IbrahimCongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

アメリカ合衆国の99%は、平和会談のためにジミーカーターおよびバラクオバマをイランに今すぐ送るべきだ

アメリカ合衆国の99%は、平和会談のためにジミーカーターおよびバラクオバマをイランに今すぐ送るべきだ


アメリカ合衆国の99%は、平和会談のためにジミーカーターおよびバラクオバマをイランに今すぐ送るべきだ



[1]
[Wikipedia]
Jimmy Carter
https://en.wikipedia.org/wiki/Jimmy_Carter
ジェームズ・アール・カーターは米国生まれの政治家で慈善家。1977年から1981年まで第39代米国大統領を務めた。
民間部門で現役でいらっしゃり、2002年にノーベル平和賞を受賞なさった。共同設立したカーターセンターでの活動が評価されてのことだった。

この間、カーターは、人種隔離政策に反対し、市民権運動拡大に努めた。

大統領退任後(1981年から現在)
外交
1994年にクリントン大統領は、北朝鮮との平和会談ミッションにおいてカーター元大統領の協力を仰いだ。
この時カーター元大統領は金日成主席と合意形成について交渉した。
カーター元大統領は条約のアウトラインを作ろうとし続けていたが、「クリントン政権の合意なしに、米国の行動を促すために行動することはない」とCNNに語っていた。

2017年後半を通じて、米国と北朝鮮との緊張が持続していた時、
カーターは米朝二国間での平和条約締結を推奨し、トランプ政権に対し、カーター自身が喜んでその外交使節の役に付くとオファーした。

カーターは2002年にキューバへのツアーを実施し、フィデルカストロ議長と面会し、反対派政治家とも面会した。

カーターの中東外交の努力としては、
1981年9月に、イスラエル首相メナヘム・ベギンと面会し、
1983年3月には、エジプトを訪問し、パレスチナ解放機構(PLO)との面会もし、
2008年12月には、シリアのバッシャール・アル=アサド大統領と面会した。
2012年6月には、エジプト革命後の選挙についてもJeffery Brownと会話し、
「現在エジプト軍最高評議会が全権を掌握して憲法を停止しているが、もしも軍部の表明している通りに事が進むとすると、軍部の将軍たちは行政府と立法府の全権力を握り、さらに自分たちの都合の良い新憲法を作ることも可能になる」
と電話で強調している。

2006年にカーターは、イスラエルには好意的であるものの、「イスラエルの内政政策と外交政策には反対だ」と述べた。
カーターは、イスラエルレバノン政策・ヨルダン川西岸地区政策・ガザ政策については批判した。

カーターは2008年にシリアを訪問し、ラマッラーにあるヤーセル・アラファート議長の墓に献花した。
ハマスのリーダーと会合するようにブッシュ政権に働きかけられているという噂については否定した。

2007年にカーターはネルソンマンデラ南アフリカ共和国ヨハネスブルグで面会し、"The Elders元老会"に参加することを表明した。
この"The Elders元老会"は、平和と人権についてともに活動する独立した世界的な団体である。


[2]
[Wikipedia]
ラクオバマ
https://en.wikipedia.org/wiki/Barack_Obama
ラクフセインオバマ2世は、米国の弁護士で政治家。第44代米国大統領で、2009年から2017年まで大統領を務めた。
就任してから9か月後に、2009年のノーベル平和賞を受賞した。

3 大統領時代(2009–2017)
3.4 文化および政治的イメージ
2009年10月9日に、ノルウェーノーベル平和賞委員会は、「国際外交および人々の協調を強めることに多大なる努力をしたこと」によりオバマノーベル平和賞を受賞したと発表した。
オバマは、米大統領で4人目のノーベル平和賞受賞者で、現役大統領としては3人目。


[3]
[NBC News]May 10, 2017
ジミーカーターは、バーニーサンダースに投票したことを公表
https://www.nbcnews.com/storyline/democrats-vs-trump/jimmy-carter-reveals-he-voted-bernie-sanders-over-hillary-clinton-n756846
民主党の元米大統領ジミーカーターは、去年の民主党大統領選挙予備選で、ヒラリーではなく、バーニーサンダースに投票したことを公表した。