の手助けを受けて、奴隷制が認められていた南部諸州から、奴隷制の廃止されていた北部諸州ときにはカナダやノバスコシアまで、亡命するためのネットワーク。
この「地下鉄道」という言葉は、逃亡奴隷のかたがたを助けた、黒人白人両方の奴隷制度廃止主義者・解放奴隷・現在奴隷のかたのことも意味する。
ほかにも種々の逃亡ルートがあり、それらは、メキシコに脱出したり、海外へ脱出するものであった。
以前の脱出ルートは、当時スペイン領だった(1763年から1783年は除く)フロリダに向かって南下するものであった。
17世紀末から1821年にフロリダが米国領になるまで続いた。(そもそもフロリダが米国領になった主な理由は、逃亡奴隷の安全な脱出先をなくすためであった)
しかし、この現在「地下鉄道」として知られるネットワークは、1700年代末に形成され、自由州(=奴隷制度のない州)およびカナダへ通じており、1850年代から1860年代に最盛期を迎えた。
ある推定によると、1850年までに10万人の奴隷のかたが、この「地下鉄道」を通じ脱出なさった。

イギリス領北米(現在のカナダ)では奴隷制度が禁止されていたが、国境線が長いので越境できる場所が多く、逃亡先として多くのかたが望んだ。
大半のもと奴隷の方々は、オンタリオに定住した。
このネットワークの20年にわたるピーク期に、3万人以上のかたが、このネットワークを用いて脱出なさった。
が、米国の国勢調査では6000名だけということになっている。
亡命者のストーリーが多数、William Stillによる本「The Underground Railroad Records」に記されている。
William Stillは、奴隷制度廃止論者で、フィラデルフィアの自警団のトップを務めていた。

1 政治的背景
ピーク時には、毎年1000名近くの奴隷のかたが奴隷州からこの地下鉄道を使って脱出なさった。
-5000件以上の逃亡奴隷についての裁判記録が残っている-
奴隷にされている方々の人口の自然増の人数よりもはるかに少ない人数である。
この結果生じた経済的影響は微小だったが、奴隷保有者への心理的影響は巨大だった。
もともとの「1793年逃亡奴隷法」では、自由州の役人は「逃亡奴隷を奪い返そうとする奴隷保有者あるいはその代理人」を手助けすることが義務付けられていた。

しかし多くの自由州の市民や政府はこの法律を無視し、「地下鉄道」は成功し続けた。

南部政治家の強いロビー活動により、米墨戦争後、「1850年協定」が議会を通過した。
この協定は、逃亡奴隷法をより厳しく規定したものだった。
表向きは、この協定は、奴隷確保者を手助けするように自由州の役人に強制していることで、地域問題に言及している。奴隷確保者は、この協定により、自由州で活動する免責を保障されたのだ。
この法律は、ある人物が逃亡奴隷であることを証明するのにほとんど書類を必要としなかったために、奴隷確保者は、自由黒人のかた、特に子供たち、をも誘拐し、奴隷として売り飛ばした。
南部の政治家は、逃亡奴隷の数をしばしば誇張し、これら逃亡を「北部の方々が南部の財産権に介入している」と非難した。
この法律は、「逃亡奴隷と疑われている方々から、彼ら自身を裁判で自分を弁護する権利を奪っている」ことから、彼らが自身が自由人であることを証明することを難しくしている。
判事は、疑われている方が奴隷だと判決を出した場合は10ドルの賃金がもらえ、これは、疑われている方が自由人だと判決を出した場合にもらえる5ドルの賃金を上回っていた。
このことが事実上のわいろとして機能していた。
北部では、南部の奴隷問題を無視しているような人々は、奴隷制度を支持しているとみなされ地元で糾弾された。
これが、南北戦争の間に、北軍により注目された問題点である。
そして、北部諸州が逃亡奴隷法を無視していることが公になったことが、南部の合衆国からの離脱の正当性の根拠である。


Harriet Tubman (H. B. Lindsley1870年撮影) 
地下鉄で活動した女性。南部に13回おもむき70名の脱出を助けた。
人々を北部自由州およびカナダへ導いた。このことで彼女は「アフリカ系の方々のモーゼ」と呼ばれている。


2 構造
この脱出ネットワークは、実際に地下だったり鉄道だったりするわけではない。
地下抵抗組織であるという意味で比ゆ的に”地下”なのである。
暗号に鉄道用語を使っていたために”鉄道”として知られている。
「地下鉄道」は、合流点・極秘ルート・輸送・隠れ家・奴隷廃止論者の支持者の個人的支援、から構成されている。
参加者は一般に、小さな個別の組織で構成されている。
こうすることで秘密を保持できるのだ。なぜなら個々人は、ルートにそったいくつかの”駅”を知っているが、隣接区域の細部についてはほとんど知らないからだ。
脱出なさった奴隷の方々は、ルートに沿ってある途中駅から次の駅へと北上する。
地下鉄道で働く車掌のかたは、自由人の黒人のかた・白人の奴隷制度廃止論者・以前奴隷だった方(逃亡奴隷だったり、解放されたかただったり、両方の方がいらっしゃった)・ネイティブアメリカンのかた、などの様々なバックグラウンドを持つ。
教会聖職者たちおよび信徒たちは、常に、この地下鉄道で役割を果たした。
とりわけ、メインライン・プロテスタント、例えばメソジスト派、米国バプテスト同盟などが地下鉄道で役割を果たした。
並びに、キリスト友会(クエーカー教徒)、会衆派教会、Wesleyan教会、改革派長老教会、などが地下鉄道で役割を果たした。
自由黒人の存在及び支援がなければ、逃亡奴隷のかたがたが邪魔をされずに自由を得る可能性はほとんどなかっただろう。


クエーカー教徒で奴隷制度廃止主義者のLevi Coffinおよび彼の妻Catherineは、2000名以上の奴隷のかたが自由を得るために逃亡するのを手助けした。


3 ルート
3.1 移動中の状態
もっとも有名な逃避行水先案内のかた(自由を求める方々を助けるためにひそかに奴隷州に行く人々のこと)は、Harriet Tubmanで、脱出したもと逃亡奴隷の女性である。
逃亡奴隷の方々だけが、奴隷確保者からの危険にさらされているわけではなかった。
綿花生産が発展しディープサウスで奴隷への需要が高くなると、生産年齢で生殖年齢な強く健康な黒人のかたは価値ある商品と見なされ扱われた。
ニューヨーク州サラトガ・スプリングズのソロモン・ノーサップのように、以前奴隷だった方々も自由黒人のかたも、誘拐され奴隷として売り飛ばされることがしばしばあった。

ソロモン・ノーサップ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%AD%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%83%E3%83%97
アメリカ合衆国奴隷制度廃止運動家で、回想記 "Twelve Years a Slave" (en) の著者として広く知られている。
ノーサップは、解放奴隷の父と自由有色人種 (Free people of color) の母を持ち、ニューヨーク州で生まれたアフリカ系アメリカ人の自由黒人だった。
彼は農家・ヴァイオリンのプロ奏者として働き、ニューヨーク州ヘブロン(英語版)に土地も所有していた。
1841年、彼は音楽家としてツアーに誘われ、奴隷制度が合法だったワシントンD.C.へ向かったが、ノーサップはここで薬を飲ませられ、誘拐されて奴隷にされた。
ルイジアナ州のレッド川流域で12年間奴隷として働かされた。
この後、同じプランテーションで働いていたカナダ人が、誘拐され奴隷にされた住民を援助すると州法で定めていたニューヨーク州に通報するのを手助けし、ノーサップは長い奴隷生活から解放された。
再び自由の身となってから、ノーサップは回想記の執筆を始め、『12イヤーズ・ア・スレイヴ(英語版)』Twelve Years a Slave とのタイトルで1853年に出版した。
その後も奴隷制度廃止に向け、アメリカ合衆国北東部で自らの体験を語るスピーチを幾度も行った。
ノーサップの回想記は、1984年にPBSが制作したテレビ映画 "Solomon Northup's Odyssey" (en) 、2013年の映画『それでも夜は明ける』として映像化されている。
後者は第86回アカデミー賞(2014年)でアカデミー作品賞を獲得した。 

”自由であることの証明書”、個々の黒人のかたが自由な地位にあることを証明する署名された公証書(フリーペーパとも呼ばれる)は、容易に破壊されたり盗まれるものであり、
この証明書を持っていてもほとんど身を守る役には立たなかった。
イリノイ州の南東部にあるCrenshawハウスなどの家々は、自由黒人の方々が奴隷として売り飛ばされた場所であることが知られている。
逆走地下鉄道(Reverse Underground Railroad)として知られている。
1850年逃亡奴隷法のもとでは、逃亡奴隷と疑われた方々が捕まり特別治安判事(コミッショナーとして知られている)のもとへ連れていかれると、陪審裁判 を受ける権利もなく、自分自身のために証言することもできなかった。
厳密に言えば、彼らは無実の罪で有罪とされたのだ。
議席配分は「5分の3条項」に基づき、奴隷の方々は5分の3人として総人口にカウントされたため、議会は南部の議員が多数派だった。
南部の外では逃亡奴隷の方々が市民および時には公務員により救助されていたことに、彼らは腹を立て、1850年亡奴隷法を通過させた。
奴隷確保者が連邦政府に認められた権限に基づき行動するにも警察の保護を必要とする場所が、北部にはいくつかあった。
奴隷制度に反対するということが、奴隷制度に反対しているすべての州が自由黒人のかたを喜んで受け入れるということを意味しているわけではなかった。
例えばインディアナ州では、オハイオ川周辺は南部出身者が定住しており、自由黒人の方々がインディアナ州に居住することを禁じる憲法改正をした。


Struggle for freedom in a Maryland barn.(メリーランド州の納屋における自由への苦闘) William Still作 The Underground Rail Road からの版画 p. 50
Eastman Johnson, A Ride for Liberty – The Fugitive Slaves(自由への騎乗-逃亡奴隷たち),油絵, 22 × 26.25 inches, circa 1862, ブルックリン美術館


3.2 専門用語
地下鉄道のメンバーは、鉄道の暗喩に基づく特定の用語を用いた。例えば:
奴隷のかたが鉄道を見つけるのを手助けする人々のことは、エージェント(あるいは羊飼い)

案内人は添乗員
隠れ家は、”駅”あるいは途中駅””
”駅長”が家に奴隷をかくまう
逃亡奴隷の方々は、”乗客”あるいは”貨物”と言及される
奴隷のか方々は、”チケット”を獲得する
ゴスペル福音書の伝承にもあるように、”車輪は回り続ける”
地下鉄道の財政面の後援者は”ストックホルダー”として知られている

北斗七星(そのお椀の部分が北極星を指示している)は、drinking gourd飲むためのひょうたんとして知られている。
この地下鉄道は”自由の鉄道”あるいは”福音鉄道・ゴスペル鉄道”としてしばしば知られており、”ヘブン”あるいは”約束の地”(これは例えばカナダのこと)へと向かって走っている。
”地下鉄道の父”と呼ばれることもあるWilliam Stillは、数百人の奴隷のかたを助け(60か月にわたる)、時には、彼自身のフィラデルフィアの家にもかくまった。
彼は、地下鉄道にかかわった人々の簡潔な略歴を含む記録を注意深く残しており、そこには地下鉄道で頻繁に用いられていた暗喩が書かれていた。
彼は、逃亡奴隷の方々の多くと文通を続け、逃亡奴隷の方々と後に残された方々とがコミュニケーションをとるにあたって、その仲立ちをしばしばした。
彼はのちに、これらの記録を、"地下鉄道:真実の物語そして目撃談(1872年)"という本として出版した。
これは、歴史家にとって、「地下鉄道のシステムがどう機能したかについて、そして、個々人の逃亡するにあたっての工夫について」学ぶのに価値ある資料となった。


3.4 カナダへの到着
推定値の幅は広いが、少なくとも3万人の奴隷のかたが、そしておそらくは10万人以上の奴隷のかたが、地下鉄道を利用してカナダへと脱出された。
アッパー・カナダ(現在のオンタリオ州)に移住した最大のグループは、1841年からカナダウエストと呼ばれている。
多くのアフリカ系カナダ人のコミュニティが、オンタリオ南部に作られた。
これらの地域は、ナイアガラの滝・トロント・ウインザーにより囲まれた三角形の領域にある。
解放奴隷の方々により、ケント郡およびエセックス郡にいくつかの農村が作られた。


オンタリオ州ウインザーにある、国際地下鉄道記念碑


もう一つの重要な目的地は、ノヴァスコシアで、米革命戦争の際にイギリス側について戦ったアフリカ系のかたにより最初は移住された。
その後、アフリカ系の逃亡者のかた(1812年米英戦争で)が移住した。(see Black Nova Scotians). 
イギリス領北米のほかの領域にも重要な移住があり、アフリカ系のかたが移住した(現在はカナダ領)。
目的地に着いたものの、多くの逃亡者は、カナダでの生活が困難なこともあって、失望した。
英国植民地では1834年以降奴隷制度は禁止されていたが、差別はまだ一般的になされていた。
多数の新規の移住者は、ヨーロッパ人の大量移民と職をめぐって競合し、あからさまな差別が横行していた。

例えば、米革命戦争の際にイギリス側について戦ったアフリカ系の方々が、イギリス領カナダの頭部に移住すると、
ニューブランズウィック州セントジョン市は、1785年にその憲章を改訂し、
「アフリカ系のかたが、交易をすること・製品販売をすること・港で漁をすること・自由人になること」、
を禁じた。
これらの規定は1870年まで続いた。
米国で南北戦争が起きると、多くのアフリカ系の逃亡者のかたは、北軍に参加するためにカナダを後にした。
その後カナダに戻ったものもいたが、多くは米国に残った。
南北戦争が終わると、その他の多数の方々は米国南部に帰還した。
友人や家族ともう一度ともに生活したいという望みが強く、
また、多くは、奴隷化法宣言およびその後のリコンストラクションがもたらす変化に期待していたのだ。


9 フィクション小説へのインスピレーション
Colson Whiteheadにより、地下鉄道The Underground Railroadという小説が、2016年に発表された。
2016年の国際ブックアワードを受賞し、2017年にはフィクション部門でピューリッツアー賞を受賞した。


[2]
我々アメリカの99%は、アメリカ合衆国国内におけるアメリカ合衆国国民のための民主主義を、今すぐ要求する!

アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!

我々アメリカの99%には、もう一度、リーマンショック(サブプライムショック)が必要だ。
2008年のリーマンショック(サブプライムショック)のとき、我々アメリカの99%は、チェンジ、するチャンスがあった。
しかし、我々アメリカの99%は、そのチャンスを無駄にしてしまった。
もう一度のリーマンショック(サブプライムショック)は、アメリカが抱えるすべての問題を解決できる。

アメリカの株価は、今すぐ暴落しろ!
S&Pは、今すぐ、300になるべきだ! Dowは、今すぐ、$3,000になるべきだ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、金融を引き締める政策をしろ!
だから、今すぐアメリカ合衆国は、ドル高にしろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、内需を縮小しろ!
今すぐ、アメリカ合衆国バブル経済は、クラッシュしろ!
アメリカ合衆国の経済成長率は、日本およびドイツの経済成長率よりも、低くなるべきだ!



オキュパイ・ウォール・ストリート
我々には、”オキュパイ・ウォール・ストリート”が必要だ!

この数年間を考えると、
アメリカの株価(S&Pとダウ)が高いことは、我々のアメリカにとって、悪い影響しかなかった!



日経225(日経平均)は、今すぐ、15万円になるべきだ。
日本が、日本の消費税を上げたときには、消費税増税の効果を打ち消すために、日経平均は30万円になるべきだ!

今すぐ、日本およびドイツで、バブル経済起きろ!
日本およびドイツは、製造業からサービス業へシフトすべきだ。
日本およびドイツの経済は、製造業基盤からサービス業基盤へとシフトすべきだ。
日本およびドイツは、今すぐ、金融を緩和する政策をしろ。
日本およびドイツは、今すぐ、内需を拡大しろ!

日本およびドイツ株価は、今すぐ、現在の10倍になるべきだ!
日本およびドイツの社会は、競争社会になるべきだ。



アメリカ合衆国は、今すぐ、アメリカ合衆国国内で、国民公的皆保険を実現しろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、アメリカ合衆国国内だけで、アメリカ合衆国国民のためだけの、労働組合を、復活させろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、アメリカ合衆国国内だけで、アメリカ合衆国国民のためだけに、独占禁止法を復活させろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、アメリカ合衆国国内だけで、アメリカ合衆国国民の間だけで、貧富の差を縮小しろ!



アメリカ合衆国は、今すぐ、アメリカ合衆国国内で、アメリカ合衆国小型自動車工業とアメリカ合衆国小型自動車製造業を復活させろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、歴史上世界最大の債権国になれ!
アメリカ合衆国アメリカ合衆国自動車製造企業は、今すぐ、世界中の小型自動車市場を独占支配しろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、世界の工場になれ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、全世界を、アメリカ合衆国製の小型自動車で埋め尽くせ!
アメリカ合衆国は、1年当たり5兆ドルの貿易黒字と1年当たり5兆ドルの経常収支黒字を持て。



アメリカ合衆国は、今すぐ、モンロー主義になれ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、NATO・ヨーロッパ・日本・韓国・アジア・シンガポールアフガニスタンパキスタンから、アメリカ軍を引き上げろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、アメリカ合衆国が、現在かかわっている、全ての戦争から、アメリカ軍を引き上げろ!
アメリカ合衆国の軍事費を、1年当たり1000億ドルにまで、今すぐ、下げろ。
さもなくば、アメリカ合衆国の軍事費を、アメリカのGDPの1%まで、今すぐ、下げろ。
リメンバー・パ-ル・ハーバー!

アメリカ合衆国は、今すぐ、モンロー主義になれ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!
我々はアメリカ合衆国の99%だ!
私は、アメリカ合衆国の99%およびアメリカ合衆国が大好きだ!